忍者ブログ
* 時代の先読み    * 日本の進むべき道    * 我々の心構え
[924]  [923]  [922]  [921]  [920]  [919]  [918]  [917]  [916]  [915]  [914

2年以上内戦が続いているシリア

◆4月25日

 最近は日本のテレビ報道などでもシリアの情勢を報じるものがめっきり少なくなったが、実際はシリア内では相変わらず、熾烈な戦闘が継続している。そして以下の記事によると、シリア政府軍がダマスカス郊外で反政府勢力に大損害を与えるような攻撃を行ったことが示されている。

 反政府側に近い人権団体はその死者数を、推定500名くらいとしているようだ。反政府勢力側をこれを市民に対する殺戮行為だとしているようだが、武器を持って政府に対して攻撃する者たちは「市民」ではなく、反乱者であり、国家に対する大罪を犯す犯罪者であるから、国家はそのような者たちを掃討するのは当然のことである。

 とにかくも、ダマスカス郊外でのこの「大損害」という事態は、反政府勢力側にとっても大きな痛手であろう。彼らは既に2年以上、ゲリラ攻勢を掛けてきているが、アサド政権ならびにシリア軍は士気を失わず、また国民の支持も失わず、今に至るもアサド政権は維持されてきている。

 これが意味するところは、シリアではアサド政権は今に至るも、国民からの支持を受けているという事実であり、決して圧制でもなければ、アサド大統領が独裁者でもない、ということなのだ。シリア国民の選択は、アサド政権下での改革であり、またそれが国民にとっては最良の道なのだ。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●シリア反政府勢力:ダマスカス郊外で500人死亡
http://news.antiwar.com/2013/04/22/syrian-rebels-500-dead-in-damascus-suburb-offensive/
【4月22日 by Jason Ditz】

 シリアの反政府側に近いシリア人権監視団(SOHR)が昨日、シリア軍の5日間における攻勢の結果、ダマスカス郊外のジデイダト・アル・ファドルで反政府勢力側に80人の死者がでたと推測したが、別の反政府グループは250名だと主張した。

 今日、このSOHRは彼らの数字について、109名は確認したが、実際の死者数は500名くらいになること、この内戦で最も死者数の多い出来事だと語った。

 その他の反政府グループはこの推測に対して、反政府勢力側が占拠していたこの場所に対する攻撃を「人類に対する犯罪」だとし、大規模な殺戮だと語った。シリア国民評議会議長代理のジョージ・サブラはシリアのアサド大統領が軍に対して、市民を「殺し殺戮せよ」と命令した、と主張した。

 シリアの国営メディアはこの死傷者数についてはなんらの推定値も発表していないが、郊外にいた反政府勢力に対して軍が「大損害」を与えたと主張した。ジデイダトと他のスンニー派のいる郊外地域は長い事反政府勢力が占拠していたが、シリア軍が包囲していた場所である。そして最近の攻勢は、占拠された地域の奪還を軍が狙っていることを示している。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

PR
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ROCKWAYアド2
ROCKWAYアド
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ROCKWAY
性別:
男性
自己紹介:
経済から宗教まで、時代の先を読み解くための作業を人間活動のあらゆる分野にメスを入れて行います。
バーコード
ブログ内検索
ROCKWAYアド3
忍者AdMax
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]