忍者ブログ
* 時代の先読み    * 日本の進むべき道    * 我々の心構え
[854]  [853]  [852]  [851]  [849]  [848]  [847]  [846]  [845]  [844]  [843

ペトレイアス(左端)とジル・ケリー(左から3人目)

◆11月27日

 ブッシュの時にも不正選挙があったことはほぼ明らかにされているが、今回も共和党のロムニー陣営は何とかしてホワイトハウスを手にする為にその類のことをしたようだ。ただし、それは失敗に終わったらしい。

 清教徒たちが作ってきたアメリカ合衆国では、不倫問題は常に政治家の落とし穴であり、それがためハニーポットといわれる色仕掛けをする女スパイが要所要所で仕事をしている様子が分かる。勿論これはアメリカに限ったことではなく、以下の記事にあるように近代ではヨーロッパのマタ・ハリ事件やキーラー嬢事件が有名だ。

 タープレイが言っているごろつき集団の元締めまでこの問題が行くのか、イグナチウスが言っているように、ほどほどのところで打ち止めにすべきなのか、まだこの事件の行方は分からない。とことん行くとなると、タープレイが示唆しているように、9月11日同時多発テロの黒幕から、記事中にもある、核巡航ミサイル事件の黒幕などが、全世界に公式的に明らかにされるところまでいくかもしれない。タープレイはこのごろつき集団こそが、エスタブリッシュメントだといっているのだから、そうなれば、アメリカ中がひっくり返ってしまうであろう。

 このROCKWAY EXPRESSでは、オバマが再選されれば、彼はやりたいことを本格的にやろうとするだろう、と指摘してきた。ひょっとすると、今回のこの事件を端緒として、そのような方向に行くのかも知れない。ただし、やはり今までのところ、単なるセックス・スキャンダルという話で終わっているから、そのままその線で行く可能性の方が強いようだ。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●ワシントンでのクーデタと反クーデタ (3)
http://www.presstv.ir/detail/2012/11/19/273240/coup-and-countercoup-in-washington/
【11月19日 Webster Tarpley-Press TV】

■マタ・ハリ
 
 マタ・ハリのやり方は、フランス人将校たちを誘惑し、彼らの持つ秘密情報をドイツに送る、というものだった。ペトレイアス辞任劇のカバーストーリーには、ポーラ・ブロードウェルとの情事が含まれている。彼女は「オール・イン:ペトレイアス将軍の教育」という将軍の伝記を書くことでアフガンにいるペトレイアスと親密になった。ブロードウェルは統合特殊作戦コマンドでの経験を持つ軍事情報部の中佐で、複数の証言によれば、アラビア語を解する、という。

 彼女は、トップシークレットにアクセスできる許可「と、それ以上も」持っている、と語っている。彼女はオバマのホワイトハウスとカール・ローブと共に親しく交流してきた。こういったあらゆる事を見れば、彼女が知っていたかどうかは別として、ペトレイアスを落し入れるために利用されていたのであり、彼女はその意味で成功したのだ。彼らの情事がFBIの知るところとなった時、そして共和党議員らにそれが漏洩された時、彼はオバマを引き立てた情報界のドンであるジェームズ・クラッパーに辞任するよう告げられたのだ。

 ジル・ケリーと彼女の双子の姉妹であるナタリー・カワムは情報界の花である。彼女らはペトレイアスとアレンをハエ捕り紙に引き寄せることに集中した。


■ごろつき集団は弱体化したが終わってはいない

 アメリカのごろつき集団は2001年9月11日以来、際立って活動的であった。この事件には彼らの関与が強く示唆されていた。2007年の春、チェイニー副大統領はごろつき集団のためにシリアへの攻撃を行うよう議論していた。2007年の8月と9月に、核巡航ミサイル6基を搭載したB-52爆撃機がごろつき集団によってハイジャックされ、北ダコタからたぶん中東での爆撃のミッションの途中と思われるルイジアナに飛ばされた。このB-52はルイジアナのバークスデール空軍基地に到着した。数ヵ月後、ロバート・ゲイツ国防長官はマイケル・W・ワイン空軍長官とマイケル・モスレイ空軍参謀長を核兵器のお粗末な管理のため解雇した。ジェームズ・R・シュレシンガーの特別委員会が核の安全性についてと、恐らくは誰を解雇すべきについて吟味した。情報通の専門家らにとっては、これでごろつき集団に対する突破口が開かれたのだ。

 2009年のクリスマスの日、ナイジェリア人のムタラブがデトロイト上空で民間機を爆破しようとした。1月の最初の週に、MSNBCのリチャード・ウォルフェは、連邦の高官らがムタラブの工作が封じられることを阻止しようとしたとオバマのホワイトハウスが結論付けた、と報じた。彼らはオバマ政権にダメージを与えたかったからだ。更にその後、パトリック・ケネディ国務次官は下院委員会に国務省はムタラブのビザを取り消すことを望んでいたが、ナイジェリア人の自爆犯は尾行されているからという口実の下、別の連邦の機関によって阻止された、と告げた。オバマ政権は臆病にもこの件についての公開捜査から手を引いたので、このごろつき集団は今度、ベンガジで再びやらかしたのだ。(この件についてはTarpley.netに書かれている)


■ORCA:親ロムニー派の不正投票が表面化しない理由
 
 情報界と軍関係者のこんなに多くのロムニー支援者のパージは、コンピューター操作による共和党の不正選挙が多くの州で表面化しないことの理由を説明していることになるだろう。タッグ・ロムニーと彼の取り巻き、その多くはベイン・キャピタルの投資家たちが20州ほどの投票マシーンの管理権を悪名高く手に入れていた。オハイオ州もそれに入る。選挙を強奪する計画を台無しにしたものは何か?おそらく、この作戦は都合よく時宜にかなった、そしてごろつき集団内の情報・軍関係者で親ロムニー派の者たちを標的にした捜査によって台無しにされ、失敗したのだ。

 この回答は、明らかにORCAの失敗と関係しているだろう。これはロムニーのデータマイニングとデータマネージメント操作のことで、共和党ボランティアが票をかっさらうのを助けるようになっていたものだ。しかし、11月13日にZDNetのデイビッド・ゲウィルツが書いているように、ORCA(シャチ)は「モリを打ち込まれた。岸に乗り上げてしまった。ばたついた。日なたの中で死んだ。失敗だ」。それでロムニーの支援者らがホワイトハウスを手にする希望は打ち砕かれたのだ。

 現在のスキャンダルは尋常ならざることで、それはこのごろつき集団ないしはアメリカの影の政府に光を当てることになったからだ。このトピックはマスメディアには厳重にタブーとされていたことだ。それ故、情報界に精通していると言われるワシントン・ポストのデイビッド・イグナチウスは、打ち止めにする時期だと既に警告を発している。イグナチウスは警告して、日光は「間違った環境下では毒」になる、と言っている。

 「何故、それが危険かということを理解するために、『クルーシブル』と『歴史の教訓』を取り上げよう」とイグナチウスは締めくくっている。別の言い方をすれば、ごろつき集団の一切、つまりエスタブリッシュメントの一切を巻き込む恐れが出る前に、パージを打ち切る次期だ、というのだ。愛国的市民と平和を望む人々は反対に、この暴露が継続して成されることを期待している。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
PR
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ROCKWAYアド2
ROCKWAYアド
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ROCKWAY
性別:
男性
自己紹介:
経済から宗教まで、時代の先を読み解くための作業を人間活動のあらゆる分野にメスを入れて行います。
バーコード
ブログ内検索
ROCKWAYアド3
忍者AdMax
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]