忍者ブログ
* 時代の先読み    * 日本の進むべき道    * 我々の心構え
[1051]  [1050]  [1049]  [1048]  [1047]  [1046]  [1045]  [1044]  [1043]  [1042]  [1041

中国が23日発表した防空識別圏に無許可で進入した米軍のB-52爆撃機


◆11月28日

 中国が23日、防空識別圏を東シナ海の尖閣諸島を含む空域に拡大した直後、アメリカのB-52爆撃機二機が、まさにその真新しい防空識別圏内にゆうゆうと進入、2時間22分に渡って飛行したことで、中国軍はしょっぱなからその権威を丸つぶれにされた。

 これは中国が、防空識別圏を尖閣諸島上空をも含む空域に設定することで、もしも日本が今までのように自衛隊機などをスクランブル発進させることを控えめにするようにするかどうかも含めて、対応を見ようとしたのであり、自衛隊が衝突など不測の事態を恐れて出動を控えめにするような気配があれば、逆に中国軍機を発進させ、徐々に尖閣諸島上空の制空権を握ろうという魂胆もあったはずだ。

 ところが、中国の発表直後に、直接アメリカ軍が行動に出て、新設の識別圏を何事も無かったかのように無視して飛行したことで、最初の段階で中国はその面子を潰されたのであり、今後、米機と日本の空自機とが一緒に飛行し、進入を繰り返し、次第に空自機の数を増やすようにすれば、中国は手も足も出ないまま、防空識別圏は有名無実の代物になるであろう。

 そうはさせじと、いつかの段階で中国軍が挑戦するような行動に出れば、それをチャンスとして米軍は中国を完膚なきまでに叩く秘策がありそうだ。要するに、今回のアメリカ軍の行動は、事態が悪化したとしても、断固として、とことんやる気である、というメッセージも含まれてのことと思われるからだ。

 この時期、11月22日が命日のジョン・F・ケネディ大統領の娘さんのキャロライン・ケネディ女史が駐日大使として赴任したが、彼女はアメリカの至宝のような存在であり、その彼女が自分が奉仕したい国は日本以外には無い、と発言し、また「米国の同盟国で日本以上に重要な国はない」とも発言されたのであり、その直後の中国のこの動きであるから、女史の対応もすばやかったし、日米が強力な一体感を示しながら、中国に対して毅然とした態度を示すことができたことは重要である。これは、今後の日米関係と対中国の姿勢が明らかになった瞬間であろう。

 こういうことが国家の運勢ともいうべきもので、中国がこのような時期にあのような行動に出ることで、自らの独裁政権崩壊の時期を早めたことになったと解せる。これは時間の経過と共に、明らかになっていくものと思われる。尚、尖閣諸島問題については、このブログでは2012年10月2日号「尖閣問題と今後の展開・伊勢白山道の霊視的解釈を軸に」で、示した内容がある。やはり予想されたように、2013年に物騒な方向に動き出したことは注目していいだろう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●米爆撃機:中国の「防空識別圏」に無許可で進入
http://www.theguardian.com/world/2013/nov/26/us-warplanes-defy-china-b-52-flyover
【11月27日 Spencer Ackerman — Guardian.co.uk】

 アメリカの軍用機が中国が主張する防空識別圏に対して25日、直接的な挑戦を行い、論争の的となっている列島上空を劇的に問題を起こさせること無く飛行した。

 この侵入は週末にかけて成されたチャック・ヘーゲル国防長官の痛烈な声明の直後に成されたものだ。長官は中国の防空圏の東シナ海への拡張を区域の安定に対する挑発的な脅しとして拒絶していた。

 しかしペンタゴン(国防総省)は26日、今回の上空飛行は中国の宣言に対する反応ではない、と主張した。

 国防総省スポークスマンのトム・クロッソン中佐は、航空機は武装はしておらず、「ずっと以前からの訓練の一環として」飛行が行われたと語った。中国側はいかなる形においても、この航空機の飛行に挑戦するようなことはしなかった、とクロッソンは語った。また飛行士たちは中国側になんらの通告もしなかった、と語った。

