忍者ブログ
* 時代の先読み    * 日本の進むべき道    * 我々の心構え
[4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


アフガンの米軍

◆9月16日

 アルカイダというものが、アメリカなどの欧米勢力の作り出した勢力であることと、その実際の勢力が今ではわずかなものである、という事実が隠されたまま、アルカイダの脅威に対処するためと称して欧米が大きな勢力をアフガンに送っている。

 しかし、実はアルカイダ掃討が目的というよりか、アフガン占領そのものが目的である、という疑惑が今回の国際戦略研究所(IISS)の報告によって明らかになりつつある。

 このブログでは、アフガン占領の目的の一つはアヘンにある、と指摘してきたが、ようするにアフガンを押さえておきたいがため、戦闘が長引くことが必要なのだ。

 しかし、イラク戦争の原因などでイギリスのブレアー元首相が責め立てられているように、都合のよい嘘の証拠などでイラクやアフガンを侵略した欧米勢力は、今その過去の付けを払わされようとしている。

 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
アルカイダの脅威は誇張:12万の米軍は50人以下のアルカイダと戦闘
http://www.globalresearch.ca/index.php?context=va&aid=21059
【9月14日 by Eric Margolis】

 ロンドンに本部のある国際戦略研究所(IISS)は、軍事に関する世界的なシンクタンクである。防衛問題専門グループの中ではトップの内容をもっていて、そこにはアメリカ、イギリス、中国、ロシア、インドなどからの退役した将校、軍人らが集っている。

 私自身、20年以上このIISSのメンバーだった。IISSの報告書は常に権威的であるが、慎重であり外交的であり、たまに冴えないこともある。しかしながら、2週間前IISSはアフガンに関する驚愕すべきレポートを発表した。この内容にアメリカ政府やNATO同盟国は衝撃を受けている。

 イギリスの諜報機関MI-6の元副長官だった人物により監修されたこのレポートは、タリバンとアルカイダの脅威は欧米勢力によって「誇張」されたものである、と述べている。

 アメリカ主導でのアフガン作戦は、その初期のアルカイダの分裂と消滅という目的からあらゆる面で膨張されてしまっている。IISSは、アメリカ主導のアフガン作戦は、「長期に引き伸ばされた災厄」である、と指摘した。

 つい最近も、CIAのレオン・パネッタ長官は、アフガンには50人以上のアルカイダは存在していない、ということを認めたのだ。ところが、アメリカのオバマ大統領は、アルカイダと闘うために米軍を3倍の12万人とした。

 IISSレポートは更に、アフガン在の欧米軍は実際のところは、アフガンのレジスタンスを扇動している、ことを認めている。私は同じような現象を1980年代のソ連によるアフガン占領の時、目撃している。

 興味深いのは、元MI-6副長官のニゲル・インスクスター氏が監修したこのレポートのある部分では、アルカイダの脅威は殆ど認められておらず、ソマリアやイエメンは特にそうだ、と指摘している。しかしながら、アメリカ政府は、アルカイダの攻撃が激しいと誇張している、という。

 いつもの思慮深さを捨ててIISSは、こういった警告を出すのは、アフガンでの戦争に深入りすることは、欧米の指導者たちが世界金融危機やイラン問題から気を紛らすことで、また乏しい資金を費やすことで、欧米の安全保障の利害にとって脅威となるためだ、としている。

 IISSの調査結果は、オバマ大統領、イギリスの新しい首相であるデイビッド・キャメロン氏、その他アメリカの同盟国でアフガンに軍を送っている国々に直接的に問題を突きつけることになろう。

 このレポートは、ますます不人気になりつつあるこの紛争を保持するために使われてきた彼らの論理を覆す危険性がある。

 このレポートは、アフガンの占領の本当の理由は、石油と関連し、この地域から中国を締め出し、核兵器を装備しているパキスタンを監視する目的を持っているという疑惑に説得力を持たせることになりそうだ。

 このレポートは更に、アフガン戦争からの出口戦略を提案している。IISSは、欧米の占領軍は、思い切って削減し、カブールと、タジク人とウズベク人が殆どの北部に限定するべきだ、と提案している。

 タリバンの支配する南部アフガンからは欧米軍は撤退するべきだとしている。タリバンにはゆるやかで分散化した封建的システムが機能するまで、国土の半分を支配するようにさせればよい。このやり方は、1979年にソ連がアフガン侵攻するまで実施されていたやり方である。

