忍者ブログ
* 時代の先読み    * 日本の進むべき道    * 我々の心構え
[3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


原発にも被害を及ぼしたアラバマ州の竜巻

◆4月29日

 アメリカで竜巻が収まらない。ここ4週間あまりで250以上発生しているようだ。死者の数も昨日までに259人となった。更に今回のアラバマ州を襲った竜巻のため、3基の原発が停止したという。オバマ大統領はアラバマ州に非常事態宣言を宣言した。

 3月11日の東日本大震災が一つの幕開けであったことは指摘した。日本で起きたことがこれから世界にいろいろな形で転写されていく、というのが伊勢白山道の指摘するところである。

 地球規模の天災時期の到来である。これは基本的には太陽活動の活発化が地球のコアを温めることから生じると言われている。電子レンジのように内部から温められるのである。これが火山の噴火、地震、そして今回のように竜巻の頻発などの自然災害をもたらす原因となるようだ。25日には千葉でも竜巻が起きている。このところ日本でも竜巻が起きる頻度が高まってきているようだ。

 このブログでは伊勢白山道のブログの閲覧を勧めてきたが、ここで改めて伊勢白山道の指摘する防災面での特に「強風」にかんする部分を挙げてみよう。

★*これからは強風や竜巻への対策が必要。鉄骨住宅などでは、外壁材や屋根材の剥がれる心配があります
★雷・竜巻・強風被害でも出る保険が必要です
★超強風への屋根の工夫
★超強風への対策が大切
★注意です。日本でも竜巻が増加します
★風速50~80mを想像しましょう


今の天災は単なる物理現象以上の意味合いがあるという。

★考えて見ますと、近年の60年間とは、自然災害が少ない貴重な時代だったのです。本来のあるべき自然の姿では無かったとも言えるのです。
歴史を見ましても、富士山は何回も爆発して多大な被災者を現実に出して来たのです。
・・・これからは、津波の水害。超強風による風害。火山の火害への防災意識が大切です。水風火への対策です(ブログ子は、地震災害の「地」も入れるべきと考える。地水風火の四大だ。伊勢氏は単に忘れただけであろう。氏は3月11日からは大陸移動期に入ったと言っているのだから)。
 過去の先祖たちも経験した自然現象です。それを「経験した上で」私たちも存在するように、これからも何とかクグリ生きることが絶対に出来ます。
逃げ先を想定しない、考えて置かない、という無責任な態度が危険なだけなのです。
想定が出来れば、不思議なもので災害は来ないのです。
まるで自然(神)が、人間を観察しているようにです。
今の現状への感謝をしながら生きて行きましょう。-了-

 これはつまり、人間はこの大地の上に陽光を浴びながら、生かさせてもらっている、ということをしっかり認識し、そのような状況・環境を与えている自然に(つまりその自然を提供している精霊・神々に対して)感謝の思いで生きれば、よい、ということだろう。それが大難を小難に、小難を無難にすることになるようだ。

 人間がそのことに気付き、あるいは胸の奥深くまで至るほどまでに思い知るまでは、天災の猛威は留まることはなさそうだ。要するに神々を忘れ、あるいは無視し、ないがしろにして(誤解なきように、被災地の方々が神々をないがしろにしたから天災が襲った、ということではない。人類全般が、ということ)、「文明」なるものを築いてきた人類に、何が一番大切なものかを悟らせるかのように、天災は続きそうだ、ということ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●米南部の竜巻で少なくとも259人死亡、オバマ大統領は29日アラバマ入り

