忍者ブログ
* 時代の先読み    * 日本の進むべき道    * 我々の心構え
[2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

◆5月4日

 ローマ法王ベネディクト16世が、8日から中東のエルサレムなど聖地を巡礼するという。
 この法王は「聖マラキの予言」によると、「オリーブの栄光」となっているという。
 この前の法王のヨハネ・パウロ2世は「太陽の労働」ということだった。言われてみれば、この法王がポーランドの労働者だったことがあったし、世界を駆け巡り、その地のカトリック教徒には太陽のような存在であったのだから、予言どおりの感もしないでもない。
 
 今回ベネディクト法王が中東を巡回するとなれば、当地にはまさにオリーブの丘なる場所もあるし、中東和平のための行動だとすれば、オリーブの葉が平和のシンボルとも言われているところから、ベネディクト16世が中東和平達成に貢献する予言とも取れる。
 「彼が襲名したベネディクトは聖ベネディクトゥスと結びつきが深い(ベネディクトゥスはオリーブの枝をシンボルとするベネディクト会の設立者である)」とウィキペディアの説明にあるような因縁もある。

 更にこの法王が、アウシュビッツでガス室でころされたユダヤ人はいない、と言って物議をかもしたイギリスの司教の破門を解いた、としてユダヤ人社会から攻撃されたこともあった。
 今回イスラエルを訪問する際は、ホロコースト記念館を訪れるというから、当時の失態(?)の贖罪(?)をさせられそうだ。
 なぜ、?マークかといえば、アウシュビッツのガス室などなかったと思われるし、ガス室で毒ガスで殺された人もまたいなかったと思われるからだ。
 つまり、イギリスの司教の言うことは正しい、と思われるからだ。この話は長いからここで扱うことはしないが、機会があれば取り上げたい。

 ところで、このオリーブの栄光の「次」の予言は「ローマの人ペテロ」が法王になると言われ、それで「終わり」となっているようだ。
 あるいは以下のような見方もあるようなので、ひょっとすると現在の法王が最後の法王かもしれない。
 
 いずれにしても、「ローマ・カトリック教会」の最後はそう遠くない、のかもしれない。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●ローマ法王、8日から聖地巡礼に
【ウィーン4日世界日報】
 世界に約11億人の信者を抱えるローマ・カトリック教会最高指導者、ローマ法王べネディクト16世は8日から15日までヨルダン、イスラエル、パレスチン自治区を訪問し、聖地の巡礼を行う。バチカン放送によると、ドイツ出身のべネディクト16世は「1人のキリスト者として聖地を訪問することを楽しみにしている」と期待を表明している。 バチカン法王庁が公表した訪問計画によると、法王は最初の訪問地アンマンではアブドラ国王と会談するほか、イスラム教代表者たちとの会見も予定。11日午後にはイスラエル入りし、ペレス大統領らイスラエル政府首脳との会談の他、ユダヤ教大ラビを表明訪問し、ヤド・バシェムのホロコースト記念館を訪れ、13日にはイスラム教徒が多数を占めるベツレヘムを訪問し、少数派のカトリック教徒と記念礼拝を予定している。
 ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の聖地へのローマ法王の訪問に対して、イスラエル側は「ユダヤ教とキリスト教の和解を促進させる」と歓迎する一方、イスラム教国のヨルダンでは「イスラム行動前線」のダハビ議長が「法王は2006年9月、訪問先のドイツのレーゲンスブルク大学の講演でイスラム教徒を中傷した」と指摘、「イスラム教徒はローマ法王を歓迎しない」との内容の書簡をヨルダン政府に送付している。
 イスラム側の批判は、べネディクト16世が当時、講演の中でイスラム教に対し、「モハメットがもたらしたものは邪悪と残酷だけだ」と批判したビザンチン帝国皇帝の言葉を引用したことを指す。その直後、世界のイスラム教徒から激しい反発が起きたことはまだ記憶に新しい。
 なお、ローマ法王の聖地訪問は、1964年のパウロ6世、2000年のヨハネ・パウロ2世について、3回目だ。


