忍者ブログ
* 時代の先読み    * 日本の進むべき道    * 我々の心構え
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10

ISISはアメリカとイスラエルに利用されている工作集団か

◆8月18日

 イラクに侵入し北方の一部を支配し始めたIS(イスラム国)は、シリアではISISあるいはISILとして知られているスンニー派過激派グループであり、その国籍は多岐にわたる傭兵集団でもある。このグループをイラクで暴れさせ、シーア派政権に揺さぶりを掛け、中東全体でスンニー派とシーア派との衝突を激化させ、その中でイランの弱体化を狙うという陰謀があるという。

 イスラム勢力の弱体化、とりわけイスラエルに対する敵対意識を捨てないシーア派のイラン、シリア、イラクが混乱の中に弱体化することは、イスラエルの大いなる利益となる。またこの混乱の中で、この地域の石油を掌握することで、安価な石油をイスラエルが獲得できる道筋をつけようとしているようだ。

 そのためか、このISISの訓練をイスラエルの情報工作機関のモサドが担当しているという情報もある。(http://au.ibtimes.com/articles/562727/20140814/isis-zionist-plot-theory.htm#.U_Br_GPp81k)
 またシリア政府もイスラエルがISISと暗黙の協調的動きをしていると指摘し、緩やかな同盟関係にある、と言っている。(http://en.alalam.ir/news/1623452)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●在トルコ米大使館がISISの司令部-レバノン内部告発者 -その1-
http://nsnbc.me/2014/06/22/u-s-embassy-in-ankara-headquarter-for-isis-war-on-iraq-hariri-insider/
【6月22日 by Christof Lehmann ? nsnbc.com】

 イラクの状況を変えて、シリアでの紛争を中東戦争へと拡大しイランを不安定化させるため、ISIS旅団を利用することが了承されたのは、2013年11月トルコで行われたのアトランチック評議会であった、とレバノンの富豪であるサアド・ハリリ氏に近い筋が語った。更にトルコのアンカラのアメリカ大使館がこの作戦の司令部である、と指摘している。

 サウジ系レバノン人の大富豪で前レバノン首相のサアド・ハリリに近い「信頼できる情報筋」は、匿名を条件に、ISISないしはISILと知られる過激派グループ旅団を利用してイラクでの戦争を行うという作戦が了承されたのは、2013年11月22日・23日に、トルコのイスタンブールで開催された、アトランチック評議会エネルギーサミットの期間中のことだったと語った。、

 このアトランチック評議会は、アメリカとNATOの外交および地政学に関するアメリカの最も影響力の高いシンク・タンクの一つである。アトランチック評議会議長のフレデリック・ケンペはサミットの始まる前、11月にエネルギーサミットと中東情勢の重要性を強調し、以下のように語った:「我々は現在を丁度1918年と1945年のようなターニング・ポイントと見る。中東全体の安定を生み出す存在として、トルコがあらゆる意味で中心国家である。しかしながら、アメリカとトルコは多くの点で協調して働くことができ、それは効果的であろう」

 このサミットにはトルコ大統領のアブドゥラ・ギュル、アメリカのエネルギー長官のエルンスト・モニッツ、アトランチック評議会議長のフレデリック。ケンペ、元アメリカ国務長官のマドレーヌ・オルブライト、元アメリカ国家安全保障顧問のブレント・スコウクロフトらが参加した。このスコウ・クロフトはヘンリー・キッシンジャーと、クルド人自治区の天然資源長官と長いこと関係があることを指摘しておくことは意味があるだろう。

 「2013年初期、シリアのデイル・エズ・ゾルの油田関係者と、またイラク北方の自治区(クルド人地区)とイラクがもっと協調的な関係を築いていれば、彼等がマリキ政権に反旗を翻す事はなかったであろう;ないしは彼には時間がもっと与えられたであろう」と、ほぼ2時間に及んだ話の中でハリリの内部告発者は語った。 

 2013年4月、EUは「反乱勢力が支配する地区から出る石油で反乱勢力に資金を与える為」、シリアに対する禁輸措置を解除した。

 2013年3月、アメリカのジョン・ケリー国務長官は、「シリアに武器が渡ることをイラクが停止」することを要請した。一方アメリカの武器は、サウジアラビアを通してイラクとヨルダンに入ってISISに渡っていた。