 その間、アフガンでの戦争はますます弱体化している欧米占領軍に対し厳しいものになっている。 アメリカが立てたアフガンの指導者である、ハミド・カルザイ大統領は、アメリカ、カナダ、イギリスの反対にも拘わらずタリバンとの直接的な和平交渉をする準備をしている。

 親政府的なアフガン武力勢力は、ますます無軌道になりつつある。ただ、インド、ロシア、イランの支援を受けているタジク人とウズベク人の民兵、それにアフガン共産党がパシュトゥン人のタリバン勢力と闘うことを望んでいる。
 タリバン指導者のムラー・オマール氏は先週、欧米占領軍は急速に敗北に向かっていると宣言した。彼は正しいかもしれない。アメリカが支援するアフガン政府や支援している欧米にとって上手く行っているものは何もない。鳴り物入りで実施したタリバンを殲滅するはずだったマルジャでの作戦でも、当惑させられるような大失敗を帰した。米軍による一般人の犠牲者数は増え続けている。

 ヨーロッパはアフガン戦争に倦み疲れている。世論調査では、アメリカ人の60%が戦争が無益であると考えていることが分かった。

 IISSの爆弾発表はイラク侵攻の原因に対するイギリスのチルコット調査の最も劇的な事象の後に出てきた。、イギリス諜報機関のMI-5の元長官、マリンガム・ブラー男爵夫人は、イラク戦争はブレアー政権が嘘を寄せ集め、でっち上げの証拠で始めたものだと証言している。我々が「テロリズム」と呼ぶものは、多くの場合は欧米諸国のアフガンやイラクへの侵略によって、引き起こされている、と彼女は証言したのだ。

 イラクとアフガンにおける真実というものが、こうしていよいよ露にされだしているのだ。
 アフガンは再び、「帝国の墓場」、であることが証明されることだろう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

PR

イランのメスバ防空システム

◆9月10日

 イランはイスラエル・アメリカからの攻撃に備えて、防空体制を整えつつある。9月22日から1ヶ月にわたる大規模な「防空演習」を行う予定である。

 それに反し、イスラエルの演習と言えば常に「攻撃・空爆の演習」であるからしても分かるように、戦争を仕掛ける勢力がイスラエルなのである。

 世界の人々はどちらが攻撃的であり、破壊的であり、反人道的であるか、ということをいい加減理解するべきであり、かつそれを実際的な声として発信し、世論を盛り上げて、戦争開始を阻止するようにしなければならない。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
イランは攻撃に備えて防空演習を挙行
http://www.worldtribune.com/worldtribune/WTARC/2010/me_iran0868_09_07.asp
【9月7日 World Tribune】

 イランは大規模な防空演習を準備している。これはイスラエルやアメリカからの攻撃にどのように対処できるかというテストとなる。

 公式筋では、イラン軍は2010年9月中に防空演習を行うだろうと述べた。同筋は防空コマンドによる演習がイラン全域で行われ、そこでは新型の地対空防空ミサイルシステムがテストされるという。
 「演習は最新鋭のシステムのテストが行われる」と、防空司令官のアハメド・ミカニ准将は語った。

 同筋は1ヶ月にわたるこの演習はメールを中心に行われ、9月22日に開始されるという。彼らは自国産の対空砲火のテストも行われるだろうと言う。
 「我々は自国内で必要なものを生産している。また長距離防空システムも既に国防省の予定に入っている」と、イランのアハメド・ヴァヒディ国防大臣は語った。

 同国高官らは、イランは十分な防空能力を開発してきたので外国のシステムに依存する状況を脱することができるようになったと語った。彼らはロシア政府との間の10億ドルに上る契約が過去18ヶ月間履行されないままになっている、ロシア製のS-300長距離防空システムを例に挙げた。
 「我々はこのようなシステムを近い将来生産するようになるだろう」とミカニ准将は語った。

 同高官らは、イランとしては「メスバ」も含む中・長距離のシステムに集中するだろうと述べた。いくつかのプロトタイプは侵入する巡航ミサイルを捕捉・破壊することができるという。
 「この防空システムの作動スピードや射程はイランの専門家らの努力によって改善された」と、老練な司令官であるレザ・タヘリ将軍は語った。「従来からのシステムと比べ、技術面では格段の進歩を遂げているのを見ることだろう」と同将軍は語った。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


