忍者ブログ
* 時代の先読み    * 日本の進むべき道    * 我々の心構え
[371]  [370]  [369]  [368]  [367]  [366]  [365]  [364]  [363]  [362]  [361
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ムンバイのテロ現場に手向けられた花束

◆4月3日

 2008年11月のムンバイのテロ事件で逮捕された容疑者が、アメリカ政府との司法取引で、真相が明らかにされないままで終わりそうなことを見て、事件を収束させようと図るアメリカの意図の裏には、この事件にはアメリカのCIAが絡んでいるという事実を隠蔽しようとする動きがあるからだろう。

 アメリカがこの南西アジア・中東でテロ作戦を進める意図は、この地域に軍隊を派遣する口実を設ける、という点が挙げられるだろう。その目的は、石油・天然ガスの世界的貯蔵庫になっているこの地域を制圧したいからであろう。 また戦争そのものが金儲けに繋がる、アメリカの軍産複合体と言われるグループが願っているからでもある。
 しかし少しずつボロが出始めているのが、昨今の状況だ。これからは、隠されていたことが明るみに出される時代が来つつある。世界にテロを引き起こし、それを口実に軍を展開するお決まりの所業は今後、不成功に終わるようになるだろう。もはや一昔とは違う時勢になりつつあるからだ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ムンバイ・テロリストはアメリカの工作員
http://www.jbs.org/jbs-news-feed/6149-mumbai-terrorist-was-us-agent
【3月30日 Alex Newman】

 テロの共謀者で元アメリカ政府機関の工作員であったデイビッド・コールマン・ヘッドレイがアメリカ検事当局から2008年のムンバイにおけるテロ事件に対する情状酌量と、犯人引渡しからの保護の約束を受けた後に起きた、彼の真の上司に対する推測がインド中で起こり怒りの渦を巻き起こしている。

 元アメリカの麻薬取締局員で、パキスタンの外交官の息子のヘッドレイは3月18日に、インド、パキスタン、デンマークにおけるテロ行為に関係していくつかの申し立てに対し有罪であることを認めた。彼は報告によれば、投資家らと組んでいた、と言う。

 その代わりに、米政府は外国当局が彼に対し質問をしたり裁判にかけることをさせないという約束をした。検事当局は死刑は求刑しないことに同意した。また彼は更に終身刑にもならないであろう。アメリカの情報機関とのつながりは機密扱いとなった。彼の有罪答弁は、特に中央情報局(CIA)と繋がっているパキスタンのインターサービス・インテリジェンス(ISI)などを含むいくつかの情報機関との関係を公に暴露するような長期の裁判は行わないことを保証している。

 ヘッドレイは、この司法取引でこの血塗られた大量殺戮を監視と標的の選択の分野で援助したということを認めたと言う。GPSを使ってテロチームが海岸に上陸できるよう協力したりしたという。また彼はデンマークの漫画家に対する攻撃の計画を策定するのを援助した。連邦捜査局(FBI)がインドの攻撃時のたった一人の生き残り証人に対する10時間の質問時間が与えられたのに、アメリカに渡ったインドの検事当局のヘッドレイに対する質疑は許可されなかった。

 この司法取引とアメリカ政府側の非協力姿勢は直ちにインドで怒りと失望の渦を引き起こした。アメリカは条約によってヘッドレイをインド当局に引き渡すべきだからだ。またこのアメリカの姿勢はヘッドレイは未だにアメリカとパキスタン政府とのつながりをあるレベルで保っているとするメディアが行っている非難の火に油を注いだ。彼はテロリストとしての訓練を彼がアメリカ政府で仕事をしていた期間に始めている。しかしその関係となると、謎のままだ。
 一緒に仕事をしたと見られている、ISIとつながりのあるパキスタンのラシュカル・エ・タイバ(LeT)というテログループが、2008年11月の破壊的なムンバイ攻撃を行った。この攻撃は世界中のメディアの第1面を飾った。テロリストらは市中でマシンガンで乱射し手榴弾を投げて150人以上の死者と数百人の負傷者の犠牲者を出した。テロリストは実際はパキスタンの秘密工作部隊によって創設されていた事実が判明した。この秘密工作部隊はアメリカのCIAやその他のグループと密接なつながりのあることが良く知られている。
 「このラシュカル・エ・タイバのパキスタンのISIとのリンクは一杯あってこのような、国際的な問題を引き起こし、インドとの戦争を惹起しかねないような可能性を持ったこの大規模な作戦が、ISIの了解無しに行われたとは到底考えられない」、とM・K・バドラクマール元駐パキスタン・インド大使は書いている。

 多くの著名なインド人と共に、バドラクマール氏はヘッドレイの司法取引を強く非難している。「この取引は、アメリカ政府に法廷でヘッドレイに対するいかなる証拠も提出しないですませることを可能にするものだ。それはアメリカの情報機関と彼のつながりに関する詳細な情報も含まれる」とアジア・タイムズ紙の記事で書いている。「ヘッドレイのアメリカ情報機関とのリンクは今や機密となってしまった。ムンバイ事件へのパキスタンの国家的介入は取りざたされないまま終わってしまうだろう」

 彼はまたオバマ政権は「おかしな動きをしている」とし、何か「とてつもないこと」を隠していると指摘している。「デリーで尊敬を獲得しつつある考察は、アメリカ政府はムンバイ攻撃を前もって知っていたということと、わざとインドにはそれを知らせなかったというものだ」と、「米・インドの関係を動揺させるスパイ」というタイトルの論文内で指摘している。
 「明らかに、オバマ政権はヘッドレイが、もしインドが彼を逮捕すれば彼が供述することで、裁判で彼とCIA、LeT、パキスタン軍との関係が明らかとなる、ということを危惧していた」

