忍者ブログ
* 時代の先読み    * 日本の進むべき道    * 我々の心構え
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

捕虜を連行するアゾフ大隊

◆11月4日

 日本でも欧米でも報道されていないようだが、東ウクライナではネオナチ・グループによると思われる残虐な戦争犯罪行為が明らかになりつつある。クラスノアルメイスク市で286人の女性の遺体が発見されているし、約400人が失踪中だという。

 これらの遺体は強姦され、更に手足を切断されているという。これほど無残なことを実行しうるには、よほどの憎しみがなければできないであろう。反ロシアを掲げるネオナチ勢力であるアゾフ大隊やアイダル大隊などの極右民族主義民兵集団の所業と判断できる事柄である。このアゾフ大隊が所謂「強姦収容所(Rape Camp)」を作っているグループである。


アゾフ大隊の旗

 しかもこれら極右勢力は、自分達のアジェンダがいつまでも実施されないのならば、第二のマイダン運動ではなく、軍事クーデターで政権を取ってでも実施すると語り、それは今後6か月以内の話である、と語っている。
(http://news.antiwar.com/2014/10/31/ukraine-militias-warn-theyll-launch-coup-in-six-months/)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●東ウクライナ:発見された286人の女性の遺体
http://en.ria.ru/world/20141031/194885628/Bodies-of-286-Women-Discovered-400-Listed-Missing-in-East.html
【10月31日 RIA Novosti】

 東ウクライナのクラスノアルメイスク市で286人の女性の遺体が発見され、更に約400人に上る数の18歳から25歳の女性が失踪中のリストにあると31日、ドネツク人民共和国首相を自称するアレクサンダー・ザハルチェンコが語った。

 「約400人の18歳から25歳までの女性がクラスノアルメイスクで失踪中である。遺体で発見された286人の女性らは強姦されていた」と、ドネツク国営技術大学の学生らとの会合でザハルチェンコは語った。クラスノアルメイスク市はドネツクの45km北西に位置している。

 2月のキエフでのクーデターに反発する独立派の者たちに対し、ウクライナ軍が軍事行動を起こしたことで、ウクライナの南東地域で4月に武装闘争が勃発した。

 両者は三者コンタクト・グループの会合で9月5日に停戦に合意した。9月19日にはコンタクト・グループの別の会合で停戦実施を明記した覚書が採用された。

 両者はしかし停戦に違反しているとお互いを非難しあった。ヨーロッパ安全保障協力機構(OSCE)特別モニターグループは砲撃などの状況の報告をしている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
PR

MH7便の残骸の上にたてられた十字架

◆10月29日

 ウクライナ東部でマレーシア航空MH17便が撃墜された事件の調査で、オランダの調査チームの主任が、航空機が空中で撃たれた可能性を排除しない、と語ったようだ。

 NATOのメンバー国であるオランダが欧米NATO勢力の意向と異なる結論を出す事は困難かもしれないが、自国民が多数殺害された事件であるから、簡単には引き下がれないであろう。さまざまな圧力をかわしながら、時間を掛けて真相を示していくことになるだろう。

 この問題については、事件当初よりロシアは自国の持つデータをもとに、下手人が誰かを明確に示唆してきている。これは7月22日号「ロシア:ブラックボックスで全ては明らかになる」や7月29日号「MH17便についてプーチンは何を知っているのか?-その1-」その他で示されているように、下手人はウクライナ政府であることは明確である。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●オランダの調査主任検事:MH17便は空中から撃たれたかもしれない
http://rt.com/news/199891-dutch-investigation-mh17-crash/
【10月27日 Russia Today】

 東ウクライナで撃墜されたMH17便事件調査をしているオランダの主任検事は、この航空機が空中から撃たれて撃墜された可能性を排除していない、と語ったとデア・シュピーゲル誌が報じた。このことを支持する情報は今年7月にロシアから提出されていた。

 オランダ検察庁の捜査主任のフレッド・ウェスタービークは、27日発売のドイツのデア・シュピーゲル誌とのインタビューで、彼の捜査チームは他の航空機がマレーシア機を撃墜した理論を排除しないと語った。

 7月に撃墜され300人ほどの犠牲者を出したMH17便の調査で、ロシアの国防省は軍事モニタリング・データを公表したが、それには、墜落直前にウクライナ政府軍のジェット機がMH17便を追尾していたことを示していた。戦闘機が民間航空機にそれほど接近していた理由の説明はウクライナ政府からは出されていない。ウクライナも欧米諸国も公式にはそのような可能性を認めてはいない。

