忍者ブログ
* 時代の先読み    * 日本の進むべき道    * 我々の心構え
[545]  [544]  [543]  [542]  [541]  [540]  [539]  [538]  [537]  [536]  [535
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


NATOを批判するロシアのプーチン首相

◆4月28日

 リビアで欧米諸国(NATO)が軍事行動を続けているが、多くの一般人が既に殺害されている。国連安保理での決議は一般人の保護を目的とした飛行禁止空域を設定するというものであるが、実際はそんなことは無視され、単にカダフィ政権の打倒、という目的で動いている。

 この安保理の決議にロシアは棄権をした。プーチンが大統領であったならば、恐らくは拒否権を発動したところであったろう。メドベージェフ大統領はユダヤ系であり、彼の背後は欧米に繋がるためか、拒否権発動はせず棄権という形で終わったため、結局安保理決議は採決され、欧米軍(NATO軍)は大手を振って正義面でリビア攻撃をしている。

 そして最近はカダフィ大佐の住む敷地内への空爆も敢行したため、プーチンの堪忍袋の緒が切れ出して、以下のような批判の発言となったのだろう。

 一方、元アメリカ財務次官だったポール・クレイグ・ロバーツは、NATOのリビアへの侵略とシリアでのデモ扇動、そしてデモ鎮圧に対する圧力は欧米が地中海からロシアと中国を締め出すことを狙っているからであるとし、このままでは両国とアメリカは戦争の危機に直面しそうだ、と懸念を表明している。
 
 これから、世界中で天変地異が激化してくると言われている。いくら人間どもが私利私欲で戦争を始めても、自分達の生活する環境自体が大激変すれば、戦争どころではなくなるだろう。従って我々はあまり騒がずに、静観していればいいのかもしれない・・・


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●アメリカは中露と戦争になる危険性がある
http://www.presstv.ir/detail/176960.html
【4月27日 PressTV】

 アメリカは、地中海から世界的軍事力を除去しようとする意図を持って、リビアでの戦争をすすめ、シリアでの騒動を惹起しているため、ロシアと中国と戦争になる危険性がある、と元アメリカ高官が語った。

 「アメリカ政府はリビアに対する侵略をし、シリアでの介入の圧力を強めているのは、ロシアと中国を地中海から締め出したいからである」と、元アメリカ財務次官のポール・クレイグ・ロバーツがプレステレビとのインタビューで語った。

 中国は東リビアで巨大なエネルギー投資をしており大きくリビアに依存しているし、ロシアはシリアに大型の海軍基地を持っていることで地中海でのプレゼンスを保持できている、と彼は指摘した。

 「この二つの国はアメリカの地中海での覇権の道の障害物としてある。アメリカは強力なロシア艦隊がそこに駐留することを望んでいない。またアメリカは中国がエネルギーを持ち出すのを望んでいない」とロバーツは述べた。

 「ロシアと中国がアメリカは理性的なやり方では話が通じないという結論に至れば、そしてなんとかしてアメリカを押さえダメージを与えようと決意すれば、結果としてあらゆる面でのエスカレーションが出てくるだろう。これこそ本当に危険な事であり、大規模な戦争の危険性にさらされるようになる」と語った。

 一方、アメリカはバーレーンとサウジアラビアの政府の転覆は望んでいない。両国ではデモ隊に対して暴力的弾圧で臨んでいる。「それは、彼らが我々の傀儡だからであり、バーレーンには大型海軍基地を持っているからだ」とロバーツは語った。

 3月19日以来、リビアの人々を保護するという国連の委任の下、リビア政府軍に対するアメリカ主導の同盟軍の空爆作戦で多くの一般市民が殺害されている。

 リビア暫定委員会によれば、カダフィ政権に対する革命が始まってから、親政府軍との衝突で1万人以上が殺害され、3万人が負傷、2万人が行方不明であるという。

 シリアのどこでも、3月中旬以降散発的なデモが起きている。何人かの人々が保安部隊と武装意グループとの衝突で殺害されている。

 ロバーツは、「アメリカ政府はチュニジアとエジプトでのデモの勃発により不意をつかれたが、すぐさまこの騒乱を利用してロシアと中国と直接的な衝突をしないで、彼らを排除することを考え付いた。それでこういったデモを惹起しているのだ・・・」

