忍者ブログ
* 時代の先読み    * 日本の進むべき道    * 我々の心構え
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


レーザー兵器の想像図

◆9月7日  

 レーザーというものが兵器として実用化されるにはまだまだ乗り越えねばならない技術的問題があるようだが、アメリカは着々と開発を進め、テストを繰り返している。SF映画にあるようなレーザー光で物体を破壊することのできるような兵器ができている。これが実用化される時代がもうすぐそこに来ている。
 また弾道ミサイルもこのレーザーで破壊できる。日本はこのような先端技術を独自に開発して、当たるか当たらないか分からないようなミサイル防衛システムではない、必ず破壊できるレーザーシステムを開発するようなことも視野に入れるべきではないか。日本の技術力があれば可能なはずだ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●アメリカは新型戦術レーザー兵器を開発中
【9月4日 Pravda.Ru】
 アメリカはレーザー兵器開発を継続している。これらの兵器は弾道ミサイル迎撃と地上標的の両方を標的とするものだ。ニューメキシコ州でのテストで、レーザー砲を搭載したハーキュリーズは見事にテストコースにあった標的を破壊したとボーイング社が発表した。ホワイト・サンズ・ミサイル・レインジ上空でハーキュリーズは地上の標的を攻撃した。
 「最初の新型戦術レーザー航空機のフライトは主にテストベッドでの検証であり、実現可能性を披露することにある、とボーイング社のスポークスマンは語った。
 空挺レーザー部隊の始めてのテストは2009年7月13日に行われた。
 米国でレーザー兵器を開発する作業は1970年代に始まった。2003年、米国特殊作戦司令は空挺レーザー部隊を開発することでボーイング社と契約を交わした。新しく作成したシステムのテストは2006年夏に行われた。しかしながら、実際に完成するには更に3年の月日が必要だった。
 アメリカは最近は弾道ミサイルを空挺レーザー部隊が攻撃する能力をテストしている。
 「この一里塚となるテストは、方向付けられたエネルギーを一定方向に照射る兵器システムは戦場の状況を一変させる、ということを示している。また光速度で、超精密度での交戦能力を兵士が持つことで、兵士が生命を失う率が減るだろうし、それは巻き添えによる被害を劇的に減らすようになるだろう」、とボーイング社のミサイル防衛システム総括マネージャーであるグレグ・ハイスロップ氏は語った。「この能力を示すことで、新型戦術レーザーチームは兵器システム開発の歴史に顕著な位置を獲得した」と語った。
 動く標的を攻撃する空挺レーザーの能力をテストすることをアメリカは更に進めることになっている。戦場の状況下での兵器のテストが行われれば、ペンタゴンはレーザーシステムのテストを開始することになる。
 政治軍事分析研究所のアレクサンダー・クラムシキン理事長は、アメリカは将来このレーザー兵器を貯蔵兵器に加えることだろう、と述べた。「多少時間がかかったとしてもそれは時間の問題だ。空挺レーザー兵器の生産を開始するには解決しなければならない相当な技術的問題がある。現在のところ、レーザーシステムは大変重い。エンジニアらは、この重量と大きさを減らすよう努力している。価格はまた別の問題だ。しかしこれらのすべての問題は時間の経過と共に解決されていくだろう」とこの専門家は語った。
 アメリカは、原料市場での争奪戦を背景とする世界的覇権を維持するために確かに新しい兵器を必要としている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
PR

逮捕されるユダヤ教教師

◆7月27日

 アメリカのユダヤ教教師らが、マネーロンダリングや、臓器不法販売で23日大量に逮捕されたという。特に驚かされるのは、宗教の教師が腎臓の不法販売をして金儲けをしていた、という事実だ。このような事件を我々は「おぞましい」という。

 前の7月25日のブログで「自分たち以外の人間は、“神の選民”である自分たちに比べれば動物並の価値しかないから、殺しても構わないという教えを“まともに”受け入れている人々が多いし、・・・」と書いたが、その実例がこの臓器不法販売に見られると言えるだろう。
 本来ならば人々を神に導くはずの宗教指導者が、金のために不法な臓器販売をするケースとして珍しいものだろう。しかしこれはその犯罪が暴かれたから人々に知られることになったが、暴かれないまま闇から闇に葬られるケースもあったはずだし、今もあるだろう。

