忍者ブログ
* 時代の先読み    * 日本の進むべき道    * 我々の心構え
[78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [67]  [66
◆4月2日

 日本は、北朝鮮のミサイルが発射に失敗し、その一部などが日本領内に落下する際について、安全保障上の措置としてそれを「破壊」することもあるということを発表したが、それに対し北朝鮮側は過剰反応している。
 いわく、「強力な軍事報復を警告」、「日本の牙城を無慈悲に粉砕」と言ってみたり、「日本に対抗し戦闘機配置」といったことだ。
 そこにもってきて、「北、核爆弾小型化に成功か=日本全土が射程のノドン-米韓当局」(3月31日時事通信)とか、「北朝鮮、東京に核撃ち込む能力持つ」(4月1日読売新聞)などのニュースが入ってきている
 このような過激な発言、ニュースが入れば当然日本人の不安感が増大させられることになる。
 
 しかし今回のミサイル発射は、あくまでミサイル発射そのものが目的と言ってよく、直ちにそれが日本に対する脅威を形作るものではない、と認識すべきだろう。以前のテポドンの改良型と見られる、いわゆる3段式ロケットらしいということだし、先端部分は衛星を格納するような形状で、弾頭が装填されるような円錐形でもないという。弾頭の場合には落下してから大気圏に再突入した時、そこで起きる空気抵抗による摩擦熱の問題などがあるため、当然円錐形などとがった形になるが、今度のミサイルはそうなっていないという。
 してみると、北は新しいこのミサイルの発射実験を行いたい、というのが目的と見ていいだろう。勿論、この時期にそれを強行しようとするのは、それなりの理由があろう。その詮索はここではしない。
 ただし、実験に成功すれば、今度はそのミサイルに弾頭を搭載してみたくなるだろう。我々が本腰を入れて防衛体制で臨まねばならないのはその時である。その時、迎撃でも無能化でも、とにかく日本が被害を受けない措置をとり、それが効果あるものにしておかねばならないはずだ。

 しかしそれはあくまでも、北が兵器としてのミサイルを発射する、ということが明らかな場合にのみ限られる。そしてそのような事態が生起しないような外交を行わねばならないだろう。

 実験が失敗し、ミサイルなりその一部なりが日本領内に落下する際には、日本が「破壊」措置をとり、それが成功し落下物体を破壊したとしても、北朝鮮がそれに対して、軍事的報復をすることはまず考えられない。
 北が上記のように、核を搭載した「ノドン」で、日本の基地なり大都市などを狙って発射するとして、その目的は一体何かと考えるとき、何のメリットもないことが分かるだろう。
 北朝鮮は日本が北朝鮮を攻撃するようなことはないことくらい先刻しっているはずであり、従って日本からの攻撃を恐れる必要はないが、日本は唯一世界で、北朝鮮に大金を施す可能性を持っている国なのだ。そんな国を攻撃し、百年、千年の恨みを買うようなことをするメリットは何も無い。それとも、数発の原爆で、日本が北朝鮮にまいってしまうとでも思っているのだろうか?それを行えば、今度は間違いなく日本は一切の平和主義を捨てて、核兵器を自前だろうが外国から買おうが、とにかく調達し、遠からず北朝鮮の殲滅に向かうことだろう。
 勿論過去の「いきさつ」の誤解に基づく認識から北朝鮮が衝動的な攻撃をする可能性も絶対に無いとは言えないかもしれない。しかしそんなことを言えば、我々日本の隣にはそんな国が複数存在しているのであり、いくら心配しても始まらないだろう。
 むしろ、北朝鮮は、アメリカの偵察機が目障りだから、それを撃ち落とすなどと言っているように、今回の実験をなんとしても成功させたい、という意図がはっきりしていると言える。
 アメリカ政府も、ゲーツ国防長官が、ミサイル発射に対して「迎撃」に関するいかなる措置も取る計画はない、と言明したように、今回の発射実験は新型ミサイルの実験と見て、その能力を観測することに主力を注いでいると言えよう。
 そして今も昔も北朝鮮の本当の狙いは、韓国の武力統一であり、それができなければ、選挙を通してでも、とにかく韓国を攻略し統一することである。日本を攻撃するようなことは彼らの眼中にはない。
 
