忍者ブログ
* 時代の先読み    * 日本の進むべき道    * 我々の心構え
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ベンジャミン・フリードマン

◆12月6日

 昨日は、イスラエルに養子で向かったウクライナの子供たちが臓器摘出をされていたのではないか、という記事を紹介した。臓器目的で、養子という言葉で人を釣ったのであろうか。
 それを平気で行うことのできる精神性は尋常ではない。これは自分たちユダヤ人という「選民」以外の世界の民族は、選民である自分たちユダヤ人の奴隷となってしかるべき存在である、という教えがあるタルムードを信奉する者たちであってこそ、可能な所業といえるだろう。

 聖書に出てくる、パリサイ派がじつはタルムード信奉者のグループであるという。このパリサイ派は、聖書の中で、イエスによって激しく非難されている。それで、パリサイ派の者たちは、「何とかして、イエスを殺そうとした(マタイ伝12章14節)」のである。

 ユダヤ人の持つこのタルムードの存在は、もちろん彼らは正反対のことを思っているであろうが、この民族の未来を破滅へと追いやるものではないだろうか?

 なお、ヘンリー・メイコウ氏が「自称ないしはいわゆるユダヤ人」、という言い方をしているのは、本当のユダヤ人とは、アブラハムの血統的子孫のことをいうのだが、今の「ユダヤ人」の大半は、タタール系のハザール帝国の末裔であり、アブラハムの血統ではない、偽のユダヤ人だからであろう。

 世界の知識人がこれから問題とすべきは、このタルムードであろう。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ベンジャミン・フリードマン:ジュダイズム=タルムード=嫌悪
http://www.henrymakow.com/judaism_pharisaism_talmudism_s.html
【12月3日 by Henry Makow】
 1954年10月10日、デイビッド・ゴールドスタインに宛てたベンジャミン・フリードマン(1890-1984)の長い書簡からの抜粋。フリードマンはアメリカン・シオニストの奥の院の一員だったが、ゴールドスタインと同様、キリスト教徒に改宗した。書簡の完全版は「事実は事実だ」のタイトルのパンフレットとして発表された。タルムードの中心性からジュダイズムへの変移にもかかわらず、ユダヤ人の10%ほどもタルムードの内容を読んだことがあるかどうか、私は疑っている。これらの条項は非ユダヤ人同様、ユダヤ人にも重要な内容を含んでいる。(ヘンリー・メイコウ氏の抜粋)

 ジュダイズム(ユダヤ教)の名称の下、自称ユダヤ人によって、イエスの時代にユダの地で実践されていた宗教は、「ファリサイズム(パリサイ派)」という名称の下行われていた宗教である、とアメリカ・ユダヤ神学セミナー大学総長のルイス・フィンケルステイン師は言う。

 イエス・キリストの時代にユダの地でファリサイズム(パリサイ派)として知られていた宗教形式は、もっぱらタルムードを基礎とする宗教的実践であった。イエスの時代のタルムードはマグナ・カルタであり、独立宣言であり、憲法であり、権利章典であり、「ファリサイズム」を実践する者たちの一切を仕切るものであった。

 タルムードは今日、同じような位置を「ユダヤ教」を公言する者たちに対して持っている。タルムードは今日、そのことを彼らが理解しているかどうかは関係なく、「ユダヤ人」の生活に対し、事実上、全体主義的独裁的権限を行使している。彼らの精神的な指導者は、自称、ないしは、いわゆる「ユダヤ人」、の生活を支配していることを隠そうともしない。彼らはその権威を精神的な事柄として正当とみなされる限界以上に及ぼしている。彼らの権威は宗教の外で並ぶものが無い。
 ユダヤ教の中でタルムードが行使する役割は公式に、著名なラビである、モリス・N・ケルツァー師によって規定されている。

 「タルムードは古代のラビによる63の法律、倫理、歴史的な書き物から成り立っている。イエスの誕生後5世紀たって編集された。それは法律と学問の概要である。これは法律的規約であり、ユダヤ教の規約の基礎を形成し、ラビの訓練で使用されるテキストブックである」(ユダヤ人とは何か?から:「Look」誌1952年6月17日号)

