忍者ブログ
* 時代の先読み    * 日本の進むべき道    * 我々の心構え
[1111]  [1110]  [1109]  [1108]  [1107]  [1106]  [1105]  [1104]  [1103]  [1102]  [1101

ネオ・ナチのスバボーダの要員たち

◆3月11日

 ウクライナの「新政府」はロシア人の多く住む東部の重要な地区であるドゥニプロペトロフスクの知事に、ユダヤ系ウクライナ人オリガルヒ(新興財閥)のイゴール・コロモイスキーを任命した。隣のドネツクの知事は同じくオリガルヒのセルゲイ・タルータが任命された。二人とも20億ドル以上の資産を持つ大富豪だ。

 これを見れば、ウクライナの新政府が、たとえネオ・ナチ分子が入っていたとしても、それが反ユダヤではなく、逆にユダヤ金融資本勢力の資金力に依存し、彼等と共同でウクライナを反ロシア政権に仕立て上げよう、としている事が理解できるであろう。

 このナチス的なものとユダヤ的なものとの野合、それにオカルト的なものが加わったものこそが、「新世界秩序」勢力の核となるものである。オカルト的というのは、宗教的・霊的要素であり、秘密結社がそれに代表される。

 この勢力はドネツクに前のブラック・ウォーター、今はアカデミと称しているアメリカの傭兵部隊を送って政府庁舎を確保しようとする動きにでたようだ。ドネツクだけでなくロシア人勢力の強い東部各地に展開する様子だという。
(http://www.dailymail.co.uk/news/article-2576490/Are-Blackwater-active-Ukraine-Videos-spark-talk-U-S-mercenary-outfit-deployed-Donetsk.html)

 ロシア側はクリミアは確保するだろうが、東部の重要な産業とビジネスのこれらの地域はどうするのだろうか?ドゥニプロペトロフスクでも、ドネツクでも多くのロシア系ウクライナ人が「新政府」に反旗を翻し、ロシアの国旗を振って、ロシアへの帰属を表明していたのだから、そのまま事態が収まることはないであろう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●ウクライナの”民主化”と”反ユダヤ主義 -その2 最終章-
 ネオ・ナチのシンボルが”新標準”になる時
http://www.globalresearch.ca/democratization-and-anti-semitism-in-ukraine-neo-nazi-symbols-become-the-new-normal/5371919
【3月6日 By Julie Levesque】
                          
 ADLはイスラエル兵士だった者たちが反ユダヤ主義を破棄すると主張するネオ・ナチの民兵と一緒に戦ったと言う事実には言及しない。これはネオ・ナチズムはそれとなく受け入れ可能である、という矛盾したメッセージを送ることになる。アメリカのメディアもADLも同様、”ネオ・ナチ”とか”ネオ・ファシスト””過激派”という言葉を使用することを控えていることは指摘されてしかるべきだ。この異様な同盟を非難する代わりに、ADLはイスラエルのメディアが”ファシストでネオ・ナチ”と捉えているこのライト・セクターとスピルナ・スプラバの約束に一筋の希望を抱いている。

 スピルナ・スプラバ(共通大義)のようなネオ・ナチでファシスト・グループとアフガンツィー(アフガンで戦った退役軍人同盟)と一緒に、プラビー・セクターは政府ビルディングの占拠で、治安部隊から抗議運動側のキャンプを守る重要な役割を果たした。

 イスラエルのハアレツ紙はスバボーダとプラビー・セクターのメンバーが、”ネオ・。ナチの旗を振っていた”こと、”我が闘争とシオンの長老の議定書の新しく翻訳された本を独立広場で配っていた”ことを報じた。

 名誉毀損防止組合はファシストとネオ・ナチ・グループがクーデター後のウクライナ政府内に存在することを徹底して非難するだけでなく、彼らを精神的に、ないしは金銭的に支援したアメリカ、カナダ、その他ヨーロッパ連合の諸国を弾劾すべきでなないのか?

 今日とは非常に違って、ヒラリー・クリントンは2012年、”ネオ・ナチ党と共に議会同盟に加わったウクライナの野党を間接的に正当とみなす事で”ユダヤ人グループによってひどく批判されたものだ。

 
 「この名誉毀損防止組合は、ウクライナのユリア・ティモシェンコの野党を、反ユダヤ主義で良く知られている極右過激派の政党と議会同盟の署名をすることで、正当性を与えたとして批判したことがあった。
 ADLの全国局長のエイブラハム・フォックスマンは、2日の議会選挙でウクライナのネオ・ナチのスバボーダ党に対する強力な選挙協力に『警戒』を表す声明を発表した。
 『反ユダヤ主義のレトリックはスバボーダのリーダーとキャンペーン・スローガンの柱だった』とフォックスマンは語った・・
 アメリカのヒラリー・クリントンは先週、ニューヨーク・タイムズ紙に野党の祖国党のリーダーのティモシェンコを称賛する内容を書いたことで、ユダヤ人グループの非難の対象となった。
 イスラエルのリーバーマン外相もホロコーストの期間、ウクライナの地で何百万ものユダヤ人が死んだことに言及し、この合意を非難した」