 2013年4月22日、EUの28人の外務大臣の内27人は、シリアの反乱勢力が支配する地域から出る石油を輸入することを禁止する措置を、この反乱勢力の作戦の資金源にさせるため、撤廃した。

 「シリアのデイル・エズ・ゾる付近の地域を支配することになっていたISIS、トルコのエネルギー長官のタナー・イルディズ、それにクルド人のエネルギー長官のアシュティ・ハウラミは、石油がキルクーク-セイハンパイプラインを流れるようにするはずだった・・・トルコ政府はマリキにクルド人自治区と石油について多くの圧力を掛けたが、あまりに大きな圧力で、早すぎたこともあり、その反動が出てしまった、とこの情報筋は語った。

 先のレポートでは、イラク政府はサウジアラビアとイラクの国境で、デイル・エズ・ゾル付近にいるISIS旅団に対する重要な供給を切断し武器と反乱勢力の往来を止める作業を始めたことが確認された。またマリキは2012年後期以来、イラクを転覆せんとする動きがサウジとカタールの支援でなされていると不満を表明し始めたと指摘されている。

 「それは正しい、が、激しい攻撃は2013年の5月、6月に始まり、マリキは軍をアル・アンバールに向ける命令を出した」と情報筋は語った。

                   -その2に続く-

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
PR

イラクのキルクークの検問所に詰めるクルド人

◆7月2日

 6月25日号「米英はISILのイラク攻撃というクルド人の警告を無視していた」、あるいは昨日(7月1日号)の「イギリス中東専門家:オバマの言う「穏健的」シリア反乱勢力をあざ笑う」で、今回のイラクにおけるスンニー派過激派の侵攻は、イスラエルから見れば、利益のある状況だと指摘してきたが、以下のバレット博士の指摘もそれを裏付ける内容となっている。

 日本のメディアなどに顔を出す「専門家」らは、このような指摘は絶対に出来ないであろうが、現実はそういうことである。イスラエルのネタニヤフは自分でそのことをしゃべっている。つまり中東各国を弱体化させることはイスラエルの計画の一環である、と。そして今回のイラクの問題もイスラエル製であると。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●「イスラエル製」のイラク危機
http://presstv.com/detail/2014/07/01/369364/iraq-crisis-made-in-israel/
【7月1日 Dr. Kevin Barrett・PressTV】


■イラクの災厄の責任者は誰か?

 侵略と占領を行ったアメリカに責任がある、と言う者がいる。イラク自身のその党派主義や腐敗、能力不足などによる責任があると言う者もいる。

 しかしこの日曜日(6月29日)、イスラエルのネタニヤフ首相がうっかり本当のことをしゃべってしまった:「イラクの悲劇はイスラエル製である。シリア、リビヤ、スーダンその他の国と同様、その不安定化はイスラエルの中東を分裂させようとするオデド・イェノン計画の一環である」

 テルアビブ大学のシンクタンクでの演説で、ネタニヤフは、クルド人の独立国家のための道を拓くため、イラクの破壊を支援すると宣言した。中東の重要な諸国で党派紛争を惹起させ、彼等の分裂のための舞台をしつらえたイスラエルの計画の成功を祝ってネタニヤフは、イスラエルは、「クルド人の独立に向けた動きを支援すべきである」と発表した。

 イラクの破壊はイスラエルにとっては願ってもない幸運なのだ。そのような動きは統一イラクという地勢戦略的脅威を消滅させるだけでなく、独立したクルド人国家の石油の「獅子の分け前」をイスラエルが手に入れることになるからだ(シオニストはクルディスタンに何年もかけて浸透している;彼等は石油を支配するに良い地位にあり、パイプラインを通してイスラエルに流している)。

 イラクに対するISILの攻撃はこのシオニストの夢を可能にさせた。「ISILの脅威」を口実として利用することで、イスラエルが支援するイラクのクルド人は主要な石油生産地としてのキルクークを掌握した。もしもキルクークが独立したクルディスタンの中に含まれるのならば、イラクは石油収入のかなりの部分を失うことになり、一方イスラエルに支配されたクルディスタンは膨大な石油をテルアビブへ流すことになるだろう。

