忍者ブログ
* 時代の先読み    * 日本の進むべき道    * 我々の心構え
[1164]  [1163]  [1162]  [1161]  [1160]  [1158]  [1157]  [1156]  [1155]  [1154]  [1153
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


イラクではISILの攻勢に対抗するため200万人の志願兵が出ているという

◆6月17日

 アメリカの中東政策も、イスラエルの視点からみれば、スンニー派の過激派がシリアやイラクのシーア派政権に攻撃を仕掛け、不安定化させることは、イスラエルの利益になるから、よし、とするであろう。どうせ殺しあっているのはアラブ人同士であり、イスラエルにとってはいくらでもやればいい、とほくそ笑んでいることであろう

 だからアラブ人がもう少し世界戦略的視点から物事を見れるようにならねば、何時までたっても彼等は欧米・イスラエルの手玉に取られっぱなしのままであろう。ただしこれで本当にこの過激派が力を持って、中東に占領地域を広げていけば、やがては彼等が言っていたように、欧米諸国へとそのテロ活動は拡大していくことになるであろう。
 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●アメリカのイラク「勝利」 -その2 最終章-
http://www.paulcraigroberts.org/2014/06/14/washingtons-iraq-victory-paul-craig-roberts/
【6月14日 By Paul Craig Roberts】

議会もメディアもアメリカ政府のイラクに対する姿勢の変化について知ろうとする意欲は見られなかったので、「イラクの脅威」というものはアメリカ人にとってはミステリーとして残ることになるだろう。 

 しかしイラクを恒常的な戦争地帯にしたアメリカの誘導した暴力沙汰がなければ、イラクを纏めていた政府であった世俗政権だったサダム・フセインの政府の破壊の結果は、アメリカがイラクを占領する際の規模あるいはそれ以上の暴力沙汰が何年も継続するものとなった。

 アメリカ政府は人道的配慮に欠けている。覇権こそがアメリカが唯一考えていることだ。アフガニスタン、リビヤ、ソマリア、パキスタン、イェメン、ウクライナ、シリア、そしてイラクと、アメリカは死をもたらすだけであり、この死がイラクで継続中だ。

 6月12日、イラクの第2の都市である人口50万人のモスル、アメリカの「自由と民主主義」的解放の恩恵を受けた都市から、アメリカが訓練をした軍がアルカイダの攻撃の下で崩壊したため人々が逃げ出した。アメリカが樹立させた政府はバグダッドが次ぎの攻撃対象ではと恐れる中、アメリカに対しアルカイダの部隊に対する空爆を要請した。

 ティクリートとキルクークも落城した。イランは革命防衛隊の2旅団をアメリカが樹立したイラク政府の援護のために派遣した。(この記事が出た後で、イランのロウハニ大統領が、イランがイラク政府を支援するため軍を派遣したということは無いと否定した。欧米メディアは再度、間違った事を間違って報道する過ちをおかした)

 アメリカが「自由と民主主義、女性の権利のため」サダム・フセイン政権を転覆させたプロパガンダを覚えている人はいるだろうか? 我々は当時イラクには存在しなかった、「ここに来る前にはあちらにいた」アルカイダを倒さねばならなかった。ネオコンの約束である、数週間で終わる「朝飯前の戦争」だというのを覚えている者はいるだろうか? イラクの石油収入で賄える700億ドルしかかからないというのは?ブッシュの経済アドバイザーが2000億ドルはかかると言って解雇されたのはどうか? 実際のイラク戦争の経費はエコノミストのジョセフ・スティグリッツとハーバード大学教授のリンダ・ビルメスが3兆ドルという数字を出している。

 アメリカ政府が、イラクはアメリカによって自分の足で立つ事ができるようになり、民主主義国家として誰もが安全に、そして女性にはその権利が与えられると約束したのを覚えているであろうか? 今の状況はどうであろうか?

 イラクで二番目の大都市であるモスルはアルカイダの勢力によって占領されてしまった。これらの勢力はアメリカ政府が何べんも、完全に一掃したといってきた勢力である。これらの「一掃された」勢力が、イラクの第二の都市を支配下におき、その他の地域をも治めているのだ。

 アメリカ政府がイラクのことを任せた人物はアメリカ政府に対し軍事援助を要請し、空爆をこれらの勢力に向けてやって欲しいと膝を折って頼んでいる。これらの勢力は不能なブッシュ政権がイスラム世界に放った者たちである。

 イラクとリビヤでアメリカ政府が成し遂げたことは、またシリアでなそうとしていることは、聖戦主義の過激派を抑えていた政府を破壊する、ということだ。この聖戦主義過激派政府がイラクとシリアを飲み込むという展望にアメリカ政府は直面している。中東のネオコンによる征服ということが、アルカイダの征服になりつつある。

 アメリカ政府はパンドラの箱を開いてしまったのだ。これこそがアメリカの中東において成し遂げたことである。イラクがアルカイダの手に落ちるとしても、アメリカ政府はこのアルカイダ勢力に対し、シリアでは重火器の支援をしている。アメリカ政府が樹立したイラクのバクダッドの政府を防衛するため、軍を送ったのは悪者にされているイランである。

 アメリカ政府のこの状態より愚かに見える国がありうるであろうか?

 我々が導きだせる一つの結論は、アメリカ政府を定義する高慢と思い上がりがアメリカ政府をして国家的で論理的な決定をする事をできなくさせてきた、ということだ。誇大妄想がアメリカ政府を支配している。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
PR
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ROCKWAYアド2
ROCKWAYアド
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ROCKWAY
性別:
男性
自己紹介:
経済から宗教まで、時代の先を読み解くための作業を人間活動のあらゆる分野にメスを入れて行います。
バーコード
ブログ内検索
ROCKWAYアド3
忍者AdMax
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]