忍者ブログ
* 時代の先読み    * 日本の進むべき道    * 我々の心構え
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ヨーロッパを襲ったセントジュード嵐による高波

◆10月30日

 日本では台風26号の大災害の後、27号と28号のダブル台風などが恐れられたが、ヨーロッパでは近年まれなセントジュードという大型の嵐がヨーロッパ中央を襲い、多大な被害を出したようだ。日本では台風だけでなく、近年は竜巻というものが頻繁に起こるようになりその被害も半端ではない。またヨーロッパではつい数ヶ月前は大水で川の氾濫が各地で起きた。

 これからの十数年はこのような「天変地異」がさまざまな形で生起し、我々の生活を脅かすことになりそうだ。これに加えて、世界経済の根底からの混乱状態というものが追い討ちを掛けるようになるだろう。

 このような混乱は、新しい時代の幕開けが迫っているから、と理解したい。地球の温暖化には太陽が大きな働きをしているが、太陽も地球も生き物であり、知性ある存在と言われているから、やみくもにこのような混乱が生じているわけではなく、まさに新しい時代をもたらす為の働きと考えればいいのだ。

 自然の脅威の前には人間の存在は儚いもののようではなるが、人間の持つ思い(意識)、というものは実は大きな働きを自然に対しても成す、と言われている。人間が愚かな争いをし続ければ、天変地異は益々強大化するかもしれない。反対に人間が自然との共存という考え方を重視し、争い事をやめて、自然に感謝し心に平和を持つようになれば、自然の鳴動も鳴りを潜めていくだろう。


※参考サイト
 伊勢白山道

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●セントジュード(聖ユダ)嵐がヨーロッパ中に惨害を与える
http://rt.com/news/storms-havoc-europe-deaths-843/
【10月28日 Russia Today】

 激しい嵐がイギリス、オランダ、ドイツ、スウェーデン、フランス北部などを襲い、停電、倒木、建築現場の足場などに惨害を与え、少なくとも15人が死亡した。

 最新の情報では、この嵐はバルチック海に被害をもたらし、停電と交通遮断をもたらしたという。

 スウェーデンでは、風速が毎秒42mにまでなったという。この嵐で9万棟のビルが停電に見舞われた。

 エストニアでは、セントジュード嵐で2500箇所の変電所が故障したため、5万件の住宅が停電になった。

 ラトビアでは2000世帯以上の6万8000人が停電のままである。

 セントジュード嵐はロシアのサンクトペテルブルグに到達し、強風警報が発せられたので、洪水対策を当局が執ることが求められた。ロシアの緊急事態省によれば、この嵐で既にロシアのレニングラード地域の208町村が停電に追いやられ3万人が電気の無い生活を余儀なくされた、という。

 ネバ川の水位は急速に増加している。サンクトペテルブルグの鉱山所の水位観測所では、午前3時から3時半の間で、86cmから111cmにまで増水した。


■イギリスに惨害

 この嵐はイギリス南部を襲い、トレーラーハウスに大木が倒れた為、中に住んでいた17歳の少女が死亡した。ワットフォードでは50歳の男性が倒木に車が衝突し死亡した。オランダのアムステルダムでは、一人の」女性が町中で樹が倒れてきた為死亡した。

 モンスター波が荒れ狂い、二人が海に流された。フランス北部の海岸では50代の女性は波にさらわれ行方不明になった。救急隊は大車輪で救出活動にいそしんでいる。

 十代の少年は27日、イギリス南部の海岸のニュウヘブンでサーフィンをしていて波にさらわれ行方不明となり、死亡したものと見られている。この14歳の少年の捜索が始められたが、荒波のため救出作業は中止にせざるを得なかった。

 ロンドンでは男女一名ずつがガス爆発で死亡した。警察では倒木でガス管を損傷したのが原因ではないかと見ている。

 イギリスとウェールズでは132箇所で洪水警報が発令された。イギリス中で27万世帯が停電になった。フランス北西部では7万5000世帯が停電になっている。

 イギリスのドーバー港は閉鎖された。二隻の海峡横断フェリーの運行は中止となっている。海峡の下を通るユーロスター高速鉄道は28日の7時から運行休止になっている。嵐が始まってからイギリスの南部海岸では波の高さは25フィート(7m62cm)にまでなった。

 これからの倒木とゴミの問題は交通の混乱を招き、人々は運転を慎重にすることが求められる。イギリス東部海岸のサフォークでは二階建てバスが倒れた。ダウニング街の政府庁舎屋根にクレーンが倒れ、鉄道は遅延とキャンセルをせざるを得なかった。 

