忍者ブログ
* 時代の先読み    * 日本の進むべき道    * 我々の心構え
[1175]  [1174]  [1173]  [1172]  [1171]  [1170]  [1169]  [1168]  [1167]  [1166]  [1165

日本海でのロシア・インド合同軍事演習(アーカイブ)

◆7月15日

 ロシアとインドが日本海で軍事演習を行う、という。この両国の軍事的な仮想敵国はどこか、と見た場合、中国となる。対中国を意識しての軍事演習の場所が日本海というのにも理由がある。一つは中国自身がロシア領となっているウラジオストックの奪還を言ったことがあったのと、北朝鮮の羅津港を中国は50年間租借する契約を北朝鮮と結んだと言われているが、それはつまり中国が日本海に乗り出してくることを意味する。それを日本はもとよりロシアも看過できないので、このようなインドとの合同軍事演習をすることで、中国を牽制しているといえよう。

 日本にとってはこの中国の背後に控える(日本から見て)ロシアとインドという核保有国を友好国として迎え、こういった軍事演習に協力していくことが重要となってくる。だからロシアとの北方領土の問題の早期解決とロシアとの平和条約締結は必須の課題となる。

 更に、この場合、北朝鮮も日本に対し敵対的にさせ、中国と共同歩調を取らせるのではなく、逆にこちら側に引き込む形にすることが大切である。今の北朝鮮の仮想敵国の第一位は中国であるから、今はそのチャンスである。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●ロシア・インド:日本海で軍事演習
http://en.ria.ru/military_news/20140711/190891577/Russia-India-to-Hold-Naval-Exercises-in-Sea-of-Japan.html
【7月11日 RIA Novosti】

 インド海軍の機動部隊はロシア太平洋艦隊との合同演習に参加するため、ロシアのウラジオストック港に7月14日に到着する、とロシア東軍管区のスポークスマンが11日語った。

 「7月14日、インド海軍の機動部隊はウラジオストック市を訪問する。部隊の構成は、INSランヴィジャイ駆逐艦、シヴァリク・フリゲート艦、シャクティ艦隊タンカーとなっている」と、ロマン・マルトフ艦長は語った。

 6日間のプログラムは合同インドラ2014軍事演習を含む。太平洋艦隊はヴァリャーグ誘導ミサイルクルーザー、アドミラルヴィノグラドフ駆逐艦、ペレスヴェト艦その他の艦船が参加する。両国とも海軍航空機とヘリコプターを動員する。

 マルトフによれば、実際の演習は7月17日から19日まで、日本海のピョートル大帝湾で行われる、という。この演習の期間中、これらの艦船は戦術的演習訓練、砲撃訓練、ミサイル発射訓練、更にヘリコプター甲板着陸訓練も行われる。

 この演習は19日に終了予定で、太平洋艦隊旗艦であるヴァリャーグ上でのデブリーフィングをもって終了する。

 2003年以来、インドとロシアはインドラ・シリーズと言われる地上と海上の大規模な合同軍事演習を7回実施してきている。2011年には、日本での津波による原発の危機問題のためインドとの太平洋における演習をキャンセルした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
PR
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ROCKWAYアド2
ROCKWAYアド
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ROCKWAY
性別:
男性
自己紹介:
経済から宗教まで、時代の先を読み解くための作業を人間活動のあらゆる分野にメスを入れて行います。
バーコード
ブログ内検索
ROCKWAYアド3
忍者AdMax
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]