忍者ブログ
* 時代の先読み    * 日本の進むべき道    * 我々の心構え
[19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【8月9日】
グルジアで南オセチア紛争から、南オセチアのロシア人保護という名目でロシア軍の介入が始まった。これは一面民族問題と言えるが、同時にあるいはそれ以上に地政学的軍事紛争と見るべきだろう。
グルジアは、ブレジンスキーの言う「ユーラシア・バルカン」という地政学的地域に入る国家だ。ようするにヨーロッパのバルカン地方と同じように、不安定地域だということ。この不安定という要因を利用して、かつてはソ連の勢力範囲に含まれていたこの地域に対し、アメリカが乗り出しつつある。その中心的戦略は「シルクロード戦略法」で打ち立てられた戦略と見られる。

**************************************

シルクロード戦略法
http://www11.plala.or.jp/jins/newsletter2004-6.files/senryaku1.htm

 1999年3月14日アメリカ連邦議会は「シルクロード戦略法」を採択した。これは、カスピ海周辺国から中国の西部国境にいたる「ユーラシア回廊」と呼ばれる地帯をロシア・中国・イランの勢力圏から切り離し、米国の影響下におくことを目指したものである。ユーラシア回廊とは、カスピ海周辺国と中央アジア諸国、いわゆるユーラシア・バルカン地帯とほぼ同義の地域的概念と捉えられる。

1.石油とガスの輸送ルートでロシアの専売を崩すこと。
2.多様な供給者を通して西欧のエネルギー保障を促進させること。
3.イランを通過しない東西のパイプラインの構築をすすめること。
4.中央アジアの経済に対してイランの危険な影響力を拒絶すること。

などがその戦略目標に入っている。
 この法律ができるのとほぼ同時期NATOの50周年記念に合わせて、グルジア、アゼルバイジャン、ウクライナ、ウズベキスタン、モルドバの国家元首がワシントンに招待され、GUUAMという軍事同盟が締結された。これにあわせてグルジア、ウスベキスタン、アゼルバイジャンの3ヶ国は、ロシア主導のCIS(独立国家共同体)の軍事協力機構から脱退した。西側の軍事援助の資金を受けるこの同盟は、「NATOに対し低いレベルの軍事協力をする」ことが決められたので、カスピ海地帯からロシアを追い出す圧力となっている。
 総括的には、シルクロード戦略法は、黒海から中国国境地帯までのユーラシア回廊地帯に「自由貿易地帯」を作り出すことにある。そして驚く無かれアメリカのパートナーとしてイスラエルが指定されているのだ

**************************************

グルジアが今回のロシアとの戦争で完全に欧米側に移ることになり、既にアゼルバイジャンが欧米側にあるので、カスピ海西岸地方は欧米側になる。これをロシアが力で押さえ込もうとしても、民心が離反している限り、困難だろう。

目をカスピ海の南に向けよう。
そこには、イランが存在し、イランの南はペルシャ湾だ。このペルシャ湾の湾岸地域とカスピ海沿岸地域が天然ガスと石油の宝庫となっている。またイランの東側にはアフガン、西側にはイラクと現在欧米側が支配する地域となっているため、イランは両国の間で挟撃される形となっている。

今このイランの南、すなわちペルシャ湾の波が高まってきている。エルサレム・ポスト紙によると、セオドア・ルーズベルトとロナルド・レーガンの2隻と思われるアメリカ海軍の空母がペルシャ湾に向かっている、とクウェート・タイムズ紙が報じたという。
http://www.jpost.com/servlet/Satellite?cid=1218104233164&pagename=JPArticle%2FShowFull

更に、アラブのモヒート通信が伝えるところとして、7月末、1隻の米駆逐艦が地中海からイスラエルの艦船と共にスエズ運河を通過した、という。またその1週間前には、米原子力潜水艦が1隻の駆逐艦と補給船と共に地中海に入っている、とも報じている。

現在ペルシャ湾では、2つの戦闘グループが存在している。1つは65機の戦闘機を艦載機に持つ空母エイブラハム・リンカーンに率いられるグループ、もう一つは6機のハリアー戦闘機や30機近いヘリコプーターを艦載する、ペリリュー水陸両用強襲艦が率いるグループである。

これほどの大規模戦闘グループがペルシャ湾に集結する意味は一体何か。
上記のシルクロード戦略法の説明にあるように、この戦略のパートナーはイスラエルという。そのイスラエルが、イラン攻撃の能力を上げてきている

イランの核計画を破壊することはできずとも、それを無能力化する自信はあるようだ、とAP通信が報じている。
http://news.yahoo.com/s/ap/20080806/ap_on_re_mi_ea/israel_striking_iran

イランまで空中給油を必要としないで到達できるF-16I戦闘機を90機購入し、ドイツからは核弾頭ミサイル発射可能と言われている新型ドルフィン級潜水艦を2隻購入した。

イランの上と下、北と南の海の波はいよいよ高まってきているようだ。
 

PR
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ROCKWAYアド2
ROCKWAYアド
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ROCKWAY
性別:
男性
自己紹介:
経済から宗教まで、時代の先を読み解くための作業を人間活動のあらゆる分野にメスを入れて行います。
バーコード
ブログ内検索
ROCKWAYアド3
忍者AdMax
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]