忍者ブログ
* 時代の先読み    * 日本の進むべき道    * 我々の心構え
[43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33
【11月8日】
オバマ氏が自分の新政権のスタッフとして早速選んだ人物は、ユダヤ系の好戦的人物である。

しかもこの「アメリカ人」は、湾岸戦争中(1991年)、アメリカ軍ではなくイスラエル国防軍の兵士になっているような人物なのだ。
そしてかれの父親は「イルグン」といわれる、イスラエルのテロ組織のメンバーだった人物である。

それでユダヤ系のアメリカ人は、イスラエルとの2重国籍者というケースが多く、彼らの「忠誠」がアメリカにあるのか、それともイスラエルにあるのか、といえば、これはイスラエルにある、と判断すべき場合が多い。

その場合、アメリカはイスラエルに利用される立場になるわけだ。

実際彼は、FBIからイスラエル諜報機関「モサド」との繋がりを疑われ、それでクリントン政権を離れることになった(1998年)という。

イラクで戦争しているのは、「アメリカの青年」だが、その戦争の受益者は、イスラエルであるのと同じだ。

読売新聞は、「剛腕」などと書いているが、ようするにやくざのような人物だ、ということだろう。口が汚い、ということでも有名で、また「投資会社」経営者で、大金持ち、という人物でもある。
ちなみにエマニュエル氏はつい最近までフレディマックの理事をしていた人物でもある。

このように、オバマ新政権は、まっしぐらにユダヤ系の富豪たちのために働くようになりそうで、結局、キリスト教国家としてのアメリカが、いよいよユダヤ系富豪らに乗っ取られた格好になりつつあると言えよう。

これは、アメリカというキリスト教国家が、ユダヤ系富豪らに利用され、使役させられ、衰退していく、ということになると思っていいだろう。

金融恐慌との絡みから、これから、アメリカは大変な時期に突入することになる。

Rahm_Emanuel


アメリカの中産階級は、徐々に無産階級(プロレタリアート)に陥り、エマニュエル氏など、(ユダヤ系アメリカ人などの)大富豪のみが、「主人」として、「奴隷階級」に陥ったアメリカ人を使役するようになって行く可能性が高まったといえる情勢である。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●オバマ氏が初の政権人事、首席補佐官に「剛腕」エマニュエル氏
  11月7日11時47分配信 読売新聞

 【ワシントン=黒瀬悦成】オバマ次期米大統領は6日、来年1月に発足する新政権
の首席補佐官にユダヤ系のラーム・エマニュエル民主党下院議員(48)を指名した
と正式発表した。
 オバマ氏が政権人事を発表するのは初めて。オバマ氏はこの日、シカゴ市内で情報
機関トップから国際情勢に関する機密情報について説明を受けるなど、正式就任に向
けた体制固めを急ピッチで進めている。
 エマニュエル氏は、上院議員のオバマ氏と同じイリノイ州選出。クリントン政権で
上級顧問を務めて頭角を現し、2006年の中間選挙では下院選対委員長として民主
党の下院での過半数奪回の立役者となった。
 同氏は、対話を重んじるオバマ氏とは対照的に、中央政界では政敵や共和党との対
決を辞さない「剛腕」として知られ、議会との政策調整などでの手腕発揮を期待され
たと見られる。また、投資銀行での勤務経験があり、経済問題にも明るいため、金融
危機を乗り切るための即戦力として白羽の矢が立った模様だ。
 歴代大統領が初当選後に首席補佐官を指名したタイミングを比べると、ブッシュ大
統領(2000年)が選挙から約3週間後の11月26日、クリントン大統領(19
92年)は1か月以上もたった12月12日。オバマ氏が金融危機への即応などに向
け「待ったなし」の心境にあるのは確実だ。
 オバマ氏は6日、マイケル・マコネル国家情報長官から、米情報機関が毎朝大統領
に提出する最高機密の「大統領日報(PDB)」と同様の内容の国際情勢分析につい
て説明を受けた。
 オバマ氏は7日、選挙後初となる記者会見で、金融危機への対応策などについて直
接説明する。10日にはホワイトハウスを訪問し、ブッシュ大統領との初会談が実現
する見通しだ。



●エマニュエル氏は、安保上のリスク要因か?
(IS RAHM EMANUEL A SECURITY RISK?)

http://www.opednews.com/maxwrite/diarypage.php?did=10643

ラーム・エマニュエル氏の父親は、イスラエルのイルグンという、イギリス統治下の
パレスチナで武装地下運動組織のメンバーだった人物だ。ラーム自身もイスラエルと
の深いつながりを持った人物で、1991年にはイスラエル国防軍で兵役に服したことが
ある。しかしこれをもってして安保上のリスク要因ということではない。問題は、
ウェイン・マドセン氏によれば、FBIがエマニュエル氏とイスラエル諜報機関である
モサドとの過去の関係に関する「対敵情報活動」に関するファイルをもっている、と
いうことだ。エマニュエル氏はこの件でクリントン政権を1998年離脱せざるを得なく
なったのだ。
・・・以下略


●計画:アメリカのための大いなるアイデア
 http://www.dlc.org/ndol_ci.cfm?contentid=254076&kaid=127&subid=171

by ラーム・エマニュエル
  ブルース・リード

・・・

我々は新しい戦略を必要としている。安全を確保するためにアメリカの持つ力を全て
動員すべきだ。アメリカは邪悪と全体主義の拡散に対し世界的戦いを指導しなければ
ならない。ただし我々のみの勝利を求めてはならない。21世紀において多国籍機関を
改革・強化すべきである。世界中の脆弱な安全地帯に対し特別部隊と海兵隊を派遣す
ることでそれを強化し、軍を更に10万人増員すべきだ。全ての軍に新しいG.I.
bill)(復員兵援護法)を与えるべきだ。そして、イギリスのMI5のような国内の新し
い対テロ機関を作り、市民の自由と本土を保護するべきだ。

・・・以下略


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

PR
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ROCKWAYアド2
ROCKWAYアド
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ROCKWAY
性別:
男性
自己紹介:
経済から宗教まで、時代の先を読み解くための作業を人間活動のあらゆる分野にメスを入れて行います。
バーコード
ブログ内検索
ROCKWAYアド3
忍者AdMax
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]