忍者ブログ
* 時代の先読み    * 日本の進むべき道    * 我々の心構え
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ウクライナ問題の実質的解決案を提示するロシアのプーチン大統領

◆9月2日

 元々のウクライナの問題は、選挙で正当に選出されたヤヌコヴィッチ政権を民主国家ではありえない暴力的クーデターで大統領を追放し、しかも暫定政権が公務員のロシア語使用を禁止するという差別的布告を出したからだ。これではロシア語使用者であるウクライナ人は職を失うことになり、当然のごとく反発が広がったためである。

 プーチン大統領の提案は、南東ウクライナでロシア語が使用されている地域に準国家なみの待遇を与えることだ。要するに、連邦制を提唱していると言える。クリミアのように南東ウクライナを併合しよう、というものではない。

 現在までの紛争の内容を見ても、親ロシア反政府勢力の支配を打破するだけの力を現在のキエフ当局が持っているとは思えず、反対にキエフ市では戦争反対の声が強くなってきている。また死傷者数もキエフ当局の発表の10倍はある、という声がある。つまり既に死傷者数は1万人を越えているというのだ。

 こうしてウクライナでは厭戦気分が高揚してきている反面、親ロシア派はロシアからの支援もあり、士気は高いから、戦闘でもキエフ当局は劣勢に立たされている。勿論この戦闘にNATO軍が介入すれば、ロシア軍も正式に介入するかもしれないが、その場合、ヨーロッパ連合の諸国は、自分達の国が壊滅することを覚悟しなければならない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●プーチン:南東ウクライナに国家並みの地位を提案
http://www.npr.org/blogs/thetwo-way/2014/08/31/344749130/putin-calls-for-talks-to-consider-statehood-for-southeastern-ukraine
【8月31日 by Scott Neuman-NPR】

 反政府勢力に自国兵士が参加することを許したと言われているロシア政府は、この状況をウクライナ内部の紛争と見ているということをロシアのプーチン大統領は繰り返し強調しながら、東ウクライナでの分離主義者の紛争を終了させるために「意味のある会談」を呼びかけた。

 「実質的で意味のある会談がすぐさま始められるべきである・・・南東ウクライナの地に住む人々の正当な利益を守る為に、共同体の政治的組織と国家としての地位についての問題に関する会談を」とタス通信は大統領が語ったと伝えた。

 明らかにロシア兵の支援を受けていると思われる分離主義者らは先週末、ドネツク州南部のアゾフ海沿いの都市であるノボアソフスク市を掌握した。

 NPRのソラヤ・サルハディ記者は、この動きでノボアソフスクの西にある隣町のマリウポリに懸念が広がったと伝えた。

 ロイターは以下のように伝えている:「プーチンの発言の後、彼のスポークスマンであるドゥミトリー・ペスコフはチェリャビンスク市で記者団に語った:これはロシアとウクライナの間の紛争ではなく、ウクライナ内部の紛争である」。

 「ロシア政府としては、反政府勢力側が『ノボロシヤ(新ロシア)』と呼んでいる、広くロシア語が話されているこの紛争の地域はウクライナの一部として留まるべきと考えているのか」、と尋ねられ、ペスコフは「勿論だ」と応えた。

 「ウクライナのみがノボロシアの利益を考慮にいれることをもってノボロシアと合意に至る事ができるのであり、これだけが政治的決着の付けられる方法である」とペスコフは語った。

 ウクライナに軍事介入したロシアに対するヨーロッパ連合(EU)の新しい制裁の発表に続いてこの発言がなされた。EUは、ロシア経済のいくつかの分野に打撃を与えるようになっているこの制裁は、ロシア政府が「ウクライナから全ての軍装備と兵力を撤退させる事がなければ、一週間以内に発動される」と、語った。

 ウクライナのペトロ・ポロシェンコは8月30日、ウクライナは、「後戻りできない一歩手前まできている」と語り、次の一歩は「全面戦争だ」と語った。

 「我々は数千の外国軍兵力と数百両の外国の戦車をウクライナ領土内に持っている。またウクライナの平和と安定が危険に晒されているばかりではなく、ヨーロッパのそれも同様である」とブリュッセルでポロシェンコは語った。

 ロシア政府の否定にもかかわらず、監視と情報のレポートを引用しつつNATOは、ウクライナには少なくとも1000人のロシア兵が戦っているとし、またウクライナ人はロシアの装甲車が国境を越えて入ってきていると語った。

