忍者ブログ
* 時代の先読み    * 日本の進むべき道    * 我々の心構え
[794]  [793]  [792]  [791]  [790]  [789]  [788]  [787]  [786]  [785]  [784
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


トルコのエルドアン首相と握手するクリントン米国務長官

◆8月13日

 アメリカのクリントン国務長官がトルコに行き、シリアに飛行禁止空域を設定する可能性についてトルコ指導部らと話し合ったという。これはリビアのやり方の再演を狙っていることを示している。リビア軍は制空権を奪われ、逆にNATO軍の爆撃を受けて壊滅した。

 シリアではそのリビヤの失敗の轍を踏まないように、ロシアは最初からシリア支援を積極的に行っている。従ってたとえアメリカ・トルコがシリアに対し飛行禁止空域設定を目論んでも、成功するとは思えない。結局具体的な対策を取れないまま、シリア軍がアレッポの一掃作戦を完了すれば、シリアの紛争は一段落を迎えることになるだろう。

 アレッポの反政府武装勢力の大半は外国人のテロリストであり、彼らは1万以上いるが、既に2000人ほどは減少している。これからシリア軍がさらに作戦を進めることで、その数はさらに減少していくことになる。そして欧米諸国・湾岸君主国群などからの支援がなければ、彼らに勝ち目はないから、トルコ領内に逃げ帰るか、殲滅させられるか、という運命をたどることになるだろう。

 結局、シリア国民の大半はシリアのアサド政権を支持し、反乱側に組する者たちはわずかであった、ということが真実であり、それがためシリアにおける「アラブの春」は頓挫しようとしているのだ。反乱を起こしてきたのは、主に外国人武装ゲリラであり、シリア国民ではなかったのだから、当然の帰結である。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●アメリカとトルコはシリアに飛行禁止空域設定を計画
http://www.rt.com/news/clinton-turkey-syria-damascus-aleppo-437/
【8月11日 Russia Today】

 アメリカのクリントン国務長官とトルコのダブトグル外相は11日イスタンブールでの会談後、シリアに飛行禁止空域を設定することを計画していることを明らかにした。

 ロイターによれば、クリントンはトルコとアメリカはアサド政権を転覆する為に戦っている反政府勢力を、飛行禁止空域設定も含め支援する方法を計画する必要があると語った。

 記者会見でクリントンは飛行禁止空域設定は選択肢の一つだと示唆したが、この問題は「更に深い分析」が必要だと語った。

 これはアメリカが反政府勢力を支援するためにその力を使用する最初ではない。同じ戦術がリビヤの反政府勢力が昨年カダフィ政権を転覆するのを支援するのに使用された。

 今に至るまで、アメリカはシリアに対し軍事的役割を担うことに消極的だった。しかし、リビヤの状況が繰り返されるとすれば、アメリカの軍事的介入は近い将来現実的可能性となるかもしれないし、それはシリアにおける17ヶ月に及ぶ紛争を長引かせるだけであろう。

 会談の最中、クリントンはAPによれば、シリア危機に対応するため、トルコに作業グループを置くことになるだろうと語った、という。

 このグループはアメリカとトルコの軍・情報関連の介入度合いを深めることになるかもしれない。

 「我々はこの紛争の流れを注意深く追ってきたが、今や我々は実際的な作業計画を立てる必要が出てきた。これは我々両政府が共に関わって行く必要があるものだ」と、クリントンは語った。

 クリントンは共にシリアの反政府勢力を支持するエルドアン首相とグル大統領と会談する予定でいる。 

 アメリカはシリアに民主的移行のための土台作りを目指している。この会談はダマスカスで衝突が起きているという報道がなされている時に行われた。

 11日早朝、シリア国営テレビはダマスカス郊外での衝突を報じている時、武装ゲリラが三人のシリア人ジャーナリストと運転手を拉致したと報じた。彼らは親政府系テレビ局で仕事をしている者たちである。

 中東歴史政治学のジェレミー・ソルト教授によれば、反政府勢力は欧米同盟側からの支援がなければ紛争に勝利することはできない、という。

 「現在のところでは、ダマスカスでは反政府勢力がほぼ一掃された。アレッポは一掃されつつあるところだ。シリア軍は戦略を持っている。彼らはサラ・アルディン地区を2日間で一掃した。そしてそのやり方で他の地区をやっている。従って反政府勢力がより多くの重火器を支援してもらわねば、彼らは負け戦をすることになるだろう。それがためクリントンはイスタンブールに行ったのだ」とソルトは語った。

 その間も、反政府勢力側は戦場となっているアレッポを制圧できないでもがいている。

 激しい砲撃のため南西地区のサラ・アルディン地区から7日、撤退せざるを得なくなったアレッポにいる反政府勢力はシリア軍に対する反撃を準備している。

 アレッポは欧米諸国の深刻な懸念材料となっていると、外交問題アナリストのリチャード・ヘイダリアンはRTに語った。

 「欧米は首相の亡命を含む最近の出来事の為、流血の惨事を今現在、予感している。クリントンがやろうとしていることは、トルコと共に、そしてイスラエルとアラブ諸国の支援で何らかの軍事的対応をすることである。それはアレッポの拠点を維持するチャンスがあると考えているからだ」と、ヘイダリアンは語った。

 しかしながらトルコは、会合に参加したのには別の独自の動機からだ。5万人になるトルコに流入したシリア人難民に対する対応で、トルコは自国自身の人道的危機が深まっているのに対処しているところなのだ。クリントンはトルコ領内に流れてきたシリア人のため550万ドルの支援を発表したところだ。 

 「トルコは二つの側面を持っている。一つはこの悲劇と流れてくるシリア人に強い懸念を持っている。トルコはシリアからの難民の最大の受け皿の一つである。他方、クルド人の反乱の増大がある。これはシリアとイランのクルド人と連携がある。トルコはクルド人が独立運動をはじめやしないかと恐れている」とヘイダリアンは語った。 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
PR
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ROCKWAYアド2
ROCKWAYアド
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ROCKWAY
性別:
男性
自己紹介:
経済から宗教まで、時代の先を読み解くための作業を人間活動のあらゆる分野にメスを入れて行います。
バーコード
ブログ内検索
ROCKWAYアド3
忍者AdMax
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]