忍者ブログ
* 時代の先読み    * 日本の進むべき道    * 我々の心構え
[1095]  [1094]  [1093]  [1092]  [1091]  [1090]  [1089]  [1088]  [1087]  [1086]  [1085
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


7万5000人の外国人民兵らがシリアでシリア政府軍と戦っている

◆2月13日

 シリアには今や50カ国から7万5000人から11万5000人もの外国人民兵がシリア政府と戦っていると、アメリカのジェームズ・クラッパー国家情報局長官が語ったという。

 アメリカは自由シリア軍というシリア人の反政府民兵らに支援をしてきていると語っているが、ではこれらの外国人民兵等に対する武器や資金は何処から流れてきているのか、と言えば、これはサウジアラビアなどの湾岸アラブ諸国と見られている。そしてこの自由シリア軍と他の反政府勢力内の過激派のグループとは内部抗争をしている有様なのだ。なにをか言わんや、である。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●50カ国から7万5000人の外国人民兵がシリアに来て戦闘
http://en.alalam.ir/news/1564931
【2月12日 ALALAM】

 アメリカの高官は7万5000~11万5000人の民兵が1500のグループに分かれてシリア政府と戦っていると語った。アメリカ国家情報局長官のジェームズ・クラッパーによれば、2万6000人以上は過激派の思想を持ち、最も残虐な者たちである、という。

 「2万から2万6000人ほどを過激派と見ている」と彼は上院外交委員会で11日語った。「そして、彼等は戦場での戦いぶりがいいので、非常に影響力がある」と語った。

 アメリカのこの高官は、50カ国から7万5000人の外国人民兵がいる。多くはアルカイダ系で、パキスタンとアフガニスタンからシリアにやってきている、と語った。彼はまた、シリア政府と戦っている民兵はシリアの危機を「終末的災厄」に変えてしまった、と語った。

 「彼等は恐ろしい者たちだ。人道的災害と250万人の難民、650万から700万人の国内での移住、13万4000人以上の死者と言うことを見れば、それは終末論的な災厄だ」と彼は語った。

 シリアは中東における不安定の源になったし、それはヨーロッパとアメリカに対する安全保障上の脅威である、と語った。

 これは、アメリカが自由シリア軍と言われる民兵に対する武器と弾薬の供給を1月に2倍以上にした時に言われたのだ。

 この自由シリア軍は欧米が支援する反政府組織であるいわゆる、シリア国民評議会(SNC)に繋がる組織である。

 アメリカは1月22日にスイスでジュネーブ2会議というものが開催されてから600トン以上の軍事援助を民兵等に施してきた。シリアは2011年3月以来、死活的な戦闘に巻き込まれている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
PR
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ROCKWAYアド2
ROCKWAYアド
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ROCKWAY
性別:
男性
自己紹介:
経済から宗教まで、時代の先を読み解くための作業を人間活動のあらゆる分野にメスを入れて行います。
バーコード
ブログ内検索
ROCKWAYアド3
忍者AdMax
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]