 NPRのネルソン記者はマリウポリから、分離主義者とキエフ当局の両者の勢力は、戦略的港であるマリウポリに対する攻撃に対する準備は出来ている、と伝えてきた。この港が分離主義者の手に渡れば、彼等はロシアから最近併合されたクリミア半島に繋がる回廊に一歩近づく事になる。

 ウクライナ兵と住民は一緒になって地雷を敷設し、塹壕を掘り、コンクリート製バリアーを構築することでマリウポリの防衛に取り組んでいる。ウクライナの二人の強力なオリガルヒ(新興財閥)に飼われている二個大隊が国軍と一緒になって、進撃してくる反政府勢力を撃退する為に戦うであろう、とソラヤ記者は語った。

 ロシアの介入問題については、反政府勢力に供給している者が存在していることは確かだ、と語った:「戦士らは新しい迷彩服を着ているし、新しい軍靴を履いている。プロの兵士が使用するような高級カラシニコフ銃を持っている者たちもいる。少なくとも検問所の一人の兵士はロシア訛りだった。また我々が目にする戦車はロシア軍が使用しているT-72戦車のようだった」と語った。

 BBCは、国際戦略研究所の軍事アナリストのジョセフ・デンプセイが、東ウクライナの戦場で最新型のT-72が現れた事はロシア軍が介入していることの確かな印だ、と語ったと伝えた:「この型は、有名なコンタクト5爆発反応装甲によって識別できる。欧米筋ではこれはT-72BMとされている」

 「これはロシア軍によって相当数が運用されているが、ロシア国外に輸出されたとか作戦に従事したということは知られていない」と彼は語った。

 サラヤは自分のことを「スヴァット」と呼ぶ反政府勢力の大隊指揮官と話したが、自分のことをウクライナ軍予備役軍人で中佐だと語ったという。「スヴァットは自分の部下がマリウポリを奪取することを信じている。彼等は優秀な戦士であり士気は上がっているからだ」と彼女は語った。「彼はウクライナ西部のルビブ市まで進撃しノボロシア、つまりニュー・ロシアを創設する準備が出来ていると語った」と彼女は付け加えた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
PR

マレーシア航空MH17便のブラックボックスは闇に葬られるのか?

◆9月1日

 7月22日号「ロシア:ブラックボックスで全ては明らかになる」という記事があるように、マレーシア航空MH17便の撃墜事件の真相はブラックボックスの解明ではっきりさせることができるのであり、だからこそロシア側はそれを当初から指摘しているのだが、そのブラックボックスを保管しその内容を解析したオランダ当局は結局、このブラックボックスの内容の開示を拒否している

 7月23日号「ロシア軍:ウクライナ・アメリカへの10の質問」では以下のように記した。「フライト・レコーダーの解析とその発表がまともに行われると考えるのは早計だろう。欧米・ウクライナ側は必死になってこのブラックボックスの内容を自分達に有利にしようと画策する可能性がある。いろいろな圧力も掛けられるであろう。真相が出てくるかどうか、これもまだ分からない」。

 事態はまさしくこの予想通りの展開となっている。結局この世界は力と力で出来上がっている世界なのでアメリカの都合の悪い情報は、このように闇に葬られる事になっている。しかし同時にこのことで、マレーシア航空機MH17便の撃墜の下手人はウクライナ政府側である、ということも明白になったと判断するべきである。

 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●オランダ政府:MH17便のブラックボックス公開を拒否
http://www.globalresearch.ca/facts-withheld-regarding-the-mh17-malaysian-airlines-crash-dutch-government-refuses-to-release-black-box-recordings/5398571
【8月30日 By Sara Flounders;Global Research】

 ウクライナで7月17日にマレーシア航空MH17便が撃墜され、搭乗していた298人全員が死亡したことについて、主流メディアが語らなくなっていることは注目されるべきことだ。

 当時、証拠もないままアメリカとNATO高官らは即座にロシアと親ロシア派ウクライナ反政府勢力がこの航空機撃墜をしたと非難した。この嫌疑をヨーロッパ連合はロシアに対する経済制裁を実施するよう利用した。

 アムステルダムから出発しウクライナで墜落したこの便に対する調査の最初の実際に判明した事柄についての予備報告書が一週間以内に発表されると、オランダ安全理事会は8月11日発表した。オランダは墜落した航空機のブラックボックスあるいはフライト・データの保管をしている。

 8月25日付けでオランダ政府はこの記録の公開を拒絶している。これは当然にウクライナのキエフ当局が墜落の下手人であるとの疑惑をたちまち浮上させた。

 キエフ当局がなぜブク地対空ミサイルシステムを、航空機を持たない反政府勢力が存在する現場付近に設置したのか、なぜマレーシア航空機はキエフ当局によって数百マイルもコースを逸れて戦闘領域に入ることになったのか、またなぜ航空機の航空管制データとレーダー・データが未だに公開されないのか、という疑惑が持ち上がっていた。

 ウクライナ軍は東ウクライナにいる反政府勢力とロシアに対する評判を貶めるために旅客機の撃墜をしたのであろうか?