 気象庁ではセントジュード嵐は近年ではイギリスでは最悪のものになったと語った。

 イギリス気象庁スポークスマンのダン・ウィリアムズはロイターに対し、似た規模の嵐で同時期に襲ったものは2002年の10月にあった嵐だと語った。

 「尋常ではないこの規模の嵐は、大西洋で発達し時間と共に巨大化してから我々を襲うようになる」と、気象庁の別のスポークスウーマンのヘレン・シバーズはロイターに語った。「この嵐はイギリスを通過する際に発達し、それが重大な混乱の原因となった・・・そういうことは頻繁に起きるものではない」と彼女は語った。

 この嵐はイギリスのダンジネスの二基の原子炉を運転停止に追い込んだ。EDFエネルギーの作業員は、「運転停止は気象問題があるからだ。原子炉自体が反応して運転停止を決める」と語った。原子炉は停電になった後、運転停止になった。

 
■ヨーロッパ中央が被害を受ける

 ドイツでは6人が死亡した。樹が車に倒れ掛かって起きた事故が大半である。ドイツ北西部のゲルセンキルヒェンでは、ツァイト紙のサイトで警察による情報として、倒木が車を運転していた者と若い同乗者を死亡させた、という。二人の子供が負傷したという。

 ドイツでは27日、ツァイト紙に語った警察官によると船員と釣り人が死亡したという。ハンブルグでは午後になると緊急事態を発令した。デンマークでは、飛んできたレンガで一人の男性が死亡した。コペンハーゲンでは風速で時速194km(54m/秒)を記録した。

 オランダでは、時速140kmの風速を記録して気象庁から「赤」警報が発令された。赤の警報は昨年一度だけ発令されたが、2011年には無かった。アムステルダムの交通は遮断され、市のシプホル空港への50便はキャンセルされた。午後には風速は時速130km(36m/秒)ほどになると考えられている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
PR

地球活動と火山の噴火

◆10月9日
 
 これからの時代が天変地異と世界動乱の時代になると思われるので、このアメリカの恐ろしい火山であるイエローストーンの以下の記事を取上げた。日本でも長いこと噴火をしていない富士山周辺の異変などが語られているし、朝鮮半島付け根の白頭山の噴火も話題になっている時期である。

 近年の太陽活動で地球の温暖化などの現象が起きているが、この太陽活動は地球を内部から暖めている可能性が高いので、それが火山活動も活発化させている事が考えられる。従って天変地異は火山噴火だけではなく、今までは起きたこともないような大変化も起きる可能性がある。火山噴火は天変地異の一つに過ぎない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●アメリカ一危険なイエローストーン火山が動き出している (その1)
http://endoftheamericandream.com/archives/yellowstone-supervolcano-alert-the-most-dangerous-volcano-in-america-is-roaring-to-life
【10月2日  By Michael Snyder】

 イエローストーン公園の地下が記録的な速さで盛り上がっている。実際、そのスピードは年3インチになる。それが問題なのは、公園の地下にはイエローストーン火山があるからだ。北アメリカで最大の火山である。科学者らは、いつか噴火する事は避けられない、と言う。また一度噴火すれば、その被害は想像を超えるものになる、という。イエローストーン超火山が全面的な噴火をすれば、火山灰が10フィートの厚さで1000マイルまで拡散するという。それはアメリカ合衆国の多くの地域を住むのに不適切な場所にしてしまうかもしれないのだ。

 殆どのアメリカ人はイエローストーンと言うと、ヨギ・ベアと間欠泉をイメージするだろうが、本当は休眠中のイエローストーンはたった一日で私たちの国を破壊できる火山の獣のようなもので、その獣が今、眠りから目覚めだしているのだ。

 イエローストーン超火山は言葉にするには余りにも巨大である。デイリー・メール紙によれば、イエローストーン下のマグマ”ホットスポット”は約300マイルの幅があるという。

 「イエローストーン・カルデラは自然の最も畏怖すべき創造物であり、北アメリカ最大の火山域の上に存在している。

 その名前の意味は”料理ポット”ないしは”大なべ”であり、火山噴火に伴って地面が崩壊した際に形成されたものだ。

 イエローストーンには、地表から400マイル下にはマグマ”ホットスポット”があり、地下で30マイルせりあがってから300マイル四方に拡散している。

 その上に、地下ではあるが眠れる火山が居座っている」

 アメリカ人が火山噴火で思い出すのは、1980年のセント・ヘレンス火山の噴火である。しかしその噴火はイエローストーン超火山の全面的噴火とは比べるに値しないほどのものなのだ。

 そして今、イエローストーン付近はますます地震が頻繁に起きるようになっている。ボブ・スミス教授はイエローストーンを53年間観察してきたが、このような現象は見たことが無い、と語っている。

 「最近まで、ボブ・スミスはイエローストーン・カルデラ付近の地震活動のモニターを53年間続けてきていて、二つの地震群が同時に起きるのを経験したことは無かった。

 今、ユタ大学のスミス地球物理学教授は、一度に三つの地震群が同時に起きるのを経験したのだ」

 ・・・・ その2に続く

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大規模太陽フレアーが今年、地球を襲う?