 従って一番良いことは北朝鮮が発射実験を止めることだが、事ここにいたってはそれも適わないようなので、後は実験が成功し、日本がMDシステムを使用することもなく、無事に終了することが願われていると言えよう。いや、一番はミサイルが発射台で自爆してしまうことだ



~~~~~~ 関連記事 ~~~~~~~
●米国防総省:北朝鮮「ミサイル」、人工衛星の可能性高い
 【ワシントン小松健一】北朝鮮が「人工衛星」として発射準備を進めている長距離弾道ミサイルについて米国防総省当局者は31日、ロイター通信に対してミサイルの先端が球状になっており、人工衛星を搭載している可能性が高いとの見方を示した。
 当局者は「先端の形状は人工衛星打ち上げ用のロケットとほぼ同じ」と指摘し、北朝鮮の予告通り「人工衛星を打ち上げるのだろう」と語った。
・・・以下略

●北朝鮮:核小型化に成功、「ノドン」搭載…国際調査機関
 【ジュネーブ澤田克己】安全保障問題を専門とする国際シンクタンク「国際危機グループ」(本部・ブリュッセル)は31日、北朝鮮が核爆弾の小型化に成功し、日本を射程に入れる中距離弾道ミサイル「ノドン」(射程約1300キロ)用の核弾頭を配備した、との報告書を公表した。関係国政府の内部メモに基づく情報という。事実ならば日本にとって重大な脅威となる。
 報告書はまた、ノドンの実戦配備数を最大320基と見積もった。韓国政府は北朝鮮が保有する核兵器数を6~8個と推定しているが、うち何個が弾頭化されたかは不明だ。・・・以下略

●「北朝鮮、東京に核撃ち込む能力持つ」国際研究機関が報告書
4月1日 読売新聞
 【パリ=林路郎】ブリュッセルに本部を置く国際研究機関「国際危機グループ」(理事長・エバンス元豪外相)は31日、北朝鮮が核弾頭の小型化に成功し、「(中距離弾道ミサイル)ノドンが、すでに東京に核弾頭を撃ち込む能力を持つ」とする報告書を発表した。
 複数の情報筋の分析結果だとしている。
 北朝鮮はこれまで、核の小型化に成功したと公表したことはないが、米国防情報局(DIA)は3月10日、プルトニウムを原料とする核爆弾数発を弾道ミサイルに搭載できるよう小型化させた可能性があるとの認識を示していた。・・・以下略

●強力な軍事報復を警告=「日本の牙城を無慈悲に粉砕」-北朝鮮
3月31日時事通信
 【ソウル31日時事】朝鮮中央通信は31日の論評で、北朝鮮が「人工衛星」と称して発射の準備を進めている長距離弾道ミサイルを日本が迎撃した場合、北朝鮮は「再侵略戦争の砲声」とみなし、「最も強力な軍事的手段によってすべての迎撃手段とその牙城を無慈悲に粉砕する」と警告した。韓国の聯合ニュースが伝えた。
 論評は、日本が北朝鮮の衛星打ち上げをミサイル開発とみていることについて、「相互尊重」をうたった2005年9月の6カ国協議共同声明を認めない立場を宣言し、「6カ国協議のテーブルをひっくり返す行為だ」とけん制した。 ・・・以下略

●改良型、3段式か 北ミサイル本体を確認 米衛星写真
3月31日産経新聞
 【ワシントン=有元隆志】米衛星画像大手、デジタルグローブ社は29日に撮影した北朝鮮の咸鏡北道(ハムギョンプクド)舞水端里(ムスダンリ)にある長距離弾道ミサイル発射施設の最新の衛星写真を公表した。3層に分かれた細長い円筒形のミサイルが発射台に設置されている様子が写っている。
 米シンクタンク科学国際安全保障研究所(ISIS)の上級アナリスト、ポール・ブラナン氏は産経新聞に対し「3段式とみるのは理にかなっている」と語った。2006年7月に発射された「テポドン2号」の改良型である可能性が高まった。ブラナン氏はこの写真からでは、北朝鮮が主張するように「人工衛星」が搭載されているかは判断できないとしている。・・・以下略

●ゲーツ米国防長官「北朝鮮ミサイルの迎撃ない」
ゲーツ米国防長官は29日(現地時間)「北朝鮮がミサイルを発射しても迎撃しない」と明らかにしたと、AFP通信が報じた。
ゲーツ長官はこの日、米FOXテレビ番組に出演し「北朝鮮のミサイル発射が差し迫ったが、ミサイル迎撃に関連したいかなる措置も準備せずにいる」と述べた。同コメントは、これに先立ち「米軍は命令が下されれば、北朝鮮のミサイルを撃墜する可能性が非常に高い」と明言したキーティング米太平洋軍司令官の発言に反するものだ。
ゲーツ国防長官は「(北朝鮮の)ミサイルがハワイに向かって来るようなら、これを迎撃する案も検討できるが、現時点では迎撃に向けたいかなる計画もない」とした。また「ミサイルの打ち上げが差し迫ったか」という質問に「そのようだ」とした後「しかしこれについていかなる措置を取る準備もできていない」と再度強調した。

●米韓両国の偵察機、「200回北朝鮮領空に」とKCNA
4月1日CNN.co.jp
(CNN) 北朝鮮の朝鮮中央通信(KCNA)は3月31日、軍関係筋の発言として、近く予定されている「人工衛星」名目のロケット打ち上げを前に、米国と韓国の偵察機が3月中に約200回領空を飛行したと伝えた。

●ミサイル偵察米軍機を「容赦なく撃墜する」、北朝鮮が警告
4月1日 読売新聞
 【ソウル=浅野好春】韓国の聯合ニュースによると、北朝鮮の朝鮮中央放送は1日、「人工衛星」名目の長距離弾道ミサイル発射準備に関連し、米軍機が咸鏡北道舞水端里(ムスダンリ)の発射基地を空中偵察しているとして、「米帝が我々の平和的衛星打ち上げ準備に干渉し、領空を偵察機に侵犯させれば、容赦なく撃墜する」と警告した。
 北朝鮮メディアが米軍機の空中偵察回数を伝えることはあるが、「撃墜」に言及するのは極めて異例。・・・以下略

●北、日本に対抗し戦闘機配置か=聯合ニュース 
【ソウル2日時事】韓国の聯合ニュースは2日、北朝鮮が長距離弾道ミサイルを発射準備中の咸鏡北道舞水端里に近い空軍基地に、ミグ23戦闘機を配置したと報じた。日本のミサイル迎撃態勢に対抗した動きとみられる。韓国政府筋の話として伝えた。 (時事通信)
PR
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ROCKWAYアド2
ROCKWAYアド
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ROCKWAY
性別:
男性
自己紹介:
経済から宗教まで、時代の先を読み解くための作業を人間活動のあらゆる分野にメスを入れて行います。
バーコード
ブログ内検索
ROCKWAYアド3
忍者AdMax
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]