 墜落に対する独立的な調査を要求する声が増大している。ある訴状はロシアに対するアメリカとNATOの拡大と軍の包囲の危険性を指摘し、かつMH17便の墜落は同日南米から帰国の途にあったプーチン大統領の暗殺を試みた結果生じたという可能性を指摘した。

 メディアが沈黙を保っていることとアメリカ高官らが自国の衛星あるいはレーダーからの確固とした証拠を提供していないことは、キエフ当局が墜落に関わったのではという疑惑とアメリカ/NATO軍の拡大の危険性を深化させている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ヨーロッパからの食料品が並ぶロシアのスーパー

◆8月14日

 MH17便を撃墜したのはウクライナ軍であることが明白になりつつあるにも関わらず、親ロシア派の仕業という印象が世界に定着し、またその親ロシア派を支援しているロシアとプーチンに対する非難が継続しているため、ヨーロッパ側はロシアに対する新たな制裁を発動したので、ロシアも対抗措置として食糧輸入禁止措置を導入した。

 ヨーロッパが生産する果物や野菜の多くがロシアへ輸出されてきたが、ここにきてロシアが輸入禁止を発動したので、行き場を失ったそれらの食糧品価格が下落して、それが壊滅的なことになりそうだと懸念を表明しだしている。ロシア側とすればヨーロッパから輸入していたそれらの食糧はトルコや南米諸国から輸入すればよい、という事で痛くも痒くも無い。

 この際ヨーロッパ連合は愚かなことは止めて、ブラックボックスの中味を正直に公表し、マレーシア航空MH17便を撃墜したのは、ウクライナ軍である、ないしはウクライナ軍である可能性が一番高いと発表すれば、事態は変わり、ロシアとの関係も改善されていくはずであり、ロシアの食糧輸入禁止措置は解除されるであろう。もういい加減、ロシアを敵対視し追い詰め、制圧することで地球を支配しようという野望は捨てるべきだ。ヨーロッパ人もアメリカ人も目覚めるべきだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●ロシアの食糧輸入禁止はヨーロッパにとっては「壊滅的」
http://en.ria.ru/analysis/20140813/191954952/Russian-EU-Food-Import-Ban-Catastrophe-for-Europe.html
【8月12日 RIA Novosti】

 ロシアのヨーロッパ連合かのら食糧輸入禁止措置は、ヨーロッパ側の経済制裁に対する対抗措置として実施されたものであるが、これはヨーロッパ全体にとって壊滅的なものになりそうだ、とオーストリア造園業組合のコーディネーターが12日語った。

 「ロシアの輸入禁止はヨーロッパ全体にとって壊滅的だ」と、ルパート・グソルスが、12日発行のオーストリア紙のザルツブルゲール・ナハリヒテン紙の中の記事で語ったという。

 グソルスは果物の年間平均価格はキロ20セントは下落するだろうと心配している。昨年はキロ40セントの利益が出ていた。この新聞によれば、果物生産はキロ当たり35セントの利益が出る場合にのみ投資が可能だという。

 今年は、ヨーロッパのリンゴの生産は1200万トンに達する見込みである。昨年は1000から1100万トンであった。ヨーロッパのリンゴの内300万トン以上はポーランドが生産する。その内70万トンがロシアへ輸出されていた。

 ザルツブルゲール・ナハリヒテン紙は、ロシアは果物と野菜の殆どをトルコから輸入するであろうと指摘している。また「ブラジルもチャンスがある」と書いている。

 8月7日、ロシアはヨーロッパ連合とアメリカ、オーストラリア、ノルウェーからの食糧輸入禁止をきめた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大統領選の勝利後に「恩赦」を発表するシリアのアサド大統領