 ウェスタービークは、オランダ調査チームはロシア政府の支援を正式に要請する準備をしていると語った。ロシアは国際調査チームのメンバーでないからだ。ウェスタービークは更に調査チームは特に、ウクライナの軍用ジェット機が事件直前にこの民間航空機の近くを飛行していたことを示唆するレーダー・データを提出するよう要請するだろうと語った。

 「可能な情報を元に語れば、地対空ミサイルによって撃墜されたというのは最もありうるシナリオだろうというのが、私の考えだ。しかし、我々は事態は違っていたかもしれないという可能性にも目を向けている」と彼は語った。・・・以下略

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

コバニではクルド人側が失地を回復している

◆10月20日

 先週の10月16日号「アメリカはシリア北部での民族浄化に成功したのか?」では、シリアのコバニ市がイスラム国の手中に陥落するかも、と書いたが、今回はこの町を防衛するクルド人部隊の奮闘でイスラム国側が撤退したようだ。

 しかしこれで彼等イスラム国側がコバニをあきらめたとはいえないであろう。陣容を整えて捲土重来する可能性は十分にある。いや、きっとそうするであろう。従って、次の攻撃に備えて守りを固める必要があるが、緩やかな包囲の中にあることは確かなようなので、まだまだ困難が予想される。

 とりあえず、30万人の大虐殺というような惨事を目の当たりにしないで済んでいることだけでもよしとすべきだろう。新国連人権委員の一人であるゼイダ・ラアド・フセインは、イスラム国のことを「デジタル時代とニヒリズムの新型の邪悪で致死性の組み合わせ」と表現した、という。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●コバニのクルド人部隊はISISを撃退
http://www.thetruthseeker.co.uk/?p=105593
【10月17日 Russia Today】

■前書き

 これは良いニュースであることは確かだが、これはクルド人部隊の激越な抵抗がISISの撤退を決断させた、ということは指摘されておくべきである。欧米の空爆のお陰ではない。

 プレスTVに対して語った元アメリカ情報機関の言語学者によれば、空爆は「慎重に効果がないよう」なされていた、という。 

 プレスTVに13日語ったところによれば、スコット・リカードはアメリカとトルコの間には了解事項があり、ISISの民兵と戦っているクルド人戦士らに対してのいかなる支援も供給しない、という方針だったと語った。

 コバニのクルド人防衛部隊は繰り返し空爆は十分ではなく、兵力と武器を要請していた。しかしながら、トルコにいるクルド人は、国境を越えて仲間のクルド人に対する支援に向かう事を、トルコ政府によって阻止されてきていた。このことがクルド人の怒りを誘ったが、アメリカとトルコはイスラム主義者と戦っているクルド人を支援しないという合意をしていたというスコット・リカードの主張が確認されたことになる。


■ISISの戦士らはシリアの包囲中だったコバニから撤退した
http://rt.com/news/196828-isis-withdraw-kobani-fight/

 イスラム国戦士らは数週間続いた激しい戦闘の後、クルド人の町であるコバニから撃退された、とクルド筋がRTに伝えた。 

 クルド人司令官はISISは昨夜東に2km、西に9kmほど撤退したと語った。

 クルド人は現在市街の掃討を行っている。イスラム主義者らは背後に自爆攻撃者を残して去っている。彼等は崩壊した建物などに隠れているからだ。  
 「ところどころで散発的な戦闘が継続しているし爆発音が市内から響いている」と、トルコとシリアの国境からRTのムラド・ガズディエフは伝えてきた。

 しかしながら、クルド人側の勝利宣言は、この都市の安全が完全には確保されてからなされるであろう。

 ほんの数日前にはコバニはもうだめだと言われ、クルド人に最も近い同盟者からもISISに陥落させられるであろう、と言われていた。イスラム国戦士はシリアとトルコの国境地帯のほぼ全域を支配下に置いているので、この国境の町を手中にすることは戦略的に肝要なことであった。

 15、16日だけでも14回に渡って空爆が実施され、コバニの16の建物が破壊された、と情報筋がハアレツ紙に語った。

 この新聞は町の20%がまだイスラム国戦士らによって支配されている、と報じた。戦略的に重要なこの国境の町の戦闘で、既に600人以上が死亡している。

 アメリカ中央軍司令部の16日の声明では、空爆は、「イスラム国戦士らの前進を遅くしたが、コバニの地上の安全状況は弱々しい」と語った。司令部はまた、「我々は更なる空爆を必要としている。また地上で戦闘するために武器と弾薬を必要としている」と警告した。

