忍者ブログ
* 時代の先読み    * 日本の進むべき道    * 我々の心構え
[338]  [337]  [336]  [335]  [334]  [333]  [332]  [331]  [330]  [329]  [328

イランのモッタキ外相

◆1月4日

 イランの核計画で、低濃縮ウランを国外で濃縮を行うよう圧力を掛ける国際社会に対し、イランは逆提案をする、というように駆け引きが続いている中、イランは来月、大規模な軍事演習をすることを発表した。
 昨年の10月17日号の「イスラエルは12月後にイラン攻撃?」で示したように、 危ない季節が迫ってきているのだ。
 昨年暮れには、イスラエルは世界の大使を初めて全員召還していた。国家としての大きな決断をするための準備とも取れる。
 それをイランも察知している可能性がある。つまり、この2010年はイスラエルのイラン攻撃の可能性が一段と高まることになりそうである。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●イランは2月に大規模な軍事演習を行う
http://edition.cnn.com/2010/WORLD/meast/01/03/iran.defense.drill/
【1月3日 CNN】
 イランは敵国の攻撃を撃退する軍事力を整えるため来月、大規模な軍事演習を行うであろう、と国営のプレス・テレビが軍のトップの高官の言葉として発表した。
 アハマド・レザ・プルダスタンイラン軍司令官は、テヘランでの会合で3日、統合演習が陸軍と革命防衛隊とで行われること、その目的は「防衛能力を向上させること」にあるとプレス・テレビが報道した。この演習はまた「地域の安全保障を高めるだろう」と語った。
 「アメリカと同盟国のイスラエルはイランに対する軍事攻撃の可能性を破棄していない」とプレス・テレビは報道している。「イランは一世紀以上に渡って他国に対する攻撃を開始したことはない」

 この報道ではいつその軍事演習が行われるかは明らかにしていない。
 アメリカの高官は、イランにとってその核計画に関する国際的な懸念への回答を出す時間が残り少なくなっていると述べた。そしてイスラエルはイランの核計画はイスラエルが直面している主要な脅威である、と表明している。

 イランはウラン濃縮計画は民生の発電工場の燃料を生産するためであると述べている。しかしアメリカとその他の国々はイランを核兵器のために活動していると非難している。
 イランは核燃料を生産する権利を有すると言う 1968年の核拡散防止条約では加盟国に対して核兵器を所有することを禁止、核施設に対する国際的査察を必要とさせるものである。

 3日イランの外務大臣は欧米に対し最後通牒を出した:国連が支援するイランの核計画の対応策を再調整するか、イランが自国で核燃料の濃縮を行う、というものだ。
 モッタキ外務大臣は、欧米諸国はイランの逆提案を受け入れるのに1月末までの期間がある、と語った。ただし、イランの提案内容の詳細は示さなかった、と国営テレビは伝えた。
 モッタキ大臣は、イランが年末の期限に10月に出されたP5プラス・ワンの提案に回答を寄せれなかった2日後にコメントを出した。6カ国はイランに低濃縮ウランの殆どを外国に提出するという提案をした。
 国際原子力機関( (IAEA)は、イランが低濃縮ウランをロシアとフランスに渡し濃縮工程を行うことに反対している。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
PR
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ROCKWAYアド2
ROCKWAYアド
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ROCKWAY
性別:
男性
自己紹介:
経済から宗教まで、時代の先を読み解くための作業を人間活動のあらゆる分野にメスを入れて行います。
バーコード
ブログ内検索
ROCKWAYアド3
忍者AdMax
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]