忍者ブログ
* 時代の先読み    * 日本の進むべき道    * 我々の心構え
[534]  [533]  [532]  [531]  [530]  [528]  [527]  [526]  [525]  [524]  [523
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


4大プレートの上にある日本



◆4月10日


 伊勢白山道の指摘するところを見ると、これからの地球では、天変地異が増えるという。これは、太陽の活動が活発化し、極大的になっていくからのようだ。この時太陽から電磁波が放射され地球に影響を与えていくという。それは温暖化現象として海面の上昇とか極端な天候、地震や火山噴火の増加などとなって現象化するという。

 日本は地震と火山の国である。従って、伊勢氏が指摘するような太陽の電磁波が強くなることで、地震と火山の噴火が今後も衰えることはなく、逆に増えていくと見なければならなくなる。しかも今回の東日本大震災の地震は、単なる地震ではなく、新しい地球的活動の時期に地球が入った、と指摘しているのだ。

 実は、その点を指摘しているのは、伊勢氏だけでなくロシアの学者も同じような指摘をしているのだ。ワシリー・アブラモフ教授は「今回の日本の地震は今後継続的に発生する地震の始まりであり、日本およびロシア極東地域は大規模な地震に直面している」という。
 
 では日本は今後、「天災」国家となり大変な被害を「想定」しなければならないのかという点について、伊勢氏は、日本は「世界中の五大陸プレートの『接点の頂点』に存在する国」ではあるが、それが、却って「後で逆に幸いする事に成っています」と言っている。プレートのつなぎ目上にあることが、免震構造的な位置を占めることになる、という。

 勿論、地震はなんとかなっても火山の噴火で火山灰などが降ってくれば、それだけで農業などが壊滅的被害を受ける。特に富士山などが噴火でもしようものなら、首都圏がやられるから、即日本の一大事になる。従って、なるべく大難が小難となり、無難となることが願われる
 
 その大難を小難に、小難を無難にする秘訣が、先回紹介した伊勢氏の記事内容であった。つまり、「縁ある弱い人を守ろうとする人間の意識」が、地下の磁気エネルギーを鎮めることができる、というのだ。また実際的な防災の意識と準備をすることなのだ。

 だから、我々は防災準備をしつつ、どんなことがおきても、家族や縁ある人々を守るのだ、という意識と行動で対応すれば、大難を小難に、小難を無難に変えていくことがきるとなるようだ。

 そこで紹介しておきたいのが、「天皇霊を宿す陛下をないがしろにする人間が増えれば、その比率に応じて天変地異が増えます。これは大昔からです」という伊勢氏の指摘である。確かに戦後起きた大地震と総理大臣を見ると、今回の首相が菅氏、前の阪神・淡路大震災の時が、村山氏、福井地震の時には芦田氏で、天皇陛下を敬う精神に関しては疑問符の方々ばかりだ。

 そして最終的には、この日本列島が、「ノアの箱舟」になるというから、我々は多少揺れることは揺れるが大船に乗ったつもりで、淡々と生きていけばよいとなる。 


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆太陽からの霊的波動 2007-05-17 
太陽からの霊的波動が、今週から一段と強くなってます。
表面的には、電磁波と称されるものですが、実態は地球全体の組成
を根本から変える霊的なものです。 それは、
*地球の自然環境、地質 天候  気温・・・・・などに大きな変革を
  起こして行きます。太陽からの電磁波動は、地球内部から温度
  上昇をもたらしてます。
  電子レンジの食品が、内部から温まり始めるのと同じです。
  北極、南極の氷は内部の深層から溶け始めてます。
  地球の温室効果による表面からでは無いです。 これは、海面の
  上昇を予測を凌駕する勢いで引き起こし、氷が溶けた低温海水
  は冷夏を呼ぶでしょう。また、夏場の最高気温が記録的なものに
  成る日もあります。1年を通じて季節感を無視した、
  極端な高温と低温を繰り返し始めることでしょう。
  地球内部からの温度上昇は火山活動も活性化させて行きます。
 (http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/d/20070517)