 新しい国連人権委員のゼイダ・ラアド・フセインが、イスラム国は「極悪非道の潜在的虐殺運動」だと語った、というコバニに関する情報がある。

 彼はこのグループは、「デジタル時代とニヒリズムの新型の邪悪で致死性の組み合わせ」と語った。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

クルド人避難民

◆10月16日

 10月14日号「トルコはクルド人部隊よりイスラム国部隊の方を好む」で「しかしそれを通してトルコ、シリア、イラク、イランにまたがって3000万人いるクルド人が一致団結して、トルコと敵対する動きをとるようになるかもしれないし、彼等の独立運動がより一層過激になるかもしれない」と書いたが、これは認識不足であったようだ。下記の記事によればイラクのクルド人とシリアのクルド人は不仲ということなのだ。

 そうすると現在シリア北部のコバニでイスラム国テロリストらに包囲され殲滅・虐殺の脅威に晒されているクルド人らを救出できるのは、シリア政府軍以外には存在しないことになるようだ。記事によれば、30万人が虐殺される可能性がある、という。しかしこのシリア政府軍はアメリカ同盟軍の空爆のため、コバニに接近できないでいる。

 この記事でもはっきり書いているように、アメリカ同盟軍の空爆はイスラム国勢力を標的に行っているものではない、とあり、またトルコが日常的にイスラム国に対する支援を継続している、という。トルコは親日国ではあるが、30万人の虐殺を見殺しに、むしろ虐殺者を支援するような国家ならば、厳しい非難をせざるを得ない。

 コバニでは自分達の故郷とも言うべき土地を守る為、女性たちも多くが武器を取って戦っている。コバニ防衛軍の副司令官は女性だ。このブログでも以前よりクルド人女性のその戦う姿勢を取り上げている。ここで、起死回生の動きでも起きることは無いのであろうか?

 腹立たしいことは、イスラム国戦士らである。大国やアラブの金持ち国家の地政学的・戦略的思考から募集され育成され、彼等の単なる駒として使用されている情けない存在なくせに、穏やかな人々のつつましい生活を破壊して命を奪って喜んでいる。日本から参加した男性は、戦闘がしてみたかったとほざいた。ぶん殴ってやりたい思いである。ブログ子ならば、銃を取るにしても、このシリアのコバニのクルド人の側につくであろう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●アメリカはシリア北部での民族浄化に成功したのか?
http://www.voltairenet.org/article185587.html
【10月15日 Thierry Meyssan — Voltaire.net】

 イスラム首長国による絶滅政策の脅威に晒されている30万人のクルド系シリア人が住むコバニとその地域では、誰でもNATOの二枚舌方法を取ることができる。アメリカ同盟軍司令官が自分達はイスラム首長国と戦っていると宣言すれば、NATOメンバー国のトルコは、そのイスラム主張国が必要とする軍事・医療的支援を施し、クルド労働者党(PKK)の戦士らがクルド人の救援に向かう事を阻止したり、一般人が避難してくるのを妨げたりしている。

 昔のギリシャの劇では、全ての観客は悲劇的結末を前もって知っていた。神々によって盲目にされた登場人物達は、自分達のセリフで拒否するふりを演じ続けた。しかし、聖歌隊は運命のプロジェクトを観客に明らかにしていた。

 コバニにて演じられている悲劇は、宣言されたクルド系シリア人30万人の虐殺の結末が書かれている。イスラム首長国は既にコバニ市のいくつかの区域と周辺の村落を制圧している。もしもシリア政府軍がこのクルド人らの救出のために突破口を切り開く事ができなければ、彼等全員は殺害されるであろう。

 このクルド人らはPYG(シリア政府を支持する自治政党)によって保護されているが、トルコは国境を封鎖することで、クルドの一般人がトルコ領内に避難する事ができなくなり、またトルコのクルド労働者党(PKK、PYGと連携している分離主義政党)の援軍が救出に向かう事を阻止している。

 クルド人勢力はマハムド・バルコダンによって指揮され、ナリン・アフリン(実名はミサ・アブド)が補佐している。女性を副司令官に選択したことは、イスラム首長国内にパニックを惹き起こした。聖戦主義者(ジハーディスト)らは、もしも女性に殺されたら天国に入れないと信じているからだ。


コバニ防衛軍の副司令官のナリン・アフリン

 クルド人の抵抗に遭遇することで、イスラム首長国はコバニを粉砕するためにシリア内の殆どの勢力をコバニに集結させている。

 我々の分析によれば、ロシアとラテン・アメリカそれにイスラム世界の多くのラジオやテレビで語られたように、イスラム首長国はアメリカの創作物であり、この地域の再編のために民族浄化の任務を請け負っているのだ。アメリカの指導者らのイスラム首長国を叩くという慰めの宣言は、イスラム首長国の利益になるよう彼等の軍事行動がなされているということで、誰でも、その宣言が裏切られていることを見ることができる。