●法王に相次ぐ批判…ホロコースト否定の司教「破門解除」
(2009年2月23日22時49分 読売新聞)
 【ローマ=松浦一樹】ローマ法王ベネディクト16世がナチス・ドイツによるホロコースト(ユダヤ人大虐殺)を否定する英国人司教の「破門解除」を決定し、各国のユダヤ教徒ばかりか、カトリック教会内部からも痛烈な批判を受けている。
 教会保守派である法王の指導力を疑問視したり、政治センスの欠如を指摘したりする声もあり、「法王は無謬(むびゅう)」とされるバチカン(法王庁)では、異例の事態となっている。
 法王は先月24日、スイスを拠点とする超保守派修道会に属する司教4人の破門を解いた。その中に、「ガス室は存在しなかった」と公言するなど、ホロコーストを史実と認めない英国人リチャード・ウィリアムソン司教が含まれていた。
 法王の決定を受け、イスラエルのユダヤ教最高権威である大ラビ庁は、バチカンとの関係を「無期限で中断する」と一方的に宣言。法王の母国ドイツでは、メルケル首相が「ホロコーストは否定されてはならない」と批判した。
 法王は「英国人司教の言動を、知らされていなかった」と釈明。今月12日には「ホロコーストを否定し、矮小(わいしょう)化することは犯罪行為に等しく、耐え難いこと」と述べ、事実上謝罪した。
・・・以下略


●全ての教皇に関する大司教聖マラキの預言
 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%A8%E3%81%A6%E3%81%AE%E6%95%99%E7%9A%87%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E5%A4%A7%E5%8F%B8%E6%95%99%E8%81%96%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%82%AD%E3%81%AE%E9%A0%90%E8%A8%80

・・・
「ローマ聖教会への極限の迫害の中で着座するだろう
ローマびとペトロ 、彼は様々な苦難の中で羊たちを司牧するだろう。そして、7つの丘の町は崩壊し、恐るべき審判が人々に下る。終わり。」

これを112番目と見なすことには異説がある。オリジナル(信奉者にとっては聖マラキの手稿、偽作説にとっては1590年の手稿)には含まれていなかったのではないかという疑問や、前段が結句で後段はチャコンが勝手に付け加えた注釈にすぎないという見解が提示されている。これらの見解では、予言本体は111番目で終わっており、ローマびとペトロ云々はそもそもこの文書と無関係だった、ということになる。・・・以下略
・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
PR
◆4月21日

 以前、「友好的『月よりの使者』に市民権を」のタイトルで元宇宙飛行士のエドガー・ミッチェル氏の発言内容を取り上げたことがあった。
 今回も同じエドガー・ミッチェル氏の話であるが、彼が有名なロズウェル市で育ったということは知らなかった。
 ロズウェル市は、UFOが墜落し、それを米政府が隠している、ということで有名な場所だ。
 最近、イギリスの国防省はUFO情報をまとめたものを公表した。そしてアメリカのNASAも情報を隠していない、と言っているがミッチェル氏が言うように間違いなく隠していると思う。
 それは月面着陸時のさまざまな写真がいかがわしいということと関係している。月には彼ら地球から到着した地球人だけではなく、ミッチェル氏が言うように「他の存在もいて」、それが画面上に現れる危険性があったため仕方なく月面着陸の写真等の撮影を地上でやらざるを得なくなったからなのだ。

 最近ではオバマ大統領の就任式の時、ワシントン上空をものすごい速さで飛び去る物体がテレビ映像で放映され、今でもYouTubeで見ることができる。FOXテレビのコメンテーターは「これはUFOか?」と語っている。
 現在YouTubeで見れるUFOものには怪しいものも一杯あるから全てを本物とはみなせないが、それでもおそらく本物であろう、と思われるものも少なくないのだ。
 ただ、通称「グレイ」といわれる目が大きく小型の生命体は、ある情報ではバイオロボットと言われている。つまり生物的条件を持つロボットだというのだ。そういわれてみれば、納得がいく。あれが我々よりはるかに知性が進んだ生命体にはどうも見えない。