イランのアハマディネジャド大統領

◆8月5日

 アメリカでイラン攻撃を欲しているのは空軍だということは以前から分かっている。彼らは高い空から爆弾を落とす、ないしはミサイルを撃つだけだ。しかし、イランが攻撃されれば、それと連動して何が起きるか分からない、という状況で、ペルシャ湾に浮かぶ艦船、イラクやアフガンの陸上にまだ残っている部隊は、空軍と違ってどこからどんな手法で攻撃されるか、という不安が常に付きまとう。

 たとえ、純軍事的な作戦という面からだけ見れば、「イラン攻撃」なるものが、「成功」するかもしれないが、彼らが隠密裏で進める「民主化運動」がうまく作動せず、逆にイラン人の愛国心に火をつけ、再び反米・反イスラエルで決定的に国がまとまった暁には、どうなるであろうか?ペルシャ湾が火の海となり、機雷海となり、世界のタンカーは航行不能、この地域から石油を輸入している日本を含む多くの国々が大変な状況に追い込まれることになろう。

 それは徐々に世界経済全体の混乱から破壊への道を強め、世界大乱へと繋がることにもなろう。

 彼らは、イランが核兵器を製造していると見ているが、IAEAは今に至るもその証拠は無い、と言っている。それに、この中東地域で核を保有しているのは、イスラエルでありイランではない。その次はパキスタンである。イスラエルもパキスタンも両者ともアメリカとの近い関係があるから、無視しているわけか。そして未だ核を保有していないイランに対し、「核を保有するだろう」、という見込みだけで戦争を仕掛ける、というのがアメリカの正義か。これでは正義もなにもあったものではない。

 このワシントン・タイムズ紙の掲載記事に出てくる軍事オタクたちは、簡単に戦争を語っている。その姿勢こそ、傲慢の極みである。

 以前アメリカは、フセインのイラクが「大量破壊兵器を保有している」から、と言ってイラク戦争を始めたことがあった。しかしその後の調査で、結局イラクはそのような「大量破壊兵器」は保有していなかったことが分かった。その落とし前はつけないまま、再び今度はイランに対し、同じような言いがかり、つまり、「核兵器を製造しようとしている」、ということで、国際法違反となる戦争を仕掛けようとしている。

 もし、これをアメリカが行い、イスラエルが待ってましたとばかりにそれに組すれば、この両国の未来は暗澹たるものとなろう。ただではすまないことだけは言える。人が許しても天と地が許さない、ということがある。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
爆撃機、ミサイルでイランの核に終止符http://www.washingtontimes.com/news/2010/aug/2/bombers-missiles-could-end-iran-nukes/
【8月5日 Rowan Scarborough】

 アメリカ軍の参謀総長が戦争計画ができていると語った後、アメリカが核兵器を製造するイランの能力を破壊しようとすれば、B-2爆撃機と巡航ミサイルに特化して攻撃する可能性が強いであろうと、アナリストは語った。

 海上艦船、潜水艦、B-52爆撃機から発射される巡航ミサイルは、防空網と核関連施設を破壊するだろう。
  B-2爆撃機は、イランが核兵器のためのウラン濃縮を行い、また弾頭を製造していると見られている、地下に建設され強化された施設に貫通爆弾を含む何トンもの爆弾を落下させるだろう。
 「イラン人が自らの国を取り戻すためのベルベット革命を起こす隠密作戦と共に行われる空爆が主体の攻撃となるだろう」と、戦闘機乗りだったトーマス・マキナニー退役空軍中将は語った。


 マキナニー将軍は、B-2爆撃機がイラン上空を飛翔する間、巡航ミサイルは沖合いから発射されるとし、その作戦は数日間継続する、と語った。

 Global Security.orgを運営する軍事アナリストのジョン・パイク氏は、イランには多くの潜在的な標的が存在するが、わずか半ダースほどの施設が重要で、それが破壊されれば、核計画は相当に遅らされることになるだろう、と語った。
 「殆どは遠隔地に存在し、一般人の犠牲者はそんなに問題にはならないだろう」と、パイク氏は語った。「殆どはスタッフ用の集合住宅がある。だからそれを爆撃しスタッフを殺害することで、核計画は一世代遅らせることができる」と言う。

