忍者ブログ
* 時代の先読み    * 日本の進むべき道    * 我々の心構え
[691]  [690]  [689]  [688]  [687]  [686]  [685]  [684]  [683]  [682]  [681

いくつもあるイランの核施設


◆2月24日

 ダークムーン女史のこの論文では、このROCKWAY EXPRESSが掲載したものと同じ記事の内容も何本か参照している。ブログ子もダークムーン女史とほぼ同意見である。それは過去の記事内にいくつも散見できるはずだ。

 面白いのは、イスラエルはイラン攻撃を今は考えておらず、むしろアメリカとのやり取りで、どちらが主導権を握っているかを見せようとしている、という指摘である。かつてアリエル・シャロンはアメリカを引きずっているのは自分たちだ、と述べたことがあったが、イスラエル・ユダヤ人の中には、自分たちがアメリカを引きずっているのだ、という自覚している者たちがかなりいるはずだ。

 確かにアメリカの各界の重鎮をユダヤ人が占めている例が多い。人口の数パーセントしかいないユダヤ人が確かにアメリカを牛耳っている状況があるのだ。そのため、ダークムーン女史が嘆くようにアメリカはイスラエル・ユダヤに引きずられてきた。

 しかし、やはり時が近づいているようで、このブログでも示したことだが、アメリカの内部にユダヤの金と恐喝に屈しない者たちが出てきているし、その傾向は軍内部やCIAなどの情報機関の中にも出てきている。このブログでは愛国者たち、と指摘する者たちだ。ダークムーン女史もその一人であることは間違いない。女史自身がそのことをこの論文で指摘している。

 イラン問題を中心として、世界の変貌が始まるのかもしれない。
 いろいろな意味で、時が近づいているのだ。 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●ハルマゲドン(最終戦争)が近づいている (その2)
http://www.theoccidentalobserver.net/2012/02/armageddon-approaches/#more-12803
【2月21日 Dr. Lasha Darkmoon】

イスラエルがイラン攻撃を自分たちだけで行うことはできない、ということは常識となっている。イランに対して成功裏に戦争を行うには、イスラエルはアメリカの支援が必要である。イスラエルは自分たちのためにアメリカがその汚い仕事をやってくれることを願っている

 もしもイスラエルが単独で行うとすると、1000マイル遠方にある攻撃目標にまで爆撃機を飛ばし、帰還させるための燃料補給問題という大きな問題に直面することになるだろう。

 アメリカがイスラエルに三機のKC-135空中給油機を供給すると言われている。アメリカ内のイスラエル支援者の者たちの中には、イスラエルがイランを攻撃することを自分たちは擁護しているわけではない、と主張しているが、彼らは、イスラエルの航空機の実効的射程を拡張し」かつ、「イスラエルの信頼性を改善する」であろう、空中空輸機がイスラエルに供給されることを願っている。

 イスラエルはこの地域で二つの核施設、イラクとシリアのそれを破壊することに成功している。これら二つの成功はそれほど際立ったものではない。達成度からいえば、それは取るに足らないものだ。つまり、イランについてやろうとすることに比べれば、ということである。

 イラクのオシラク原子炉を1981年に破壊した時は、それは地上にあった建物を破壊したのだ。この単純な作戦のために、イスラエルは14機の航空機を必要とした。2007年9月にシリアに建設中だった施設を破壊した時には、倉庫のような一階建ての建物が標的だったが、これは正に地上の狙いやすい標的だったわけだ。

 イランの潜在的な標的となるものは、その数においてはるかに多く、広く散らばって存在しており、地下深くに建設されているものだ。多くが秘密の施設であり、その存在すらよく知られていない。


標的になりそうなイランの核施設

 ナタンツには濃縮プラントがある。地下の施設では濃縮ウランが製造されている。コム近くにはフォルドウ濃縮施設がある。山のような施設が何重にも強化コンクリートで防御された地下深くに埋まっている。フォルドウを切り裂いて中の核兵器と言われているものを破壊するには、イスラエルの能力を超えている、と一般的には言われている。必要とあらばアメリカができるかもしれないが、イスラエルだけではとても無理なのだ。