 またUFOとの遭遇という問題では、以外に身近な人が体験しているものだ。芸能人でもそういう体験をした人物が多い。落語家の春風亭小朝も間近で見た、と言っている。それをテレビ放送で語っている。東映の京都撮影所かどこかで、一緒に見た者もいるから嘘とも思えないし、間違うような状況では到底ない。かつて私は三島由紀夫がやはりUFOを見た、と言っているのを覚えている。あの人物のことである。何かの見間違いとか、嘘を言っているとは到底思えない。
 
 おそらくこの調子でいくと、我々は遠くない将来、誰の目にも否定できない状況で、UFOと地球外生命体の出現ということを体験することになるのではないだろうか。

 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●地球外生命体は存在する? 元NASA宇宙飛行士が熱弁
 4月21日14時51分配信 CNN.co.jp
(CNN) 米航空宇宙局(NASA)の元宇宙飛行士エドガー・ミッチェルさんが20日、メリーランド州で開かれたUFOマニアの祭典「Xカンファレンス」で、「地球外生命体は存在する」と断言した。
 ミッチェルさんは1971年にアポロ14号で月に着陸した宇宙飛行士。Xカンファレンス後の記者会見で、米政府などは事実を隠していると主張し、「宇宙にいるのは我々だけではない。我々は惑星社会の一員になるべく運命付けられている。自分たちの惑星を超え、太陽系を超えて、外の世界の現実を見出さなければならない」と熱弁した。
 ミッチェルさんが育ったニューメキシコ州ロズウェルは、1947年にUFOが墜落したとの説が伝わる地。「住民は軍当局から、見聞きしたことを話してはならないと口止めされ」、もし話せば「恐ろしい結果を招く」と警告されているとミッチェルさんは言う。
 しかし「住民は秘密を抱えたまま死にたくないと考え、打ち明けられる相手を探していた。私が地元出身で月に行った人間であることから、信頼できると考えてその話を打ち明けてくれた」という。
 ミッチェルさんによれば、10年ほど前に国防総省と面会の約束を取り付け、統合参謀本部の司令官がロズウェル事件の真相について調べてくれると約束した。UFO墜落説は「確認された」が、それ以上詳しく調べることはできなかったという。
 この司令官は今ではUFO説を否定しているというが、「我々が(宇宙からの)訪問を受けているのは間違いない。我々の住む宇宙は、現時点で知らされているよりもはるかに驚異に満ち、エキサイティングで複雑かつ広大だ」とミッチェルさん。
 NASA広報は20日、「NASAはUFOの追跡は行っておらず、当惑星においても別の場所においても、地球外生命体について一切隠し事はしていない」と話した。


●イギリス政府発表の公式UFO情報サイト
www.nationalarchives.gov.uk/ufos/


●オバマ大統領就任式の時のUFO
http://www.youtube.com/watch?v=JsaVAPIdrFU&feature=related


◆4月12日

 インディゴチルドレンという言葉があるようだ。

 その人のオーラの色が、インディゴ・ブルーだということで名づけられたようだ。インディゴブルーとは日本語でいう藍色に当たるという。
 その子供たち(大人になった方々もいる)は、特徴として霊的能力ないしは、感性が高いようだ。
 このインディゴチルドレンに続く存在として、クリスタルチルドレン、更にはレインボーチルドレンまで出てきていると言われている。それぞれオーラの色が名称どおりに、クリスタルというか、あるサイトでは、「美しく多色に輝くオパールのようなオーラ」とあり、レインボーチルドレ
ンのオーラは、それこそ虹色、と言うことらしい。

 こういうことを語る人々は、大体はいわゆるスピリチュアルの方面を研究したりしている人々で彼らはほぼ生まれ変わりというものを信じているようだ。だから彼らの解釈は、今の時代に合わせてこのような霊的に高いレベルの魂が地球に生まれ始めて、彼らが新しい地球の未来を切り開く先駆けとなる、というようなことになる。