 今日、元イスラエル兵士らはスバボーダと一緒に戦っているがADLは”警戒”していない。そしてリーバーマンはこの穢れた同盟関係を非難しない。ADLのエイブラハム・フォックスマンは今や、ヤツェニューク首相が、反ユダヤ主義は容認されないと保証することで「称賛されるべき模範を示す」ことを期待している。

 ヤツェニューク首相は、UDARU(ウクライナ民主改革同盟)リーダーのヴィターリ・クリチコと共に、スバボーダを2012年に反対同盟に招き入れた。今やスバボーダを政府に入れることで、反ユダヤ主義は容認されないということ、民主的規範が堅持されるということを保証するのは首相次第である。ウクライナ国民にそのメッセージを送ることで、首相はユダヤ人社会の不安を払拭し、称賛されるべき模範例を示すことになるだろう。(フォックスマン)

 正確にどの模範例のことを我々は語っているのか?ネオ・ナチとの同盟は彼等が反ユダヤ主義でなければOKである、ということか?

 マイダン広場で元イスラエル兵士がネオ・ナチの民兵らと一緒だったことと、ADLとイスラエルの高官のこの件についての態度は、シオニスト・ロビーとイスラエルはこのクーデターから何を獲得するのか、という疑問を起こさせる。このクーデターで、イゴール・コロモイスキーがウクライナのビジネスと政治の中心であるドゥニプロペトロフスクの知事に任命された。 


ドゥニプロペトロフスクの知事に任命されたイゴール・コロモイスキー

 この新しく任命されたドゥニプロペトロフスクの知事はイゴール・コロモイスキーであるが、ウクライナで三番目の富豪であり、24億ドルの資産があると見られている。彼はコマーシャル・グループのプリバトを共同保有しているが、このプリバトにはウクライナ最大の銀行であるプリバト銀行が含まれている。その銀行の頭取はコロモイスキーであり、その他に石油、鉄合金、食糧産業、農業、運輸関連の資産を持っている。

 元同盟関係にあったユリア・ティモシェンコは、コロモイスキーは仲たがいし、2010年の選挙の時には資金協力を断ったので、元首相の彼女はヤヌコビッチに敗れた、と言われている。

 コロモイスキーはUDAR党の主要なスポンサーと言われている。このUDAR党はヤヌコビッチを追放するストリート・キャンペーンを煽った三大グループの一つである。コロモイスキーはウクライナ・イスラエルの両国の市民権を持っている。そして自分のビジネス帝国をスイスから操っている。

 コロモイスキーはまたユダヤに関するニュース番組であるジューイッシュ・ニュース・ワンを自分で持っているし、ユダヤ人社会ヨーロッパ評議会を率いている。この組織は、「ヨーロッパ中の40カ国ほどに存在するユダヤ人社会と団体のための汎ヨーロッパ傘下団体」と自分達のことを表現している。

 ジューイッシュ・ニュース・ワンでは新政府の中のネオ・ナチ関連人物の存在に関する言及は殆どなされていない。

 巨額の債務に苦悩している国の中で、コロモイスキーのプリバト銀行は2012年にオフショアリングのチャンピオンであったことを指摘しておくのは面白いだろう。エコノミック・プラウダ紙が2012年7月に報じた:

 「人口の大半が貧困にあえぐウクライナは二ヶ月間でキプロスとイギリス・ヴァージン諸島への数十億ドルの送金をすることができる。問題は、誰がこの送金を行ったか、そしてその送り先は?・・・

 ウクライナ最大の銀行であるプリバト銀行が第一番である。イゴール・コロモイスキーとヘンナディー・ボホロウボフ所有のこの送金の実体は殆ど、空想的である。

 2012年の最初の二ヶ月で、プリバト銀行は38億6300万ドルをオフショアに送金したのだ」

 ロシアに対する攻撃を呼びかけた後、ライト・セクターのリーダーであるドゥミトリ・ヤローシュは、ADLによれば安心していい人物と見られているが、テロリズムを扇動することで国際的なお尋ね者リストに載っている人物となっている。

 前に2日、ヤローシュはロシアの探している最大のお尋ね者テロリストであるドく・ウマロフに対し、ロシアのブコンタクテのライト・セクターのページに載せた声明でロシアに対する攻撃を呼びかけた。

 この声明で、「多くのウクライナ人がその手に武器を持って」ロシアと戦っているチェチェンの戦士を支援したのであり、「今はウクライナを支援する番である」と書いている。「ライト・セクター・リーダのドゥミトリー・ヤローシュ」と署名されているこのメッセージは、ウマロフに対し、「活動を強化するよう」呼びかけ、「勝利する千載一遇のチャンスをものにしろ」と語っている。 

 ADLは自らの立場を見直し、全てのネオ・ナチ、ファシスト、過激派グループを彼等の支援者も同様、弾劾するのであろうか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
PR
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ROCKWAYアド2
ROCKWAYアド
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ROCKWAY
性別:
男性
自己紹介:
経済から宗教まで、時代の先を読み解くための作業を人間活動のあらゆる分野にメスを入れて行います。
バーコード
ブログ内検索
ROCKWAYアド3
忍者AdMax
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]