 ・・・イエスの誕生から今日まで、イエスの、あるいはクリスチャンの、そしてキリスト教信仰に対する凶暴で中傷に満ちたひどい冒涜が、このタルムードと言われる、「古代のラビによる63の法律、倫理、歴史的な書き物から成り立っている。イエスの誕生後5世紀たって編集された。それは法律と学問の概要である。これは法律的規約であり、ユダヤ教の規約の基礎を形成し、ラビの訓練で使用されるテキストブックである」という書物以上に表現されたことはない。

 タルムードの内容の、明らかで明示的な、そして間接的で暗示的な非宗教的性格と言外に意味するものは、今まで決して開かなかったあなたの目を開くであろう。タルムードはイエス・キリストやクリスチャン、そしてキリスト教信仰を罵っている・・・あなたは公式の完本のタルムードの英語への翻訳の逐語的な引用としてここに出ている、下品、わいせつ、放蕩、不道徳な言葉を容赦する必要があるだろう。びっくりしないよう準備をしなさい。

 1935年、いわゆる「ユダヤ人」の国際的組織が歴史上初めて、公式の完本の完全版タルムードの英語の翻訳を完全な脚注付で発行した。英語に翻訳するに際し、彼らが取り付かれたものは、解決できない謎のひとつであった。これはあまりにも多くの自称ないしはいわゆるユダヤ人の若い世代は、このタルムードが「B.C200からA.D.500の間に63冊が最初に編纂され・・・」ていたから、古代の言葉でタルムードを読むことができなかったので、なされたようなのだ。

 このタルムードの公式の完本の公式脚注付きでの英語への翻訳は、1935年にロンドンでSoncino Pressで印刷された。これはタルムードのソンシノ版として常に引用されてきた。ソンシノ版の大変に少ない限定版が印刷された。これはいかなる購買者も手に入れることはできないものだった。このソンシノ版のタルムードは議会図書館とニューヨーク公立図書館で見ることができる。ソンシノ版のタルムードは何年も私は自由に使用していた。これは今や希少な「コレクターアイテム」となっている。

 ソンシノ版タルムードはその脚注と共に、両刃の剣といえよう。古代に生きた著者によりかかれた古代言語のタルムードでは読むことのできない、自称あるいはいわゆるユダヤ人の何百万という若い世代にタルムードを教えることができる。これはまた、クリスチャンにも、タルムードがイエスについて、クリスチャンについて、あるいはキリスト教信仰について語っていることを教えることになる。

 いつの日か、これはバックファイアーを起こす。クリスチャンはいつか、タルムードはイエス・キリストが道徳と宗教的主題の点で世界を変革させうる教えを引き出したと言われている書物のようなもの、という主張に挑戦するようになるだろう。そのとどろきが既にあちこちで響き出している。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
PR

連邦準備銀行の地下にある金の延べ棒

◆11月21日

 金価格が高騰しているが、今の高値になる前の過去最高値は1980年、ソビエト軍がアフガンに侵攻した年に、875ドルになった。現在それを優に超えている。

 しかし当時のドルの価値は高かった。ドルは当時からその価値を下落させ続けてきている。当時のドルの価値で換算すると、875ドルというのは、現在の6300ドルになる、計算だという。従って金価格はこの価格まで上昇してもおかしくない、という話である。
 たとえば、この1980年のソビエトのアフガン侵攻に匹敵するような事態が世界のどこかで生じた場合、有事のドルならぬ有事の金ということで、金価格がそのような暴騰を見せることはありえない話ではないだろう。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
金の評価額は1オンス6300ドル?
http://blogs.telegraph.co.uk/finance/ambroseevans-pritchard/100002059/is-6300-fair-value-for-gold/
【11月19日 Ambrose Evans-Pritchard】
 最近の金の暴騰は1970年代に、諸国の中央銀行が金の投資家と同じ熱心さで金を買いだめして、その騒ぎに参加した時に起きた。
 ソシエテ・ジェネラルのディラン・グリスは、今の騒ぎと似ている、と語る。彼は、インド中央銀行がIMFの放出した金の半分を購入すると決断したこと、フランスの中央銀行が1965年にドルを金に交換した動きの間に不気味な相似性を見る。それが勿論、ブレトン・ウッズ体制の崩壊に導き、またニクソン政権でのドルの金との交換の停止に至った坂道を行くはじめだった。
 その後に起きた金の狂騒の中、、ドルの貨幣的ベースに合うレベルまで価格は上昇した。もし今それが起きるとすると、金は1オンス6300ドルになるはずだ。アメリカは2億6300万オンスの金を保有している。貨幣的ベースで1兆7000億ドルとなる。

