忍者ブログ
* 時代の先読み    * 日本の進むべき道    * 我々の心構え
[624]  [623]  [622]  [621]  [620]  [619]  [618]  [617]  [616]  [615]  [614
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


政権を追われたカダフィ大佐

◆9月2日

 リビアのカダフィ政権の崩壊の裏に、NATOの軍事介入があり、決して「アラブの春」として世界の注目を集めた大衆運動の成果ではないことを知る必要がある。

 欧米のこのリビアに対する動きには、ダブル・スタンダードという古くて新しい取り組み方が見える。これが今までの欧米のやり方であり、その意味で彼らは変わっていないことを示している。きれいごとを言ったとしてもやっていることは、以下の記事にあるように、帝国主義的侵略である。

 問題は、そのようなやり方が通用していた時期もそろそろ終わりを告げる時が迫っている、ということ。ワシントンで珍しい地震が起きたのも、もう世界変革の地鳴りが始まっていることを示していると考えられるのだ。自分たちの足元が問題になる、と書いた通りである。「奪う」という考え方をし実行している者は、「奪われる」ことになっていく。

 それと煎じ詰めれば、これはリビアの化石燃料をめぐる謀略であり、エネルギーという人間の生存に不可欠な物資の略奪という問題だが、新エネルギーという分野が徐々に開け始めている。奪うよりも、新しい可能性を開発することが必要であり、願わしいし、不可欠となろう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●NATOの欺瞞のリビア侵略戦争:アフリカにとっての意味
 欧米の帝国主義的介入を歴史はどう裁くか

http://blackstarnews.com/news/135/ARTICLE/7610/2011-08-31.html
【9月1日 by Colin Benjamin】

 先週以来、NATOと、時々主流メディアといわれるNATOの宣伝部門の友人らは、武装した暴徒である「反乱勢力」の手にリビアが簒奪されたことを祝ってきた。

 しかし欧米のリビアに対する帝国主義的介入を歴史はどう裁くであろうか? またこの忌まわしい出来事が他のアフリカ諸国にとって何の前兆となるのだろうか?

 先週リビアの軍事施設や民間施設をNATOが爆撃しその道を直くしたので、ベンガジの「反乱勢力」はトリポリに進行した。

 リビアの政治的インフラは「反乱勢力」の手の内にあるので、欧米の指導者らはカダフィ大佐の政府を倒した帝国主義的介入にほくそえんでいる。カダフィ氏は健在でその首には100万ドルの賞金がかけられている。

 カダフィの家族の何人かはアルジェリアに滞在していると言われている。その中には妻のサフィヤ、娘のアイシャ、二人の息子のモハメドとハンニバルだ。多くの者たちはこの出来事をカダフィの降伏の証拠と見ている。

 しかし、カダフィのスポークスマンであるムサ・イブラヒムは、「我々はリビアを侵略者らと彼らの裏切り者のスパイたちの足元で火炎と溶岩の火山にするだろう」と警告した。息子のセイフ・アルイスラムも、忠実な者たちは戦いを継続するだろう、というメッセージを放送した。

 カダフィ大佐の居場所をめぐって噂が飛び交っている。ある者は大佐はリビア東部、おそらくは彼のホームタウンであるシルトにいる、と言っている。あるいは南方の国境付近だというものもいる。所謂、「臨時国民評議会」がシルトの人々向けに3日(土)までに降伏するよう、さもないと軍事行動に直面することになると警告を発した。この紛争に対して「一般市民の保護」のために介入したNATOは、トリポリから500マイルの距離にあるシルトに対する爆撃をすでに開始していると報告されている。ムッサ・イブラヒムは1000人の一般市民が殺されたとニューヨーク・タイムズ紙の記事の中で主張している。

 カダフィが逃亡するため準備している、ないしはすでに逃亡したという憶測がある。ニカラグアのある高官は、オルテガ大統領がカダフィに避難場所を提供することを考慮している、と言っている。カダフィはジンバブエにいる、という噂さえあった。

 アフリカに対してカダフィが大いに支援してきたことを考慮し、アフリカの指導者らの中には、安全に彼が移動できるよう援助しようとしている者たちがいる。カダフィはアフリカにおける解放運動を支援してきた。その中には、アンゴラ、モザンビーク、ナミビア、ジンバブエ、南アフリカがある。 

 南アフリカのジェイコブ・ズマ大統領がカダフィの逃亡を支援するだろうが、彼の亡命を受け入れることはないだろうと言われている。

 レーガン大統領の「建設的介入」のアメリカを含む欧米政府の政策は、南アフリカのアパルトヘイト政府とビジネスをしてきていた時、カダフィはアフリカ民族会議やネルソン・マンデラのような投獄されていた指導者らを支援した。

 まさにマンデラは、リビアに課せられた国連の飛行禁止措置を破って、27年間の投獄から解放された後、リビアを訪問した。クリントン大統領はマンデラのリビア訪問を「歓迎されないことだ」と批判した。マンデラは、「どんな国も世界の警察官だと主張することはできない。またどんな国も他の国に対して、こうするべきだ、と命令することはできない。昨日は我々の敵の友人であった者たちが、今日になって憎しみを持って私の兄弟であるカダフィを訪問するな、と告げる。彼らは昔の友人らを忘れろといい、感謝するべき者たちではない、とアドバイスしている」と語った。

 カダフィはその全ての欠点にもかかわらず、ずっとアフリカの良き友人であった。我々は同じことをアラブの指導者らに言うことができるだろうか、とりわけアフリカにいる者たちに対して? 彼らは欧米風のやり方で人種差別的傾向を示した者たちだ。「新」リビアでの黒人に対する民族浄化運動を考えるべきである。これはガーディアン紙が今週再びそれを取り上げるまで主流メディアでは無視されてきたことだ;2011年6月21日にウォールストリート・ジャーナル紙が最初に報じてから二か月後だ。

 更には、カダフィ大佐指揮下のリビア以上に、欧米諸国でアフリカのためにやってくれた国は存在するのか? このことを考えるべきだ;欧米は今に至るまで続けている大陸とその人々に対する強姦と略奪を除いて、アフリカに何をやってくれたのか?