◆太陽電磁波の地球への影響としては、地震の発生があります。・・・火山の噴火も活発になります。(「読むだけで人生が変わるたった一つの方法―伊勢白山道Q&A事典」
556P )


◆今朝の神示によりますと、今年に入ってからの太陽黒点(http://swc.nict.go.jp/sunspot/)の急増(特に2、3月)は、太陽電磁波により地球内部の火山活動を活性化させたようです。
日本でも、列島の中央辺りに位置する富士山・御嶽山・白山の地下における微振動に注目するべきです。特に来年からの富士山には要注意です。
富士山が万が一に噴火(山頂では無く、頂上よりも500m下方の辺の感じ)でもしようものならば、日本経済と農業に与える影響は甚大です。
地質学者によりますと、ほぼ100年間ごとに息抜きの小噴火を起こしていた富士山が、なぜ300年間も噴火をしないのかが、逆に謎だと言う意見も在るようです。火山エナジーが何処に逃げているのかが分からないそうです。私が感じるには、大陸間のプレートが衝突しているのが東海近辺ですから、プレートの隙間に今までは落ちて逃げていたと感じます。
 (http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/d49942a01e41bfff17fc39060e297536)
 


◆地球は、大陸移動の「初期の」活動期に入ったと私は感じます。
今回の大地震では、地球の地軸のズレと、日本列島の数十cmの移動が確認されています。これから2年間は震度5クラス以上の地震が、地球のどこに居ても発生しやすいと思います。
過去記事(http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/d/20100709)にもありますが、日本は多くの大陸プレートの接点であり、地球の「ヘソ」だと感じます。だから日本に起こることは、これから世界に転写して行きます。
今回は北米プレートで地震が発生していますから、これから北米でも地震への注意が必要です。
 (http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/d/20110325)



◆日本は、世界中の五大陸プレートの「接点の頂点」に存在する国です。こんな奇跡的な地理の国は、地球には日本しか在りません。悪く言えば、超不安定な地震大国です。(神示では、大陸プレートの頂点に居る事が、後で逆に幸いする事に成っています)
これは、神様が超太古に意図した日本が背負う宿命を、現実的な形で表したものです。
 (http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/d/20100709)



◆日本列島は、霊的に五大陸の接合部分の頂点に在り、非常に不安定な地震大国と思われていますが、実はこれが最高の免震装置でもあるのです。
神意は、細部にまで生きています。
   (http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/6607f94d60688dc21f39f4091b4cf95f)


◆地龍(地震を起こす霊的エネルギー体)を鎮める対策は、妻や子供、つまり縁ある弱い立場の他人を守ろうとする人間の磁気が、大地龍の地磁気を地上から打ち消す唯一の方法だとスサノオは歌で示しているのです。
地下の地磁気を、地上からの人間の愛情磁気で昇華できるという、トンデモナイような未知の科学理論を示唆した歌なのです。今の科学者は、笑うことでしょう。
でも、人間を発生させる神の視点では、これは真実なのです。
(http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/d/20110307)


◆2012年の遷宮を待たずに、日々、遷宮地の地面が輝き始めていることが、遠方からでも感じています。この奇跡の外宮が存在する日本の国土そのままが、 ノアの箱舟に成ると、神霊は伝えます。
これから、縁ある外国人の方も、日本へ移住することが始まっています。
逆に出て行くことに成る人も、もちろんいます。
人知を超えた存在には、大どんでん返しを起こすことは簡単です。
(http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/d/20080224)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

PR
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ROCKWAYアド2
ROCKWAYアド
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ROCKWAY
性別:
男性
自己紹介:
経済から宗教まで、時代の先を読み解くための作業を人間活動のあらゆる分野にメスを入れて行います。
バーコード
ブログ内検索
ROCKWAYアド3
忍者AdMax
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]