 これは、実はオバマ大統領の取り掛かり始めている大きなプロジェクトの突端であり、発端であろうと考える。つまりいままでの歴代のアメリカ政府ができなかった、アメリカとイスラエルの腐れ縁を断ち切り、通常の国家と国家の関係に持っていくための作戦の取っ掛かりの事件であろうというのだ。これはほとんど勘で言っているのだが(多少の根拠もあるが)、おそらく今後のアメリカ政治・外交の進展の中で、ハッキリしてくると考える。
 
 諸悪の根源の一つは、このような金のためにはなんでもする、という精神だ。今回の金融危機も同様の精神がもたらしたものであるから、臓器販売も同根である。ここにメスを入れねばならないと、オバマ大統領が考えているはずであり、オバマ大統領とホワイトハウスが全面的に控えているから、FBIが逮捕に踏み切ることができたのであろう。
 これからもますますアメリカの腐敗した部分が次々と明るみに出されてくるであろう。これはアメリカだけではない。欧米も日本も、その他の国でも同様だ。
 ようするに経済面から社会面、政治面までもこれからの世界は大きく様変わりしていく、と見て間違いないであろう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●ユダヤ教教師:腎臓を16万ドルで販売
http://www.emaxhealth.com/
【7月26日 Emax Health】
 最近までニューヨーク州とニュージャージー州地区の人々は、腎臓の重い病気、腎臓結石とか腎臓ガンなどで腎臓移植を必要とする場合、待つ必要はなく、ブルックリンのユダヤ教教師(ラビ)のところに行けばよい。イズハク・レビ・ローゼンバウムは自分のことを“仲人”と呼んでいる。しかし彼のビジネスはロマンスとはまったく関係ないものだ。反対に彼は闇市での腎臓販売を組織立てたのだ。彼は話に乗りそうな人物を誘い1万ドルで腎臓を買いそれをアメリカ国内で16万ドルで売っていた。
 ユナイテッド・ネットワーク・オーガン・シェアリングによれば、先週はほぼ8万人のアメリカ人が移植のための腎臓ドナーを待っていた。この組織は声明で、「これは移植にかかわるすべての者達に大変問題となることだ。我々としては、移植システムの信頼を保持するためにも事実のすべてが早急にはっきりと解明されることを願う」と語った。
 腎臓移植仲買業とは、10年間続いてきたものだが今週FBIによってその犯罪性が暴露され、全米の移植産業界には衝撃が走った。本当ならば、アメリカにおける臓器不法取引が立証されたケースとなる。海外で臓器販売がされていることは知られているが、米国内で行われたということは聞いたことがなかった。
 ローゼンバウムは自宅の地下で政府の情報提供者とその情報提供者の秘書を装ったFBI係官と会った10日後、23日に逮捕された。このFBI係官は腎臓の病気でフィラデルフィアの病院で透析を受けている人物のために腎臓を求めていると言った。
 ドナーはイスラエルからアメリカに連れてこられた。彼らは腎臓を手術で摘出されたと、当局は説明した。検察当局は、アメリカのどの病院がドナーから腎臓を受け取ったかは示さなかった。
 医療・移植産業界は衝撃を受けた。「アメリカで臓器不法取引の組織の犯罪が捜査されていることはとんでもないことだ」と全米腎臓基金会長のジョン・デビス氏は語った。オルナ・コーヘン・イスラエル医療協会スポークスマンは、彼の組織ではイスラエル人が臓器を売ったという報告は受けていない、と述べた。「もし本当ならば、驚くべきことだ」と彼は語った。
 ミッキー・ローゼンフィールド・イスラエル国家警察スポークスマンは、自国ではこの捜査に参加していない、と語りそれ以上は語らなかった。
 
 1984年施行された連邦法によれば、誰でも移植のために臓器を意識的に売買することは不法である。世界でもこの種の売買は不法とされている。しかし、ユナイテッド・ネットワーク・オーガン・シェアリングによれば、アメリカにおいて腎臓に対する需要は供給を大きく上回っているのと、腎臓を待っている人々が毎年4500人が死んでいるという。その結果、世界中で腎臓ドナーの活発な闇市が存在しているのだ。