 金は勿論それ自身の価格の上下動がある。それは今日では、13世紀中頃のようにほぼ実勢価格で取引されている。1オンスで鎖帷子(くさりかたびら)が買えた。
 それは中世期のバブルで2倍となった。その後500年たって、スペインが新大陸で金を発見してから、またカリフォルニアに金が発見されてから、90%減少し、底値は1930年あたりだった。
 「金は他のアセットと比べて、根本的に安全だということではない。何も神秘的なことははない」とグリスは語る。
 しかしながら、金は殆ど使い道がないので、完璧な通貨となりうるし、また法定不換紙幣からの逃避が今の金の価格の記録を塗り替えているように、今その役割を果たしている。

 殆ど全ての西欧の政府は破産している。アメリカとフランスの負債合計はGDPの500%だ。イギリスとドイツは400%。
 我々は破産しているのだ。悪いことには、中央銀行の信用は2008年にクラッシュが来るのを予見する件での彼らの共同的な失敗で「永久に破壊されている」、とグリスは言う。(彼は丁寧すぎる:中央銀行が10年にわたって実際のレートを過度に低くしていたことで、借金バブルを生み出して危機を将来せしめたのだ)

 自分たちは緊急事態から抜け出すことができる技術を持っていると思っている中央銀行が極悪でほら吹きであると暴露されていたら、どうだろう?

 市場は中央銀行が自分たちの負債を膨張させることで政治家らを満足させようとしないかと恐れている。
 グリスの方法は、金の適正価格を計算することでは奇妙なやり方だが、狂騒の中ではなんでもあっても同様であるし、ドットコム・バブルにおける時価総額よりかは悪くない。従って金はまだ安いと言える。

 個人的には、自分はこの見方は取らない。逆張り投資家として、流行のアセットは好きでない。自分は8年前の252ドルの金が好きだ。高くなれば、興味は減じる。
 2001年の弱気市場の底にあった時の金と比べて、今はどのアセットが比例して評価が低いのか?
 ハラレ(ジンバブエの)株式市場は始めるにいい場所のようだ。
 何か他のアイデアは?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

中国のテレビで放映されたUFO

◆9月9日

 7月22日の皆既日食時に、中国の天文台の科学者らがUFOと思われる未確認物体を40分間にわたって撮影した、という。彼らはその分析を進めているようで、1年後には結論をだすという。
 UFOは世界各地で撮影されていて、中国でも最近学生らが撮影したというUFOらしきものがテレビで放映されたようだ。
 
 これをイギリスのテレグラフ紙(電子版)が取り上げている。イギリスはUFO関連情報を公式に公開している。つまりイギリス政府がまじめにこの問題を取り扱っているという姿勢があるのだ。
 日本ではまだまだそこまでいかぬが、そのうち間違いなくこの問題を真剣に取り扱わざるを得ない状況が出来してくる時代が来るだろう。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●中国の科学者たちがUFOを40分間撮影
【9月7日 Telegraph.co.uk】
 UFO問題を研究する人々の間では、中国が今年7月22日の皆既日食の時出現した未確認飛行物体を撮影した詳細な驚くべき内容を近々発表するのでは、という憶測で沸いている。
 南京にある紫山天文台の科学者らは、皆既日食時にUFOを40分間撮影したことを確認したと言われている。彼らは、結論を出す前に撮影した内容の分析をこれから1年かけて行うだろう、と語った。
 この天文台のジ・ハイ・シェング台長は、フィルムに何が撮影されているか、という点については、きちっと分析がされるまでは推測することを差し控えるだろうと語った。
 シェング台長は、紫山天文台と中国科学アカデミーの科学者らは7月22日の皆既日食観察の間、太陽近辺で、観察スタッフにより、物理学上の性質については更に分析が必要としながら、未確認物体を発見した、と語った。
 「現在、人員がこのデータの処理のため動員されている。データの分析を終了し科学的結論を出すまでには、少なくとも1年間が必要になるだろう」
 この出来事は、 Deqingで学生らが撮影した物体で頂点に達した、中国でのUFO目撃に続くものだ。この撮影内容は中国のテレビでも放映されたが、そこで見られる未確認物体は最初は青色の輝く球体として現れてから形を何べんも変えていた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

