忍者ブログ
* 時代の先読み    * 日本の進むべき道    * 我々の心構え
[802]  [801]  [800]  [799]  [798]  [797]  [796]  [795]  [794]  [793]  [792
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ハマ市内でポーズを取る反乱者たち

◆8月24日

 シリア政府軍は欧米メディアによって常に悪逆非道の軍というように言われてきているが、主権国家を暴力で転覆させようという外国人が大量に侵入し騒乱を惹起している限り、国民と国土の保全を絶対条件とする国軍がその侵入者ないしは反乱者を掃討することは義務であり責任である。

 シリア軍はその正当なる使命完遂に向けて、あらゆる可能な対応に終始してきている。そしてシリア攻略を図る欧米NATO、トルコ、イスラエルの支援する反政府勢力の最後の砦であるアレッポ解放に向けても着実な進展がなされている。

 シリア軍から離脱する者たちもいることはいる。政府の要職を占めていた重要な人物が離脱することもある。それでもこのROCKWAY EXPRESSでは、シリアは崩壊せず却って、今回の紛争を鎮圧することで、欧米NATOやトルコ、イスラエルの意図を粉砕することになるだろう、と見ている。

 そう考える大きな理由の一つは、アサド政権がシリア国民の大多数が支持してきた経緯があるからだ。今でこそシーア派に近い少数派のアラウィ派の政権ということで、多数派であるスンニー派に属する者たちがシリアの将来を考えてアサド支持をやめて裏切る者たちが出てきている、という状況もあるにはある。しかしそれも実際はわずかな数であるから、やはり国民の大多数はアサド政権が反政府勢力の暴力沙汰を鎮圧することを願っているのである。だから、アサド政権は崩壊せず、今に至るまで善戦してきたといえる。そして最終的に紛争の鎮圧に成功するであろう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●シリア軍:ハマ市の反政府司令センターを破壊
http://www.presstv.ir/detail/2012/08/24/257821/syria-destroys-insurgent-command-hubs/
【8月24日 PressTV】

 シリア軍はハマ市にある三つの反政府勢力の司令センターを破壊した、とプレスTVが報じた。

 シリア政府軍がダマスカス郊外のバビラで反政府勢力と衝突し反乱者を殺害した後、このハマの件が分かった。

 政府軍はシリア北西部で武器輸送も標的にした。

 北西部では、シリア市民はアレッポでの政府軍の進軍を祝っていた。アレッポでは近郊の重要拠点であったアルジャディダとアルタルの反政府勢力からの解放がなされた。北西部では更に大量の武器が発見された。

 シリア政府軍は、アレッポ、ダラア、それにダマスカス郊外で反政府勢力との激しい衝突を繰り返している。

 シリアは2011年3月以来、紛争が継続している。シリア政府は無法者、破壊工作者、武装テロリストらが紛争と致死性の暴力行為の背後の仕掛け人たちであると指摘しているが、反政府勢力側は殺害は治安部隊の仕業だ、と非難してきた。

 シリア政府はこの混乱は外部から工作されていると言っている。また武装反乱者の相当な数が外国人であると報じている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
PR
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ROCKWAYアド2
ROCKWAYアド
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ROCKWAY
性別:
男性
自己紹介:
経済から宗教まで、時代の先を読み解くための作業を人間活動のあらゆる分野にメスを入れて行います。
バーコード
ブログ内検索
ROCKWAYアド3
忍者AdMax
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]