忍者ブログ
* 時代の先読み    * 日本の進むべき道    * 我々の心構え
[1189]  [1188]  [1187]  [1186]  [1185]  [1184]  [1183]  [1182]  [1181]  [1180]  [1179

ヨーロッパからの食料品が並ぶロシアのスーパー

◆8月14日

 MH17便を撃墜したのはウクライナ軍であることが明白になりつつあるにも関わらず、親ロシア派の仕業という印象が世界に定着し、またその親ロシア派を支援しているロシアとプーチンに対する非難が継続しているため、ヨーロッパ側はロシアに対する新たな制裁を発動したので、ロシアも対抗措置として食糧輸入禁止措置を導入した。

 ヨーロッパが生産する果物や野菜の多くがロシアへ輸出されてきたが、ここにきてロシアが輸入禁止を発動したので、行き場を失ったそれらの食糧品価格が下落して、それが壊滅的なことになりそうだと懸念を表明しだしている。ロシア側とすればヨーロッパから輸入していたそれらの食糧はトルコや南米諸国から輸入すればよい、という事で痛くも痒くも無い。

 この際ヨーロッパ連合は愚かなことは止めて、ブラックボックスの中味を正直に公表し、マレーシア航空MH17便を撃墜したのは、ウクライナ軍である、ないしはウクライナ軍である可能性が一番高いと発表すれば、事態は変わり、ロシアとの関係も改善されていくはずであり、ロシアの食糧輸入禁止措置は解除されるであろう。もういい加減、ロシアを敵対視し追い詰め、制圧することで地球を支配しようという野望は捨てるべきだ。ヨーロッパ人もアメリカ人も目覚めるべきだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●ロシアの食糧輸入禁止はヨーロッパにとっては「壊滅的」
http://en.ria.ru/analysis/20140813/191954952/Russian-EU-Food-Import-Ban-Catastrophe-for-Europe.html
【8月12日 RIA Novosti】

 ロシアのヨーロッパ連合かのら食糧輸入禁止措置は、ヨーロッパ側の経済制裁に対する対抗措置として実施されたものであるが、これはヨーロッパ全体にとって壊滅的なものになりそうだ、とオーストリア造園業組合のコーディネーターが12日語った。

 「ロシアの輸入禁止はヨーロッパ全体にとって壊滅的だ」と、ルパート・グソルスが、12日発行のオーストリア紙のザルツブルゲール・ナハリヒテン紙の中の記事で語ったという。

 グソルスは果物の年間平均価格はキロ20セントは下落するだろうと心配している。昨年はキロ40セントの利益が出ていた。この新聞によれば、果物生産はキロ当たり35セントの利益が出る場合にのみ投資が可能だという。

 今年は、ヨーロッパのリンゴの生産は1200万トンに達する見込みである。昨年は1000から1100万トンであった。ヨーロッパのリンゴの内300万トン以上はポーランドが生産する。その内70万トンがロシアへ輸出されていた。

 ザルツブルゲール・ナハリヒテン紙は、ロシアは果物と野菜の殆どをトルコから輸入するであろうと指摘している。また「ブラジルもチャンスがある」と書いている。

 8月7日、ロシアはヨーロッパ連合とアメリカ、オーストラリア、ノルウェーからの食糧輸入禁止をきめた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
PR
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ROCKWAYアド2
ROCKWAYアド
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ROCKWAY
性別:
男性
自己紹介:
経済から宗教まで、時代の先を読み解くための作業を人間活動のあらゆる分野にメスを入れて行います。
バーコード
ブログ内検索
ROCKWAYアド3
忍者AdMax
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]