 彼のウェブサイトのシナリオでは、「アメリカのイラン空爆は1981年のイスラエルがイラクのオシラク原子力発電所を攻撃したものよりはるかに大掛かりなものになるだろう。2003年のイラクに対する戦争の最初の数日間に行った空爆に似た規模となるだろう。ディエゴ・ガルシア基地かアメリカ本土から出撃する使用可能なB-2ステルス爆撃機を全投入することになるだろう」としている。

 オバマ政権はこの夏、イランに対する国連の新たな経済制裁を勝ち取ったが、銀行取引と貿易を制限することがイスラム政権の強硬派をギブアップさせ、核兵器保有国になることをあきらめさせるかどうか疑わしい。

 マイク・マレン統合参謀本部議長は、「ミート・ザ・プレス」の番組で、イラン攻撃の計画を軍は持っているのか、との問いに対する答えで、一般人の関心を軍事オプションに再び向けさせた。
 「我々はその計画を持っている。イラン攻撃は重要なオプションだ。それに対する理解は得ている」と語った。

 マレン提督の答えは、国防総省の戦略家たちが、イラン攻撃の計画を練り上げ完成したものを既に持っていることを示唆している。

 8月1日イランでは、イラン革命防衛隊のヤドラ・ジャバニ参謀副長は、もしアメリカが攻撃すれば、ペルシャ湾沿岸地域を危険な地帯にするだろう、と語ったとAFPが伝えている。
 「もし、アメリカが何らかの誤った行動にでれば、この地域の安全は確保されなくなるだろう。ペルシャ湾の安全は完全に保証されるかまったく無いか、どちらかだ」と、IRNA通信に語った。

 元国防関連高官だった人物は、ワシントン・タイムズ社に、ブッシュ政権時の統合参謀本部の参謀たちはイラン攻撃に関するシリーズものの会合を持っていたと語った。しかし、当時は海軍司令官だったマレン提督を含む、司令官の誰も攻撃を支持する者はいなかった、と言う。その主要な理由は、軍の責任者らは、イランの民衆が政権を支持することで民主化運動が頓挫することを恐れたからだ、という。

 だからこそ、現地でイランの神権政府を不安定化させる隠密作戦が重要になるのだ、とマキナニー将軍やその他の軍事オプションを支持する者たちは語った。

 もし制裁が効果を表さねば、アメリカ政府はジレンマに直面する:イランに爆弾を製造させるままにさせる、イランはそれをもってイスラエルその他アメリカの同盟国を脅すだろう、あるいは、空爆を実行するか。
 「私は二つの結論から出てくる意図しない結果を語る。そして世界でもっとも不安定な地域で起こることを予見することが難しいのが、これら意図せざる結果というものなのだ」

 2003年のイラク空爆で使用されたF-177ナイトホークが退役した後、空軍は2種類のステルス攻撃機を保有している:B-2とF-22ラプターだ。F-22はイラク戦争やアフガン戦争では使用されていない。ペンタゴンは、北朝鮮に対する威嚇用に先月アジア地域に送った。

 もしも攻撃計画がイラン上空に攻撃機を送り込む計画ならば、イラン攻撃にはF-22があっている。強化された防空網を突破して標的を空爆する能力を持っているからだ。
 「攻撃後に更に攻撃する際には、地下施設を攻撃しなくてはならないことは分かっている。我々はそれをすることができるだろう。B-2がそれを行える」とチャールス・A・ホーナー退役空軍将軍は語った。彼は1991年の湾岸戦争での空軍司令官だった人物だ。「それはキーとなるシステムだ」と語った。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ギリシャのデモ隊

◆5月8日

 今回のギリシャ発といってよい金融危機の高まりが、他のヨーロッパ諸国へ波及するのでは、という懸念が株価や為替に大きく影響しだしている。
 しかしこれは実は2008年のリーマン破綻以来、延命装置で生きながらえていた世界経済がその延命装置をつけてももうどうしようもない状況に追い込まれて来ている、と見るべきであろう。
 2009年の終わりにはドバイショックが世界を襲った。これが今のギリシャ危機に続いているといってよいし、このギリシャ危機はヨーロッパのほかの国に感染し更に危機は拡大していくことになるだろう。
 ヨーロッパが全体的におかしくなれば、当然、アメリカやアジアの経済・金融が影響を受けるから、早晩世界的金融危機の再来、というよりか金融危機の第2波、あるいは金融津波の第2波となるのではないだろうか?