竜巻の被害にあったアラバマ州タスカルーサ

[タスカルーサ(米アラバマ州)28日 ロイター] 米南部を襲った竜巻と暴風雨による死者が28日までに少なくとも259人に達したことが明らかになった。
 アラバマ州の被害が最も大きく、同州のベントレー知事は少なくとも162人が死亡したと述べた。
 死者の数はミシシッピ州で32人、テネシー州で30人、ジョージア州で14人、アーカンソー州で11人などとなっている。
 ホワイトハウスはオバマ大統領が29日にアラバマを訪れ、被害状況を視察しベントレー知事と会談すると発表した。
 アラバマ州のブラウンズフェリー原発は、送電線が破損し外部電源が失われたため停止したが、バックアップ装置が作動したため原子炉の事故は回避された。
 オバマ大統領はアラバマ州に非常事態を宣言した。アラバマのほか、アーカンソー、ミシシッピ、テネシーの各州で知事が非常事態を宣言した。


●25日の千葉の突風は竜巻~気象庁

竜巻で飛ばされた乗用車

2011年4月27日
 25日昼過ぎ、千葉県や茨城県で車が横転したり、屋根瓦が破損したりする突風被害があった。気象庁は26日、千葉県で発生した突風については竜巻だったと発表した。
 25日午後1時過ぎに発生した突風では、千葉・柏市で車が横転した他、周辺の地域でも屋根瓦が破損するなどの被害が出た。現地調査の結果、気象庁は、千葉県の柏市と鎌ケ谷市から白井市にかけて発生した突風については、被害の痕跡が帯状に分布していたことと、多くの物を巻き上げながら移動する黒い渦の目撃証言が寄せられたことなどを理由に、竜巻だったとした。
 一方で、茨城・取手市で発生した突風については、下降した冷たい空気と地上の暖かい空気がぶつかることで急激な上昇気流が発生する「ガストフロント」という現象だったと発表した。
 気象庁は、27日も引き続き現地調査を行って、被害の状況を詳しく調べることにしている。



●米で竜巻 空港が被害受け閉鎖
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110423/t10015511681000.html

車が飛ばされ屋根の上へ

NHKニュース 4月23日 23時37分
アメリカ中西部のミズーリ州で22日、竜巻が発生し、国際空港の屋根が吹き飛ばされて閉鎖を余儀なくされるなど、大きな被害が出ました。

アメリカ中西部・ミズーリ州で22日夜、竜巻が発生し、州の中心都市セントルイス近郊のランバート・セントルイス国際空港では、メインターミナルの屋根が吹き飛ばされたほか、建物の窓ガラスも半数近くが割れました。また、天井から落下したパネルに当たるなどして空港にいた数人が病院に搬送されましたが、いずれもけがの程度は軽いということです。竜巻のあと、滑走路やコンコースには大量のがれきや割れたガラスが散乱し、飛行機がターミナルまで近づくことができず、乗客は飛行機に横付けされたバスで空港のビルに入りました。空港は竜巻の発生後から閉鎖されていて、地元当局は空港の再開までには少なくとも数日はかかる見通しだと話しています。アメリカではこの時期、竜巻が発生することが多く、ことしも今月に入ってから各地で竜巻が発生し、これまでに40人以上が死亡するなど大きな被害が出ています。

 

●米国南部で200以上の竜巻、45人死亡

電線が切れたのか、「スサノオの青い光」が浮かぶ

2011年04月18日 18:15 発信地:米国
【4月18日 AFP】(一部更新、写真追加)米国南部で14日から16日にかけて200以上の竜巻が発生し、家が吹き飛ばされるなどして45人が死亡した。救急当局が17日、明らかにした。
 最初の竜巻は14日、オクラホマ(Oklahoma)州の人口350人の小さな町Tushkaで発生。家屋や商店の大半が損壊し、高齢者2人が死亡した。
 翌日にはアーカンソー(Arkansas)州、ミシシッピ(Mississippi)州、アラバマ(Alabama)州、ノースカロライナ(North Carolina)州で100を超える竜巻が発生。ノースカロライナ州では最多の23人が死亡した。竜巻は16日夜、バージニア(Virginia)州でも発生した。
 気象サイトAccuweather.comの気象学者メーガン・エバンズ(Meghan Evans)さんは、「3日間で、241の竜巻が14州で発生した。これは観測史上もっとも多い数だろう」と述べた。強いジェット気流、湿気、南部を襲った寒冷前線が原因とみられるという。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

