忍者ブログ
* 時代の先読み    * 日本の進むべき道    * 我々の心構え
[210]  [209]  [208]  [207]  [206]  [205]  [204]  [203]  [202]  [201]  [200
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


オーロラの予想図?

◆8月18日

イギリスは最近は公式のUFO情報を公開してきているが、それに関するファイルが公開されている。このブログでもこのUFO問題は以前取り上げたことがあった(3月23日、6月24日号など)。
 このUFOは地球外生命体の乗り物というのが定説だが、最近のUFOの中には、どうも地球人が製造したかもしれないものも含まれている可能性が取りざたされている。これが今回の記事の内容だ。
 アメリカ空軍のステルス戦闘機なども、その技術は、実際はこの記事に出てくるオーロラの技術のカモフラージュ用に製作された、などとも言われているようだ。真相はまだ闇の中だが、そろそろ隠されてきたものが現れ出す時代になってきたのかもしれない。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●UFOファイル:秘密アメリカ航空機「オーロラ」がUFO目撃例の原因かも
【8月17日 Telegraph.co.uk】
 UFO目撃例のいくつかは、17日公開されたファイルによれば、公式にはその存在が認知されていないアメリカの秘密航空機「オーロラ(Aurora)」が原因かもしれない。
 
 警官、軍人を含む70人以上の人々が、デボン、コーンウォール、サウスウェールズ、シロプシャイアーなどで、1993年3月31日早朝、大きな物体が低音の響きを出しながら低空飛行をしているのを目撃したと証言している。
 アンソニー・バグノール空軍参謀長に対する国防省UFO局長のブリーフィング・ノートには、未確認航空機がイギリスの防衛網を突破したという証拠がある、と書いてある。
 彼は、通常ではアンソニー卿にはUFO目撃情報は報告しないが、「イギリスに最近起きている、いわゆる“オーロラ”と呼ばれている事例が絡む目撃情報について知っておいたほうがいいと思うでしょう」と語った。
 オーロラとは、1989年代に秘密の「ブラック」計画の中で開発されたと言われているアメリカの無人偵察機に対して付けられた名前で、超音速で飛行できると言われている。
 この航空機は当時多くの憶測を呼び、イギリス政府はイギリス上空を体験飛行させることを拒否せざるを得なかった。

 UFO局長は4月22日、「いくつかの報告書では、物体は大変早い速度で動くと言っている。またある報告では空中に停止したりゆっくり動くと言っている」とメッセージの中で書いている。
 「多くの報告では物体は大変大きく、低空で飛行し、ぶんぶんうなりを出す、とある」、「私のスタッフは何人かの軍と警察の目撃者と話したが、多くの者が、この物体はかつて見たことのないようなものだった」と言う。
 このノートは更に続けて、「総括すれば、起源の分からない未確認物体がイギリス上空を飛行した、ということが確かにあった、と言える」、「もし国防省関係者の限られた人々には知られていて、しかも認められてはいない、アメリカ起源の何らかの活動があったとすれば、これ以上調べることは困難だ」
 アンソニー卿の返答は、「3月31日、尋常ではないものを見たという報告をした目撃者らの数にも関わらず、この論争に付け加えられるものはない」
 UFO局長はその後、この問題を取り下げるよう督促した。
 彼はその後、ブリーフィング・ノートを5月7日に書いた。その中で、彼にイギリスUFOリサーチ・アソシエーション(Bufora)から接触があったという。このアソシエーション は、彼に、目撃情報はロシアのロケットが大気圏に突入した時期と同期に起きている、と語った。
 彼は、高度での目撃情報はロケットが大気圏に入ったものを見たのだという説明がつくかもしれないが、低高度での目撃や低音のうなり音は説明できない、と語った。
 彼はこのノートのページの上段に付け加えて、「見たように、最近のUFO目撃情報について何らかの説明が付くものもありますが、全てに対して説明がついたわけではない。」
 もう一つの手書きのメモがトップに走り書きされている手紙が返ってきた:「ありがとう。もうこれであなたがこの問題を扱わないように」と書かれていた。
 この問題が生じる1ヶ月前、UFO局長は、ロンドンのアメリカ大使宛に、オーロラ・プロジェクトについての高まる憶測について書いた。
 彼は以下のように書いた:「この種の問題が続くことは、我々に懸念を呼び覚ましますし、わが国の国務長官は、私がアメリカ当局と接触し、イギリス国防省の立場を再度表明し、もしも、尋常でない航空機のなんらかの活動がアメリカ政府に関わるものであるかどうか、またそれがイギリスに対しなんらかの影響を与えるものである場合には、イギリスの国防省に前もっての合意を得るべく手続きを採られることの確認をとるよう要請されております」
 
 3月31日の目撃証言はウォルバーハンプトン近くのコスフォード英国空軍からも何件か寄せられている。そこでは警察が、飛行場上空を二つの明るい光が“非常なる速度で”飛んでいたのを目撃したと報告している。
 そこではエンジン音は聞かれず、光はわずかに後方から赤い輝きを放ちながら地平線上に消えていった。
 ロンドン警視庁オフィサーによると、ショウベリー空軍でこの光は「いかなる航空機でもないような、時速数百マイルの速度で飛行していた」というし、「何かを探しているように見えた」という。
 このオフィサーたちは、低音のうなり音を聞いたとし、「前にそんなものを見たことはなかった」と語った。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

PR
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ROCKWAYアド2
ROCKWAYアド
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ROCKWAY
性別:
男性
自己紹介:
経済から宗教まで、時代の先を読み解くための作業を人間活動のあらゆる分野にメスを入れて行います。
バーコード
ブログ内検索
ROCKWAYアド3
忍者AdMax
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]