忍者ブログ
* 時代の先読み    * 日本の進むべき道    * 我々の心構え
[296]  [295]  [293]  [292]  [291]  [290]  [289]  [288]  [287]  [286]  [285

まだ上昇するか金

◆11月17日

 金が上昇し続けている。デニス・ガートマンは、金価格はまだまだ上昇するだろう、と言う。IMFのストロスカーン専務理事が「世界はいつまでも1国の発行する通貨に依存することはできなくなる」などと言ったりしているようだから、ドルに対する懸念は広がるばかりのようだ。
 更にゴールドマンサックスは11日、金価格は1オンス1150─1200ドルまで上昇も、と言っている。

 これはしかしまだ序の口ではないだろうか? 今年から来年に掛けてドルがキャリートレードの巻き返しで、一時的に高騰することがあるかもしれないが、その後は、金融津波の第2波がアメリカのみならず、世界全体を混乱の局地に引きずり込むことが予想され、その時には、金はどこまで上昇するか、わからない。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
金はバブルだが更に上昇する
http://www.cnbc.com/id/33962643
【11月16日 CNBC.com】
 現在の金の取引はさほど快適というわけではないのだが、ザ・ガートマン・レターのデニス・ガートマンは、CNBCに対して、「金価格はまだまだ上昇するだろう」と語った。
 「これは金のバブルだ」とガートマンは語る。金の取引を彼は「度肝を抜かれる」と言うのだが、現在は金は買いだ、とつまり更に上昇する、と言う。

 金価格は16日朝、ドルが他のヨーロッパの通貨に対し下落したため、最高値を更新して、1オンス当たり1130ドルを付けた。13日の1102ドルは底値だというのがガートマンの見方だ。

 ドルのトレンドは「まだ下落が続く」とガートマンは語る。「これは驚くほど取引が盛んだ」と言う。
 しかし“国の通貨と市場の相対関係は無視しうる”と彼は見ている。
 
 資金をどの通貨に投資するかということでは、ガートマンはカナダとオーストラリアの通貨を選んだ。「どれに決めるかといえば、それがいいだろう」

 オーストラリア中央銀行は、ここす数ヶ月で既に金利を2度上げたし、カナダは貸し出し利率を引き上げる準備を進めている、と語った。
 株に関しては、悪い経済データないしは政治環境で、下落に向かうだろうと述べた。
 何が株を上昇させるか、と聞かれるとガートマンは、流動性だとこたえた。

金相場、1オンス1150─1200ドルまで上昇も=ゴールドマン
【11月11日 ロイター】
 米ゴールドマン・サックス(GS.N: 株価, 企業情報, レポート)は金相場に関して、実質金利の低下および中銀による購買意欲の再燃を受けて、1オンス=1150─1200ドルのレンジで過去最高値を付ける可能性がある、との見方を示した。
 ゴールドマンは9日付のリポートで、米10年物インフレ指数連動債(TIPS)の利回りが1.5%を下回る水準にとどまっているという事実が、自社の金相場予想への上振れリスクを示していると指摘した。
 ゴールドマンは、向こう1年の金相場に関しては、1オンス=960ドルとの予想を維持している。
 過去2カ月にわたり大幅上昇してきた金のスポット価格は10日、1オンス=1100ドルを上回る水準で取引された。
 ゴールドマンは「10年物TIPSの利回りが現在の水準にとどまれば、金相場は1オンス=1150─1200ドルに上昇する」との見方を示した。
 またインドが国際通貨基金(IMF)から200トンの金を購入したことも、中銀や政府が金の売り越しから買い越しへとシフトしつつあることを示唆している、と指摘。「インドの金購入は、新興国の中銀や政府が外貨準備多様化の手段として、金保有を拡大しているというトレンドの広がりを浮き彫りにしている」との見解を示した。



NY金、最高値更新=通常取引後も騰勢続く
【11月17日 時事通信】
 週明け16日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、対主要通貨でのドル安進行や株高などを背景に騰勢が衰えず、中心限月12月物は通常取引終了後の電子取引で、一時1オンス=1144.20ドルまで上伸し、取引途中の史上最高値を更新した。
 通常取引は、前週末終値比22.50ドル(2.01%)高の1139.20ドルで終了。中心限月の終値ベースでは、2営業日連続で最高値を記録した。
 10月の米小売売上高の伸びが予想を上回り、個人消費の回復期待が広がる中、リスク投資が拡大。ドルが対主要通貨で売られたことも、大きな買い材料になった。 



世界はいつまでも1国が発行する通貨に依存できない=IMF専務理事
【11月17日 ロイター】
 国際通貨基金(IMF)のストロスカーン専務理事は17日、世界的な通貨の安定拡大を確保するなら、世界はいつまでも1国の発行する通貨に依存することはできなくなる、との見解を示した。
専務理事は、世界の新基軸通貨は特別引き出し権(SDR)に基づく可能性があるとの考えを改めて示した。
 専務理事はフォーラムで「グローバル化した世界では、国内的な解決策はない」と述べた。 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
PR
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ROCKWAYアド2
ROCKWAYアド
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ROCKWAY
性別:
男性
自己紹介:
経済から宗教まで、時代の先を読み解くための作業を人間活動のあらゆる分野にメスを入れて行います。
バーコード
ブログ内検索
ROCKWAYアド3
忍者AdMax
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]