PR

雪に覆われたチューリッヒ空港

◆12月22日

 今年の夏は極端に暑かったため、地球温暖化がますます強まっている、と思われたのだが、既にこのブログの10月23日号の「シベリア白鳥が極寒の冬の到来を告げる」で示したように、ヨーロッパでは正に「極寒の冬の到来」が起きている。

 このため、「地球温暖化は一体どうなっているのだ」、という素朴な疑問が生じてきている。ドイツの気象メディアサービスのトーマス・グロビッグは小氷河期に突入しているのかも、とまで言っているのだ。

 しかし、昨日のニュースでは世界の気温はやはり上昇しているとうい観測結果である。

 「温暖化!?今年は世界も暑かった 年平均気温は過去2番目の高さ 気象庁  2010年の世界の年平均気温(1~11月、速報値)は平年を0.36度上回り、1891年(明治24年)以降、過去2番目に高い値に上る見込みになることが21日、気象庁のまとめで分かった。」
<産経新聞>2010.12.21 16:55


 この極端な暑さと寒さの繰り返し・・・ここであの伊勢白山道氏の説明を見れば、正に的中していることが分かる。
 
 彼はこう言っている。

 「太陽からの霊的波動が、今週から一段と強くなってます。
 表面的には、電磁波と称されるものですが、実態は地球全体の組成を根本から変える  霊的なものです。 それは、
 地球の自然環境、地質 天候 気温・・・・・などに大きな変革を起こして行きます。太陽からの電磁波動は、地球内部から温度上昇をもたらしてます。
 電子レンジの食品が、内部から温まり始めるのと同じです。
 北極、南極の氷は内部の深層から溶け始めてます。 地球の温室効果による表面からでは無いです。 これは、海面の上昇を予測を凌駕する勢いで引き起こし、氷が溶けた低温海水は、冷夏を呼ぶでしょう。また、夏場の最高気温が記録的なものに成る日もあります。1年を通じて、季節感を無視した極端な高温と低温を繰り返し始めることでしょう
 地球内部からの温度上昇は火山活動も活性化させて行きます。」
 http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/d/20070517

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●ドイツの気象観測チームは「最も暑い年」をどう見ているか?
http://wattsupwiththat.com/2010/12/18/how-germanys-weather-team-views-the-hottest-year-ever/
【12月21日 Wattsupwiththat.com】

 人々は地球温暖化を語っているが、ドイツその他の世界の多くの国々では今、猛烈な寒さと戦っている。そして実際:「2010年はドイツではここ10年で一番寒い年になりそうだ
」と、気象メディアサービスのトーマス・グロビッグは語る。そしてこれは更に酷くなるかもしれないのだ:「我々は小氷河期に入り掛かっているのかもしれない」と、言っている。北極の氷は南に更に広がるかもしれない。

 これは既に明らかとなっている:ドイツの今年の平均気温(8.1度)は長期の平均気温の8.3度に比べ、0.2度低い。「年末には更にかなり気温低下があるのでは、と心配している」とグロビッグは語った。長期平均気温は1961年から1990年までの全てのドイツの観測所での平均のことだ。

◆100年でもっとも寒い12月

 ベルリンでは、12月はじめに最低気温を記録した、「12月初旬の気温はここ100年なかった寒さだった」と、グロビッグは語った。これは他の地域でも同様だ。しかしなんでそんなに寒いのだろうか? これは気候変動と何らかのかかわりがあるのだろうか? 「私はそれはどうか、と思う」と彼は答えた。数年前、温暖な冬を体験した時、多くの気象科学者は、ドイツのウィンタースポーツは地球温暖化のため山の低地では出来なくなるかもしれないと警告した。「今や、彼らはこう言っている:寒い冬は地球温暖化のせいだ・・・その見解はいかがなものか」とグロビッグは言っている。