 中国は27日、この航空機は識別圏内を飛行した2時間22分間、探知され監視されていたと語り、最初の控えめな反応を示した。中国国防部の声明では、あらゆるこの種の飛行は監視されるだろうとし、中国は空域をコントロールする能力を持っていることを主張した。しかし、この声明は要請通りに情報提供しない航空機に対し行動を起こすという中国政府の脅しについては言及しなかった。

 戦略国際問題研究所( CSIS )のニック・セチェーニは以前以下の予想をしていた:「中国が多くの仰々しい声明を発表するであろう。それは挑発である」。中国政府はしばしば国際的批判あるいは国家主権に対する軽蔑を感じた時、国営メディアで荒々しい社説を発表するよう命令することで反応してきた。もっともそのような反応は何日も発表されないことがあるが。

 アメリカ海軍艦船が台湾海峡をしばしば通過するが、アメリカ軍が中国が主張する領海で軍事力を誇示するようなことは非常に稀なことだ。何年もペンタゴンはこの地域で壊滅的なことになりかねない誤解を避けるため、軍と軍との直接的な交信チャネルについて議論してきたが失敗している。

 最初はウォール・ストリート・ジャーナル紙が、アメリカ空軍の二機のB-52爆撃機がグァムの基地から中国の釣魚島、日本では尖閣諸島と言われる諸島上空を飛行したと報じた。両国はこの列島と付近の石油・ガス田の領有を主張している。また両国は主張の食い違いから両国民に対し、海空域で互いに取締を行ってきた。

 しかし中国の、東シナ海に防空識別圏を拡張するという23日の宣言は、それに付随している、中国は無許可の航空機を撃墜するという示唆と共に、ヘーゲル長官の痛烈な非難を受けた。

 「我々はこの動きを現状を変更させるための不安定化の試みと見る」と、ヘーゲルは週末、声明の中で語った。「この一方的な行動は誤解と誤算のリスクを増幅せしめる」と彼は語った。 

 ヘーゲルは中国に対し、アメリカ軍の西太平洋における作戦は、「いかなる変更もない」と警告した。空軍機の飛行は、ずっと前から決められてあった訓練飛行であっても、ヘーゲルの宣言の最初の明確な示威行動である

 クロッソンはこの訓練飛行のことを、二機はグァムから飛び立ち帰還したと言うに留まった。

 クロッソンはこれは、中国の防空識別圏の拡張に対する「反応ではない」と語った。

 中国がこれをアメリカの反応とみているかどうかは定かでない。中国外交部は26日、ヘーゲルの声明を「無責任」であると非難した。

 中国の地域軍事強国としての台頭は、ペンタゴンを長い事悩ましてきている。ペンタゴンは中国を潜在的パートナーであると見ていると事ある毎に言ってきた。統合参謀本部元議長のマイク・ムラン提督は、米中の両軍の間に起こりうる誤解を避けるための直接的交信チャネルを設置をしようとしても手応えが無かったことを嘆いていた。

 中国は来年の太平洋の軍事演習にアメリカ海軍と地域の同盟国と共に参加することが期待されている。中国は3月、リムに初めて参加するであろうと述べていたのは、米中の軍事的連帯が強まる兆しと見られた。

 米軍の中国軍に対する似たような挑戦的態度は、この二十年近くなかったことだ。

 戦略国際問題研究所( CSIS )のニック・セチェーニは、1996年の「台湾海峡の危機」を思い出す。その時、最近の出来事に相似する中国軍の連続的な増強に対応してアメリカは二隻の空母を台湾海峡に派遣したことがあった。 

 「アメリカは繰り返し、現状を変更させるようないかなる一方的な動きも認めることは無い、と語ってきたし、今回のことは即座にそのような動きであると認識されたのだ」と彼は語った。

 「中国と真剣に向き合う事は、中国の台頭は歓迎されていると理解してもらう上で非常に重要である。しかし、裏では中国に対し、不安定にさせかねないような動きは取らないよう説得する必要があるのだ」と彼は語った。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
PR
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ROCKWAYアド2
ROCKWAYアド
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ROCKWAY
性別:
男性
自己紹介:
経済から宗教まで、時代の先を読み解くための作業を人間活動のあらゆる分野にメスを入れて行います。
バーコード
ブログ内検索
ROCKWAYアド3
忍者AdMax
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]