忍者ブログ
* 時代の先読み    * 日本の進むべき道    * 我々の心構え
[536]  [535]  [534]  [533]  [532]  [531]  [530]  [528]  [527]  [526]  [525
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


殉死した兵士を称える葬列

◆4月14日

 シリアでは相変わらず、陰謀的工作が続けられているようだ。3月26日号の「シリア全土でアサド大統領支持の大衆デモ」でも指摘したが、シリアに対する武装グループによる騒乱惹起工作が継続している。

 彼らは今回は地中海側から沿岸都市付近に上陸して工作を行ったようだ。この武装グループはレバノンにいるグループから資金や武器を受け取っているらしく、逮捕されたメンバーの告白の中にある。

 それでも、恐らくはシリアはこの危機を乗り越えるのではないかと思われる。以前にも書いたがアサド政権が長期の政権であることは、チュニジアやエジプトの前政権と変わらないが、シリアは一貫してパレスチナ人を擁護し、彼らの為のアラブの大義を貫き通した国家であり、それをシリア人も評価しているからだ。

 どこまでこの破壊工作が功を奏するのか、今しばらくは、状況を見ていかねば判断は出来ないが、シリアに於ける破壊工作を計画し進める勢力がどこの者たちか、ということはほぼ推測できるというものだ。
 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●武装グループがシリアで騒乱惹起
http://www.sana.sy/eng/21/2011/04/13/341540.htm
【4月13日 SANA】

 沿岸都市のバニアスで12日、武装グループが騒乱を起こしたと、政府筋が13日明かした。

 この政府筋は、このため保安部隊が武装グループを追撃しているという。この武装グループはバニアス市とその周辺で殺人と犯罪行為をほしいままにし、またラタキアとバニアス間の高速道路沿いにある軍施設に対する攻撃を4月10日に行った、という。

 「このグループは保安部隊施設を攻撃、道路を封鎖しようとし、市民に対して無差別な射撃をすることで、多くの市民を殺害し保安部隊の何人かを負傷させた」と政府筋は語った。

 「保安部隊は軍の支援を要請した。この犯罪者らは即刻反撃され、彼らの居場所が攻撃された。この作戦は無防備の市民が犠牲にならないように慎重に行われた」

 この政府筋は、この武装グループは村落の外で追い詰められ逮捕されたと語った。この追撃中に兵士の一人が死亡、二人が負傷、保安部隊は六人が負傷した。

 武装勢力の内の三人は殺され残りの八人が負傷した。この破壊工作に係わった者たちと容疑者らが逮捕され、裁判所に連行された。四人の工作者らが使用した自動車も押収された。


●サラミア市とアル・バブ市の兵士の殉死者らの葬儀
http://www.sana.sy/index_eng.html
【4月13日 SANA】


武装グループから押収した武器

 サラミア市とアル・バブ市では13日、軍の二人の殉死者を見送った。葬列に参加した者たちは国歌を斉唱し米粒を撒き、花束、月桂冠を投げて見送った。

 二人の殉死者はラタキアとトラトス間の高速道路上で待ち伏せ攻撃を受け、その他の7人の殉死者と共に殺害された。その他大勢の兵士が負傷した。

 ハマの数千人のサラミア市民は殉死した兵士であるアンワー・アハマド・アル・ダヘーを見送った。葬列に参加した人々は、殉死者の流れた血は、祖国を敵から守る砦になろう、と強調した。

 殉死したアブ・アラの父親は息子が殉死したことを誇りとし、息子の葬儀はシリアが誇る国家的統合をシリア人が示しているようだ、と語った。

 アブ・アラ氏はシリアの安定と統合を揺るがす事を目的とした敵の陰謀を非難した。

 一方、アレッポの東方にあるアル・バブ市では、ハヤセン町の家族らは殉死したアイマン・イスマエル・アル・ユセフの葬儀に参列し国歌を歌い殉死をたたえる声を上げた。彼らは軍施設に対する攻撃を行った武装グループを公正の裁きの場に引き渡すことを要請した。

 シリア・テレビは今日、テロリストの工作員らの告白番組を放映した。彼ら武装グループの工作員らは、資金、武器を外国の機関から受け取り今回のシリアにおける騒乱の陰謀を実行に移した。



●シリアでの破壊工作実行犯をテレビで放映
http://www.sana.sy/eng/21/2011/04/13/341475.htm

 ・・・・


武装グループの首領「カンジ」

 武装グループの一人で逮捕されたアル・スクヘネは、「首領であるカンジは我々に、もしも我々の誰かが殺されれば、その人物の家族は大いなる報償を受けるだろうし、生き残れば我々が報酬を受けることになるし、月給が支払われる、と言った。彼はまた、武器を支給してくれる外国のグループが存在し、彼らは、人々をりクールトできさえすれば、次々と行うべき作戦があるということ、そして保安部隊を非難するためデモ隊を道路に繰り出すことをやっていく、と語った。今、それがシリアで起きているのだ」と語った。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
PR
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ROCKWAYアド2
ROCKWAYアド
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ROCKWAY
性別:
男性
自己紹介:
経済から宗教まで、時代の先を読み解くための作業を人間活動のあらゆる分野にメスを入れて行います。
バーコード
ブログ内検索
ROCKWAYアド3
忍者AdMax
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]