 その他の中東諸国の破壊工作を強化することで、クルド人の独立宣言はその他の利益をイスラエルに与えることになるだろう。トルコ、シリア、イランは丁度イラクのように、クルド語を話す人々が過半数となっている地域を持っている。イラクのクルド人がイラク政府から分離すれば、過激派と隣国のクルド人社会のシオニストが支援する者たちは同じように彼等の国からの分離を願うであろう。その結果として考えられることは:内部でつながりを持つ内戦が各地で起こり、それは中東の戦争へと拡大するかもしれない、ということだ。

 これこそ正にネタニヤフとイスラエルの過激派が望んでいることなのだ。彼等は「戦場の霧」の不確定性の下でパレスチナ人の民族浄化を終了する機会をイスラエルに与えることになる中東大戦争に火をつける火薬樽を必死になって探しているのだ。

                           
 公式的には、アメリカはイラクを叩いて分裂させるというネタニヤフの計画には反対している。先週6月24日火曜日、アメリカのケリー国務長官はイラクのクルド人地区を訪問し、そこの指導者と話し合いを持った。ケリーはクルド人にイラクの一部分として留まるよう告げた。彼は、アメリカは統一イラクを支援するが、その分裂には反対であると語った。

 しかし、アメリカはイスラエルの政策に本当に反対できるであろうか?歴史はアメリカの絶大な力を自分の意思に従わせる方法をイスラエルが持っていることを示している。

                           その2に続く

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

イラクでもスンニー派でさえISIL殲滅に立ち上がった

◆6月27日

 シリアではISILを支援し、イラクではISILの殲滅に手を貸すアメリカの中東政策は混乱している。が、イラク政府をなだめるためのジェスチャーと見れば納得がいくであろう。アメリカ・イスラエル・サウジアラビアのトリオはそれぞれの利害が一致するため共同でISILを支援している。
 
 
 しかしこの矛盾した政策はいつか破綻する時がやってくるであろう。例えば、イランとイラク、それにシリアが軍事同盟を結び、越境しながらISILの全面的殲滅作戦を意図した時、アメリカはどうするのであろうか? すでにシリアの軍用機がイラク内のISILを空爆している、という報道もある。

 「テロとの闘い」を進めてきたアメリカは、ISILの殲滅に、理論上は手を貸すことになるが、それができるであろうか?アメリカは無人機でパキスタンでタリバンを攻撃しているから、イランが無人機でISILを攻撃しても、文句は言えないだろう。
 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●ISILのテロリストはサウジアラビア・アメリカ・イスラエルが支援(その2・最終章)
http://en.alalam.ir/news/1605160
【6月23日 ALALAM By: Gordon Duff】

 軍事物資をトルコ経由で運ぶなど何重もの軍や警察の監視の中、また港湾は海軍の全面的監視があるので全く不可能なことだ。トルコを利用することは、民間と軍当局の全面的な共謀なしには不可能であり、今の状況ではそれはありえないことだ。 

 こういうこと全ては、サウジアラビアとイスラエルがアルカイダを支援しているという共謀の事実を隠すためだけでなく、我々が目撃している”アラブの冬”作戦の一切が、大衆には「テロとの戦争」とされている、9月11日同時多発テロ以降のブッシュとブレアーの”強盗”行為の単なる再演なのだ。

 アメリカ製の装甲車とモスルにいるISILにそれを輸送し渡したことは、「アメリカ製」の物を彼らが受け取った最初の援助ではない。ベテラン・トゥデイ誌に、ジェフリー・シルバーマンがグルジアから書いている:「シリアに持っていった、捕獲されたと言われるアメリカ製ハンヴィー装甲車は、1970年代にイランで長期に渡って捕虜にされたアメリカ人と同等のことだとされている。しかしながら、アル・シシャニ自身の記録とこの地域のいくつかの関係者らは、何か別の事が進められている、と示唆している。

