忍者ブログ
* 時代の先読み    * 日本の進むべき道    * 我々の心構え
[187]  [186]  [185]  [184]  [183]  [182]  [181]  [180]  [179]  [178]  [177
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


イランのイスファハンの核施設

◆7月25日

 イスラエルがイランの核と軍の施設を攻撃するのでは、ということで騒がしくなっている中、戦略国際問題研究所(CSIS)の2人の研究者が、両者の間の核戦争を想定した研究の結果を概略説明している。本当に核が使用されれば、前のブログに書いたように、事はイスラエルとイランだけの問題だけで終わらなくなる可能性が高いことから、決してそれを許してはならないのだが、ここではとりあえず彼らの想定した内容の記事があるので紹介する。
 イランが使用する原爆が100㌔㌧と想定されている。広島型原爆が1.5万トンと言われているから、キロトン数で言えば、15㌔㌧となり、100㌔㌧の約6.7分の1だ。それで即死者数が9000人弱というのは、おそらくテルアビブの住民はほとんどが核シェルターに入っている、というのが前提なのだろう。広島の場合には、即死7万人と言われている。

 最後にウィトニー・ラース氏らが、イスラエルのイラン核施設攻撃は、「少なくとも、イランの核兵器開発を遅らせるという利点はある」と言っているが、問題は、イスラエルの奇襲攻撃が成功すれば、という前提が抜けていることだ。成功しなかった場合をどう想定しているのか、と言う問題を一向に論じないのはどうなのか。
 オバマ大統領がイスラエルのイラン攻撃に対して、明確に「ノーだ」と発言したばかりである。ロシアはイランのナタンツの原子炉が攻撃されたら、そこで働いているロシア人が攻撃されることを意味するし、原子炉もロシアが供給したものだから、ロシアに対する攻撃と受け止める、と発言している。これは米露両国がそろって、イスラエルのイラン攻撃はまかりならん、と言っていることになるのだ。

 また、「この3箇所は充分に防衛されていて部分的には地下にあり、ステルス性の厚い鋼鉄で補強されているコンクリートで保護されている。これはイスラエルは、核を搭載したバンカーバスター爆弾を使用するしかない、ということを意味する。」とあるが、以前のブログで指摘したように、これは、核保有国が核を持たない国に対して、核の先制攻撃をする、ということになるのだから、一体そのようなことが許されるとすれば、世界の秩序は根底から破壊されることになるだろう。
 その時、米露両国ばかりか、その他の核保有国、特に中東のイスラム教の国家としてのパキスタンなどがどうでるのか、という問題があろう。そして全世界のイスラム教の国や人々がイスラエルに対し、どう報復に打って出るであろうか、という問題も考慮すべきなのだ。

 イスラエルは自分が核攻撃をする意図を持っているから、イランも核計画の果てにはイスラエルを核攻撃するだろう、と、自分の目線でしか相手を推し量れないのである。イランはまだまだ兵器級(90%以上)のウラン濃縮に程遠いところにいるのだが。それは「アメリカの情報機関では2013年前には無理だろう、と見ている」という指摘を見れば分かる。
 被害妄想の人間は、隣人が自分を害するのではないかと恐れるあまり、相手を害する意図のない隣人を害する行為を行うところがあるという。イスラエルはほとんどそのレベルにある国なのだろう。それにイスラエルには自分たち以外の人間は、“神の選民”である自分たちに比べれば動物並の価値しかないから、殺しても構わないという教えを“まともに”受け入れている人々が多いし、特に政治家とか軍人にはそういう考え方の人物が多いようだ。

 こういう人々に付ける薬はあまり無い・・・


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●中東核紛争は数千万人の犠牲者を生む
 戦争は地域全体を汚染する
 Peter Goodspeed
【7月18日 National Post】

 現代の中東の悪夢:イランが核兵器製造を図りイスラエルと戦争へ、そのために大量の人間が死滅し壊滅的な破壊のため、世界的な経済崩壊が起こる。
 今、ワシントンの戦略国際問題研究所(CSIS)は、イラン・イスラエル核戦争が起きた場合の一般市民への影響を調べている。
 テルアビブの中心部で100㌔㌧の核爆弾が炸裂した場合、即時に9000人近くが死に、3000人以上が負傷するだろう、とアンソニー・コーデスマンとアブドゥラ・トウカン両氏は言う。そして、国中に拡散する放射能のため、3週間以内に死亡者数は80万人以上になるだろうと言う。イスラエルのサイズと720万人という人口を考えれば1発の原爆でイスラエルが壊滅的になることが分かる。
 それは「秒単位で、イスラエルをそれこそ地図の上から抹消する」ことになる、とマイケル・オーレン駐米イスラエル大使は語る。「イランは、彼らは否定しているのだが、ヒトラーが殺した600万人殺害を文字通り秒単位でやってしまう」ことができるだろう。
 「テルアビブに落下する核搭載のいかなるミサイルも、西岸を冒し、パレスチナ住民の大量の死者を出し、ヨルダン渓谷にある畑と資源を汚染させる。また長期的には、死の灰の落下は108kmテルアビブから離れたところにあるアンマンにも達するだろう、とこの研究結果は示している。
 イスラエルの反撃では、その高精度な爆弾とロケットシステムは更に凄まじい破壊力を示すだろう。イスラエルの1発の500㌔㌧核爆弾がテヘランに落ちれば、即死数は5万6000人以上、最終的には147万人に達し、負傷者も1週間で510万人になるだろう、という。
 イスラエルの200発の核兵器を存分に使用すると、イランの主要な大都市と軍基地が標的になるだろう。これで1600万人から2800万人が3週間以内で死ぬだろう。
 首都のテヘランは人口1500万人だが、山の反射面に囲まれた盆地なので核兵器の理想的な攻撃場所になる、というのがこの研究の示すところだという。
 数千基の遠心分離機を使用しウラン濃縮を進めているイランは、核兵器を獲得できる日が近づいている。
 「イランがどの点に向かっているのかということと、その進捗が行き着く点と、あまり差がありそうにないと思っている」と、ワシントンのシンクタンクでマイケル・マレン提督は語った。「私が懸念するところは、時計の針は回り続けているということだ。イランはこの能力を獲得することに集中していると思う。あまり先は長くない、と思う」

