忍者ブログ
* 時代の先読み    * 日本の進むべき道    * 我々の心構え
[399]  [398]  [397]  [396]  [395]  [394]  [393]  [392]  [391]  [390]  [389

レバノンの高速船

◆6月18日

 ガザに向かう支援船団が続いている。イランが今週末にもガザに到達するであろう船団を送っているが、イスラエル国防軍は隣国のレバノンが高速船団を送ることに厳戒態勢で臨んでいる。停船命令をだしても、距離と速度のためガザに到着してしまう可能性があるからだ。
 ネタニヤフ・イスラエル首相がこれから荒海が我々を待っていると警戒を呼びかけたがこのように国際社会では、とりわけイスラム・アラブ圏では今後ますますこの自由支援船団の戦略が継続的に行われるような雰囲気である。

 これをやられれば、遂にはイスラエルもどうしようもなくなり、ガザに対する封鎖を解除していく方向に向かうかもしれない。こうして、イスラエルは自らの意志に反して、ガザに自由を与えることになっていくのであろう。
 これこそこのブログで指摘してきた内容である。イスラエルは自らが国際的にいかに孤立しているかを思い知らされ、パレスチナ国家樹立に向けて真剣に考慮していくことになるだろう。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
イスラエルはレバノンの高速船団を恐れている
http://www.jpost.com/Israel/Article.aspx?id=178694
【6月17日 The Jerusalem Post】

 イスラエル国防軍(IDF)が16日、ガザに向かうイランの船団を追跡している最中、海軍はレバノンから新たな船団が出航するかもしれないという恐れから厳戒態勢に入った。レバノンからガザまでの短距離という点を考慮すると停止させることが困難だからだ。

 貨物船がイランを今週初めに出航している。今週末にもイスラエルのガザ封鎖を突破しようとするだろう。

 別の船が来週に追加されることになっている。IDFはこの船団を追跡しているが、レバノンからのヒズボラ要員が乗船しているかもしれない船団が出航することに特に警戒している。
 「レバノンから出航する速い船を停止させる時間は多くない」と国防軍将校は語った。「実質的には、海軍は24時間厳戒態勢にあるということだ」と語った。

 海軍はガザから相当離れた点で停止命令を出して停止させようとするだろう。これは、「鉛をぶち込め作戦」の時、イラン船が封鎖を突破しようとした時に有効だった。イラン船はイスラエル海軍によって遮られ積み下ろしをしないで反転していった。もしこれが失敗すれば、海軍は2週間前にトルコからの国際船団を停止させた作戦の元になっているシャイテットとして知られている船団13を準備している。

 ところで、イスラエルに先回停止させられた船団の背後にいるトルコの組織IHHの責任者のブレント・イェディリム氏は16日、彼の組織はガザに向けて7月、更に6隻の船団を出すだろうと発表した。マビマルマラ号上で殺された9人のトルコ人の家族の方々が次のIHH船団に乗船したいという要望を出していると語った。

 また16日、国際赤十字社はイラン赤新月社によって組織されたと言われるイラン船団と距離を置いた。イラン赤新月社はイラン船団は、国際赤新月社からのもので、イラン赤新月社とは違うと語っている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
PR
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ROCKWAYアド2
ROCKWAYアド
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ROCKWAY
性別:
男性
自己紹介:
経済から宗教まで、時代の先を読み解くための作業を人間活動のあらゆる分野にメスを入れて行います。
バーコード
ブログ内検索
ROCKWAYアド3
忍者AdMax
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]