忍者ブログ
* 時代の先読み    * 日本の進むべき道    * 我々の心構え
[831]  [830]  [829]  [828]  [827]  [826]  [825]  [824]  [823]  [822]  [821

アメリカの分遣隊がヨルダンに

◆10月17日

 一週間ほど前の記事だが、アメリカ軍もシリアの隣国ヨルダンに分遣隊を送っているようだ。理由はいろいろ下の記事でも説明しているが、実際の理由はやはりシリア内で反政府勢力が劣勢になり敗退するような事態が生じた際に、軍事介入する準備ではないか、と思われる。

 北からはトルコ、東からはアメリカ・ヨルダン、シリアの運命は一体?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●米国防省:シリア・ヨルダン国境に軍を展開
http://rt.com/news/panetta-syria-jordan-troops-111/
【10月10日 Russia Today】

 アメリカのレオン・パネッタ国防長官は、紛争が拡大する時に備えて
ヨルダン・シリア国境に米軍を派遣したことを追認した。

 「我々はこの期間を通して、シリアで発生した問題のため生じたいくつかの事案についてヨルダンと連携をとってきている」とパネッタは語った。彼はこれらの問題の中心は、「人道的支援」であり、ヨルダンに流入した難民のために生じている問題であると語った。

 「この地域に生じる問題にどう対処するかを決定するために、我々は生物化学兵器庫をモニターする面で彼らと共同している」とパネッタは語った。

 「我々はまたいかなる偶発事件にも対処できるよう、彼らの軍事・作戦行動面での能力向上に向けて共同してきた。これが我が軍がヨルダンに派遣された理由だ。彼らはそこに司令部を作ることで彼らを援助している。またアメリカとヨルダンとの関係を強固なものすることで、シリアで起きていることから生じるあらゆる可能性に対処できるようになる」と彼は語った。

 パネッタのコメントは10日、ブリュッセルでの国防大臣のNATO会議の間になされたものだ。そこで彼は、アメリカはヨルダンと一緒にシリア内の生物化学兵器庫をモニターする面、および国境を越えて流入するシリア人難民に対処する面で共同していることを語った。

 始めはヨルダンはシリアからの難民の流入にヨルダンが対処する面でアメリカ軍が援助してくれたり、その他の安全保障上の問題で支援していることを否定していた。・・・以下略

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
PR
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ROCKWAYアド2
ROCKWAYアド
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ROCKWAY
性別:
男性
自己紹介:
経済から宗教まで、時代の先を読み解くための作業を人間活動のあらゆる分野にメスを入れて行います。
バーコード
ブログ内検索
ROCKWAYアド3
忍者AdMax
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]