忍者ブログ
* 時代の先読み    * 日本の進むべき道    * 我々の心構え
[292]  [291]  [290]  [289]  [288]  [287]  [286]  [285]  [284]  [283]  [282

S-300防衛システム

◆11月14日

 ロシアがイランに防衛ミサイルの引渡しを遅らせている。ここで引渡しを実行され、実戦配備されれば、イスラエルはイラン攻撃が困難になるので、引渡し完了前、ないしは配備前にイラン攻撃を実行する可能性が高まる。これをロシアは恐れている、と見られる。
 それに今は、イランの核燃料の濃縮をイラン外で行う提案が吟味されている最中だ。この経過を見定めることも願われている。

 このS-300の今後の行方がイスラエル・イラン抗争の行方を左右することになる。同時にこれがイスラエルのイラン攻撃のタイミングを決めるだろう。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
イラン将軍:S-300引渡し遅延でロシアを非難
http://www.presstv.com/detail.aspx?id=111181&ionid=351020104
【11月13日 PressTV】
 イランのトップの司令官が、 S-300として知られている最新鋭の対空ミサイルシステムのイランへの引渡しを引き延ばしていることでロシアを批判した。
 イランの統合軍の参謀長であるハッサン・フィロザバディ将軍は、ロシアがS-300対空ミサイルシステムの納入を怠っていることにイランは困惑していると語った。

 最高国家安全保障委員会委員のフィロザバディ将軍は、ロシアに対し、ミサイルシステムの納入を躊躇することで、ロシアの安全保障がイランと連携されているのだから、ロシア自体の安全保障を損なうかもしれない、と警告した。
「ロシアの戦略家は、自国におけるイランの地政学的重要性を理解していないのか?」と最高司令官は疑問を呈している。
 フィロザバディ将軍は、ロシアが引き渡しを遅延する動機を疑っている。両国間で締結された契約では、ロシアはイランの防衛能力を高めることを期待してミサイルシステムを供給することになっていた。
 「引渡しはすでに6ヶ月も遅れている」とロシアに引渡しを済ませるよう要請して将軍は語った。

 イランのアハマド・ヴァヒディ国防大臣は18日、ロシアはシステムを引き渡す契約上の義務がある、と語った。
 「我々はS-300防衛システムを購入する契約をロシアと結んだ」と、契約が2007年に締結されたことを引用しながら、と将軍が語った。
 「ロシア側が契約不履行を行ったと世界がみなすことをロシア高官らが願っているとは思わない」と彼は言う。
イスラエルの戦争レトリックと進んでいるイスラエルの防衛システムに反応する形で、イランは最新鋭の防衛システムを獲得しようと努力している。
 イスラエルは繰り返し、軍事的手段でイランの核計画を阻止すると脅してきている。
 欧米の専門家によると、S-300ミサイルシステムは、イスラエルの空襲からイランの核施設を防衛することになる。
 このS-300システムは、120kmはなれたところにいる航空機を捕捉し発射される。高度な妨害電波を持ち、同時に100の標的に対応できる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
PR
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ROCKWAYアド2
ROCKWAYアド
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ROCKWAY
性別:
男性
自己紹介:
経済から宗教まで、時代の先を読み解くための作業を人間活動のあらゆる分野にメスを入れて行います。
バーコード
ブログ内検索
ROCKWAYアド3
忍者AdMax
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]