 (株)船井総合研究所の所長の船井幸雄氏はいろいろな本を出しているが、その中の一冊ではこのような不思議な子供たちの出現を語っている人の話を載せている。

 こうしてみると、行き詰まりを見せている今の資本主義の世界の次の世界を担うような子供たちが、世界のいろいろなところに生まれてきているようで、その人々は、どうも我々旧世代とは確かに違う内容を持っているようなのだ。これは希望の時代がすぐそこまで来ている、ということにはならないか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●ロシアのインディゴ少女は金星探査車を発明
4月8日 プラウダ
http://english.pravda.ru/science/mysteries/08-04-2009/107...

インディゴチルドレンという言葉が今世界中で話題になっている。彼らが文明を高いレベルに引き上げる存在だ、ということが言われている。
この考え方には対する見方はさまざまだが、若い世代にさまざま才能が入り込んでいることは否定できないようだ。
「未来への階段」という名称の学校生徒の発明の展示会はそれを証明するものになっている。
ノジンスク市の学校の11級のアンナ・シュベツォーバのブースはいつも人だかりが絶えない。
何か、UFOか二つのボウルを重ねたような銀色の円盤が床の上を這っている。彼女はリモコンでこれを動かす。これは金星に着陸した宇宙船のモデルなのだ。「中にエンジンがあります。そのエンジンはトルチンのイネルチオイド理論を採用しています」と彼女は答えた。・・・以下略

同じ話を以下のサイトでも扱っている。
●ロシア少女がイネルチオイド駆動の金星探査車を発明
http://www.theregister.co.uk/2009/04/09/indigo_child/

※イネルチア理論については以下のサイトに詳しい
http://iptq.com/cd/inertia_expts.htm

これによると、ニュートン力学である「作用・反作用」の原理と矛盾する動きが可能という理論らしいのだが・・・しかしロシアの少女がその理論で動く模型を作ったと言う話が本当ならば、やはりそうなのであろう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


◆3月23日

奇妙な形態がロンドン上空を漂う様子が撮影された。
UFOの可能性が詮索されている。
【テレグラフ紙 3月20日】

デレク・バードン氏の撮影した4機のUFOがロンドンのビル群上方に見える。
バードン氏は風光明媚なロンドン市の風景を撮影している最中に4機の円盤が右側に浮かんでいるのを発見。

コベントガーデンのオリオンハウスの16階の屋上から撮影したもの。

【3月17日】 

 驚くべきことだがとうとうそういう時代が来たか、と思わせるようなことが、以下の件。
 YouTubeでユダヤ系アメリカ人女性が、彼らの仲間内で、時々幼児を生贄にする悪魔教の儀式を行っていた、ということを告白している番組がUPされている。これは今年の2月4日の日付だ。
http://mefeedia.com/entry/zionist-jews-sacrifice-babies-f...

この映像の説明には以下のような説明が掲載されている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
説明:
このビデオは、シオニストたちが世界から隠れて行ってきたことが暴露されています。この女性は、サタンの生贄にするためにどのように赤子や幼児(特にキリスト教徒の子供ら)を誘拐し時にはお金を出して買ったかを語っています。
あなた方が、子供や赤ん坊が行方不明になったというニュースや、子供の遺体が川で見つかったというニュースを聞く時があれば、何が起こっていたのか今理解することができたでしょう。2月4日
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 どうもユダヤ人のある種の人々はサタンを崇拝するようだ。これはユダヤ人だけではないのだろうが、ユダヤ人のある種の人々は、旧約聖書にあるように、イザヤなどの預言者が、厳しくそれらの所業を非難しているように、イザヤの大昔からずっとそのようなことを続けてきているという。
 この女性は何のためにそのようなことをするのか、と聞かれて、「パワーを得るため」、と答えている。ようするに悪霊がもたらす力であり、こういったことをなくす為に、旧約のモーゼの十戒があったし、預言者らの血みどろの戦いがあったし、イエスが来てからは、愛の尊さを示したが、逆にユダヤ人の指導者らはこのイエスを殺害することを選んだ。

