忍者ブログ
* 時代の先読み    * 日本の進むべき道    * 我々の心構え
[858]  [857]  [856]  [855]  [854]  [853]  [852]  [851]  [849]  [848]  [847

戦火の被害がでているダマスカス

◆12月10日

 シリアが化学兵器を使用するかもしれない、と盛んに欧米が囃(はや)し立てている。かつてイラクが「大量破壊兵器」を所有していて、それを使用する可能性がある、という口実の下、米英軍がイラクに侵入した。そして、その「大量破壊兵器」を血なまこになって探したが発見できず、結局公式的に、大量破壊兵器はなかった、と発表した。しかし、他国を侵略した謝罪もなければ、即時撤退もなく、今に至るも居残り続け、イラク支配を固めた。

 シリアに対して、性懲りもなく同じレトリックを使用しだしている。一般庶民はこれで自分たちが欧米のレトリックに騙されている、ということを理解できなければ、インターネットの時代に生きる資格はないだろう。

 イラクの時には、日本でも欧米の論調に合わせてサダム・フセインの残虐性とか危険性とか、いろいろ騒ぎ立て、大量破壊兵器に関しても、政治家の中には、イラクは国家的なオーム真理教と同じだ、と断定するお馬鹿さんもいた。恐らく今回も似たような反応を示す政治家、ジャーナリスト、コメンテーターとかいう連中がいることだろう。こういった人々は欧米から流される情報は信じるが、自分の頭で考える、ということのできない連中である。

 ロバート・フィスクの下の論文は、長年中東を取材してきたベテラン記者としての経験に裏付けられた考察である。まともな思考ができている。ジャーナリストとしての矜持を保ちつつ、仕事をしている人間の指摘である。これが正論というべきものであろう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●シリア:化学兵器の真実
http://www.independent.co.uk/voices/comment/bashar-alassad-syria-and-the-truth-about-chemical-weapons-8393539.html
【12月8日 Robert Fisk The Independent】

 嘘が大きければそれだけ人々は信じやすいものだ。誰がこれを言ったのかは皆が知っている-しかし、確かにその通りである。バシャール・アル・アサドは化学兵器を持っている。それを彼はシリア人自身に対して使用するかもしれない。もしもそうしたら、欧米はそれに対応するだろう。我々は昨年こういったことを聞かされた、そしてアサド政権は繰り返し、もしも、もしもそれを持っていたとしても、シリア人に対しては使用しないと語っていたのだ。

 しかし、今やアメリカはこの同じ「ガス音頭」で囃し立てて、バシャールは化学兵器を持っているぞ。彼はそれを自国民に使用するぞ。もしも彼がそれを実行したら・・・と。

 彼が実行したら、オバマ、クリントン女史、それにNATOは非常に怒るだろう。しかし、先週、地図上にシリアを特定できないような偽専門家らが、マスタード・ガス、化学剤、生物剤をシリアが持っているかもしれないし、それを使用するかもしれないと再び警告している。その情報源は? 9月11日同時多発テロについて警告しなかったのに、同じファンタジー専門家らは、2003年にサダムが大量破壊兵器を保持していると主張していた。これから、匿名軍事情報源(UMIS)と呼ぶことにする。


■クー・ド・テアートル(劇中の異変事)
 
 そして今度はクー・ド・テアートルだ。カナダ放送会社の方から今週私に対して、1982年にシリアのハマで起きた反乱に対してハフェズ・アル・アサドが化学兵器を使用したことについての話をするよう要請があった。彼らの情報源は同じ上記のUMISだ。私は1982年にたまたまハマにいたことがあったのだ。カナダの会社が私に来るよう要請する理由もそこにある。ハフェズのシリア軍は、政権の官僚たちとその家族に対して残虐な殺戮を行った反政府シリア人に対して断固粉砕方針を貫いたのだが、化学兵器は誰も使用しなかった。ハマでみた兵士の誰一人としてガスマスクを持っていたものは見なかった。一般市民も持っていなかった。我々欧米陣営の当時の同盟国だったイラクのサダム・フセインが、1980年代にイラン人に対して使用した際に私と同僚が嗅いだ危険なガスの臭いは、なかった。そして、1982年以来30年間、私がインタビューした数十名の生き残りの住民の誰一人として、ガスの使用を語ったものはいない。

 しかし今や我々は、それが使用されたことを信じるようにされている。そして幼稚な新しい御伽噺(おとぎばなし)が語られ始めた:ハフェズ・アル・アサドがハマで30年前に自国民であるシリア人に対してガスを使用したというものだ。だから彼の息子であるバシャール・アル・アサドも同じことをするかもしれないぞ、というものだ。我々が2003年にイラクに侵入した一つの理由が、サダム・フセインは自国民に対してガスを使用したのだから、再び使用するかもしれない、ということだったのではなかったか?


■ホラ話
 
 嘘が大きければそれだけベターなのだ。確かに、我々ジャーナリストはこのホラ話を拡散するという我々の義務を果たしてきた。そしてバシャール・アル・アサドは、彼の軍は大いに不正を働いたが、犯してはいない、また彼の父親も犯したことのない罪のため糾弾されようとしているのだ。

 化学兵器がヤバイことは確かだ。アメリカがサダムにその成分を供給したのもそのためである。

 それで、サダムが最初にハラビヤでガスを使用した際、UMISはCIA将校にイランを非難するよう語ったのだ。そして、バシャールは恐らくはシリア領内のどこかにさびた容器の中に、なんぼかの化学兵器を持っているだろう。クリントン女史はそれが、「まずい連中の手中に入る」かもしれないと心配している-あたかも現在は「真っ当な者たちの手中」にあるかのように。しかし、ロシアはバシャールにそれを使用しないよう告げた。バシャールはかれの唯一の同盟国の大国を困らせるようなことをするだろうか?

 ところで、中東で何処の国が最初にガスを使用したのであろうか? サダム・フセインか?違う。アレンビー将軍の下、イギリスが1917年シナイ半島でトルコに対して使用したのが、最初だ。そしてこれが真実というものだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
PR
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ROCKWAYアド2
ROCKWAYアド
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ROCKWAY
性別:
男性
自己紹介:
経済から宗教まで、時代の先を読み解くための作業を人間活動のあらゆる分野にメスを入れて行います。
バーコード
ブログ内検索
ROCKWAYアド3
忍者AdMax
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]