忍者ブログ
* 時代の先読み    * 日本の進むべき道    * 我々の心構え
[183]  [182]  [181]  [180]  [179]  [178]  [177]  [176]  [175]  [174]  [173

ロシアのスルタノフ中東特使

◆7月21日

 ロシアのスルタノフ中東特使がシリア外相との会談で、イスラエルはパレスチナ領土に対するあらゆる「入植」のための建設工事等をやめるよう要請した、という。
 これでことパレスチナにおけるイスラエルの入植活動に対しては、米露両国が反対の意思を明確に表したということになった。
 以前も、このブログでオバマ氏とプーチン氏が共同して世界の問題に対処するようになる可能性があることを指摘し、またそうなることで、この複雑な世界の問題も徐々に解決の方向に進むことを期待することを書いたが、実際そのような動きの一つとして、このイスラエルの「入植」問題に対する対処の仕方の一致に見ることができたことになる。
 「入植」とはつまり、「侵略」である。そこに住んでいる人間を追い出し、イスラエル人が入ってきて住むのだから、明らかに「侵略行為」である。だから、どんな理由があろうとも、これを許していては中東問題などが解決するわけがないのである。
 従って今や、米露両大国が歩調を合わせてこの問題に対処しだしたのだから、イスラエルはますます今までのような傍若無人なやり方が通用しなくなり出していることを知らねばならないだろう。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●ロシア中東特使:イスラエルの入植活動の停止を要求
【7月19日 www.chinaview.cn】
 ロシア外務審議官で中東特使のアレクサンドル・スルタノフ氏は、イスラエルに対し、占領中のパレスチナ領土内でのユダヤ人の一切の入植地のための建設活動を停止するよう、呼びかけた。
 特使はこの声明を19日、ワリド・ムアレム・シリア外相と会談した際行った。
 会談後スルタノフ特使は、両者はモスクワ中東平和会議開催、2国家間問題、中東和平プロセスその他の地域問題について議論したことを記者団に語った。
 ロシアとシリアのスタンスは国際的・地域的問題において近いものがある、とスルタノフ特使は語った。
 19日、スルタノフ特使は駐シリア・ロシア大使館でハマス活動家で亡命中のカレド・メシャアル氏と会談した。
 両者は中東問題、パレスチナ・イスラエル紛争、またパレスチナ人党派の和解問題を話し合った。
 スルタノフ特使はパレスチナの指導者の一人であるメシャアル氏に対し、民族の利益を第一の優先事項として考え“できるだけ早く分裂を乗り越え統一を果たすよう”促した。 長いこと停滞しているイスラエル・パレスチナ和平プロセスを活性化するため、ロシアは2国家解決法の枠組みでの中東国際平和会議を今年中にモスクワで開催する計画を進めている。
 シリアに到着する前に、スルタノフ特使はエジプトとレバノンを訪問している。特使は、モスクワ会議を推進するためにこれから、ヨルダン、パレスチナ領土、イスラエルを訪問することになっている。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

PR
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ROCKWAYアド2
ROCKWAYアド
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ROCKWAY
性別:
男性
自己紹介:
経済から宗教まで、時代の先を読み解くための作業を人間活動のあらゆる分野にメスを入れて行います。
バーコード
ブログ内検索
ROCKWAYアド3
忍者AdMax
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]