 イスラエルが攻撃しなければならないイランの核施設がまだ二つある。アラクの重水炉とイスファンのイエローケーキ変換プラントだ。

 イランへの攻撃ルートは3つ考えられる:トルコの北方、サウジの南方、ヨルダン・イラクを貫く真ん中のルートだ。イラクからアメリカが12月に撤退したため、イラク上空をイスラエル機が侵入するのを阻止する義務はない。イラク自身では勿論できない。

 最近のロブ・ワード・レポートは、イスラエルは、「イランの地下にあると分かっている核施設を一回の作戦で、完璧にではないが、ひどいダメージを与える」に十分なGBU-28バンカーバスター爆弾を保有している、とある。

 恐らくは、これは希望的観測以上のものではない。文章を見れば、「分かっている地下の核施設」とある。分かっていない施設、と言わない方がよい。

 イランで勝利するには、イスラエルは最大限投入することになるだろう。イスラエルは船上発射型巡航ミサイルの他に、B-2ステルス機とB-52 爆撃機、戦闘爆撃機、ヘリコプターが必要だろう。イランの地下の核施設を除去する(不可能なタスクだが)ことに加えて、ミサイル艦、機雷敷設艦、小型潜水艦は言うに及ばず、イランの通信システム、防空・ミサイルサイト、革命防衛隊兵舎、弾薬庫、飛行場、船舶と港湾施設などを破壊しなければならなくなるだろう。

 イスラエルがその自慢の戦力を持ってしても、2006年に小さいが勇敢なヒズボラを負かすことができなかったとすれば、イランから勝利を盗み取るチャンスはファンタジーの世界のこととなりそうだ

 すべてのアメリカ人が、既に陰(かげ)りの出ている名声に否定できない汚点を残したガザ侵攻の犯罪の後に、更なる無謀な破壊行為となるこの攻撃を行うイスラエルを支援し励ましたいと願っているわけではない。

 イランのインフラを破壊することは、無神経なアメリカ人にとっては意味があるかもしれない。しかし、他の多くの人々は、これは残酷で邪悪な所業と感じている。7400万人の、その殆どが女性と子供たちを何トンもの劣化ウランによって毒し、何千人もの人々を車椅子を必要とするような状態に追いやることは、イスラエルに名誉や名声をもたらす所業ではない。

我々のすべてが歴史の教訓を忘れたわけではない。イランは300年間、戦争を始めたことがないという事実を知っている。イランは放っておいて欲しいだけなのだ。また、イランではなくイスラエルこそが、必要以上の血で手を染めたことで、”集合的狂気”という病理学上の問題を抱えているのだ。

 イスラエルの数知れぬ批評家のために語れば、ある政治の専門家が書いていることがある:アメリカはイラン政権を根絶することはできない。イランを支配下におくことはできない、つまり、大災害を自国と世界にもたらすことなく、ということでは到底できない相談なのだ。イラン政権を根こそぎにすることは、膨大なコストとリスクをアメリカにもたらすし、その地域のすべての国々にもそうであるし、更にロシア、中国、インド、パキスタン、アフガンなどを含む影響を受ける多くの国々においてそうである。今すぐにオバマはイスラエルがイランを攻撃することを阻止しなければならない。彼は彼が取れる最強の方法で、例えば、爆撃機に燃料供給するための空域を使用することをイスラエルに拒絶することを通して、などできる限りのことをするべきだ。つまりアメリカはイスラエルがイラク上空を飛行し、給油をすることを阻止すべきなのだ。