●市長、ユダヤ教教師(ラビ)ら汚職で逮捕
【7月26日 Reuters】
 数十人の州の政治家、役人、著名なユダヤ教教師らが23日、FBIの捜査で政治汚職、人体臓器販売、ニューヨークからイスラエルへのマネー・ロンダリングなどで逮捕された、と、州政府が発表した。
 10年にわたる捜査は“ビッグリグ作戦”と呼ばれ、強制販売、公務員間での賄賂網、数百万ドル規模のマネーロンダリング網、これはチャリティーで各地のユダヤ教教師らが集めた金をイスラエルに流したものだ、とニューワーク市検事局が語った。
 44名の逮捕者を出したニュージャージー州ホボケン市がその舞台で、ピーター・カマラノ市長は3週間前に赴任したばかりだ。
 セコーカス市、リッヂフィールド市の市長、州議会議員、副市長、市議会議員、公務員らが逮捕されている。・・・
 

◆人体臓器販売
 ユダヤ教教師のマネーロンダリングで逮捕されたのは、ブルックリンの大きなシリア・ユダヤ人シナゴーグのラビ長のサウル・カシン、ディールのシナゴーグ主席ラビのエリアフ・ベン・ハイム、ディール市のその他の主席ラビら、ブルックリンのラビのモルデカイ・フィッシュだ。
 レビ・イズハク・ローゼンハウムは人体臓器の販売ブローカーとして告訴された。ローゼンハウムは人間の腎臓販売をここ10年行ってきていた、と言う。
 「彼の商売は話にのりそうな相手に対し、腎臓1つ1万ドルで持ちかけ、それを16万ドルで売る」というものだ、と言われている。
 何人かの公務員は賄賂として1万ドルを受け取っていたという。ホボケンの一番若い市長であった31歳のカマラノは2万5000ドルを受け取っている。
 大半の容疑者らは23日、300人の係官によってニュージャージー州中で一斉に逮捕され、ニューワーク市法廷に次々と集まってきた。・・・以下略

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
scaneagle20050416-M-0502A-005.jpgA160Hummingbird.jpg016d3049.jpeg 







 スキャンイーグル           ハチドリ             ペガサス

◆5月13日  
  
 パキスタンやアフガンで無人機が盛んに使用され、時に標的の照準を間違って民間人を大量に殺傷する事態が生じている。
 攻撃するほうは安上がりで、戦闘要員の温存に適した戦法かもしれないが、やたらと誤爆される民間人の方では、これまたたまったものではないだろう。  
 次々とこのような無人機が開発され、さまざまな作戦で実験的に使用され、性能をあげ市場は拡大する一方のようだ。
 ボーイングでは、無人機のリース業を開始した。この市場は今後10年間で100億ドル市場になると見込んでいるそうだ。
 今のところ、監視・偵察用の無人機だけをリースしているようだが、今やステルス性の無人攻撃機 (X-47A Pegasus)のようなものまで作っている会社(ノースロップ・グラマン)も出てきているようだから、ボーイングとしてもいずれは殺傷目的の兵器用無人機をリースするようにならないとも限らない。この「ペガサス」は自動操縦システムも搭載されているというから、恐ろしい時代がやってきたものである。

 まさに「無人」機であるがゆえに、また「非人」道的な兵器にならざるを得ないのであろう。そこには人間の感情も理性も不在なのだから。
 
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●パキスタン部族地域にミサイル攻撃、死亡者 米軍無人機か
【5月9日CNN】 
 パキスタン情報機関当局者は9日、同国北西部にある政府直轄部族地域の南ワジリスタン地区にある村落に複数のミサイル攻撃があり5人が死亡したと述べた。
 米軍の無人武装偵察機による攻撃とみられる。負傷者も多数出た模様。 襲われた村は、反政府武装勢力の「パキスタン・タリバーン運動」のベトゥラ・メスード司令官の支配下にあるとされる。

 同司令官は、ブット元首相暗殺の首謀者とも指摘される。 今回のミサイル攻撃の標的は不明。南ワジリスタン地区には、国際テロ組織アルカイダ系の組織の拠点もあるとされる。 
 部族地域は、アフガンの政権を追われたタリバーンやアルカイダ系組織の聖域とされ、米軍はアフガンへの越境攻撃の拠点となっていると主張している。