◆「信じがたいほどの降雪」がベルリンで(EUで800便が欠航)

 グロビッグは、猛烈に寒かった1960年代と70年代の冬の期間を思い出している。1970年3月にベルリンでは50cmもの雪が降った。ポツダムでは70cmだ。「今から見れば、この量は信じがたいほどだ」と述べる。

 それから、温暖な年が続いた、そして、本格的な冬はもはやドイツにはやってこないだろうといった雰囲気が蔓延した、とグロビッグは言う。「あれは間違った判断だった」 人々は無頓着となり、その結果去年と今年、当局はすぐさまグリット(撒き砂)がなくなり空港整備当局は航空機用の解氷剤が不足する事態になった。

 ベルリンでは、鉄道は寒さのために運休となり高速鉄道も同様に運休した。「我々の近代的な、ハイテク世界は完全にこの冬の状況の前で用をなさなくなってしまった」とグロビッグは語った。

◆昨年の冬も猛烈に厳しかった

 多くの人々は過去10年間の温暖な冬がそのまま続くだろうという幻想に陥っていた。しかし、2009年・10年の冬の霜と雪に閉ざされた期間が春まで長く続いたことは、多くの者たちにとっては注目すべき出来事だった。「この冬は更により強烈に騒がれるだろう」とグロビッグは予想する。

 グロビッグはこの寒さの原因として二つの理由があるという:「先ず、大西洋上での空気の流れの循環的変化のため、次に、太陽活動の変化である。
 「みんな、アゾレス諸島では高気圧であり、アイスランド付近では低気圧であると知っている」と彼は言う。もっとも気象予測でもっとも重要な点は:「この二つの地域の大気の圧力の違いはどれほどで、それが引き起こす天候不良がどの程度か、そして大西洋からヨーロッパ大陸への温暖な大気の流れがどれほど継続的になされるか?」だという。
 「両方の気圧は現在存在していない」とグロビッツは説明する。反対に、アゾレス諸島付近には低気圧が存在し、アイスランド付近では高気圧がある。「大西洋上の気候は逆さになっている」という。極地からの冷たい空気がヨーロッパに流れ込むことのできる空間が多くある-これが起きていることなのだ。

◆大気の大きな流れを伴う「通常」の変動

 「これらの所謂『大西洋変動』と呼ばれるものは全く普通のことである。ただ詳細に予測することが困難なだけである」とグロビッグは説明する。2007年の「キリル」嵐は大西洋からヨーロッパへの流れのピークだった。「それ以来、大西洋上の気候は静かになったという。大西洋上の低気圧はますます弱くなっている。

 この効果は数年前に起きていたが、不規則な間隔で起きていた。その理由はまだ科学は突き止めてはいないが、季節の移り変わりを理解する鍵がここにある、とグロービッグは語った。

 低い気温というのはこれから数年は続くかもしれない、或いは十年以上も。今以上に寒いこともありうるだろう。「以前起きたことであり、自然の気候変動で説明できる」とグロビッグは語る。我々は小氷河期の初めにあるのかもしれないし、「その可能性はすくなくともあるだろう」と彼は言う。

 これは現在の太陽活動の変化によっても支持される議論である。太陽活動は200年間の活性期を過ぎ、次の数十年間は活動は低下する。2040年・50年頃には所謂、最小活動期(ソラー・ミニマム)に入ると予測している。この時は、太陽エネルギーの地球への放射は大変小さくなる。

◆極氷の拡大が?