次期総理の鳩山氏とUFO搭乗体験談を著書の中で語っている幸夫人

◆9月4日

 鳩山次期総理の夫人が、UFOに乗ったことがある、ということをここにきて初めて知った。夫が「宇宙人」と言われているのだから、それだけでもこのお二人が波長が合うのが分かる。夫人も前の旦那にそのことを話したら、「夢ではないのか」といぶかしがられたようだが、その反応はいわゆる常識を重んじる一般の、そしてUFOに絡んだ体験を持たない人々が示す反応であろう。

 これで日本も晴れてこの「常識」の壁をぶち破り、新しい宇宙的な時代へ入っていく心の準備ができよう、というものだ。というのは、もしUFOの存在など馬鹿ばかしい、という態度を取れば、首相夫人の言っていることを馬鹿ばかしいことだ、と言っているに等しくなるから、少なくとも当人の目の前ではそういう態度はとれなくなるだろう。また日本にも多くのUFO目撃者や、UFO搭乗体験者がいるが、そういう人々の信憑性が一気に高まり、まじめにそのようなことを言う人々の話を聞くようになるだろうから、この問題が「タブー」のレベルから「市民権」を得ていくようになるはずだからだ。

 今の世界が「様変わりする」ということについては、このブログでも「金融資本主義の崩壊」という現象を語りながら、示してきたつもりだ。これからの世界は、この地球人のパラダイムを一つ乗り越えたような世界ができてこそ、真実の、そして今よりかずっとましな新しい世界へと変わっていけるし、またそうしなければ、この地球自体がおそらくやっていけないであろう。

 つまり地球を宇宙からの視点で見ることが必要な、そこまで地球そのものが追い詰められている、と認識すべき時なのだ。もういままでのような「常識」では地球を救うことはできなくなりつつあるのだということと、そこからの救いは、当然いままでとは違ったアプローチをする人々が地球を引っ張っていかねばならない時代圏に入ってきている、ということを示している。
 
 そういう時代に、日本にはこの「宇宙人」と言われる鳩山氏とUFO搭乗体験者である、夫人のコンビが登場した、ということで、少なくとも日本は新しい方向、新しく進化した方向に向かって進む準備ができた、ということになるであろう。後は本当に進めるかどうか、ということだ。

 今そういうことを疑う人々も時間の経過と共に分かってくるだろう。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●「宇宙人」の鳩山次期首相、妻は「UFO搭乗経験者」
【9月4日 ロイター】

 首相就任が確実となった民主党の鳩山由紀夫代表(62)は「宇宙人」のニックネームが付けられているが、ファーストレディとなる幸夫人(66)は「UFOに乗った体験」を著書で明かしている。
 幸夫人は、昨年出版された「私が出あった世にも不思議な出来事」の中で、「肉体が眠っている間に、魂が三角形のUFOに乗って金星に行って来た」と告白。「ものすごくきれいなところで、緑がいっぱい」だったと描写した。
 さらに、元夫にこの話をしたところ「夢じゃないのか」と返されたことを明かし、鳩山氏であれば「ああ、よかったね」と違う答え方をするだろうと述べている。
 宝塚の女優として6年間活躍し、料理が得意なことでも知られる幸夫人は、米国滞在中に、同国で教育を受けた鳩山氏と出会っている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

オーロラの予想図?

◆8月18日

イギリスは最近は公式のUFO情報を公開してきているが、それに関するファイルが公開されている。このブログでもこのUFO問題は以前取り上げたことがあった(3月23日、6月24日号など)。
 このUFOは地球外生命体の乗り物というのが定説だが、最近のUFOの中には、どうも地球人が製造したかもしれないものも含まれている可能性が取りざたされている。これが今回の記事の内容だ。
 アメリカ空軍のステルス戦闘機なども、その技術は、実際はこの記事に出てくるオーロラの技術のカモフラージュ用に製作された、などとも言われているようだ。真相はまだ闇の中だが、そろそろ隠されてきたものが現れ出す時代になってきたのかもしれない。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●UFOファイル:秘密アメリカ航空機「オーロラ」がUFO目撃例の原因かも
【8月17日 Telegraph.co.uk】
 UFO目撃例のいくつかは、17日公開されたファイルによれば、公式にはその存在が認知されていないアメリカの秘密航空機「オーロラ(Aurora)」が原因かもしれない。
 
