忍者ブログ
* 時代の先読み    * 日本の進むべき道    * 我々の心構え
[1165]  [1164]  [1163]  [1162]  [1161]  [1160]  [1158]  [1157]  [1156]  [1155]  [1154

イラク北部に進攻した「イラクとレバントのイスラム国(ISIL)」戦士ら


◆6月25日

 イラクで猛威を振るうISIL(あるいはISISとも言われる)というスンニー派の過激派勢力は、イラクのシーア派の志願兵を含む政府軍の反撃を受けて、その進攻が鈍っている、という。しかしイラクのクルド人情報機関ではこのISILの進攻計画の情報を米英に何度も伝え警告してきたが、米英はそれを無視してきた、という。

 これは先回も指摘したように、イスラエルの戦略からみれば、同じアラブ人イスラム教徒が殺しあうのであり、それによってイラクが更に弱体化し、更には、イランからイラク、シリアへと繋がるシーア派ベルト地帯の分断にもなるから、このISILの勢力拡大は望ましいことになる。米英はそのイスラエルの意向を受けているはずであり、実際はシリアでこのISILを支援してきたのはアメリカであるから、イラクにこの勢力が進攻することも先刻承知のはずであり、それは結局、欧米・イスラエルがこのテロ勢力を支援し、アラブの、ないしはイスラム教徒の分裂を助長し弱体化を図っている、と理解できるだろう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●米英はISILのイラク攻撃というクルド人の警告を無視していた
http://presstv.com/detail/2014/06/23/368300/us-uk-shun-kurds-warnings-on-isil/
【6月24日 PressTV】

 イラクの半自治区のクルド人地区の情報機関は、アメリカとイギリスはイスラム主義過激派がイラクを攻撃する、という彼等の警告を無視してきた、と語った。

 クルド人の治安機関はCIAとMI6に5ヶ月前にイラクとレバントのイスラム国(ISIL)が北イラクを占領する計画があるという情報を伝えたという。

 しかしながら、アメリカとイギリスはなんらの行動も取ることなく、繰り返した警告を無視した、と語った。

 一方、現在4000人ほどの外国人民兵がISILで戦っており、その内の400人ほどはイギリス国籍だ、とクルド人情報機関員は語った。

 過去数日間、イラク軍はイラクの首都バクダッドに迫る勢いを見せているこれらのテロリストとの激しい戦闘を行ってきている。

 しかしながら、イラク軍と志願兵らの部隊がいくつかの戦線で戦っているため、テロリストらの進攻はその勢いを失い、一度は占領した地域から追い返されている。

 イラクのマリキ首相は繰り返し、サウジアラビア、カタールその他湾岸アラブ諸国がイラクにいるこれらの民兵に支援を与えていると語ってきた。 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
PR
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ROCKWAYアド2
ROCKWAYアド
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ROCKWAY
性別:
男性
自己紹介:
経済から宗教まで、時代の先を読み解くための作業を人間活動のあらゆる分野にメスを入れて行います。
バーコード
ブログ内検索
ROCKWAYアド3
忍者AdMax
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]