忍者ブログ
* 時代の先読み    * 日本の進むべき道    * 我々の心構え
[404]  [403]  [402]  [401]  [400]  [399]  [398]  [397]  [396]  [395]  [394

シオニスト政権の将来は?

◆6月29日

 イスラエルがこのままの武断的・ネオコン的・シオニスト政権のやり方を踏襲すれば、その存続さえ危機に瀕するという点を何回も語ってきた。

 以下の報告では、既にアメリカのCIAが、丁度南アのアパルトヘイト政権やソ連邦の瓦解を早くから予想して当てたように、イスラエルのシオニスト政権は早晩崩壊し、本当の意味での民主主義原則が貫かれた国家体制が打ち立てられ、パレスチナ難民の大量帰還とイスラエル国民の大量脱出が起きる、と予想している、という。

 その通りになるかどうかは分からないが、イスラエルの国家指導者たちが愚か過ぎなければ、それがイスラエルの取るべき選択肢の一つであることは理解できるはずだ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
シオニスト政権:20年で消滅
http://abna.ir/data.asp?lang=3&id=193528
【6月27日 Ahlul Bayt News Agency】

 アメリカのCIAの研究では、シオニスト政権が今後20年を超えて存在することに疑問を示している。

 パレスチナのアル・ヨウム紙のウェブサイトでは、CIAの報告に、パレスチナとイスラエルの二つの国家の成立は実現不可能で、その代わりに、人種と民族に関係なく完全な平等の民主主義原則を基礎とする一つの国家という解決策が提案されるだろう、と予想している、と報じている。

 包括的で永続的な解決策は、1947年・48年の時と、1967年の時のパレスチナ難民の故郷への帰還である、とある。

 限られた個人にのみ公開されたこの研究は、パレスチナ人難民の占領地への帰還と、200万人のイスラエル人がアメリカへ今後15年間かけて脱出することを予想している。

 その傍ら、国際弁護士のフランクリン・ラム氏は、「50万人のイスラエル人がアメリカのパスポートを保有していて、カリフォルニアだけで30万人以上が住んでいる」と語り、アメリカないしは欧州国のパスポートを持っていない者たちは、既にその申請をしている、と語った。

 パレスチナのアル・ヨウム紙は、CIAは既に1990年代初期に南アのアパルトヘイト政権の急速な崩壊とソ連邦の分裂を予想したことがあるということをしめし、「イスラエル郷土」の夢の終焉が遅かれ早かれ起きることを示唆している。
 この研究は更に、150万人のイスラエル人のロシアとその他のヨーロッパ国への帰還を予想している。

 イスラエルの出産数は減少し続けているが、パレスチナ人の人口は増え続けていることを付け加えている。
 アメリカの上院議員の情報委員会の何人かはこの報告内容を知らされている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
PR
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ROCKWAYアド2
ROCKWAYアド
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ROCKWAY
性別:
男性
自己紹介:
経済から宗教まで、時代の先を読み解くための作業を人間活動のあらゆる分野にメスを入れて行います。
バーコード
ブログ内検索
ROCKWAYアド3
忍者AdMax
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]