 アメリカとしては、外交的な努力でイランが核兵器を獲得することをあきらめさせようとしている。
 イスラエルは反対に軍事的な方法で破壊、あるいは実際的にイランの核施設のレベルを低下させることを真剣に考慮している、
 「時間は、イランに好意的に進んでいる。軍事行動はますますやりにくくなっている。イランが核兵器を獲得するのは時間の問題だ」と、テルアビブのイスラエル国家戦略研究所の2年前の報告にある。
 イスラエルの情報機関は、イランは今年の後半ないしは2010年には核兵器を獲得しているだろう、と予想している。アメリカの情報機関では2013年前には無理だろう、と見ている。
 それで、イスラエルがイランを攻撃した場合、どうなるかだ。何が標的となり、その攻撃が成功するチャンスは?
 今年の別のCSISのコーデスマン氏とトウカン氏の研究では、「イスラエルのイランの施設に対する軍事攻撃は可能ではある・・・ただし複雑でリスクが高いのと、全体的な成功の確率を保証するものに欠けるだろう」と言う。
 イスラエルの軍事計画立案者が直面する主要な問題は、イランの複雑な核計画についての詳細な情報がない、という点だ。
 大多数の戦略家は、イランの核計画を阻止するためには破壊されねばならない施設として明白なのは3箇所で、ナタンツのウラン濃縮施設でそこには5万基の遠心分離機が稼動している、イスファハンのウラン転換施設、そしてアラクの重水炉だ。
 しかし、もしイランが並行してウラン濃縮計画を持っている場合、3箇所を破壊できても、イランが核兵器を獲得することを阻止するまでにはならないだろう。
 この3箇所は充分に防衛されていて部分的には地下にあり、ステルス性の厚い鋼鉄で補強されているコンクリートで保護されている。
 これはイスラエルは、核を搭載したバンカーバスター爆弾を使用するしかない、ということを意味する。
 どんな攻撃も、地対空ミサイル、対空砲火、迎撃機などの厚い対空防衛システムを突破しなければならない。イランが既にロシアからミサイル防衛システムを購入し展開しているかもしれない。
 イスラエルが空爆を実施する場合は、80~90機のF-15 と F-16戦闘機を使用せざるを得ないだろう(戦闘機の20%)し、9機ある空中給油機全部を投入しなければならない。
 攻撃ルートは、地中海北方で給油し、そこからトルコかシリア上空を通過してイランに到達するルートが考えられる。より短いルートは、ヨルダン上空を通過しイラクから直接イランへ向かうもので、3つ目の選択肢として南東から東にサウジとイラクの国境線あたりを通過してペルシャ湾に至り、南からイラン攻撃に出る、というものだ。
 イスラエルはトルコ上空を通過する北ルートがいいと考えいている。昨年の夏、イスラエルはギリシャおよび東地中海で、100機のF-15 、F-16 戦闘機および空中給油機を動員する大規模な軍事演習を行った。
 丁度同じ時期、イラクの通信社が、イラク国防省筋として、イスラエルの軍用機がヨルダン領空に侵入しイラクに着陸する演習をして、イランの核施設に対する攻撃の訓練をしていた、と言っている。
 この報告によれば、イスラエルの航空機は夜間飛来し、イラク西部のハヂサと南部のナシリヤ近くにあるアメリカ軍の空軍基地に着陸した、という。
 イスラエルがイランの3つのサイトに対する通常の空爆に替わるものとして、弾道ミサイルがある。イスラエルのイラン攻撃の可能性を2年前研究したマサチューセッツ工科大学の戦略家たちは、「ここ数年の技術革新でイスラエルはイランの重武装された標的を、相当なレベルの確信を持って破壊できる能力を持つに至った」と語った。
 この作戦は1981年のイラクのオシラク原子炉に対する攻撃に比べ、“リスクはより高くはない”という。イラクの場合と似たような、イランに対する今回想定される攻撃は、「少なくとも、イランの核兵器開発を遅らせるという利点はある」、と研究者のウィトニー・ラース氏とオスティン・ロング氏は語る。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
PR
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ROCKWAYアド2
ROCKWAYアド
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ROCKWAY
性別:
男性
自己紹介:
経済から宗教まで、時代の先を読み解くための作業を人間活動のあらゆる分野にメスを入れて行います。
バーコード
ブログ内検索
ROCKWAYアド3
忍者AdMax
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]