 シリアではアメリカが支援する反政府過激派は敗走している。ISILは北イラクでは敵として存在しているが、元々の反政府勢力が不能であることを示したので仕事を終了するために、動員されたのである。

 軍事物資が捕獲されたということは、実際は戦略的に物資を供給したということだ。これは二つの目的を達成する:反アサド勢力の装備を強化すること、それにアフガンから持ってきた軍事物資のISILへの供給の事実を隠ぺいする、ということだ。誰かが気が付いたら、この軍事物資は北イラクで盗まれたはずである。我々はそれをテレビで見ていたし、CNNではそう言っていたのだから、と言われるであろう」


■道をならす

 偵察衛星群によっても何十機もの無人偵察機によっても見られず、チェチェンのテロリストが率いるISILの「民兵」軍はイラクに入っていった。イスラエル、アメリカそしてサウジアラビアはこの地域の交信のすべてをモニターしているし、「工作員」の軍がすべての道路に存在しすべての村に入り込んでいるのだが、見つかることなく気づかれずに、ということは軍事作戦というものを知っている者にとっては信じがたいことなのだ。

 現在の二つの戦線で行われているイスラム主義過激派による運動と言われている作戦の規模は、宗教的かつ部族的過激主義に染まっている。それはあるレベルではそうであるが、そして戦士のリクルートでの要素ではあるが、ISILが進めている作戦は世界的であり、経済的な面から進められていることは明らかで、それは秘密のサウジアラビアのボス達よりか、ウォール街の意向により強く結びついている。


■分裂させられたイラク

 過半数をシーア派の人口で占められているイラクで、しかも宗教的な系統で投票がなされる新しい伝統ができたので、イラクをスンニー派の少数派が支配するという考えは空想的なものとなった。

 このことで、現在行われている攻撃は更に別の意味を持つようになった。クルド人は、少なくとも現在のところはイラク政府の側についているので、本当の標的である大規模な油田のあるキルクークの奪取は、スンニー派の支援をどれほど受けようとISILの能力の外に留まるであろう。それでもキルクークの油田とそのハブの末端のバクー、チェイハン・パイプラインは標的であろう。

 南部のバスラの油田と共にこれらのアセットが生産する限り、イラクは現在の騒乱を切り抜けることができるだろう。その際実際的な政治改革が選択肢に上ることが条件となるだろう。

 イラクを破壊せんとする者たちがどこまでやるつもりなのかは、今後の成り行きを見なければわからないし、彼らが何を誰に約束したのか見なければ分からないが、イラクはイランとの十年に及ぶ戦争を知っているし、別のアメリカとの戦争も知っている。最近の歴史で、これほどの苦悩に匹敵する苦悩を経験している国は、ベトナムも含めて存在しない。もしイラクが分裂したとして、それは誰の勝利でもない。

                                       (了)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

アメリカの供給したTOW対戦車ミサイルを使用するシリアの反政府勢力メンバー

◆5月13日

 アメリカの最近の動向を見ると、東アジアを除いては中東でもヨーロッパでもおかしな動きをしてきていることが分かる。要するにかつて、自分達の敵だった勢力に対し、支援するようなことをしているのだ。リビヤやシリアでのアルカイダ系イスラム過激派への肩入れ、ウクライナでのネオナチ系で出来ている臨時政府への肩入れ。その不可解な姿勢に対する分析が以下の論文である。長いので2回に分けて掲載することにする。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●アメリカの変貌:アルカイダとナチスを支援  -その1-
http://www.globalresearch.ca/america-has-switched-sides-now-backs-al-qaeda-and-nazis/5381716
【5月11日 Global Research】

●なぜアメリカは敵だった存在の側についたのか?