 最近数ヶ月、アラブ世界を反政府と革命の波が襲っている。

 1月にはチュニジアでベン・アリ大統領(当時)の23年間の支配が終わった。2月にはホスニ・ムバラク大統領(当時)の30年になる独裁的支配を覆す革命が起きた。

 その他の革命がイエメンとバーレーンで起きたが、更に反政府騒乱がサウジアラビア、ヨルダン、クウェート、アルジェリアで起きている。似たような騒乱がその他のアラブ諸国でも起きる事が予想されている。





●プーチン首相がリビアでのNATOの活動をこき下ろす
http://en.rian.ru/world/20110426/163721016.html
【4月26日 RIA Novosti】

 ロシアのプーチン首相は26日、NATOのリビアに於ける軍事作戦に対して、北アフリカのこの国はいわゆる「文明化された社会」によって不正に破壊されつつある」と厳しく批判した。

 「我々は責任を持って、平和に暮らす一般人を考慮しながら、国際法の枠内で行動すべきである」とコペンハーゲンでデンマーク首相と共に行った記者会見でプーチン首相は語った。「そして、いわゆる文明化された社会だと言っている連中が小さな国に難癖をつけてやって来て、何世代もかかって築いたインフラを破壊することがいい事なのかどうか? 個人的にはいい事とは思わない」

これはプーチンがNATO主導のリビアへの介入を公開の席上で批判した最初ではない。3月下旬に、国連安保理のリビアに飛行禁止空域を設定する決議を「中世の十字軍だ」と言って新聞の見出しを賑わしたことがあった。

 本日の記者会見では、欧米の同盟国が先週、トリポリにあるカダフィ大佐の敷地内に二発の誘導爆弾を落としたことを批判した。

 「毎晩宮廷を攻撃しているのはどういう飛行禁止空域なのか?」とプーチンは語った。「宮廷を爆撃するのは何の為か? ネズミを追い出す為か?」

 NATO司令官は26日、NATOがカダフィを抹殺しようとしていると非難するリビア当局のクレームを否定した。司令官はカダフィの敷地は軍事的な敷地であり空爆の正当な標的である、と語った。

 プーチンは欧米の狙いはリビアの石油にあると指摘した。「リビアはアフリカ中で最大の石油埋蔵量を誇っているし、ガスでも4番目である」とコペンハーゲンの会議の際に語った。「これは彼らがリビアで作戦を進めている主な関心はそこにあるのではないか、という疑惑を呼んでいる」

 ロシアは国連安保理のリビアに飛行禁止空域を設定するという決議に棄権した。ロシアのメドベージェフ大統領はリビアに於ける欧米の軍事介入についてはプーチンほどには批判的でない。またプーチンの十字軍という言葉使いに「受け入れがたい」と述べた。

 国際的メディアが2012年の大統領選にプーチンが出馬する件で批判的だというジャーナリストの質問に答える形で、ロシア首相は更に欧米を批判した。

 「ロシアの将来の大統領候補は外国の支援は必要としていない。彼らが必要としているのはロシア人の支援である」とプーチンは述べた。

 2000年から2008年まで大統領を二期務めたプーチンは、2012年に再び挑戦すると大いに期待されている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
PR
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ROCKWAYアド2
ROCKWAYアド
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ROCKWAY
性別:
男性
自己紹介:
経済から宗教まで、時代の先を読み解くための作業を人間活動のあらゆる分野にメスを入れて行います。
バーコード
ブログ内検索
ROCKWAYアド3
忍者AdMax
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]