忍者ブログ
* 時代の先読み    * 日本の進むべき道    * 我々の心構え
[190]  [189]  [188]  [187]  [186]  [185]  [184]  [183]  [182]  [181]  [180

失脚した深セン市の許宗衛市長

◆7月28日

 ウイグル族の反乱事件でこの7月は中国も揺れたが、この事件の背後には中共内部の権力闘争が絡んでいる、という情報を、反体制派の情報サイトである、「大紀元」が掲載した。
 事件そのものは少数民族問題であることは間違いないが、その初期段階における処理の仕方に、胡錦濤主席を貶めようとする江沢民側の動きがあったという。
 この両者の対立はやはり根深いものだということがうかがい知れるような話である。中国の歴史を見れば分かるように、権力闘争に敗れれば、賊軍、勝てば官軍、という図式であったが、現代でもそれがそのまま適用される原始的な論理がまだまだ露骨に生きているようだ。
 
 下記の、大紀元で取り上げられていた記事に見られるように、中国全土で民衆の不満が爆発、それがデモや襲撃などの形で現れている。そして少数民族問題は、まったく解決のめどはたっていない。これからはこのデモや紛争が頻繁に起きるようになるだろう。そこに持ってきて経済発展にかげりが出始めれば、やはり中国は暴発し、このブログでも指摘したように、民主化革命や、独立運動などが再び起きる可能性が高まるであろう。そうなれば、権力闘争をしている実力者たちが、それぞれの陣営を中心として独立国家を作っていかざるを得なくなるであろう。

 その日はそう遠くない、と見る。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●ウイグル抗議事件、導火線は高層権力闘争か
http://jp.epochtimes.com/jp/2009/07/html/d55662.html
【大紀元日本7月27日】
 発生からすでに約3週間が過ぎた新疆ウイグル自治区での大規模抗議事件。根深い民族問題と社会の対立が事件発生の重大な原因であるのは言うまでもないが、その一方で、中共最高指導部の江沢民派と胡錦濤派の権力闘争が直接の導火線であるという見方も、内部の情報筋によって指摘された。

 海外中国語情報サイトBoxunが、第17回全人代を最後に退任したある中共中央の元高層幹部から寄せられた情報として明らかにしたところによると、7月5日に新疆ウイグル自治区で大規模抗議事件が発生する前に、元公安部長で中国共産党中央政治局の周永康常務委員がすでにその情報を把握していたが、胡錦濤氏には報告しなかった。そのため、大規模抗議事件発生当日、胡錦濤氏は何も知らずにイタリア訪問の途についた。
 周永康氏は、江沢民派の重鎮で、中国共産党中央政法委員会書記として公安と政法機構を主管している。
 「この抗議事件は、江沢民派が胡錦濤派を抑え込むために利用された」と同情報筋はいう。

 この背景には、2012年に控えている首脳部のメンバーを決定する第18回全人代があるという。江沢民・前国家主席が率いる派閥は、引き続き裏で政権の舵取りをしたいため、体制内部にメンバーを配置するのに必死である。その一方で、現職の胡錦濤・国家主席は江沢民派の制御から脱却するために、汚職幹部の取締りの形で、江沢民派のメンバーを権力の座からどんどん引きずりおろしている。
 抗議事件発生直後、江沢民派の画策により、当時外国訪問していた胡錦濤氏は、詳細な情報を把握できなかったという。その一方で、国内にいた周永康氏は、この種の大事件(銃殺)について、胡錦濤氏または政治局の指示がなければ自分では決定できないとし、抗議者を銃殺した責任を胡錦濤氏の陣頭指揮に転嫁した。

 事件発生3日後の7月8日、胡錦濤氏は外国訪問を中断して緊急帰国した。帰国後の胡錦濤氏は最高指導部の緊急会議を開き、周永康氏と公安部トップの孟建柱氏に事件の処理を命じ、翌日両氏を新疆ウイグル自治区に現地派遣したもよう。
 「胡錦濤氏は、事件の責任を負いたくないため、江沢民派の周・孟両氏を最前線に送り出したのではないか」と同情報筋は指摘する。

 今年5月、胡錦濤氏は経済発展の重要地域・広東省で、幹部の汚職取締として、江沢民派の幹部を相次いで失脚させた。6月5日には、江沢民氏の側近で深セン市の許宗衡市長を、「党内紀律に大きく違反した」との疑惑で連行し、今なお軟禁中。この件によって、江沢民派の深セン市での権力体制が完全に崩壊したとみられている。
 同情報筋によると、胡錦濤氏は許宗衡市長の案件を審理もせず、終結もしない策略を取っている。そのため、「江沢民派はまるで熱い鍋の上に置かれた蟻(アリ)で、いつ根こそぎやられるかと、極度の不安に陥っている」という。
 また、最近摘発された、胡錦濤氏の息子・胡海峰氏が経営する会社がナミビアの汚職犯罪案件に加担しているという情報は、江沢民派が胡錦濤氏を陥れるために流したものだという。

 「 (約2年前に)温家宝総理が江沢民派の陣営である上海の権力体制を弱体化しようとした時、インターネットで温家宝氏の息子・温元松氏の汚職情報が流された。その結果、江沢民派は温家宝氏を黙らせることに成功した」という。
 3年後の2012年に第18回全人代を控えて、両派閥の権力闘争はますます熾烈化するという見方が強い。今後の成り行きが注目される。



●買収に抗議、鉄鋼労働者三万人デモ、社長を殴殺=中国吉林省
【大紀元日本7月27日】7月24日、中国東北部の吉林省通化市東部で、鉄鋼大手・通化鉄鋼集団の労働者約3万人が鉄鋼業界再編による経営悪化に不満、大規模な抗議デモを行った。デモ中に労働者と警察の間で衝突が発生し、数百人の負傷者が出た。衝突の際、通化鉄鋼集団の買収に成功した民営企業建竜鉄鋼の陳国軍社長が殴り殺された。・・・以下略


●ボイラー工場従業員千人が道路を塞ぐ=湖北省
【大紀元日本7月22日】今月14日、武漢ボイラー工場千人余りの従業員が雇用の確保を求めて武漢市の主要道路を塞いだ。年配の従業員が一人、逮捕された。また同日、湖北省天門市では同省政府へ陳情に来た人たちが建物の入口を塞いだという。・・・以下略


●広州で黒人200人が派出所を攻撃=広東省
【大紀元日本7月19日】7月15日午後3時、広東省広州市白雲広園西路美博城付近、鉱泉街派出所を約200の黒人が攻撃した。原因はパスポートチェックを逃れようとした1人の黒人がビルから飛び降り死亡したことによる。先日、南方日報などメディアは、この衝突は警察がある黒人を死なせたことによるものと報道していたが、それについての情報は排除されたという。・・・以下略


●抗議現場の一角、地面には陳情者からばら撒いたチラシ(博訊ネット)
【大紀元日本7月8日】北京市内で 7月7日午前11時半頃、数百人の陳情者が集まり、抗議活動を行った。
 現場は北京市東城区東便門の「北京駅」。参加した一人の陳情者によると、当時現場には約4、5百人が集まった。彼らは「陳情者への非法監禁を抗議」「ファッショを打倒、汚職幹部を打倒」「中国の民主万歳」などの横断幕を掲げていたという。・・・以下略





 
PR
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ROCKWAYアド2
ROCKWAYアド
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ROCKWAY
性別:
男性
自己紹介:
経済から宗教まで、時代の先を読み解くための作業を人間活動のあらゆる分野にメスを入れて行います。
バーコード
ブログ内検索
ROCKWAYアド3
忍者AdMax
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]