 アメリカは第二次世界大戦ではナチスと戦い、2001年以降はアルカイダと戦ってきた。しかし、信じがたいことだが、我が政府は同盟する側を変更した。ウィリアム・ブラムは以下のように書いた:

 リビヤでもシリアでも、そして何処でもアメリカはアルカイダ・タイプのグループの側についていた・・・

 ウクライナでは、アメリカはネオ・ナチの側に付いている。鉤十字様のシンボルを掲げてパレードをし、ユダヤ人、ロシア人そして共産主義者の死を呼びかける者たちの側に付いている。彼等は5月2日、オデッサの労働組合会館で大勢の人々を殺し、何百人も病院に送った。これらの犠牲者の多くは、炎と煙を避けようとして叩かれ、射殺されたのだ。救急車は負傷者のところに来る前に阻止された。この深刻な出来事を取材しよう努力したアメリカの主流メディアが存在するならば、見つけてみて欲しい。

***

 イスラム主義過激派とナチスのパートナーであるオバマは七つの国家に対し戦争を仕掛けてきた。誇張に聞こえるかもしれないが、事実である・・・


●アルカイダを支援

 アメリカは、カダフィ政権を打倒するために姿勢を変えて、リビヤでアルカイダを武装させ支援した。これは実際にはリビヤにテロリストの安全地帯を作り出すことになってしまった。

 同様のことがシリアで起きている。シリアの反政府勢力は主にアルカイダであり、アメリカはこれらのテロリストを何年も支援してきている。実際、ウォール・ストリート・ジャーナル紙やナショナル誌その他の情報誌でも指摘されたように、アルカイダの勢力はシリアの反政府勢力の中では唯一勢力が増大しているのだ。

 
●シリアの反政府勢力メンバーらは:

■アメリカの国旗を焼いた
■Tアメリカを攻撃すると脅した
■「アサドの次はアメリカと戦う」と語った
■「ここで聖戦を始めたが、アルカイダの旗がホワイト・ハウスの上に掲げられるまで戦いは終わらない。彼等に資金を投入せよ、あなた方はそれを常にしてきただろう?例えばアルカイダのために」
■シリアのイスラム過激派の一人は、反政府勢力は「9・11のイデオロギー」を持っている、と言っている
■実際、彼等はビン・ラディンを称える歌を歌い、9・11攻撃を祝っている
■そして彼等は、キリスト教徒を迫害し残酷に殺害し、十字架に磔にさえしたのだ。

 実際、シリアの反政府勢力の頭目は世界的なアルカイダのボスでもある・・それに、彼はアメリカに対する新たなテロ攻撃を呼びかけている。

 CBSニュースで以下のように報じた:

 アルカイダの頭目であるアイマン・アル・ザワヒリはアメリカ経済に打撃を与えるよう、イスラム教徒らに対し、アメリカ人に対する攻撃を継続するよう呼びかけた。

***

 「アメリカの安全保障と軍の支出を増大させ続ける為、我々はアメリカをして何時何処で次の襲撃があるか、という恒常的な警戒態勢に置かねばならない」とザワヒリは語った。

 ロイターは2012年2月、ザワヒリがシリアの反政府勢力を支援し、彼の信奉者に対し、シリア政府と戦うように要請していると記した。しかしザワヒリは以後シリアの主要なアルカイダ系テロリストグループであるアル・ヌスラの主導権を握っている。

 国家安全保障プロジェクトのテロリズムの専門家たちは以下のように報告している:

 分裂したアルカイダ・ネットワークの最近の例証として、2013年春にザワヒリが個人的にジャブハト・アル・ヌスラとイラクのアルカイダ(AQI)との間の論争を取りまとめよう介入したことに示されている。ザワヒリはAQIがアル・ヌスラを支配するという主張を退けて、シリアのグループは彼の指揮の下に入ると宣言した。

 そうすることで、ザワヒリはアルカイダの二つの最も凶暴な支派を統制すると主張していたのだ。AQIは過去数年間、イラクで目覚しい襲撃を何度も実行し、実力ある勢力であることを示した。アメリカの議会調査局によれば、2012年には何十日か、AQIがイラク人を数百人も殺害するような同時多発的攻撃を実行したという。そしてシリアのアルカイダの支派は、アサド政権に対する最も効果的な戦闘集団であると広く知られている。