◆8月13日

 元CIA職員のスノーデンの手にした情報の中に、地球規模のカタストロフィーを示すものがあるようだ。このブログでも散々取り上げてきた「太陽フレアー」による地球への影響に関することだ。

 この太陽フレアーの内大規模なフレアーがが2013年の5月頃に地球を襲うという可能性をNASAが示していたが、起きなかった。が、実は4月にどうも太陽の反対側でそのような大規模フレアーが発射されたらしい、と言われていたのだ。

 このスノーデンが得た情報には、CIAの情報として、今年9月頃からこの大規模太陽フレアーが地球に向かって発射される可能性が示されているようだ。果たしてそれが地上の各施設の電気系統などに支障をもたらし、電気に依存する生活をしている現代人を大量に死に追いやるものかどうか、少なくともその情報が真実ならば、今からでもできる限りの準備を行っていくべきであろう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●スノーデンの情報:避けがたい太陽フレアーのツナミの到来
http://voiceofrussia.com/news/2013_08_11/Edward-Snowden-predicts-catastrophic-and-inevitable-solar-tsunami-8199/
【8月11日 Voice of Russia】

 インターネットでは元CIA職員のスノーデンが、継続的な太陽フレアー放射が9月から発生し、何億人もの人々が死ぬであろう、という陰謀論によって炎上している。

 スノーデンが収集したドキュメントは、CIAが14年前にこの脅威を知ったということを証明している、と冗談交じりに語られている。それ以来、世界各国の政府はこの「太陽によるアポカリプス」と言ってよい問題に対処すべく秘密裏に準備を進めている。

 スノーデンはシェレメティエボ空港のホテルの部屋から、米政府は9月の太陽フレアーの災厄に対する準備をするため懸命に作業を進めてきていると語ったと考えられる。この太陽フレアーは人類に死をもたらす可能性があると科学者らが主張しているように、致命的な結果となるかもしれないのだ。

 インターネット・クロニクルは皮肉っぽく、CIAはこの脅威の存在を1999年頃には知っていたと指摘する。しかし、政府の決定によれば、この情報は即座に機密情報になってしまった、という。

 情報を収集していた連邦緊急事態管理庁(FEMA)は太陽フレアーの恐ろしい結果について警告している:二ヶ月以内に人類は死に絶えるかもしれないと説得している。

 20世紀の後半以来、何億という人々が機械化された技術に頼るような生活をスタートさせてきた。太陽フレアーはコンピューター内のような電気回路を狂わす電磁波パルスを放射するので、このような生活は非常に脆弱なものとなっている。

 インターネット・クロニクルは、スノーデンが、FEMAと中国自然災害削減センターが プロジェクト・スターゲイトの研究結果に鑑みて準備を進めてきていると語ったと指摘している。

 FEMA自身のドキュメントは、これはスノーデンによって知らされているが、この機関が何千万人もの貧困者らに「食料と消費財の供給を容易にするように」安全な場所に住宅を与えるという計画をどのようにたてているか、を示している。

 「太陽フレアーからの大規模な電磁パルス」あるいは「殺人ショット」は世界の電気システムの殆どを破壊してしまう、というのが、スノーデンの意見だと言われている。

 「アメリカ人でリスクの高い人々は年配者と衰弱した人々で、技術的なものでなされる自宅介護とか生命維持のための処方を受けているような人々」と、スノーデンが語った内容として引用されている。

 人類は自らの技術的なものに依存する生活に対し、最も恐ろしい対価を支払わねばならないところに来ている。

 人類はどんなにそれが恐ろしい事であっても、未来に何が起きるか知る権利があるだろう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

増水した川が氾濫したインド

◆6月25日

 インドでの洪水で6500人ほどの犠牲者がでるかもしれない、という。洪水さわぎはインドだけでなく、先だってはドイツやハンガリーで、最近はこのインドやカナダなど世界の各地で起きているようだ。天変地異は今後、もっとそのスケールを大きくして人間に襲い掛かってくるかもしれない。これは、人間がこの地球に生かされている、ということを理解し、自然を尊び自然に感謝しながら生活することが大切だということが、多くの人々の認識となるまで、継続することであろう

