忍者ブログ
* 時代の先読み    * 日本の進むべき道    * 我々の心構え
[1208]  [1207]  [1206]  [1205]  [1204]  [1203]  [1202]  [1201]  [1200]  [1199]  [1197
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


サッカーワールドカップ決勝を見る欧米各国の首脳たち

◆9月22日

 陰謀論、と書いたが、実際は「45%のロシア人は、得たいの知れないグループが人類を支配している、と信じている」というタイトルだ。しかしこういったことは今や「陰謀論」と言われているから、陰謀論を信じている、とした。

 さすがにロシア人である。このブログでも一貫して記してきたことは、ロシアとその指導者であるプーチンが、地球支配を狙う勢力の最後の障害物として立ちはだかっている、ということだ。このブログの主旨も、当然「陰謀論」に組する。陰謀論というのは、アカデミーの世界ではタブーないしは無視、笑止の対象であるが、それはアカデミーの世界そのものが、その陰謀の勢力が作り上げたものだからだ。特に歴史解釈においては陰謀論は修正主義とも言われることがあるが、その場合にはそれが正しい歴史観であり、現在の常識となっている歴史にはいろいろと問題がある。根本的には、人類の歴史の始まりを5,6千年前の四大文明から始まったとすることだ。人類の歴史はそんなに浅いものではない。

 この世界の完全支配を狙う勢力が存在している。ロシアの人々がそれを「ユダヤ人」としたり、「フリーメーソン」、「大英帝国」としたことは正鵠を得ている。しかしユダヤ人にもいろいろある。アシュケナジーとスファラディーの二つであり、大まかに言って前者は元ハザール帝国の住人であり、10世紀頃に国を挙げてユダヤ教に回収した人々の末裔であるが、スファラディーと言われる人々はアブラハム、イサク、ヤコブの血統的ユダヤ人だ。(ウィキペディアではハザール人はテュルク諸語を話していたから、その説には難がある、とあるが、このハザール人はロシアに入ったら、ロシア語を学び始め、その息子や娘達は完璧なロシア語を話すようになるし、ポーランドに入ったハザール・ユダヤ人はポーランド語を話すのだ。今時、アメリカ系ユダヤ人でヘブライ語をしゃべるユダヤ人がどれだけいるか、というのだ。結局、ウィキペディアのこの「アシュケナジー」の項目も、アシュケナジー・ユダヤ人が圧力を掛けてアシュケナジー・ユダヤがハザール人の末裔であることを否定するよう、自分達に都合のいいように纏めてある)またフリーメーソンと決め付けず、秘密結社とすればより正確であろう。ブッシュとケリーがスカル・アンド・ボーンズのメンバーであることが、大統領選の時、取りざたされた。

 秘密結社の背後には霊的存在が控えている。霊的存在を否定する唯物論者は、だから世界理解においては片目しか開いていないから不正確になり無理なこじつけをするようになる。霊的存在・・・神から始まり、天使も精霊も、勿論幽霊と言われる人間の死後の霊的存在は、時に悪霊となり悪さをすることがあるが、天使や精霊自体も悪に傾けば妖怪・魔物となり、人間をたぶらかす。しかし秘密結社の背後に控えている霊的存在はもっと本格的な悪魔的存在であり、歴史を貫いて多大な影響を人類に与えてきている。そしてそういった存在がこの地球支配勢力の背後に控えているのだ。

 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●ロシア人の45%が陰謀論を信じている
http://www.themoscowtimes.com/news/article/45-of-russians-believe-shadowy-group-controls-humanity/507321.html
【9月19日 The Moscow Times】

 「世界は超富豪のようなグループによって支配され、このグループが世界の各政府を操っている」というのがロシア人の半数近くが信じている内容であると17日、国主催の世論調査が明らかにした。

 ロシア世論調査センターはロシア人の45%が、全能的な勢力が存在していることを信じ、この勢力が諸国の政府を操り、人類全体の事情を支配していると信じている、ということを発表した。たったの3分の1の人々だけこの仮説を否定したが、その他23%のロシア人は分からない、という結果だという。

 この調査センターは高等教育を受け羨ましいような給料を受けている人々の方が、教育程度が低く賃金の低い人々よりも、この理論に同意している割合が高いことを明らかにした。

 そのような得たいの知れない存在を信じている人々の22%の人々は、その存在はオリガルヒ(超富豪、新興財閥)、ビジネス・リーダーらによって構成されていると考えている。他の6%の人々はアメリカがその存在を動かしていると考えている。

 その存在を信じている人々の半分以上は、誰がそうなのか、あるいは何で出来ているか、特定することはできていない。回答を寄せた者たちは、「ユダヤ人」、「フリーメーソン」、「大英帝国」などを、世界支配の背後の存在の例に挙げている。

 この調査はこういった世界勢力の存在を信じる人々の48%の人々は、そのような存在の主要な動機あるいは存在理由が分からないとなっていることを示した。

 このような存在を信じる人々の別の32%の人々は、その存在のゴールは世界の支配にあると考えているが、10%の人々は、選ばれた者たちが富むことが狙いであると回答した。

 この調査はこの8月に実施されロシアの42の地域からなる1600人に対してなされた。この統計の誤差範囲は3.4%を越えない、という。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
PR
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ROCKWAYアド2
ROCKWAYアド
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ROCKWAY
性別:
男性
自己紹介:
経済から宗教まで、時代の先を読み解くための作業を人間活動のあらゆる分野にメスを入れて行います。
バーコード
ブログ内検索
ROCKWAYアド3
忍者AdMax
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]