 ヘッドレイのアメリカ政府との関係は、彼がヘロインを密輸していたのを捕まった時から始まっている。彼の刑罰を軽減するために、DEA(米麻薬取締局)はパキスタンで秘密工作員として仕事をするよう彼を説得し、その代わりに、彼は2年間の刑期で済んだ。9月11日同時多発テロ事件後、このDEAが政府関係諸官庁と一緒に動いて、情報を共有するようになった。従って、対テロ作戦担当者らはヘッドレイの活動を知らされていたはずである。これらの事実はインドをして、ヘッドレイは実際は、アメリカの情報機関のために行動している、という結論に至らしめている。
 「多くのインド人は、ヘッドレイはCIAの工作員だと信じている。おそらく下っ端の工作員だと。そしてアメリカのこの非協力的な姿勢は、彼を保護し彼の過去の行動が詮索され暴かれることから守ろうとするものだ」と、アカシュ・カプール氏がニューヨーク・タイムズ紙に書いている。もう一つのニューヨーク・タイムズ紙の記事には、「ムンバイ攻撃のためのアメリカの偵察者はヘッドレイ・エージェントと友人らに言われている」というタイトルで、ヘッドレイを知っているインド人は彼がCIAの為に行動していることを知っていたということを指摘している。
 「あの時俺は予感がしたんだ。今は彼が、いわゆるアメリカの工作員だという予感がしている」ヘッドレイのインド人の友人であるラフール・バット氏はチャネル4ニュースで語った。「俺がエージェント・ヘッドレイって呼んだのさ。俺は考えて、彼にお前はCIAの仕事をしていると指摘してみたが、それを言われるのを嫌がっていた」。明らかに、ヘッドレイはバット氏に対し、エージェント・ヘッドレイと公衆の前で言うことを止めるように頼んていたようだ。
 元重要なインド政府高官で、対テロリズム担当官だった人物も彼の結論では率直である。「アメリカによる手違いは、11月26日のテロ攻撃におけるパキスタンの役割に対する法的な結論がでることから守るためということと、アメリカの情報機関と彼との関係が公になることを阻止しようという心配によるものだ」とバフクツンビ・ラマン安全保障アナリストは指摘した。彼はインドの外国情報機関と連携していた対テロリズム局の高官であった。
 「先週進められたヘッドレイとFBIによる司法取引は、FBIが正式な裁判を避けようとしているということ、またFBIがインド側の検事当局が彼に質問することを渋っているということは、ヘッドレイがアメリカの情報機関の深く潜行していた工作員であったためだと、インドでは強い疑惑をもたらした」と語った。ラマン氏は、ヘッドレイは「二重スパイではなく、四重スパイ」だと説明している。彼はまた、ヘッドレイはコントロールの利かないほどひどい状態になる可能性があると見ている。
 
 アメリカの工作員がテロリストになったという推測は継続してインドの記事として頻繁に掲載されている。しかしどこまで知られているのか?裁判記録では、ヘッドレイの関係者らはA,B,C、Dというように書かれているだけだ。ヘッドレイに関する真相は公には決して知られることはないかもしれない。そしてそれは全く不幸なことで、真相は追究されるべきだろう。見解はいろいろある。しかし秘密主義と奇妙な処理の仕方は、インド政府は混乱状態に陥ってしまい、市民には触れられないものとなってしまったという人々の疑惑を追認することになる。パキスタンとインドはアメリカが占領しているアフガンで、代理戦争をさせられることで、事態を一層紛糾させている。

 しかしながら、この悲劇とその副産物から、いくつかの教訓が得られる。インド人にとっては、「同盟国」との「協力」ということに対してはもっと慎重であるべきだということだ。また、己の政府をよく吟味することの重要さもある。あの攻撃に対する見解の中には、少なくとも何人かのインド人高官らの協力という要素が含まれている。

 更に重要なのは、政府は民衆が武器を保持・携行する権利を尊重すべきだということだ。テロリストは市中に妨害なく侵入し2日間にわたて、傍にいた人は誰でも殺していった!有名なインドの平和主義者のマハトマ・ガンジーは自伝の中で、「インドにおけるイギリスの多くの犯罪の中で、国中から武器を没収したことを歴史は最も邪なことと見るだろう」「そして、独立して半世紀が経ち、政府は法令順守の市民から武器を取り上げたままの政策を継続することで、彼らがたやすい標的にされるという、逆効果で危険な政策を継続している」
 
 アメリカ人にとっては、深刻な示唆がある。連邦政府がもし憲法にこだわり、外国に干渉することを止めればこのような事態が生起することもなかっただろう。世界中で持ち上がっている反米の敵対意識と疑惑はなかったであろう。「ブローバック」がアメリカ市民と世界にある利益を脅威にさらすこともなかったであろう。また何十億ものドルが無駄にされず、市民に戻ってきただろう。だから、アメリカの納税者や世界中のテロの犠牲者、あるいはテロとの戦争の犠牲者のために、アメリカの外交政策にとってのいくつかの深刻な変更の時期になっている。市民は政府が説明責任を果たすようにさせねばならない、さもなければ、死、圧制、混乱などの悲劇的な事態が更に増加することになる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
PR
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ROCKWAYアド2
ROCKWAYアド
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ROCKWAY
性別:
男性
自己紹介:
経済から宗教まで、時代の先を読み解くための作業を人間活動のあらゆる分野にメスを入れて行います。
バーコード
ブログ内検索
ROCKWAYアド3
忍者AdMax
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]