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ユーロ圏、危機の波及を警戒
【5月5日 Reuters】

 2日に合意されたEUとIMFの1100億ユーロに上る救済案の代価である給料と年金のカットに抗議するためのデモの最中に暴徒がアテネ中央銀行に火をつけたため、3人が窒息死した。

 ゼネストのためギリシャ空港、観光地や公共サービスが閉鎖や休止に追い込まれ、5千人のデモ隊は公共福祉カットと増税に反対し、脱税者と汚職をしている政治家らを裁判に掛けるよう要求し行進をした。

 数百人ものデモ隊が石やビンを警官に向かって投げ、警官は催涙ガスで応じた。ジョージ・パパンドレウ首相は議会で、火災で亡くなった人が出たことに強い衝撃を受けたと語り、犯人を必ず裁きの場に引き出すと語った。

 ベルリンでは、メルケル・ドイツ首相が、ヨーロッパの運命は11年間の単一通貨の歴史の中で最大の深刻な危機の中で行き詰まっていると述べた。そして、ユーロ圏のその他の国々もギリシャの救援が不成功になれば、その余波を受けるかもしれない、と語った。

 欧州通貨問題委員のオリー・レーン氏は、この危機をギリシャから広がることを抑えることは決定的に重要だと語った。
 「ギリシャ内にこの野火を押さえ込むことが絶対に必要だ。そうすれば、これがヨーロッパ連合の金融の安定と経済全体を脅かす森林火災にならずに済むだろう」と、記者会見で語った。
 
 危機が拡大するのでは、という懸念は世界の株価の急落をもたらし、ユーロは年初来一番の下げとなり、ドルは対ユーロで$1.29となった。

 3ヶ月に及ぶストライキと街頭での暴徒騒ぎの中で火災による死者がでたというニュースのため、叩かれているギリシャ銀行は更に5%の下げとなった。

 弱いユーロ圏経済を防衛するヨーロッパ連合の意思と能力を試す投資家のための次の二つの標的と見なされているスペインとポルトガルの株価も、二日連続で下げた。ポルトガルは5日には、以前の利回りの4倍以上を6ヶ月の国債を売るために支払わねばならなかった。

 ベルギーの危機が増大しているサインが出ている時、ヨーロッパ委員会議長のジョゼ・マニュエル・バロッソ氏は、投機家たちに向かって、ヨーロッパ連合の執行部は、もしも投機家たちが無責任な動きをすれば、素早く動いて彼らに対する規制を強めるだろうと辛らつな攻撃を加えた。

 メルケル首相はその動きの鈍さのために、多くのアナリストたちからギリシャの危機を悪化させているとして非難されているが、議会に向かって、救援パッケージが成功するかどうかが、ヨーロッパの将来、またヨーロッパにおけるドイツの運命を決定すると言っても過言ではないと語った。

 ドイツ国民の反対があるにもかかわらず、ギリシャに対する220億ユーロの緊急援助を承認する討論の席でメルケル首相は、支援がなければ、連鎖反応がヨーロッパを、ひいては国際社会の金融システムを揺るがすようになるだろう、と語った。

◆警戒中

 ヨーロッパ中央銀行運営評議会の重量級のアクセル・ウェーバー氏は、ドイツの議員らに似たような警告を与えている。ギリシャのデフォルトは欧州通貨統合と金融システムの安定性に対する実体的な危機をもたらしうる、と語った。

 国際通貨基金(IMF)議長は、ギリシャからヨーロッパ全体に負債から始まった危機が拡大する可能性があることを認めているが、ユーロ圏の大国であるフランスやドイツには脅威とはならないだろうと見ている。
 「いつでも感染拡大の危機は存在する」と、ドミニク・ストラウス・カーン氏はフランス紙のパリジャンに語った。
 「ポルトガルが言われているが、彼らは既に手を打っている。またその他の国々は更に安定した状況にある・・・しかし我々は警戒を怠るわけにはいかない」
  ユーロは14ヶ月ぶりの最低となる $1.2801を記録した。またスペインとポルトガルがデフォルトに陥らないようその負債を保証するコストは、かつてないほどユーロの大きな負担となっている。

 レーン氏は、穏やかな市場を目指してスペインはギリシャになされたような支援のメカニズムは必要ないと語った。彼としてもそれを提案するつもりはない。しかし、彼はまた、EU国家の赤字のレベルは「心配せざるを得ないほど高い」とも語った。

