忍者ブログ
* 時代の先読み    * 日本の進むべき道    * 我々の心構え
[433]  [432]  [431]  [430]  [429]  [428]  [427]  [426]  [425]  [424]  [423

イランのメスバ防空システム

◆9月10日

 イランはイスラエル・アメリカからの攻撃に備えて、防空体制を整えつつある。9月22日から1ヶ月にわたる大規模な「防空演習」を行う予定である。

 それに反し、イスラエルの演習と言えば常に「攻撃・空爆の演習」であるからしても分かるように、戦争を仕掛ける勢力がイスラエルなのである。

 世界の人々はどちらが攻撃的であり、破壊的であり、反人道的であるか、ということをいい加減理解するべきであり、かつそれを実際的な声として発信し、世論を盛り上げて、戦争開始を阻止するようにしなければならない。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
イランは攻撃に備えて防空演習を挙行
http://www.worldtribune.com/worldtribune/WTARC/2010/me_iran0868_09_07.asp
【9月7日 World Tribune】

 イランは大規模な防空演習を準備している。これはイスラエルやアメリカからの攻撃にどのように対処できるかというテストとなる。

 公式筋では、イラン軍は2010年9月中に防空演習を行うだろうと述べた。同筋は防空コマンドによる演習がイラン全域で行われ、そこでは新型の地対空防空ミサイルシステムがテストされるという。
 「演習は最新鋭のシステムのテストが行われる」と、防空司令官のアハメド・ミカニ准将は語った。

 同筋は1ヶ月にわたるこの演習はメールを中心に行われ、9月22日に開始されるという。彼らは自国産の対空砲火のテストも行われるだろうと言う。
 「我々は自国内で必要なものを生産している。また長距離防空システムも既に国防省の予定に入っている」と、イランのアハメド・ヴァヒディ国防大臣は語った。

 同国高官らは、イランは十分な防空能力を開発してきたので外国のシステムに依存する状況を脱することができるようになったと語った。彼らはロシア政府との間の10億ドルに上る契約が過去18ヶ月間履行されないままになっている、ロシア製のS-300長距離防空システムを例に挙げた。
 「我々はこのようなシステムを近い将来生産するようになるだろう」とミカニ准将は語った。

 同高官らは、イランとしては「メスバ」も含む中・長距離のシステムに集中するだろうと述べた。いくつかのプロトタイプは侵入する巡航ミサイルを捕捉・破壊することができるという。
 「この防空システムの作動スピードや射程はイランの専門家らの努力によって改善された」と、老練な司令官であるレザ・タヘリ将軍は語った。「従来からのシステムと比べ、技術面では格段の進歩を遂げているのを見ることだろう」と同将軍は語った。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

PR
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ROCKWAYアド2
ROCKWAYアド
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ROCKWAY
性別:
男性
自己紹介:
経済から宗教まで、時代の先を読み解くための作業を人間活動のあらゆる分野にメスを入れて行います。
バーコード
ブログ内検索
ROCKWAYアド3
忍者AdMax
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]