◆6月10日

 シリアはレバノンと同様、さまざまな宗教を信じる人々が平和裏に生きてきた国であった。決してアサド大統領が属するシーア派の分派であるアラウィ派だけがいい目を見るような国家であったわけではない。少数派にも多数派にも、先ずシリアという国家とその国民という意識が強い国であった。アサド大統領はアラウィ派でも彼の妻はスンニー派出身である。彼がスンニー派に対し、弾圧的な行動を執ることは妻に対しそれをする事に繋がる。

 この中東でも珍しいモザイク国家でありながら、紛争の少なかったシリアに紛争をもたらしたのは、欧米、トルコ、イスラエル、アラブ湾岸諸国などであり、簡単に言えば、欧米側勢力に頭を下げないイランと同類であると見做された為、イラン攻略の前哨戦としてシリア攻略が計画されたのだ。

 欧米は民主的に選出されたアサド大統領の体制を転覆させようとすることで、アラブの専制君主体制と一緒になってシリアの反体制派を支援している。「アラブの春」とは「アラブの民主化」のことである。そうだとすれば、欧米はシリアやイランなど民主的選挙が行われている国よりも、サウジアラビアやアラブ首長国連邦などの専制国家を民主化せんとする勢力を支援すべきであろう。

 このシリア攻略作戦は現在進行中のウクライナの紛争とも繋がっている。欧米に頭を下げないロシアからウクライナを引き抜くことで、ロシアの弱体化を狙う作戦である。これら一連の作戦の到達目標は、新世界秩序である。これこそ世界単一政府の地球規模の独裁体制のことであり、反民主的体制の頂点となるものである。しかし彼等の目論見は失敗しつつある。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●シリアの大統領選:アサド支持は本物であることを証明 -その2 最終章-
http://en.alalam.ir/news/1600326

 ある者たちは、政府は教育、医療、その他の分野における支援が厚いので支援する、と言っている。内戦の前には、シリアは世界でも最も安全な国家としてしばしば称賛されていた。

 多くの者たちは、この48歳になるイギリスで訓練をつんだ眼科医が経済を復興させたことを認めている。自由市場改革の下、ダマスカスやその他の都市ではモール、レストラン、消費財、観光産業の興隆がなされている。

 彼のダイハード的な支援者にとって、彼は欧米の帝国主義と戦い、セクト間での戦争によって荒廃した地域で規律を取り戻し、安定をもたらしている愛国的英雄なのだ。

 「アサドに投票することは義務だと思う」と、45歳の公務員であるアルファン・ジュムラは語る。「我々は彼が国家にしてくれたことを知っている:学校、教育、電気」と彼は語った。「私は貧民地区に住んでいるが、我々に与えられたものを見てきている。これは重要なことだ」と彼は語った。

 シリアは複数の宗教と少数民族を受け入れている、寛容でオープンな国だということを誇りにしていた。しかしその状態は紛争によって引き裂かれ、戦闘で過激派が勃興した。不穏な状況は内乱に発展し、武装反政府勢力内で、完全に支配的になる前に、外国人戦士とテロリスト・グループは反政府勢力内で力を増していた。

 このグループが占領したシリアの一部では、アルカイダから分岐したイラクとレバンテのイスラム国家というグループが厳しい規律を設け、敵を公開処刑し、音楽を禁止し、キリスト教徒には保護を与える為の税を取り立てている。この民兵らは毎日のように自爆テロ作戦を行っている。 

 これが多くのシリア人の紛争に対する見方を厳しくした、彼等は戦いはこれら外国の過激派民兵に対するものだと見ている。

 弁護士のサレによれば、こういった超保守の戦士らに対する恐怖が、ある面アサドに対する支援になっている、と語った。
 「過激派は誰にとっても危険である」と、彼女は語った。彼女はアサドの顔、シリア国旗、「ハイ、我々はあなたを愛する」と描かれているTシャツを着ていた。

 紛争が起きる前は、「彼等の宗教はなにかと誰かに尋ねることに戸惑っていた。シリアではそういうことは持ち出さなかった」とサレは語った。シリアでは、我々は信仰のモザイクのようである」と彼女は語る。

 それから彼女は選挙管理委員会を差した:投票を監督している、一人は頭巾を被って机の背後に座っている三人の女性がいる。「選挙管理委員会を見てください。彼等は過半数を占めているスンニー派の人々です」と彼女は語った。

 一人のマハという女性公務員は、もしも反政府派が権力を握ったらシリアにおける生活はどうなるだろうか、というサレの懸念に共鳴した。髪はきれいにカットされ頬紅を塗っているマハは、もしもアサドが負けたら女性の自由がどうなるか心配だと語った。