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●インド:洪水と地すべりで6500人死亡か?
http://en.rian.ru/world/20130624/181836131/Some-6500-Feared-Dead-in-Floods-Landslides-in-India.html
【6月24日 RIA Novosti】

 インド北部のウタラクハンド州の高官らは、現在の洪水と地すべりの犠牲者は1000人からか6500人の間になると予想した、と24日アルジャジーラ通信が報じた。

 アルジャジーラの報道によれば、約680人の遺体が収容されたという。

 23日には先週の四日間継続した豪雨により生じた洪水の出たヒマラヤ地域の濃い霧のため、軍隊は救出ヘリの活動を中止せざるを得なかったという。



 ウタラクハンド州はいくつかの重要な寺院のある人気のある巡礼地であり、現在、最も聖なるヒンズー教寺院の一つがあるケダマスで2万7000名の人々を含む数万人の巡礼者らが立ち往生している。

 増水で膨れ上がった川の水が道路に溢れ出て橋などを破壊するため、100の町村の5万人ほどの人々が人里はなれた山間の地区に残されている、とスシクマール・シンデ住宅大臣が語った。

 インド軍による最大の救出活動によって被害を受けた地域から約3万4000人の人々が救出された。この救出作戦は8000人以上の公務員、3000人ほどの国境警備隊、そして数百人の警官によって成されている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

川岸に土嚢を積む市民

◆6月11日

 日本では梅雨といいながら雨があまり降らない状況だが、中部ヨーロッパではダニューブ川が雨のため氾濫し、各地で被害がでている。ハンガリーの首都ブダペストでも街を流れるダニューブ川が記録的な水位に達し、氾濫一歩手前まで来ているため、市民がこぞってこの歴史的な街を救おうと懸命の活動に参加している。

 これも異常気象の一つの現象であり、「天変地異」の現れである。これからはこのように大雨の地方と旱魃の地域とが現れたりして、皮肉な現象が世界各地で起きるようになるだろう。旱魃の場合、心配されるのは、川の水で原子炉の冷却をしているところである。フランスなどは要注意であろう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●ブダペストでダニューブ川氾濫の危機
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2338449/Danube-reaches-record-levels-historic-capital-Budapest-goes-high-alert-river-burst-banks.html
【6月9日 By Claire Ellicott】

●ダニューブ川は何日も続いた雨のためこの500年間で最高の水位に達した。
●何千ものボランティアが氾濫阻止活動に参加
●首相は次の二日間がハンガリーにとって決定的な日となると語る

 ブダペストは昨日、ダニューブ川が堤防を越えて歴史的な街に流れ込む危険性が出てきたので厳戒態勢に入った。

 この川は記録的な水位に達したため、必死な面持ちの自宅所有者、ホテル従業員、予備役軍人らが砂袋を自分達のビルの前に積み上げ、ハンガリーの首都を守るための作業をした。


 先週中部ヨーロッパを襲った洪水で、何万人もの人々が自宅を離れねばならなくなり、少なくとも10人以上の人々が死亡した。

 数千人が水位が低下し自宅に戻れるようになるまで、緊急シェルターに避難した。

 ドイツ、オーストリア、スロバキア、ポーランド、チェコ共和国は皆、この10年で中部ヨーロッパで最悪の洪水に見舞われた。

 少なくとも28の市町村からの1200人が自宅を離れ、また44本の道路が封鎖されたことが報じられた。ダニューブ川は昨夜ブダペストでは29.4フィート(≒8m96cm)に達すると見られていて、洪水フェンスが30.5フィート(≒9m30cm)の高さしかないため懸念が広がった。 


 以前の最高水位は2006年の洪水時の28フィート(≒8m53cm)だった。1838年の災害をもたらした洪水では、150人が死亡し5万人が家を失った。

 警察は交通を川の堤防から離れた場所に誘導し、地下鉄は封鎖された。当局は洪水に対処するための川の堤防は十分に高く設計されているので、街は守られると語った。

 ハンガリーのビクター・オルバン首相はブダペストの堤防で危険な箇所は強化されている、と語った。

 彼は、洪水はこの国の心臓部に迫っている。我々は次の2日間が決定的なものになるだろう、と警告した。更に、ブダペストでは、洪水が問題だというだけでなく、複雑な公共事業システムがさまざまな問題をもたらす危険性がある、と語った。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ROCKWAYアド2
ROCKWAYアド
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ROCKWAY
性別:
男性
自己紹介:
経済から宗教まで、時代の先を読み解くための作業を人間活動のあらゆる分野にメスを入れて行います。
バーコード
ブログ内検索
ROCKWAYアド3
忍者AdMax
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]