 「極氷がこれからの数年間、かなり拡大するということさえ考えられる」とグロビッグは語った。気候に対する太陽活動のインパクトは、長期にわたって犯罪的に過小評価されてきたのだ。

 この二週間、イギリスは最後から二番目の数百年前のソラーミニマム以来もっとも寒い気温であった。「何が起きるかは、次の5年から10年で決まる」とグロビッグは考えている。しかしながら、気候専門家にとってありうると考えられることが一つある、「気象予報のいくつかはあきらめねばならないだろう」ということのようだ。

Wetter T-Online, 14 December 2010 (translation by Philipp Mueller)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

猛威を振るうカルメル山火事

◆12月7日

 イスラエルやアメリカからの攻撃に対処するためイランはその準備を進めているが、どうもイスラエルは自国が攻撃されることはない、と高をくくっていたようだ。イランからの攻撃ではないが、カルメル山の火事で大変な被害を出したことで、責任者は辞職に追い込まれそうだし、このような災害に対する準備が殆どされていなかったことが明るみにだされ批判を呼んでいる。

 イランが核兵器を製造し攻撃するかもしれないから、先に攻撃してしまおうという考え方をしてきているイスラエルであるが、足元から上がった火の手によってイラン攻撃など出来る状態にないということが明らかになった。フランスから燃焼抑制剤をもらうことが緊急の課題という情けない状態である。

 人を呪えば穴二つである。イスラエルはイランとか、レバノンのヒズボラあるいはガザのハマスなどに対し常に攻撃することを考えているので、結局自分たちが逆に自然から攻撃を受けることになってしまった、ともいえるかもしれない。あるいはイランからの数千ものミサイルに比べれば、まだ山火事のほうがましだから、天からの警告として逆に慈悲として与えられた災害であろうか。

 世に言う「日月神示」には、ノア時代は水による審判であったが、今回の審判は、「それに合はんものは亡んで了ふぞ。火の洗礼、水の洗礼、ぶったり、たたいたり、カ、ミの洗礼なくては銘刀は出来ん道理ぢゃ」とあり、どうも火と水、両方の洗礼がなされるとあるのを見ても、今回のイスラエルの山火事も一つの「火の洗礼」であった可能性がある。

 ともあれ、この山火事で一時的にもイスラエルのイランその他の地域に対する攻撃の可能性が低くなったと判断できそうだ。しかしそれが数ヶ月もつのか、半年か、あるいは一年以上にわたって持つのかは、神のみぞ知るところだろう。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●カルメル山火事はイスラエルがイランと戦争できる状態にないことを証明
http://www.haaretz.com/news/national/carmel-inferno-proves-israel-can-t-afford-war-with-iran-1.328529
【12月3日 By Aluf Benn】

 カルメル山の巨大な炎はこのような規模の災害にたいして準備できていなかったイスラエルの消防救助隊にとっては彼ら自身のヨム・キプール戦争(第四次中東戦争・10月戦争)として思い起こされるようになるだろう。

 昨日イスラエルが自国の戦線で多くの犠牲者を出すような戦争や大規模テロ攻撃などに対しては準備ができていないということがはっきりした。辞任することになっている軍事諜報機関長のアモス・ヤドリンの、次の戦争は過去のそれと比べてはるかに困難なものになるだろうという警告、それとテル・アビブが戦線になるという指摘などにもかかわらず、市民を防護すべき当局は必要とされる防災の準備をしていなかったのだ。

 そのような状況下では、イスラエルにとっては自国に何千ものミサイルが落ちてくるイランとの戦争を始めないことが最良の選択肢となる。

 市民防衛システムが哀れなほど酷い状態であるかということが明らかになった第2次レバノン戦争後、報告書が書かれ演習がなされたが、ヒズボラのミサイル攻撃のトラウマを既に経験していた地域であるカルメル連峰の本当の緊急事態の騒動の中で全てが崩壊していった。

 昨日イスラエルはキプロスとギリシャに対して支援を要請した。また空軍は底を突いた燃焼抑制剤を求めてフランスに飛んだ。戦争時は、このような隣国の寛大さとほどこしを受けることが出来るかどうか疑わしい。

 自国戦線の防衛の責任は、現在三つの省に分かれている:自国戦線司令と国家緊急事態局は国防省の管轄であり、公安省の一部である警察、それに内務省管轄の消防救助司令である。