 この同盟軍はコバニに対し六波の空爆を実施した。それはイスラム首長国の標的を狙ったものでは決してなかったし、彼等に損失を蒙らせるものではなかった。しかしながら、それは距離を置いた南西部にあるシリア政府軍が人々を救出に向かう事を阻止することになったのだ。

 イラクのクルド地区政府(親イスラエル)は長年対立していたシリアのクルド人を援助することを拒否している。この消極的姿勢を正当化するため、彼等はシリアへの直接アクセス手段を持たない、と言っている。

 NATOメンバー国のトルコは、クルド人らがシリア内での独立的地位を破棄しない限り、また彼等がNATOの行っているシリアとアサド大統領に対する戦いに参加しない限りは、虐殺の脅威に直面しているこれらクルド系シリア人を支援することはないと支援を拒否している。

 PYGの戦士によれば、トルコは日常的にイスラム首長国に対し武器の供給をしているし、負傷者をトルコ内の病院に受け入れているが、PYG側ではクルド人の負傷者を医療処置のためトルコ領内へ移送することは大問題だという。

 トルコでは、クルド人イスラム教徒の分派グループのフル・ダバ・パルティシ(以前はレバノンのヒズボラとごちゃ混ぜになるようヒズボラと名乗っていたグループ)は、PKK(トルコで最大のクルド人政党)に対する戦闘を行った。ヒュダ・パル(フル・ダバ・パルティシの略称)は秘密裏にエルドアン・トルコ首相のAKPによって支援を受けた。

 8月30日、イスラム首長国指導者のヒケメトと彼の二人のボディ・ガードがPKKによってイスタンブールで殺害された。彼等はトルコ警察に護衛されながらヒュダ・パルによって招待されそこに宿泊していた。

 PKKはそのメンバーに対しメッセージを送って、ヒュダ・パルがイスラム首長国を支援するトルコ政府のために働いていることを非難しつつ、ヒュダ・パルの全てのメンバーを殺害するよう指示した。

 10月10日、スレブレニカの虐殺(1995年、ユーゴスラビア)を想起しながら国連シリア特使であるスタファン・デ・ミストゥラはトルコに対し、コバニが陥落しないよう、また人々の虐殺を避ける為、その国境の封鎖を解くよう要請したが、トルコはついに国境の封鎖を解く事はしなかった。

 アメリカ同盟軍のジョン・アレン将軍は、公然とトルコにその国境を開放し、コバニのクルド人の虐殺を阻止するよう呼びかけた。しかしながら、トルコがそれを否定しても、アメリカとトルコの関係が変更されることは無かった。

 トルコの新外務大臣のメルート・サブソグルは、アメリカにより組織された反イスラム首長国の同盟軍が、シリア北部に飛行禁止空域を設定することを決めない限り、またシリア政権の転覆を目的に掲げない限りは、トルコは軍事介入はしない、と語った。

 更には、トルコ国会は、イスラム首長国とPKKに対する戦闘の許可を政府に与えた。

 パリでサブソグル大臣を迎えて、フランスの外務大臣のロラン・ファビウスは、それが何を意味するのかを明確にしないまま、トルコとの合意を強調して、シリア北部に「安全地帯」を設定する考えに支持を与えた。

 フランスもまたNATOメンバー国であり、イラク中央政府の許可無しにイラクのクルド人地域政府の分離主義者に武器を直接供給してきている。イラクのクルド人地域政府は、その領域をイスラム首長国がスンニー派地域を制圧した際、イスラム首長国と協調して40%拡大した。以前はフランスは政策的にはトルコのPKK(親シリア)を支援してきた。しかし今はフランスはイラクのクルド地域政府(親イスラエル)に軍事的支援を与えている。

 現在シリア北部の空域はアメリカ主導の同盟軍が支配している。イスラム首長国は航空機(シリアから盗んだミグとイラクから盗んだF-15)を所有しているが、それを使用できるパイロットやスタッフは殆どいない。シリアにNATOが飛行禁止空域を設定することは、国際法にはなはだしく違反することであるばかりでなく、現行の戦闘になんらのインパクトも与えるものではない。

 シリアに飛行禁止空域を設定するという考えはイスラエルによって奨励され、それはこのシリアを分裂する意味合いがある。それはイラクで1991年から2003年においてなされた動きに沿ったものだ(現在のクルド人地域政府に有利)。しかしながら、意味のある比較対象は、1993年のレバノン内戦時に制定された緩衝地帯である。レバノンの再植民地化のように思われたが、300人のアメリカ・フランス兵が殺害されるという大失敗になった。

