忍者ブログ
* 時代の先読み    * 日本の進むべき道    * 我々の心構え
[1016]  [1015]  [1014]  [1013]  [1012]  [1011]  [1010]  [1009]  [1008]  [1007]  [1006

ロシアからイランに供給されるかもしれない、S-300防空ミサイルシステム

◆10月7日

 ロシア製のS-300地対空ミサイルシステムがロシアからイランに正式に引き渡される可能性が出てきた。イランの外務省が契約成立が間近であると発表した。

 イランがこのシステムを獲得すると、その防空体制は一挙に強化されることになる。それはずっと言われてきた、イスラエルのイランに対する先制攻撃を無力化することになるかもしれない。だからこのシステムは「ゲーム・チェンジャー」と言われている。

 反対にイランはイスラエル全土を射程に入れることの出来るミサイルを開発しているから、今度はイスラエルがイランからの報復攻撃を迎撃する必要に迫られる。

 つまりイスラエルはイランの核関連施設を破壊したくとも、それを果たす事はできず、却って自国がイランのミサイルで荒廃する危険性の方が高まる、ということになり、先制攻撃がしにくくなるのである。

 従ってこのロシアの防空ミサイルシステムがイランに供給されることは、イスラエルのイランに対する暴挙を抑止し、戦争を抑止することになるので、早急に実現されることが望ましいのである。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●イラン:ロシア製地対空ミサイルシステム引渡しの交渉が決着間近
http://www.presstv.ir/detail/2013/10/05/327790/iran-russia-continuing-talks-on-s300/
【10月5日 Press TV】

 イランはロシアとの間で、ロシア製S-300ミサイル防衛システムのイランへの引渡し契約交渉が決着間近であると伝えた。

 「イランとロシアの友好関係によって、担当高官と専門家との間の交渉が継続中であり、それによってロシア側の国際的義務が果たされるので、S-300システムの契約が成立されることになるだろう」と5日、イランのマルジエ・アフカム外相が語った。

 2007年になされた契約では、少なくとも5基のS-300システムがイランに引き渡されるとなっていた。

 しかしながら、ロシアはイランに対する四回目の国連安保理の決議によって契約不履行を余儀なくされたという口実で、引渡しを実施しなかった。

 2010年9月、ロシアのメドベージェフ首相はイランに対するS-300システムの供給を禁止する法令に署名した。

 ロシアがこのシステムの引渡しを拒否したことをで、イランはロシアの兵器会社であるロソボロネクスポートに対し、ジュネーブの国際仲裁裁判所に提訴した。

 5月30日、ロシア・テクノロジー(Rosteck)のCEOであるセルゲイ・チェメゾイは、ロシアが裁判で勝つチャンスは非常に少ないので、イランのロソボロネクストポートに対する訴訟を取り下げることで合意に至れるよう求めている、と語った。

 チェメゾイは、アメリカがこの取引が国連制裁決議に違反する、と言って合意しないようロシアに大きな圧力を掛けていた、と語った。彼はアメリカは、国連決議はS-300に特化してはおらず、ロシア自身で引渡しを中止したのだ、と言って、後にその言い回しを変えた、と語った。

 7月31日、イランの駐ロシア大使であるセイド・マハムド・レザ・サジャディは、S-300に代わる取引の交渉は存在しない、と語った。

 6月、サジャディは、ロシアがイランにS-300の代わりにトール対空ミサイルシステムを引き渡すという提案を拒絶していた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
PR
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ROCKWAYアド2
ROCKWAYアド
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ROCKWAY
性別:
男性
自己紹介:
経済から宗教まで、時代の先を読み解くための作業を人間活動のあらゆる分野にメスを入れて行います。
バーコード
ブログ内検索
ROCKWAYアド3
忍者AdMax
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]