 二番目のアドバイスかもしれない。なぜ、イスラエルを支援するのか? イランの方がイスラエルよりずっとアメリカに寄与するものを持っている。

 イランは原油を豊富に持っている。イスラエルは持っていない。イランはアメリカの政治クラスを身代金のために拘束しない。イランはアメリカの官僚機構をイランの国益をアメリカのそれより優先させるよう脅しながら継続してさせるようなことはしない。イランの二重国籍保有者は、アメリカでスパイ行為をしたり、アメリカの軍事機密をロシアや中国などに売ったりなどしない。イラン人にはローゼンバーグやジョナサン・ポラードなどのような人物はいない。イランはアメリカ人に外国での戦争でイランのために戦い死ぬよう強要するようなことはしない。イランは毎年30億ドルを施しでもらうことを願わないし、それ以上の決して返済しない融資保証をもらおうとはしない。

 イランはイスラエルよりずっと大きなアセットになるかもしれない。イスラエルは負債であり重荷である。ラボン事件、リバティー号事件、ジョナサン・ポラードの裏切りが過去にあったのに、その”友人”に寄りそうお馬鹿なアメリカは、再び近い将来裏切られるのは目に見えていることだ。
 イスラエルと手を切れ。これが私からのアドバイスだ。イスラエルがアメリカと共に世界を火の海にする前に。 

* * *

 この数か月、オバマはイスラエルに対して、アメリカに事前の承認のない戦争をネタニヤフが始めたら、アメリカはその戦争には関わらない、ということを明確にしている。

 1月20日、マーチン・デンプシー統合参謀本部議長はネタニヤフに、アメリカと協調することなしにイスラエルがイランを攻撃したら、アメリカはイスラエルを防御することはしない、と伝えている。

 2008年5月、ネタニヤフの前のエフード・オルメルトは、ブッシュにイラン攻撃の承認を願い出たがブッシュはそれを拒否した。

 ネタニヤフはそれ以来、イラン攻撃の決断をする前にアメリカに相談するということを確約することを拒否することで、アメリカに抵抗し続けている。

 他のアメリカの高官らは、アメリカはイスラエルが単独でイランに対して宣戦布告した際、十分にアメリカの意見を聞くことをしない場合には、アメリカはイスラエルへの支援を拒否するかもしれないということを明確にしてきている。

 もしイスラエルが決行したならば、それはイスラエルの問題となる。

 イスラエル自信の愚かさから起きた問題でアメリカがイスラエルを保護するのはアメリカの義務である、と考えることは、イスラエルにとって過ちとなるだろう。

 政治評論家のMJ・ローゼンバーグがハッフィングトン・ポスト紙に、イスラエルは今は戦争をしようとは思っておらず、むしろその腕力を見せびらかすこと、そしてアメリカとイタチごっこをすることの方に興味を持っているのだ、という大胆な理論を展開している。イスラエルがネコでアメリカがネズミだということを皆に示したいのだ、と言う。「ネタニヤフと彼のグループは今戦争をしたいとは考えていない。彼らは自分たちが戦争のあるなしを決定するのだということを分からせたいのだ。つまり、だれが親分か、を見せたいのである

 決着の時である。

 アメリカの首府はワシントンに戻される必要がある。テルアビブは遠すぎる。

* * *

 ブレジンスキーが、「イスラエルがイランを攻撃すれあ、大災害を引き起こす」と言った時、深刻に受け取るべきである。

 ロシア問題の専門家で老練なブレジンスキーは評判の高い「グランド・チェスボード:アメリカの覇権とその戦略地政学上の急務」の著者である。2012年2月1日にロシア・トゥデイTVで放映された、前統合参謀本部メンバーのレオニド・イバショフの語った問題の発言を、ブレジンスキーがどのようにとらえているか、気にならざるを得ない。

 ロシアはイランないしはシリアに対していかなる軍事作戦も行われることを望んでいない。これら両国は同盟国であり、両国ともロシアの保障するパートナーである。シリアないしはイランに対する攻撃は、ロシアとその国益に対する間接的攻撃となる。