 公式的には否定はしているが多くのエコノミストはギリシャは個人投資家たちに負担を請け負ってもらってその債務の再編をせざるを得なくなるだろうと見ている。
 「今我々が目撃しているのは、非常に旧式の金融感染の影響だ」と、香港のクレジット・アグリコルの新興成長市場ストラテジストであるセバスチャン・バルビー氏は語った。

◆ギリシャの緊縮財政

 EUとIMFと合意した赤字カット施策の全てを、政治的・社会的に不安定な状況のため、ギリシャの社会主義的政府は実行できないかもしれないという懸念が、ユーロ圏の動揺をもたらしている要因のひとつである。

 パパンドレウ首相は3日、議会に300億ユーロの救援の新しい緊縮財政案を提出した。しかし保守派の反対派はそれに対する拒否をするとしているため、政治的な合意に対する希望が見えていない。

 アナリストは、ギリシャの強力な労働組合の動員レベルに対する指針として5日の反対運動を注視していた。

 現在まで、デモは数万人と限定的であるが、市民の怒りは高まっている。世論調査で示されているように、普通のギリシャ人は危機の代償を払っている傍ら、脱税や汚職が野放しになっていると考えている。
 「我々はストライキをしながら、労働者、年金受給者、失業者に厳しい不公平な施策に対する戦いを継続している」と、ギリシャ労働総同盟の民間セクター議長のヤンニオス・パナゴポウロス氏はロイターに語った。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


イランのアハマディネジャド大統領

◆4月12日

 とうとうロシアがイランにS-300 ミサイルを引き渡すことに決めたようだ。記事にあるように、それでもって一番困るのが、イランを国際社会の中で孤立化させようとしたが、それに失敗したイスラエルであろう。このままS-300 がイランに引き渡されれば、イラン攻撃が難しくなるから、前に書いたように、もしもイスラエルがどうしてもイラン攻撃をするというのならば、それはこのS-300がイランに実戦配備される前になるのではないだろうか?



ロシアがイランにミサイル・システム売却で憤慨する欧米諸国
【4月12日 By Chris Hughes】

 イランは自国の核施設を防衛するため、最新型のミサイル・システムをロシアから購入する手続きを進めている。
 T-300地対空ミサイルは、侵入してくる巡航ミサイルを含む多くの標的を一度に攻撃することができるため、欧米諸国やイスラエルなどがイランを攻撃することが困難になる。

 ロシアのこの何十億ポンドもするこの取引のニュースは、イランが核兵器を開発することをなんとしても阻止したい欧米諸国の間に憤慨と恐れを引き起こした。

 ある情報筋はザ・ミラー紙に対し、「脅しと脅し返しのゲームの進む中で、これはイスラエルと欧米諸国にとって悪いニュースだ」と語った。
 
 「この新しいミサイル・システムは既に軍事的にも防衛的にもその能力を相当に増大させているイランを更に強化することになる」
 「これは皆を心配させている-特にイスラエルはアメリカが最近、イラン攻撃に積極的ではないことで、またアメリカはイランが優位に立っていることを知っているからだ」

 イランは100マイル離れた場所にある標的を攻撃できるこのS-300を2005年から購入しようとしてきたが、数ヵ月後にはイラン側に引き渡されることになるだろう。

 これはイスラエルの国防大臣にとっては大きな痛手となる。彼はイランのアハマディネジャド大統領が核能力を増大させているのを恐れている。
 国防総省の幹部らは、イランの核施設を破壊しなければならないとなれば、100ヶ所ほどの標的を攻撃する計画を既に策定している。
 バンカーバスター爆弾は地下複合施設を攻撃するであろう。またヘルファイアー・ミサイルはイランのトップの科学者らを殺害すべく照準を合わせている。
 軍事協力庁のトップであるミハイル・ドゥミトリエーブ氏は、S-300の引渡しはまもなく行われると確約した。
 ロシアの国営通信社のRIAノーボスチは、「契約は署名された」と語った。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ROCKWAYアド2
ROCKWAYアド
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ROCKWAY
性別:
男性
自己紹介:
経済から宗教まで、時代の先を読み解くための作業を人間活動のあらゆる分野にメスを入れて行います。
バーコード
ブログ内検索
ROCKWAYアド3
忍者AdMax
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]