 最初から、欧米指導者らは、大量のリビア人を殺戮しようとしている熱狂的な狂人だとカダフィのイメージを歪める嘘をついてきた。これはリビア政府に対する侵略戦争を開始するため、欧米の市民の承認を得るための計算された嘘である。欧米の資本家らが、非白人の一般市民の殺戮に関して心配したことが何時あったのか?コンゴやルワンダでの虐殺時にNATOはどこにいたのか?

 我々は、「国際社会」は一体化してカダフィに反対している、と書かれているのを読む。「国際社会」がもしも世界の白人の支配エリートと国家だけで成り立っているのならば、それは本当だろう。

 質問:国連はたった五か国のみしか拒否権を持たないのに、自らを「民主的」機関であるとどうして見なすことができるのか? もしも彼らが本当に「国際的コンセンサス」を大切にするというのならば、アフリカ連合を含む国連の多くの国々がNATOの戦争に反対したことが、どうして重要ではない取るに足りないこと、とされたのか?代わりに、米英仏の三者は、彼らのアラブの政治的下男である、アラブ連盟内のサウジアラビアとかカタールの言うことを大げさに取り上げている。

 リビアがアフリカの国である、という事実はどうか?

 「一般市民を保護するために」リビアに対して爆弾を投下していると世界に向かって告げるとは、強欲な欧米のペテン師たちの笑うべき虚偽である。空爆が地上での虐殺から一般市民を保護できるとすることが、論理的に破たんしているのだ。

 しかしながら、この卑劣な欺瞞は、正しく状況を調査し情報を提供することをしない主流メディア界のオウムたちによって繰り返し語られた。リビアに対する帝国主義的介入から得ることのできる、アフリカや他の「開発途上」諸国に対する教訓がある。

先ず、この出来事は、アフリカは欧米政府を信用することはできない、ということを示している。貪欲さと地政学的「利益」を拡大することが彼らの外交の基礎である。

 米英仏が民衆の抵抗運動だと主張した武装反乱が始まって以来、カダフィはあまりに長期に渡って支配してきた反民主的な暴君だということが議論された。では、親欧米である、イエメンやバーレーンの悪辣な暴君はどうなのか? この詐欺的なダブル・スタンダードが、前エジプト大統領のムバラクに対して欧米が取った、異なるやり方にはっきりと示されている。

 700億ドルを横領したこの暴君に対するエジプトでの真正の大衆抗議運動のあった期間中、欧米は抗議運動する者たちに「非暴力であれ」と警告した;ムバラクが傭兵を使用しだしてからでさえ。

 しかしながら、欧米は最初からベンガジのテロリストによる武装反乱を承認した。なぜ彼らは、これら「反乱勢力」に対して、エジプトの大衆にたいして言い続けたように非暴力であれ、と忠告しなかったのか?

 本当のところは、ムバラクは欧米が常に支援してきた追従的な下男の典型的タイプだったのだ。ムバラクはガザへの道を遮断することで、パレスチナ人に対する弾圧を支援してきた。アメリカはこれに対してムバラクに対して大規模な援助をしてきた。

 カダフィは独立するためのパレスチナ解放機構の戦いを支援してきたことは特筆されるべきだ。

 真実のところは:欧米は自分たちでコントロールできないような非協調的な指導者を好まないのだ。「アラブの春」抗議運動による断固とした姿勢に注目して、欧米はアルカイダとつながるベンガジの「反乱者ら」を支援するチャンスに飛びついたのだ。ウェスト・ポイント・ミリタリー・アカデミーの合同テロリズム・ユニットで作成されたシンジャー・レコード・レポートを読めば、支援はウォールストリート・ジャーナル紙が、「反乱者ら」の一人は、前はムジャヒディンだった人物だと4月2日に報じた後もエスカレートしたのだ。この人物はアフガンでアメリカに対抗して戦ったアブデル・ハキム・アル・ハサディという。

 インタビューでハサディは、ウォールストリート・ジャーナル紙に対して、「我々のアメリカに対する考え方は変化している。もし我々がアメリカ人を嫌っていたのが100%だとすれば、今日は50%以下だ」と言う。今や、ニューヨーク・タイムズ紙がこの同じ人物がトリポリの軍司令官に任命されたと報じた。NATOに感謝だ。

 アフリカ連合とすべてのアフリカ人は、立ち上がらねばならないし欧米の外交上のダブルスタンダードに反対しなければならない。アフリカの国家に対する攻撃の青写真はリビア戦争で作られた。アフリカのどこかでこの無礼な計画を繰り返すことを阻止するものは何だろうか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
PR
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ROCKWAYアド2
ROCKWAYアド
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ROCKWAY
性別:
男性
自己紹介:
経済から宗教まで、時代の先を読み解くための作業を人間活動のあらゆる分野にメスを入れて行います。
バーコード
ブログ内検索
ROCKWAYアド3
忍者AdMax
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]