忍者ブログ
* 時代の先読み    * 日本の進むべき道    * 我々の心構え
[544]  [543]  [542]  [541]  [540]  [539]  [538]  [537]  [536]  [535]  [534

テロリストに配られた武器類

◆4月27日

 シリアで流血の衝突が起きたようだが、世界に出回っている情報と実態はかけ離れている。世界の主要メディアがユダヤ系に握られている限り、反イスラエルのシリアでの暴動が反政府的偏向報道になってもしかたない。しかしそのような陰謀が功を奏する時代はそろそろ終焉を迎えつつある時代であることもまた事実だ。

 シリアでは以下にあるように、反イスラエルであり反シオニスト勢力のシリア政府の保安部隊のことを、「シオニスト」である、として攻撃するよう扇動する勢力がいるようだ。実に狡猾としか言い様のないやり方である。勿論、そこに大金が払われる為、その気になる人々が出てくることになる。シオニストに対する戦い、という大義名分と大金があれば動機付けには充分なのだろう。

 しかし大量の武器と大金を準備できる組織がレバノンを拠点として存在している限り、騒動は治まらないかもしれない。ただしその背後の存在の見当は付けられる。

 シリア人一般が、反イスラエルであり反シオニストであるがゆえ、工作を推し進める者たちはそれを逆手にとって、国内での暴動を鎮圧する義務と使命を持つ治安勢力(警察や保安部隊)を、「シオニスト」と呼んで民衆の感情に訴えて、暴動を惹起している・・・

 シリア人の大多数がこの工作者らの扇動に振り回されるのか、最終的にはそれを乗り越えるのかは、未だ分からない情勢だ。ただしこのような工作を進める勢力が、最後の断末魔的な状態に追い込まれていることは確かであろう。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●シリア・テロリストの証言:一般人を殺戮するため資金と武器を受け取った
http://www.sana.sy/eng/21/2011/04/27/343519.htm
【4月27日 SANA】

 シリアのテレビ放送は26日、急進的テロリストメンバーでダラアで逮捕されたムスタファ・ユセフ・カリファ・アイヤシュの告白証言を放映した。


テロリストの一人

 カリファ・アイヤシュは、ダラアのマンシヤト・アル・バラドに住み、町のアル・オマリ・モスクに人々が向かっているのを見て自分も参加したら、シェイク(宗教者)のグループと会ったという。その中には、アハマド・アル・サヤスネ師、ムスレイ師、リズク師などがいたという。

 カリファ・アイヤシュは、何人かは事態の沈静化を呼びかけていたと言う。「しかし他の者たちはジハード(聖戦)を呼びかけていて、我々に敵対する者たちはシオニストであり、誰でもそれらの者たちに立ち向かう者たちは、殉教者とされる」と語った。

 「それらの中の一人には、イブラヒム・アル・マサルメという人物がいて、自分に5万シリアポンド(SYP)を渡し、ジハードへの呼びかけに応えるよう要請した」とカリファ・アイヤシュは語った。

 彼は、「自分はイブラヒム・マサルメに我々は皆同じ同胞なのだから、一体誰を殺害すべき者たちなのか尋ねた。するとマサルメは、アハマド・アル・サワスネ師がファトワー(布告)を出したのだから、これらの者たちはシオニストだということをしらないのか? だから我々は武器を持ったのだ。老いも若きも。5歳の子供達だって皆持ったのだ」と語った。

 「イブラヒム・マサルメは自分にデモの後、100万SYPをくれると約束した。彼は既に5万SYPを前払いしてくれていた」とカリファ・アイヤシュは語り、大量の武器が準備されていて、500人くらいが加わった、と述べた。

 自動小銃、狙撃銃、拳銃、大量の弾薬などがテレビで放映された。

 シリア・テレビ放送は急進的テロリスト・グループは沿岸都市のジャブレ市で逮捕されたと報じた。彼らはそこで一般市民に乱射し公共物や市民の所有物などに損害を与えた。


負傷した保安部隊兵士

 軍事用暗視装置、手榴弾、爆薬などがテロリストグループ逮捕の際に押収された。

 テレビ放送では更に、彼らの動機と背後関係を洗い出し、逃亡中の者たちを追跡・逮捕するため、シリア警察と保安部隊はテロリストグループに対する尋問を行っている、と報じた。



シリア政権がダルアーに軍派遣、米政府は制裁措置を検討
ロイター 4月26日(火)3時39分配信

 [アンマン 25日 ロイター] 反政府デモが続くシリアで25日、政権側はアサド大統領に対する退陣要求デモがぼっ発した南部ダルアーに戦車など軍部隊を展開した。

 活動家らによると、ダルアーでは戦車による攻撃で少なくとも5人が死亡。

 また政権側はダマスカス郊外のドゥマにも軍を派遣した。

 人権団体によると、約1カ月前にダルアーで反政府デモが発生して以来、治安部隊の弾圧による死者は全土で350人以上に達した。デモの拡大を反映し、犠牲者の約3分の1は過去3日に命を落としたという。

 アサド大統領は21日、48年間続いてきた非常事態法を解除したが、軍によるダルアーおよびドゥマへの攻撃は、大統領が断固としてデモを武力弾圧する意向を示唆している。

 一方、米ホワイトハウスは「シリア政権側の行動が許し難い」ことを明確にするため、オバマ政権が制裁措置を検討していることを明らかにした。米当局者によると、資産凍結や米国との取引禁止などが検討されている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
PR
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ROCKWAYアド2
ROCKWAYアド
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ROCKWAY
性別:
男性
自己紹介:
経済から宗教まで、時代の先を読み解くための作業を人間活動のあらゆる分野にメスを入れて行います。
バーコード
ブログ内検索
ROCKWAYアド3
忍者AdMax
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]