忍者ブログ
* 時代の先読み    * 日本の進むべき道    * 我々の心構え
[281]  [280]  [279]  [278]  [277]  [276]  [275]  [274]  [273]  [272]  [271
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


1929年10月のニューヨーク証券取引所前

◆11月3日

 一時的に経済や市場が回復しているように見えても、それは下記にあるように、景気刺激策が功を奏した時間だけで、それが賞味期限を迎えれば、再び、そして今回はより一層深い不景気に遭遇することになる。

 問題はその時期だ。下記の記事ではそれは近い、という。時あたかもCITの破綻問題が生じ、大きく市場が揺らいだところだ。今後どういう展開を見せるか、目を話せない状況だろう。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
株式市場アナリストが「ブラック・チューズデイ」を警告
http://www.wnd.com/index.php?fa=PAGE.view&pageId=114373
【10月29日 WorldNetDaily】
 株式市場の崩壊の起きたブラック・チューズデイの80周年記念がやってきて、アナリストの中には、デジャ・ビュを見ているようだと、株式市場の大きなクラッシュが近いと警告している者がいる。
 オムニ・リサーチ社のマーケット・ストラテジストのグラハム・サマーズは、昨日の会社の電子メールの中で、この2ヶ月ほど警告してきたように、株式市場の最終的なクラッシュが間近に迫っていると書いた。
 「今日のマーケットの動きから見て、48時間以内にずっと待っていたオフィシャル・セルのシグナルを見るかもしれない」と「ゲイン・ペイン・キャピタル」の中で書いている。

 ダウ・ジョーンズは昨日119ポイント、1.2%下落した。ナスダックは2.7%下落だ。ラッセル2000インデックスは3.5%下落した。
 サマーズは27日、取引限度が減少する中、株式市場は上昇する、不吉な前兆となるパターンが進むのを見てきた。過去の例では、このパターンは急落につながった、と彼は言う。
 「ここ数ヶ月、クラッシュの可能性について警告してきた。マーケットの現在の動きは、まさにメジャートップに対して考えているような内容となっている」

 WNDコラムニストのボックス・デイは先週発売の著書「大恐慌の再来」の中で、アメリカは第2次大恐慌の初期段階に突入しつつあると主張している。
 デイは広範囲な景気後退は進んでいると結論を出している。しかし、彼は、「さまざまなシナリオが行きかう中、楽観論が消えて不透明な現実の姿が通常の人々にも明瞭となり意見の一致を見るまでにほぼ1年がかかった」と言う。
 
 サマーズは「問題は、このラリーが今週で終わるのか、反転し傾向線の下限を切って行くのか、あるいは上昇に向ける大きな要因がでるのか」だと言う。
 トレーダー・トラック・ニュースレターの編集長であるロジャー・ウィーガンドは、「クラッシュ予想レポートはアナリストからやってくる」と言う。
 「我々は、こういったものはいつでも見ている。しかし最近の、強くパニック的な響きを持つようになっているものはこれらのマーケット対しては予告するものとなっていない」と彼は書いている。「我々の読者は、どこに我々が立っているか知っているし、プロのアナリストの友人らは我々の意見に同意している。時間の問題だ」

 ウィーガンドは、「逆風は経済ハリケーンに成長している」と警告している。

 昨年の金融企業のクラッシュを省みて、またTARP(不良資産救済プログラム)で始まった5月の回復を見て、今月を、投資家らが株式を売りさばいているので、デッド・キャット・バウンズ(一時的回復)の終了の月と見ている。
 「殆どのマーケットは転換点を迎えている」と彼は言う。

 デイの、経済予想屋としての信頼度は、7年前の住宅市場の崩壊と金融業界の破綻の予想、その他の見事な市場予想で強められた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
PR
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ROCKWAYアド2
ROCKWAYアド
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ROCKWAY
性別:
男性
自己紹介:
経済から宗教まで、時代の先を読み解くための作業を人間活動のあらゆる分野にメスを入れて行います。
バーコード
ブログ内検索
ROCKWAYアド3
忍者AdMax
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]