 後ほど彼は、アメリカは今や民主主義のマスクで顔を覆っている隠れファシストと考えている私のような人々の共感を呼ぶようなことを付け加えた。

 すべての者が理解すべきは、ファシズムがこの惑星上を闊歩している、ということだ。彼らがリビアで行ったことはヒットラーと彼の軍がポーランドに対して、ついでロシアに対して行ったこととほぼ同様なことであった。従って今日、ロシアはファシズムから世界全体を防衛していることになるのだ。

 だれがこの新しいファシストかは聞くまでもない。

 テレビのスィッチをひねれば、彼らの笑顔を見ることになろう、彼らに投票する限りは、そしてイスラエル拡張のための外国での戦争で彼らのために死ぬならば、彼らがどれほどあなた方を愛しているか、大事にしているか、見れるだろう。

* * *

 以下のことが明らかにされるべきである:アメリカはいつまでイスラエルのための戦争をし続けるのか? イスラエルはアメリカの何を掴んでいるのか? アメリカはその重要な国益上に対する計り知れないダメージを、多くの世論調査で世界で最も忌み嫌われている国家であるという、不安定で横柄な同盟国のために受け入れる用意があるのか? 

 アメリカ人の特に軍とCIAの中のメンバーらが全て、イスラエルの増大する無責任な行動に感銘を受けているわけではない、といういくつかの示唆がある。両国の友好にかなりの亀裂が増大しているのだ。時間の経過とともにアメリカ人が正気に戻ることで、願わくはもっとこの亀裂が大きくなることが願われる。

 元国務長官のジェームス・ベーカーがイスラエルについて:「ユダ公たちめが、我々に投票さえしやしない者たちだ」と、ユダヤ系アメリカ人支持者について語った有名な言葉があるように、関係は再びどん底にまで落ちるかもしれない。

 元中央軍司令官のジョー・ホアーは最近、イスラエルのテロリストのジュンドゥラを介入させた作戦について不満をぶちまけている。この作戦の中で、モサドのちんぴらは自分たちをCIAのエージェントだとずうずうしく名乗っていたのだ:「イスラエルは火遊びをしている。これは彼らの秘密の戦争に我々を巻き込むものだ。我々がそれを望むかどうかにかかわらずにだ」

 辛抱強いイランと鼻持ちならないイスラエルとの間の緊張状態は、その頂点に達しようとしている。

 もしイスラエルがイランに対する全面的攻撃を仕掛けたら、はっきりしていることが一つある:テルアビブの塔は倒壊するということだ。必ずしも今とは限らないが、将来のある日に、「vengeance is a dish best served cold復讐の料理は冷めてから出すに限る)」と決められた時に起きるだろう。(注:これは映画「KILL BILL」に出てきたセリフ) 

 ディモナの核施設も破壊されるだろう、今すぐにでなければ、後ほど、時が満ちた時、そしてイスラエルを住むことのできない荒野にするだろう。

 その小さな領土を考えれば、イスラエルは一日で破壊されるかもしれないのだ。イランによってでなければ、間違いなくロシアか中国によって。

 一週間前、アヤトラ・アリ・ハメネイの戦略チームの責任者であるアリレザ・フォーガニは、以下のように語ったという:「たった九分でイスラエルを一掃できる

 イスラエルが今一掃されることを誰も真剣に願っているわけではないが、イスラエルは自分の行動がいつかもたらす結果を受け入れねばならなくなるだろう。

 イスラエルは自らが蒔いたものを刈り取ることになるだろう
 時は近づいている・・・

- 了 -

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
PR
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ROCKWAYアド2
ROCKWAYアド
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ROCKWAY
性別:
男性
自己紹介:
経済から宗教まで、時代の先を読み解くための作業を人間活動のあらゆる分野にメスを入れて行います。
バーコード
ブログ内検索
ROCKWAYアド3
忍者AdMax
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]