 「アサドは女性の権利を擁護し自由を与えた」とマハは語った。「反対派はこの国を後戻りさせた」と語った。

 このような感情は多くの外国にいるシリア人も共有しているし、投票のために帰国した者たちもいる。

 ダマスカスからきた23歳のズーハは、ベイルートで修士号を持って仕事をしているが、彼女はもしもシリア政府が崩壊すれば、穏健派の反対派は「権力を握るチャンスは無く、大規模な混乱状態に陥るだろう」と語った。

 ベイルートでインタビューして、アサドの「ビッグ・ファン」ではないけれど、彼女はアサドに投票したと語った。

 多くのシリア人とアナリストは、今や4年目に入ったシリアにおける流血沙汰に疲れてしまったことが重要なポイントになるという。、

 「3年間だよ、もううんざりだ」と、ダマスカス・ホテルの改築工事で働いている技術士の40歳になるモアタツは語った。他の反対派の誰かでも国を引っ張っていけるかと聞くと、彼はアサドだけが思い切った行動を執ったと語った。彼は、自分の親族の誰も紛争で死んでいないが、それでも彼は「我々は国を失った」と嘆いたと語った。

                                    (了)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

国民からの圧倒的支持を得て、アサド大統領が再選された

◆6月9日

 先週火曜日(3日)にシリアで大統領選挙が行われ、現職のアサド大統領が再選を果たした。88.7%の圧倒的な得票率であった。3年以上にわたる「内戦」を戦い続けながら、これだけの支持を得たということは、彼の治世がシリア国民の支持を広範な形で受けていたことを示している。

 このブログでは内戦の最初から、ずっと一貫してシリアのアサド政権の正当性を指摘してきたが、その正しさが証明されたとも言えよう。以下の記事もアメリカのAP通信が行ったインタビュー内容も含め、客観的にみてもアサド政権の正当性が認められる内容となっている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●シリアの大統領選:アサド支持は本物であることを証明 -その1-
http://en.alalam.ir/news/1600326

シリアの大統領選挙では、アサド大統領が過半数を占めるスンニー派からの支援も含めて、国民的支持を集めたことを示した。

 シリアのキリスト教徒とイスラム教少数派のアラウィ派もアサドを支持した。このアラウィ派が権力を握っているのだが、アサドが失敗すれば彼等の運命がどうなるかという懸念を持っていた。

 スンニー派の支援が無ければ、アサドの支配はずっと以前に内戦の最中に崩壊していたことだろう、と活動家は言う。この内戦では16万人が死亡、人口の3分の1になる2300万人が移住を余儀なくされ、国土の多くが破壊された。

 6月3日、シリア人がに圧倒的にアサドに次の7年間の任期を与える様子を示した。彼は88.7%の投票を獲得した、とその夜に議会議長が発表した。

 この選挙は戦闘が続く、反政府勢力の支配するところではボイコットされ無視された。アメリカのケリー国務長官は欧米人の中で、選挙を「壮大なるゼロだ」と呼び、否定した者たちの一人である。

 アサド大統領の一番手ごわい相手も、アサドが2000年より国家を率いて、実質的な支援を得ていたと認めた。「もしも少数派だけがアサドを支持していたとすれば、反政府勢力が国家を乗っ取っていたであろう」と、35歳の弁護士でスンニー派であることをいやいや認めたウィド・サレは語った。

 「しかし過半数を占めるスンニー派が彼を支持したので、彼等はシリアを今まで堅持できたのだ」と彼女は語った。

 サレのコメントはスンニー派で中流クラスが支配的な地区でAP通信がインタビューした人々の声に共通するものである。これはレバノンに難民として逃れた人々も含む、さまざまな政治的背景の人々とも共通のものであった。ダマスカスにおけるこのインタビューは政府の役人がいないところで行われたものである。

 アサドの支持者は、彼等がアサドを支持する深い理由を示している。それは紛争に対する疲弊問題、反政府側勢力のお互いの不信、テロリスト・グループの勢力増大などが絡んでいることを示している。

                              (その2に続く)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ROCKWAYアド2
ROCKWAYアド
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ROCKWAY
性別:
男性
自己紹介:
経済から宗教まで、時代の先を読み解くための作業を人間活動のあらゆる分野にメスを入れて行います。
バーコード
ブログ内検索
ROCKWAYアド3
忍者AdMax
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]