 無人機の越境ミサイル攻撃は昨年秋から加速している。ゲーツ米国防長官は先に、米軍の関与を認めていた。死亡者は300人以上ともされ、民間人の犠牲者も多く、パキスタン国民の反発も強い。同国政府は主権侵害として攻撃停止を求めているが、内密には承認しているとの情報もある。
 今年に入ってからの無人機による越境ミサイル攻撃はこれで10件以上で、昨年と比べ激増している。タリバーン、アルカイダ系勢力は政府直轄部族地域の北部にある北西辺境州内にも浸透、パキスタン軍は4月下旬から掃討作戦を強化し、交戦も起きている。
 

●米軍無人機が攻撃、子ども含む13人死亡
【4月4日 asahi.com】
 パキスタン北西部の部族地域で4日、米の無人機から発射されたミサイルで女性と子供を含む少なくとも13人が死亡した。また、治安部隊の検問所への自爆テロも起き、5人の子供を含む17人が死亡した。
 無人機の攻撃があったのは、反政府勢力タリバーンや国際テロ組織アルカイダの拠点があるとされる北ワジリスタン地区ミランシャー郊外。地元当局者によると、外国人の武装勢力が潜伏する家が3発のミサイルを受けた。死者の多くは武装グループだが、女性1人や子供2人も巻き添えになったという。
 また、ミランシャー市内では競技場近くの検問所で車が自爆し、治安部隊員と子供らが死亡した。
 地元報道を集計すると、パキスタンでは無人機によるとみられる攻撃が昨年9月以降49回にのぼり、350人以上が死亡、うち110人以上が一般市民とみられている。
 

●CIA、パキスタンの施設極秘利用 無人機でイスラム勢力攻撃
【2月18日産経新聞】
 18日付英紙タイムズは、米中央情報局(CIA)がパキスタン南西部バルチスタン州のシャムシ飛行場をひそかに使い、無人機でアフガニスタン国境のパキスタン側に潜む国際テロ組織アルカーイダや、越境してくるアフガン反政府武装組織タリバンなどへの攻撃、監視を行っていると報じた。
 米軍はアフガンの拠点から、無人機でパキスタン領内のイスラム武装勢力を攻撃しているが、米パキスタン両政府は、パキスタンの施設を使っての軍事作戦は否定してきた。 同飛行場の滑走路は大半の航空機には短すぎるが、無人機には適しているとされる。
 米軍の燃料調達当局のウェブサイトは、同飛行場に大量の航空燃料が運び込まれたことを示している。飛行場はアフガン国境まで約50キロ。(共同)
 

●ボーイング:100億ドルの無人機リース市場を狙う
【5月11日Bloomberg】
  ボーイングは、アメリカ国防関連で2番目の契約量を持つ会社だが、1年ないし2年はかかる購入決定までの期間を待てない関係各省や軍に対し無人機のリースを開始した。この市場は今後10年で100億ドル規模に膨らむと会社では見ている。
 ボーイングは、2007年、2008年で、合計3億1270万ドルになる契約を、米海軍、海兵隊と結び、スキャンイーグル・スパイ無人機を「フリー・フォー・サービス」ベースで供給し、更に2億5千万ドルの契約を米政府のスペシャル・オペレーション・コマンドと同様の形式で先月結んだ。この取引でボーイング社は、資材を所有しながら、軍が必要とするところへそれを送ることになる。
 スキャンイーグル、A-160ハチドリ、無人リトルバードを含む無人機は、監視、積荷配送などの業務面で軍、民間企業で利用されるようになるだろうと、ボーイングの担当者であるフィリ・パナゴス氏は語る。
 「このビジネスの目的は、購入まではしたくないという顧客に対し、その代替となるシステムと基盤を提供することにある」とインタビューで語った。無人機とそれに付随するビジネスは今後10年で100億ドル規模に膨らむだろうと語った。ボーイングのその市場での占有率は言わなかった。
 シカゴを本拠地とするボーイングの株は、今年4.8%上昇している。
 