 しかし我々はこういった殺人者等を支援しているのである。実際、オバマはテロリストを武装させることを禁止する法律に例外を設けることに署名した。

 我々は今や、対戦車ミサイル(TOWミサイル)や恐らくは対空兵器などの重火器を反政府勢力に送っている。

 要約しよう・・・シリアの「反政府勢力」の殆どはアルカイダである。アメリカ政府はこれらの者たちをテロリストと規定した。事態は悪化しているのであって、良くなっているのではない:アルカイダは反政府勢力の中でますますその勢力を増大させている。アメリカ、サウジアラビア、カタール、イスラエルはこれらの者たちを何年も支援してきた。実際、我々は、シリアに向けて送った殆どの武器は、結局はアルカイダの手に渡っていることをかなり前から知っている。そして彼等は明らかに化学兵器を所有している。 

 結論:我々は我々を吹き飛ばすぞと言っている同じ者たちを武装させているのである。

                     -その2に続く-

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


押収した”イランのミサイル”の前で演説するイスラエルのネタニヤフ首相

◆3月27日

 全世界のイスラエルの外交官に帰国命令が発せられているようだ。それが何を意味するのか?時あたかもマレーシア航空370便事件で盗まれたパスポートで搭乗したといわれていたイラン人二人の写真がフェイクだったといわれ、またイスラエルのテルアビブには、この370便とそっくりの航空機が格納庫に存在していると指摘する者がいて(http://www.thetruthseeker.co.uk/?p=93377)、これが9・11同時多発テロ事件のような航空機テロに使用され、戦争の引き金に利用されるのでは、という懸念が浮上している、という。

 もしもイスラエルが何か始めるとすれば、それはアメリカ軍も一緒、少なくとも、軍内のタカ派が一緒だろう。始まってしまえば、政府も軍全体もアメリカの国益を考えて行動せざるを得ない。それをイスラエルは狙っているのかもしれない。とにかくイスラエルのテルアビブにマレーシア航空370便とそっくりの航空機が存在している(いた?)ということには、不気味さを感じざるを得ない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●イスラエルは今週にもイラン攻撃を開始するのか?
By wmw_admin on March 26, 2014
http://presstv.com/detail/2014/03/25/355981/will-israel-kill-us-empire-this-week/
【3月25日 Kevin Barrett — Press TV】

 アメリカ帝国、より正確に言えば新世界秩序の銀行家帝国だが、は死の痙攣を始めたので盲目的に突進しようとしているように見える 

 ウクライナ、シリア、リビヤ、イラク、アフガンその他あらゆる場所で、この帝国の力は混乱している。クリミアを失ったこと、そしてシリアでの後退、これらは多くの敗退の最新の例に過ぎない。この災厄的状況の原因:自業自得による傷が継続しているのだ。

 この最悪の傷は帝国の狂気じみた過激グループによるものだ:イスラエル中心のネオコンたちだ。このグループには、ユダヤ好戦的国粋主義者とキリスト教アルマゲドン主義者の両方がいるが、不可能なプロジェクトに対する狂信的献身の重荷を背負っている:占領したパレスチナの地に持続可能な”ユダヤ国家”を維持すること。

 イスラエルに対する非論理的執着はこの帝国をして、イスラム教徒が大多数の国家に対する災害的攻撃を連続的に行わせてきた。経済学者のジョセフ・スティグリッツは2008年、イラク戦争のコストは3兆ドル以上であったと推定した。それ以来、彼は繰り返しその推定を上方に修正してきている。アフガニスタンその他の地で反イスラム教親シオニスト十字軍を投入することで、何十兆ドルを使ってきた。

 シオニスト・ネオコンの9・11戦争はアメリカと世界の経済を崩壊させた。2010年のワシントン・ポスト紙の記事で、スティグリッツは以下のように書いた:「この戦争がなければ、アメリカの世界における地位がもっと高かったというばかりでなく、わが国の経済もより一層強かったであろう。問題は、高値についたこの失敗から我々は学ぶことが出来るのか?ということだ」

 残念ながら答えはノーだ。オバマはイスラエルのネタニヤフ首相のイラン攻撃の命令に逆らってきているが、アメリカはシオニストの銀行家オリガルヒの命令を実行している。この銀行家オリガルヒが欧米勢力の背後に控えている実際の権力者である。そしてこれらのオリガルヒ、あるいは少なくともその中のタカ派が、今でも世界大戦に向けて圧力を掛けているのだ。 

