忍者ブログ
* 時代の先読み    * 日本の進むべき道    * 我々の心構え
[1021]  [1020]  [1019]  [1018]  [1017]  [1016]  [1015]  [1014]  [1013]  [1012]  [1011
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ホムス県のクサイル町に入ったシリア軍戦車-荒廃した街並みがわびしい

◆10月14日

 アメリカの財政問題に目途が付かない中、中東のシリアでは政府軍が着実に武装勢力を追放する作戦が進んでいる。シリアと国際社会とが化学兵器廃棄で合意し、その措置が進んでいるため、今まで武装勢力側を支援していた欧米なども様子見となっているようだ。

 シリアのアサド大統領が前に語ったように、外国が武装勢力を支援しなければ、シリアの紛争は二週間で終わった話なのだ。しかし今や、2年半の各地での戦闘で、シリア中に破壊された街が出現している。

 外国から侵略してきたテロリスト等は、シリア政府軍からシリア国外に追放されたとしても、外国から給料をもらってそれを家族に送金して、自分たちのいるところには戦争は無いから、帰国すれば通常の生活を送れるが、シリアの民は破壊された街と自分達の住む場所を、一から作り直さねばならない。まことに「破壊」は一時の事だが、「建設」には長い時間を要するのだ。

 だから、シリアでの紛争がこの様子で終息していくとしても、シリアはかつてのシリアではない、ということも又事実だ。弱体化したシリアとも言えるだろう。しかし、シリア国民の国際社会に対する認識とか、国防に対する認識は一段と強まったことは論を待たない。欧米、トルコ、湾岸アラブ諸国、イスラエルは、それを今後、恐れるがよい。なぜならば、打たれても耐え抜いた民は賢さと強靭さとを新たにするものなのだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●シリア軍は40以上の村落を奪還し幹線道路を開通させた
http://en.alalam.ir/news/1524048
【10月12日 ALALAM】

 シリア軍は外国が支援するテロリスト達に大きな損害を与え、ほぼ40の市町村を奪還し、ハマとアレッポ間の道路を再開した。

 政府軍はその一掃作戦を強化し、外国支援の武装勢力との激しい戦闘をすることで12日、著しい進展がなされた。政府軍はまたダマスカスに近いタルフィタとアル・ジョロウド村を奪還した。

 シリア軍は、一掃作戦中に大量のタクフィリ・グループの民兵達を殲滅したと語った。軍は更に、アレッポ南部にある戦略的な村であるアブ・ジャリンを激しい戦闘の後、民兵達を撤退させた。 

 政府軍は最近、全土で一掃作戦を成功させている。10月3日には、政府軍はアレッポの北部にある戦略的町であるカナセルを、民兵達との激しい戦闘後に攻略した。10月6日には、政府軍は更にシリア中央部をアレッポとつなぐカナセルに近い重要な道路を、この地域の武装民兵達を狩り出して再開した。この道路はこの地域の激しい戦闘のため8月以来封鎖されていたものだ。

 国連によれば、2011年に紛争が始まって以来、10万人以上の人々が殺害され、数百万人が暴力沙汰のため移動した、という。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
PR
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ROCKWAYアド2
ROCKWAYアド
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ROCKWAY
性別:
男性
自己紹介:
経済から宗教まで、時代の先を読み解くための作業を人間活動のあらゆる分野にメスを入れて行います。
バーコード
ブログ内検索
ROCKWAYアド3
忍者AdMax
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]