忍者ブログ
* 時代の先読み    * 日本の進むべき道    * 我々の心構え
[471]  [470]  [469]  [468]  [467]  [466]  [465]  [464]  [463]  [462]  [461
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ヘレン・トーマス女史

◆12月5日

 アメリカのホワイトハウスで長いこと大統領付き記者として勇名を馳せたヘレン・トーマス女史がデトロイトでのワークショップで、アメリカ外交がシオニストに支配されている、と相変わらずのヘレン節ぶりを示した。

 彼女はその歯に衣着せぬ発言ぶりで有名であったが今年、イスラエルはパレスチナから故郷のヨーロッパやアメリカに帰還すべきだと語り、それが仇となって新聞社を辞めねばならなくなったのだ。

 しかし彼女の発言した内容は、物事の真実の本質を突いているからシオニストに支配されているアメリカのメディアから追い出されたのである。

 この問題は実はアメリカだけの問題ではない。ヨーロッパやその他の地域でも多少の違いはあれども似たり寄ったりの状況のはずだ。従って、現在の世界の現状がこのようである責任の多くがこのシオニストに、そしてユダヤ人のある勢力つまり国際金融勢力の責任に帰することができる。

 ということは、このどうしようもない世界をより良い方向に向けるためには、このシオニストや国際金融勢力に間違った考え方を改めてもらうことが必要となる。

 特にユダヤ人の極端な「選民思想」が元凶の一つにある。しかしその選民思想は、自民族が神に繋がるという意味では正しいかもしれないのだが、それが即、他民族を動物並みに扱い彼らを支配してよい、となるのは間違いである、と悟ってもらわねばならない。

 モーセがかの有名な「十戒」の石版を日本に持ってきている、と「経済界」という出版社の出版部長が新世紀の世界最高レベルの霊覚者であると表現している伊勢白山道氏が語っている(http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/d/20090617)。

 今の時代になって、最終決着がつけられねばならないこの時代に、今までの霊覚者のレベルをはるかに超える霊覚者がこの日本に出現し、最終決着のための最終情報をもたらしている。日本人は自分たちの使命を悟らねばならないだろう。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●ヘレン・トーマス:シオニストがアメリカ外交を支配している
http://www.kansascity.com/2010/12/02/2493818/helen-thomas-says-zionists-control.html#ixzz174nk4fH1
【12月2日 Detroit Free Press】

 ヘレン・トーマスは12月2日、今年初めにアメリカのコラムニストとしての立場を辞職せざるを得なくなったイスラエルについて語った彼女の言葉を撤回することはない、と語った。
 
 また彼女は更に、シオニストがアメリカの外交政策およびその他の機関を支配していると語った。ユダヤ人自治体では彼女の発言を非難している。
 
 インタビューで90歳になるトーマス女史は、イスラエルを批判し、それで彼女はワシントンから追われ辞職せざるを得なくなった。
 「私はホワイトハウスの大統領を本の中で、なんとでも呼ぶことができるが、西岸にユダヤ人のみ通過可能な道路を持つイスラエルには触れられない」と彼女は語った。白人のみ通過可能な道路などと言ったものを受け入れるアメリカ人は居ないでしょう」

 デトロイトでレバノン人の移民の娘として育ち、長いことホワイトハウス付き記者を務めたトーマス女史は、ディアボーン市で反アラブ的偏向報道に関するワークショップに参加していた。

 ディアボーンにあるセンター内でのスピーチで彼女は、「政治にはあらゆる意味で金が絡んでいる」と語った。
 「議会、ホワイトハウス、ハリウッド、ウォール街はシオニストが所有している。これに関しては疑いないというのが私の意見」と女史は語った。
 「彼らは口出ししたいところに金をつぎ込むのです。それで我々は間違った方向に行ってしまうのです」と彼女は語った。

 先になされたトーマス女史の発言内容に対してユダヤ人グループはアンフェアーで偏見だ指摘した。

 「トーマス女史は、ユダヤ人に対する憎悪を扇動するここ一世紀あまりなされてきたステレオタイプの反セミティズム的発言を繰り返した。彼女のコメントは偏見に反対する全ての人々によって非難されるべきである」と、デトロイト市ユダヤ社会連携委員会(Jewish Community Relations Council)のロバート・コーヘン事務局長は語った。

 フリープレスの質問に対し、彼女は、自分のことを反セミティティックであると指摘する人々に対し、「何を言っているのですか、私はセム族ですよ?と言いたいですね」と彼女は答えている。

 インタビューで彼女は、イラク戦争は、「嘘の上に進められた。大量破壊兵器など無かった。アルカイダとの繋がりもない。一体これはどういうこと?なんで我々はこのイラクの人々を殺し続けているの? それにどうして我々はそこにいるのよ?」と語った。

 イスラエルは「パレスチナから出て行くべきだ」と語り、また「ポーランド、ドイツ、アメリカなど何処へでも元の故郷に戻るべきだ」と語った後、トーマス女史はハーレスト新聞社を6月に辞めている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

PR
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ROCKWAYアド2
ROCKWAYアド
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ROCKWAY
性別:
男性
自己紹介:
経済から宗教まで、時代の先を読み解くための作業を人間活動のあらゆる分野にメスを入れて行います。
バーコード
ブログ内検索
ROCKWAYアド3
忍者AdMax
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]