忍者ブログ
* 時代の先読み    * 日本の進むべき道    * 我々の心構え
[332]  [331]  [330]  [329]  [328]  [327]  [326]  [325]  [324]  [323]  [322
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


資産買い入れ枠の据え置きを決めたイングランド銀行

◆12月25日

 22日号でイギリス経済の先行きが怪しいという点を指摘した記事を紹介したが、フィッチレーティングスは、イギリス、フランス、スペインの格下げの可能性を示した。
 ソブリン・デフォルトについては、13日号でオーストラリアの上院議員がアメリカのそれを気にしていると述べていることを示した。来年がどの国にとっても明るい見通しを立てることが困難な年であることは間違いないであろう。そしてこの傾向は少なくとも、あと数年は継続するはずである。

 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●フィッチレーティングス:イギリスとフランスがAAA喪失のリスク
http://www.telegraph.co.uk/finance/economics/6867797/Fitch-warns-that-Britain-and-France-risk-losing-their-AAA-rating.html
【12月22日 By Ambrose Evans-Pritchard】
 旧大陸全体が直面している「不愉快な財政上の算数」を取り上げて、フィッチは、おそらく間違いなくAAAのベンチマークのどの国もそう長くはその最高のレーティングを安心して保っていけるということはないだろう、と言う。 イギリスとフランスの公的債務は2011年にはGDPの90%に達するだろうと見られていて、これは10年前日本がAAAを喪失した時の80%を越えるものだ。
当時の日本の過ちは、支出を抑制する計画を発動することに失敗したということで、これはヨーロッパがしっかり学ぶ必要がある点だ。
 「イギリス、スペイン、フランスは、来る年に向けはっきりとした信頼性のある財政安定プログラムを制定するべきだ。これに失敗するとソブリン格付けに対して大きな圧力がかかることになるだろう」とフィッチは語った。

 フィッチのストラテジストであるブライアン・コルトンは、労働党は予算報告書で失敗した、と言う。「何がなされるべきかをはっきりと示さなかった」とコルトンは言う。一つのなぐさめは、イギリスの資産防衛スキームの見直しでは銀行損失を今年初めのGDPの32%から14%にしていることで、これは年末にはゼロになると思われることだ。
 コルトン氏は、予期しなかった悪い生徒はフランスで、来年には投資プロジェクトに対する簿外の350億ユーロの「グランド・ローン」を含む財政赤字はGDPの8.5%あるいはそれ以上にまで膨らむと言う。
 「経済が厳しい収縮をする時は大きな赤字がでるというのは分かるが、これは自らが招いたものである。2倍の赤字を出しそうな勢いだ。それは懸念材料である」と彼は語った。
 ドバイ危機は「偶発的な負債」は危険であり、国家のバランスシートを危うくさせることになるということを時宜を得た形で思い出させてくれている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
PR
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ROCKWAYアド2
ROCKWAYアド
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ROCKWAY
性別:
男性
自己紹介:
経済から宗教まで、時代の先を読み解くための作業を人間活動のあらゆる分野にメスを入れて行います。
バーコード
ブログ内検索
ROCKWAYアド3
忍者AdMax
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]