 欧米銀行家オリガルヒは、巨額の貸付金を複利で各国政府に借りるよう圧力を掛けるので、戦争が好きである。そうすることで各国は永続的な債務の奴隷になる。イラン攻撃をしぶるアメリカのせいでいらいらしているオリガルヒのタカ派と彼等の前衛であるネタニヤフは、直接的ではないやり方で第三次世界大戦を始めようとしている。

 彼等はウクライナの正当な政府を、アメリカとロシアとの間の緊張を高めるためにファシストらによるクーデターで倒した。一国でのイラン攻撃計画を準備するために30億ドルを使ったネタニヤフは、絶大な権力を握り一速即発の態勢で自分の願う時に世界大戦の導火線に火をつけることが出来る。

 ネタニヤフがその導火線の火をずっと後ではなくまもなく、今週にでも点火するかもしれない、という兆候がある。3月23日ロイターが以下のように伝えた:

 「イスラエルの外交官は23日、かつてないようなストライキに打って出た。そのため世界中の大使館は完全に閉鎖された

 イスラエルの外交施設は閉鎖されたので、イスラエル軍もまた「かつてない攻撃を開始」するのだろうか?

 前大統領補佐官でアメリカ海軍大学院付き軍事ジャーナリストのバーバラ・ホネッガーは、イスラエルの外交官ストライキはカモフラージュだと考えている:「このロイター電が本当だとして、イスラエル大使館と領事館関係者を給料問題でのストライキのために召還したということは、イスラエルはシリアとイランに対する戦争を始めようとしている、と考えられる。それによってロシアとアメリカ、それにNATOを戦争に引き込むことになる。マレーシア航空機の”捜索”は、恐らくは海軍と空軍関係の必要資材を運ぶためのカバーである」と考えている。

 マレーシア航空370便事件は、別の目的に利用されるためであるかもしれない。

 イランに対する欧米の世論を煽るため。それは、マレーシア航空機が消失して以来、フォックス・ニュースその他のシオニストのプロパガンダ機関は”イランのテロリスト”を非難してきた。彼等は二人のイラン人に焦点を合わせている。二人のイラン人は370便に盗まれたパスポートで搭乗したらしいのだ。

 しかし今や、”二人のイラン人”という話は作り話になりつつある。

 ロンドン・デイリー・メール紙は以下のように報じた。

 「二人の搭乗者の写真は細工が成されたとの主張があって後、370便の運命についての隠蔽工作の恐れが大きくなっている。盗んだパスポートでマレーシア航空機に搭乗したという二人の男性の写真は、同じ脚をしていることが示されている。ボーイング777-200機が消失した三日後に示されたCCTVの映像は、緑のズボンに茶の靴のペアーを示している」

 イスラム教徒に濡れ衣を着せようといういいかげんなフォトショップの作業はシオニストの主催する自作自演テロ攻撃のいつものやり方だ。・・・略

 マレーシア航空370便に搭乗した二人のイラン人の明らかに加工された映像に、悪気のない言い訳があるのだろうか?それとも、これもイスラエルの敵に対する戦争を煽る意図がこめられているのだろうか? 

 もしもネタニヤフがイランを攻撃し、アメリカとロシアを戦争に引き入れることに成功したら、今週はアメリカ帝国の終焉だけでなく、文明の終焉を目撃することになるだろう。

 私としてはバーバラ・ホネッガーが間違っていることを期待する。しかし、帝国の狂気じみた過激グループが行き詰ったとしても、比較的理性的な欧米の指導者らが、いたとしてだが、ネオコンの最悪のやり方を暴露し、戦争好きな彼等の向こう見ずさに終止符を打つことをしなければ、彼等は将来いくらでも大騒ぎを起こす機会を持っていることも事実だ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ROCKWAYアド2
ROCKWAYアド
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ROCKWAY
性別:
男性
自己紹介:
経済から宗教まで、時代の先を読み解くための作業を人間活動のあらゆる分野にメスを入れて行います。
バーコード
ブログ内検索
ROCKWAYアド3
忍者AdMax
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]