 警官、軍人を含む70人以上の人々が、デボン、コーンウォール、サウスウェールズ、シロプシャイアーなどで、1993年3月31日早朝、大きな物体が低音の響きを出しながら低空飛行をしているのを目撃したと証言している。
 アンソニー・バグノール空軍参謀長に対する国防省UFO局長のブリーフィング・ノートには、未確認航空機がイギリスの防衛網を突破したという証拠がある、と書いてある。
 彼は、通常ではアンソニー卿にはUFO目撃情報は報告しないが、「イギリスに最近起きている、いわゆる“オーロラ”と呼ばれている事例が絡む目撃情報について知っておいたほうがいいと思うでしょう」と語った。
 オーロラとは、1989年代に秘密の「ブラック」計画の中で開発されたと言われているアメリカの無人偵察機に対して付けられた名前で、超音速で飛行できると言われている。
 この航空機は当時多くの憶測を呼び、イギリス政府はイギリス上空を体験飛行させることを拒否せざるを得なかった。

 UFO局長は4月22日、「いくつかの報告書では、物体は大変早い速度で動くと言っている。またある報告では空中に停止したりゆっくり動くと言っている」とメッセージの中で書いている。
 「多くの報告では物体は大変大きく、低空で飛行し、ぶんぶんうなりを出す、とある」、「私のスタッフは何人かの軍と警察の目撃者と話したが、多くの者が、この物体はかつて見たことのないようなものだった」と言う。
 このノートは更に続けて、「総括すれば、起源の分からない未確認物体がイギリス上空を飛行した、ということが確かにあった、と言える」、「もし国防省関係者の限られた人々には知られていて、しかも認められてはいない、アメリカ起源の何らかの活動があったとすれば、これ以上調べることは困難だ」
 アンソニー卿の返答は、「3月31日、尋常ではないものを見たという報告をした目撃者らの数にも関わらず、この論争に付け加えられるものはない」
 UFO局長はその後、この問題を取り下げるよう督促した。
 彼はその後、ブリーフィング・ノートを5月7日に書いた。その中で、彼にイギリスUFOリサーチ・アソシエーション(Bufora)から接触があったという。このアソシエーション は、彼に、目撃情報はロシアのロケットが大気圏に突入した時期と同期に起きている、と語った。
 彼は、高度での目撃情報はロケットが大気圏に入ったものを見たのだという説明がつくかもしれないが、低高度での目撃や低音のうなり音は説明できない、と語った。
 彼はこのノートのページの上段に付け加えて、「見たように、最近のUFO目撃情報について何らかの説明が付くものもありますが、全てに対して説明がついたわけではない。」
 もう一つの手書きのメモがトップに走り書きされている手紙が返ってきた:「ありがとう。もうこれであなたがこの問題を扱わないように」と書かれていた。
 この問題が生じる1ヶ月前、UFO局長は、ロンドンのアメリカ大使宛に、オーロラ・プロジェクトについての高まる憶測について書いた。
 彼は以下のように書いた:「この種の問題が続くことは、我々に懸念を呼び覚ましますし、わが国の国務長官は、私がアメリカ当局と接触し、イギリス国防省の立場を再度表明し、もしも、尋常でない航空機のなんらかの活動がアメリカ政府に関わるものであるかどうか、またそれがイギリスに対しなんらかの影響を与えるものである場合には、イギリスの国防省に前もっての合意を得るべく手続きを採られることの確認をとるよう要請されております」
 
 3月31日の目撃証言はウォルバーハンプトン近くのコスフォード英国空軍からも何件か寄せられている。そこでは警察が、飛行場上空を二つの明るい光が“非常なる速度で”飛んでいたのを目撃したと報告している。
 そこではエンジン音は聞かれず、光はわずかに後方から赤い輝きを放ちながら地平線上に消えていった。
 ロンドン警視庁オフィサーによると、ショウベリー空軍でこの光は「いかなる航空機でもないような、時速数百マイルの速度で飛行していた」というし、「何かを探しているように見えた」という。
 このオフィサーたちは、低音のうなり音を聞いたとし、「前にそんなものを見たことはなかった」と語った。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ROCKWAYアド2
ROCKWAYアド
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ROCKWAY
性別:
男性
自己紹介:
経済から宗教まで、時代の先を読み解くための作業を人間活動のあらゆる分野にメスを入れて行います。
バーコード
ブログ内検索
ROCKWAYアド3
忍者AdMax
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]