◎海賊監視 
 「米海軍のボーイングとの契約は、駆逐艦から無人機を発進させて、ソマリア海域での海賊拉致事件でリチャード・フィリップ船長救出を支援するのに役立った」と、ブラウン海軍大佐(小型戦術無人機システム・プログラムマネージャー)は語った。
 この駆逐艦(ベーンブリッジ)にはスキャンイーグルとボーイングからのオペレーターが乗っていたという。この無人機は、フィリップ船長が乗っているボートを光学的赤外線カメラを使って追跡していた。
 ボーイングの無人機は監視・偵察業務にのみ使用されていて、標的を攻撃するものはない。米空軍とCIAはサンディエゴのジェネラル・アトミックスのプレデターを所有している。プレデターは2基のヘルファイアー・ミサイルが装備されていて、イラクとアフガンで使用されている。
 海軍の説明では、スキャンイーグルは圧縮空気カタパルトから発射され、1万6000フィート上空を飛翔、20時間滞空することができる。帰ってくると、無人機は50フィートの高さの塔から下がるロープに捕らえられる。

◎試してみる
  「ある軍人は、平和維持任務に無人機を使用したがっている。他の軍人は懐疑的だ」とフィリップ・フィネガン(ティール・グループ社=防衛コンサルタント会社・バージニア州)氏は語った。「試してみれば分かるでしょう」と彼は語った。
 ボーイングは、無人機のリース市場が100億ドルになるとう推定は2010年の国防予算では無人機に38億ドルの購入費を当てているを見れば、「控えめ」だと、ブロードポイント・アムテク(コネティカット州)のアナリストであるピーター・アーメン氏は言う。「軍ではこれらのシステムに対する需要は飛躍的に増大するということを知っています」と彼は述べた。ボーイングのシェアは中くらいだろうと見ている。
 
◎沿岸警備
 無人機はアメリカの沿岸警備隊、国土安全保障省、に使用されるだろう、とパナゴス氏は語った。また戦争地帯に貨物を落下させたり、通信用、長時間監視といったことにも使用できると語った。
 ヘリコプターのA-160ハチドリと、水素エンジン搭載の高度長時間耐久性無人機(HALE)はまだテスト中で開発途上にある、とボーイングは説明している。無人リトル・バードはヘリコプター無人機で、開発の初期の段階にある、とマイク・バーク氏(ボーイングの回転翼航空機ビジネス開発理事)は語った。
 ロッキード・マーチン、ジェネラル・ダイナミクス、レイセオン、ノースロップ・グラマン、L-3コミュニケーションのスポークスマンは、無人機をリースする契約はしていない、と語った。
 無人機をリース、することは「国際的には実用化が進んでいて、トレンドになりつつある」とフィネガン氏は語った。「ボーイングはペンタゴンに提案し利益を得てきている」と語った。
 
◎イギリス軍 
 イスラエルのアエロノティクスとイスラエル・アエロスペース・インダストリーは監視用無人機をオランダとカナダの軍にリース提供している。両国ともアフガンで使用している、とフィネガン氏は語った。イギリス軍はフランスのタレスのエルメス無人機をリース使用している。
 海軍が戦場や船舶向けに無人機を獲得するには、ボーイングとの契約が一番手っ取り早い方法だ、とビル・シャノン海軍中将(無人機プログラム・エグゼキュティブ・オフィサー)は語る。
 第1の理由として、フリー・フォー・サービスが一番やりやすいということだった、とシャノン中将は語った。通常の購入では、必要なものを決めるだけで「1年ないし2年」かかってしまう。 監視無人機のリース契約なら廉価なので理想的だ、とシャノン氏は語った。
 長期的には海軍として購入し、軍の要員で使用したいと言う。 契約ではボーイング社は、無人機と要員を供給することになっている。イラクとアフガンの基地から、また世界中の海軍の艦船から発進して使われている。   現在5万5千時間使用されたとブラウン氏は述べた。

◎特殊作戦 
 今年4月29日、ボーイングは、アメリカの特殊作戦司令の契約を獲得した。 フロリダ州のタンパに基地のある司令は、フリー・フォー・サービスのボーイングを選択した。その理由は、常時変化する司令の要請に柔軟に対応できる選択肢を提供する契約内容だからだ、とケニス・マックグロウ司令スポークスマンはe-mailで応えてくれた。


フェリチン膜の断面の電子顕微鏡写真。つぶつぶは、一つ一つがたんぱく質。膜の厚さは約60ナノメートル=物質・材料研究機構提供


◆5月7日

 以下の記事にあるように、従来の千倍の速さで水をろ過できる膜を開発したと言う。
 これからの世の中では、水もまた貴重な資源として見られている。特に開発途上国では水不足が深刻な状況となってきているし、飲料水についてはこれから厳しさが増してくる情勢だ。
 