 パワーを得て、結局この世での成功を獲得し、さらには狂気じみているのだが、世界制覇さえもくろんでいるのが、これら悪魔教に帰依するものたちだ。
 現代世界を支配している(してきた)国際金融勢力の者たちの中にも、このような悪魔教の儀式を実践している者たちが存在している、と言われていることを知っている。そうであればこそ、またこのような力を得ることができたのだろう。だから、悪魔に魂を売った者、というゲーテのファウストに出てくる物語りは、単なる物語ではないのだ。

 セレブなどと我々は欧米の金持ちたちをうらやましがるようなところがあるが、実際はとんでもない人々も数多くいるだろう。実態を知れば、あいた口がふさがらない、と言う状況ではないかと思う。
 そしてこのような欧米社会のセレブの仲間たちが作るグループが、たとえばフリーメーソンであるし、たとえば、ブッシュ親子が入っている、スカル・アンド・ボーンズというような秘密結社なのだ。

 スカル・アンド・ボーンズでは、アパッチ族の最後の酋長のジェロニモの頭蓋骨を盗んで隠している、といって、ジェロニモの子孫が、スカル・アンド・ボーンズに返還を要求しているが、ジェロニモの頭蓋骨を盗んでどうしようと言うのか。これも何らかのパワーを得るための儀式用だろう。フリーメーソンの儀式でも、頭蓋骨は必需品だ。

~~~~ジェロニモの頭蓋骨返還要求記事~~~~~
●アパッチ族ジェロニモのひ孫、遺骨の返却求め米名門大を提訴
 ジェロニモの遺骨返却を求めて訴えたひ孫のハーリン・ジェロニモさん(CNN) 北米大陸先住民アパッチ族の軍事指導者として米国支配に抵抗したジェロニモのひ孫、ハーリン・ジェロニモさんが、米国の名門イェール大学などを相手取り、ジェロニモの遺骨の返却を求めて訴えを起こした。
ジェロニモの遺骨については、イェール大学の学生結社「スカル・アンド・ボーンズ(頭がい骨と骨)」がオクラホマ州の墓を盗掘して盗み出したとのうわさがある。
2006年にイェール大学の同窓会誌が、頭がい骨などを盗んだと書かれた結社のメンバーの手紙を掲載して議論になった。
手紙は1918年6月7日付で、あるメンバーから別のメンバーに宛てに、別のメンバーが掘り出したジェロニモの遺骨を結社が持っているという内容だった。
結社のメンバーには著名人も多く、盗掘した人物の中にはブッシュ前大統領の祖父プレスコット・ブッシュ氏も含まれているという。
ハーリン・ジェロニモさんは、「ジェロニモの遺骨は子孫が保管することが重要だと思う」と、返却を求めている。
ジェロニモは捕虜としてとらえられていた1909年に肺炎で亡くなった。当時はアパッチの伝統的な方法で埋葬されていなかったとして、ハーリン・ジェロニモさんは遺骨が見つかれば、改めてアパッチの伝統に則って埋葬したいと話している。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 我々日本人には、想像を超えるものだが、これが世界の実態として存在している事柄だ。これからますますこのような事、すなわち隠されてきたことが公になっていくだろう。
 それほど今の世界は、最終章に入りつつあり、とんでもない世界が開かれつつあるし、隠されてきた驚くべき事柄が知られつつある。

 ただし、金融・経済危機がこれで去ったわけではなく、ずっと言ってきているように、これから最後の大恐慌に入っていくので、これまでのような穏やかな生活が継続すると考えないほうがいいだろう。
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ROCKWAYアド2
ROCKWAYアド
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ROCKWAY
性別:
男性
自己紹介:
経済から宗教まで、時代の先を読み解くための作業を人間活動のあらゆる分野にメスを入れて行います。
バーコード
ブログ内検索
ROCKWAYアド3
忍者AdMax
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]