忍者ブログ
* 時代の先読み    * 日本の進むべき道    * 我々の心構え
[378]  [377]  [376]  [375]  [374]  [373]  [372]  [371]  [370]  [369]  [368
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


イスラエルの建国が中東問題の始まりと指摘するラブキン教授

◆4月27日

 NHKのBS1で、画期的な番組が放映されたようなのでお知らせする。 下記のアドレスでYouTubeで見ることができる。

「トーラーの名において」:ヤコブ・ラブキン教授に聞く
 http://www.youtube.com/watch?v=AA4j6Mc-ZK8


 内容は、ヤコブ・ラブキン教授という、ロシア生まれでカナダで大学教授になっている方の著書「トーラの名の下に」という本を中心に、中東問題=イスラエル問題を的確に説明している内容だ。

 ようやく、真実を言う人物が現れ、それを天下のNHKが放映するまでに時代は進んできた、と感じる。
 
 また、番組の後半では、 シュロモー・サンド教授の「ユダヤ人起源」を紹介している。
 これは今のユダヤ人の主流となっている、アシュケナジーという白人系(トルコ系)のユダヤ人はアブラハムの孫のヤコブ(イスラエル民族の祖先)の子孫ではなく、10世紀頃栄えたカザール帝国の子孫で、古代ユダヤ人の子孫は、現代のパレスチナ人である、という衝撃的な内容の本だが、この本を紹介したのだから、NHKもやるものだ。
 


<ヤコブ・ラブキン教授のコメントの内容>

●イスラエルではホロコーストの悲劇が意図的に強調されてきた
●シオニズムは19世紀の終わりにヨーロッパで生まれた政治運動
●シオニズムの4つのゴール
 1.ユダヤ教の集団を民族に統合し国を作る
 2.共通の言語を与える
 3.パレスチナの土地に移住させる
 4.軍事的支配を確立する
●宗教的用語を多用するが、世俗的で無神論的なのがシオニズム
●宗教問題のように装っているがこれは政治的問題
●ユダヤ人国家のイスラエルがパレスチナを占領し抑圧してきたのが問題
●同情・調和・親切心などのユダヤ教的教えの正反対の行動をしてきた
●全ての問題は1948年に始まった
●少数のシオニストが多数のパレスチナ人を土地から追い出したのが原因
●パレスチナ人に対し極めて不当な扱いをしたことを率直に認めるべき
●パレスチナ国家がどこにできるのか全く見えません
●1枚のピザを分け合う交渉中に相手はそのピザを食べ続けている
●自分の取り分は残らない。そんな状況です
●イスラエルが入植地を放棄し占領地から撤退しないかぎり2国家共存はありえない
●イスラエルは今までやってきたことは間違っている
●自分達の利益にもならないことを理解させることが必要
●イスラエルが受け入れなければ、強制的にやるしかない
●国際社会、とりわけアメリカがイスラエルを説得すべき
●パレスチナ人に与えた被害を認めさせ、しかるべき補償を与えるのが出発点


<イラン問題>
●イラン脅威論こそ、シオニストたちにとって宣伝活動の最大の成功例
●イランは過去300年間、他国を攻撃したことがない
●だから、イランが最大の脅威だというのは何の根拠もない
●ホロコーストを政治宣伝に利用している
●日本はホロコーストにも国連決議にも係わっていないから自由に行動できる
●日本はパレスチナ人を抑圧しないようイスラエル政府を説得できるのではないか
●日本のような大国が独立した立場で声を挙げれば他の国も続くと思う


「ユダヤ人の起源」 シュロモー・サンド教授
●現代のパレスチナ人こそが、古代ユダヤ人の子孫である

PR
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ROCKWAYアド2
ROCKWAYアド
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ROCKWAY
性別:
男性
自己紹介:
経済から宗教まで、時代の先を読み解くための作業を人間活動のあらゆる分野にメスを入れて行います。
バーコード
ブログ内検索
ROCKWAYアド3
忍者AdMax
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]