 消防隊の責任者であるエリ・イェシャイ内務大臣とシモン・ロマ消防救助隊長は、昨日どこにも姿を現さなかった。今回の災害の結果、彼らは職を失う筆頭に上げられている。

 各省は自分らの官僚的力学を持っている。また装備と人材を確保するための資金を確保する能力を持っている。消防隊員はそのような仕組みの底にあってまともな装備などを確保するまでに何年もの奮闘が必要である。

 一年前、消防隊員らはストライキに入ったことがあった。彼らは今のシステムでは到底市民を防衛することはできないと警告したのだ。消防隊員協会によれば、各千人の市民に一人の消防隊員が国際的標準だが、イスラエルの割合は一人の消防隊員が一万人の防護をすることになっているという。消防隊員らは与えられた責任を果たすことはできないと何回も警告していた。
 
 消防隊の状況に関する国家監査局の報告書の中の批判を回避することが数週間前に承認された。 

 過去似たような状況で装備の不足などが分かった機関では、後で相当の資金で補強されるた。ヨム・キプール戦争の期間中での失敗の後、これがなされたのが、軍事諜報機関であり空軍だった。これが今回は消防救助隊にも適用されることだろう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


極寒の冬の到来を告げるか?コハクチョウ

◆10月23日

 今年の夏は日本でも異常気象と言われるほどの暑さを記録したが、そのように夏が暑いと、逆にその年の冬はこれまた極端に寒くなる、と言われているが、そのような言い伝えはイギリスにもあるそうな。

 そして、彼らの冬の到来を告げるのがコハクチョウと言われる、シベリアから飛来する白鳥たちだ。今年はその飛来がいつもと比べて3週間も早かったということからして、どうも今年の冬は昨年に比べても更に厳しい寒さをもたらしそうだと言う。

 これは日本でも同様かもしれない。極端な暑さと極端な寒さ・・・一説によるとこのような気候の異常性は、太陽活動から来ている、というのだ。そのため今後、季節を無視したような極端な暑さや極端な寒さが頻繁に起こるようになるという。

 今年の暑さを振り返ると、確かに季節を無視しているくらいの暑さを感じたことがあったが、既にそのような状況に地球人類が入りだしているのであろうか?
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●シベリア白鳥が極寒の冬の到来を告げる
http://www.telegraph.co.uk/topics/weather/8071553/Siberian-swans-signal-start-of-Arctic-winter.html
【10月19日 By Heidi Blake】

 凍りつくような風を避けるため毎年ロシアから2500マイルを飛翔して白鳥がやって来る。彼らの早い飛来は長期にわたる厳しい冬の到来の前触れである、という言い伝えがある。

 八羽のコハクチョウが17日の夜イギリスに飛来したが、2003年以来最も早い時期の飛来である

 週末に凍りつく氷点下の気温をもたらした極北からの冷たい風に追われてやってきたのだ。ウォーリングフォードに近いベンソン村では土曜日の夜に、最低気温-3.5度を記録した。

 気象庁は週の半ばにはもっと寒くなるかもしれない、と予想し、日中の気温が5度で、北方では雪が降るかもしれない、と予想している。

 白鳥たちはこの後、数週間に渡って300羽ほどがやって来ると思われる。
 前年は、今年に比べて2週間遅れてきたが、数はずっと多かった。彼らは31年ぶりの最も寒い冬の到来を告げたことになった。

 ジェームズ・リース保護区監視人は、「気象予報士は昨年同様厳しい冬になるだろうと予想している。またコハクチョウの早い飛来はそれを裏付けている。というより今年の方が更に厳しい冬になるかもしれない」
 「何も無ければ、この週末が相当寒かったことに見られるように、極寒の冬をもたらすものとなるだろう」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ROCKWAYアド2
ROCKWAYアド
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ROCKWAY
性別:
男性
自己紹介:
経済から宗教まで、時代の先を読み解くための作業を人間活動のあらゆる分野にメスを入れて行います。
バーコード
ブログ内検索
ROCKWAYアド3
忍者AdMax
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]