 トルコでは、PKKはエルドアン政権に国境を開放するよう迫るデモが何回も繰り広げられた。その抗議運動の弾圧で既に31人が警察により殺害された。

 唯一つの問題は、アメリカが資金援助し武装させている聖戦主義者らに対して、クルド系シリア人がいつまで抵抗し続けることができるのか、ということだ。つまり、アメリカとその同盟軍は自分らの創作したイスラム首長国を使ってシリア北部での民族浄化をいつやりきるのだろうか?ということだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

コバニに陣取るイスラム国戦士を狙ったアメリカによる空爆

◆10月14日

 シリアとトルコの国境沿いのクルド人の都市であるコバニに対する「イスラム国(IS)」の攻撃が続いている。武器や兵員の数から言ってISの方が有利であり、クルド人は必死の防衛戦を戦っているが、トルコはトルコ領内から同胞救援に駆けつけようとするクルド人の移動を阻止し、またアメリカ軍がトルコのインシルリク空軍基地を空爆のために使用することを拒否している。

 トルコにとってはクルド人よりイスラム国のテロリストの方が好ましい、というのだ。これはこのイスラム国がどのように形成されてきたかを知れば、納得のいくことだ。トルコも欧米・イスラエルと一緒になってこのイスラム国グループを育成してきた一員だから当然である。

 従ってクルド人のコバニ市の運命は限りなく危うい。このままではコバニは陥落し、大勢の人々が虐殺される事になってしまうだろう。しかしそれを通してトルコ、シリア、イラク、イランにまたがって3000万人いるクルド人が一致団結して、トルコと敵対する動きをとるようになるかもしれないし、彼等の独立運動がより一層過激になるかもしれない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●トルコはクルド人部隊よりイスラム国部隊の方を好む
http://en.ria.ru/analysis/20141013/194044057/Turkey-Prefers-IS-Over-YPG-at-Its-Doorstep-Opposing-Weapons-Supply-to-Kurds.html
【10月13日 RIANovosti】

 トルコはクルド人部隊に対しては、コバニ地域からイスラム国(IS)勢力を撃退するために不可欠な重火器の供給はしないであろう、とイスタンブールに根拠地とする政治アナリストのエクレム・エディ・グゼルデレはRIANovostiに13日語った。

 「隣人としてISとYPGのどちらかを選択するとすれば、トルコはISの方を選択する」とこのアナリストは主張した。

 トルコ政府はクルド人民防衛部隊(YPG)をクルド労働者党(PKK)の単なる支派と見ている。トルコはこのPKKをテロ組織と認識している。シリアのコバニ市での多言語政治によってなされた前例が、トルコを含む他のクルド人地域での例になるかもしれないと恐れている。

 グゼルデレはトルコはISと戦うという以外なら、インシルリク空軍基地をアメリカが使用することを認めていることを指摘した。

 「合意されたことは、トルコでシリアの反政府勢力を訓練することだ。しかしどのグループをどこで訓練するかは、これから決めねばならない」と彼は語った。

 彼によると、ISに対する攻撃にインシルリク基地を使用することは、作戦を容易にするが、テロリストを敗北させるには不十分だ、という。

 「兵站面からやりやすいし事態は改善されるだろう」と彼は語った。「しかしながら、ここ何日か見てきているように、空爆は彼等の前進を阻止することはできても、ISを敗退させることはできない」と語った。

 過去数週間に渡ってISの戦士らはコバニを包囲している。この都市はアイン・アル・アラブとも呼ばれ、シリアとトルコの国境沿いにあるクルド人地区の最大の都市の一つである。

 ISはイラクとシリアのイスラム国(ISIS)とか、イラクとレバントのイスラム国(ISIL)と呼ばれ、2012年からシリア政府と戦ってきている。2014年6月、このグループは攻撃目標をイラク北西部にも拡大し、自分達が掌握した地域でイスラム・カリファを宣言した。
 アメリカ主導の同盟軍は現在、シリアとイラク内のISの陣地に対する空爆を実施している。アメリカのオバマ大統領の戦略は、クルド人戦士と「穏健派」シリア反政府勢力を支援することを意味している。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ROCKWAYアド2
ROCKWAYアド
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ROCKWAY
性別:
男性
自己紹介:
経済から宗教まで、時代の先を読み解くための作業を人間活動のあらゆる分野にメスを入れて行います。
バーコード
ブログ内検索
ROCKWAYアド3
忍者AdMax
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]