 こういう時、このような技術は人類全体にとっての大いなる希望となろう。日本はこういた分野でどんどん世界に貢献するようになっていって欲しいし、また日本人にはそのような能力がある、と確信している。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●千倍速い水濾過膜を開発 「筋子」構造で不純物除去
【5月5日 asani.com】

 従来の千倍の速さで水をこせる濾過(ろか)膜を、物質・材料研究機構の一ノ瀬泉・ナノ有機センター長たちのグループが開発した。低コストで効率よく水を処理でき、途上国での飲料水製造や水の浄化に役立つほか、人工透析などの医療用にも使えそうだ。先月、英科学誌ネイチャー・ナノテクノロジー(電子版)に掲載された。

 この膜はフェリチンという球状のたんぱく質を数珠つなぎにして詰め込んだ構造で、サケの「筋子(すじこ)」のような形をしている。球と球の間の2.2ナノメートル(ナノは10億分の1)ほどのすきまを水が通る間に、不純物がこし取られる。

 膜の厚さが数十ナノメートルでも十分にこし取る力があり、膜が薄くてすむため、速く濾過できる。塩分は除去できないが、農薬やウイルス、着色物質などの物質を取り除ける。ナイロンなどと同程度の丈夫さで扱いやすく、安価でもある。

 浄水装置に使われているセラミックス製の膜は、厚くて透過力が低く、外から圧力を加えて水を絞り出している。フェリチン膜なら圧力をかけずにすみ、省エネにつながるほか、浄化装置が安価で簡便に作れれば、途上国でも威力を発揮しそうだ。(嘉幡久敬)


●水の危機
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E3%81%AE%E5%8D%B1%E6%A9%9F

水の危機(みずのきき、Water crisis)とは、1970年代から現代までの、地球上の水資源と人類の需要とを比較したときの状態をさす[1]。世界規模で見た水資源の状況を表す言葉として、国際連合などの国際機関が使用している[2][3]。特に、水不足と水質汚染が主要な問題とされる。

地球上の水資源は、地下、表層、大気に蓄えられているが、絶対量には上限が存在する。海水を飲用水にするための処理に必要なエネルギーは莫大であり、今のところ海洋を水源とみなすのは現実的ではない。利用できる水資源とは、淡水のみに限定されている[4]。

水の危機は次のような形で顕在化している。

安全な飲み水を得ることができない11億人の人々。
地下水の過剰な汲み上げによる農耕地の不毛化。
水資源の過剰利用と汚染による生物多様性の低下。
水資源の不足による地域紛争。
水系感染症と不衛生な生活用水は、世界でもっとも主要な死因であり、疾病の80%の原因となっているという算定もある[5]。

目次 [非表示]
1 水の危機による健康被害
2 農業用水の不足
2.1 河川の断流と湖沼の縮小
2.2 地下水の枯渇
3 生物多様性へのダメージ
4 地域紛争
5 仮想水貿易
6 将来の見通し
7 参考文献
8 関連項目

・・・以下略



◆4月1日

 昨日に引き続いて、今日も技術的なニュースを取り上げることになった。

 これは、世界で最初で最大の5つ星ホテルのヘリコプターで、「ホテルコプター」と呼ばれ、プライベイトなエンターテインメント施設、たとえば賭博場、湯治場、ヨガ練習場、喫茶コーナーなどがある。
 このヘリコプターは今年6月に最初の飛行を行うという。予約チケットは決して安くないそうだ。
 ロシア製で、ソ連時代のヘリコプターを改良したものだそうだ。ロシアという国は時々、面白いものを生み出す。



★長さ:         42 m
★高さ:         14m
★最大離陸重量:  105850 kg
★最高速度:     255 km/h
★巡航速度:     237 km/h
(http://www.genzomedia.com/032009/soviet-luxurious-hotelcopter/)



カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ROCKWAYアド2
ROCKWAYアド
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ROCKWAY
性別:
男性
自己紹介:
経済から宗教まで、時代の先を読み解くための作業を人間活動のあらゆる分野にメスを入れて行います。
バーコード
ブログ内検索
ROCKWAYアド3
忍者AdMax
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]