忍者ブログ
* 時代の先読み    * 日本の進むべき道    * 我々の心構え
[197]  [196]  [195]  [194]  [193]  [192]  [191]  [190]  [189]  [188]  [187
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


攻撃された直後のペンタゴン側壁

◆8月4日

 一昨日はFBIの職員の語った、米政府とビン・ラディンとの「親密な関係」が9月11日の日まで継続していたという話を紹介したが、今回は元空軍の技術士の語る証言を紹介したい。既に多くの人々が9月11日テロに対する米政府の公式見解に異議ないしは疑問を呈しているが、この元軍人も、自分がペンタゴンの内部の残骸物処理を行った体験から語ったものとして貴重な証言であろう。

 これからいろいろな証言が「内部」から出てくるであろう、と指摘したが、まさにそのような動きが始まっている、ということになりそうだ。
 あまり大きく語られてはいないが、この話の後半に出てくる、イスラエル人の青年らの不可思議な行動が、奇しくもこの事件の背景にあるものを示唆している、と言えそうだ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●空軍退役軍人:ペンタゴンに衝突した物体について沈黙を破る
【8月10日号 American Free Press】
 By James P. Tucker, Jr.
 
 2001年9月11日のペンタゴン攻撃後の残骸の後始末で呼び出された空軍技術士の退役軍人が、あのダメージを惹き起こした米政府がいう航空機という説明は、説明になっていないと語った。証拠とされたものは演出されたものだ、と語った。
 この人物はAFPのインタビューに対面形式で応えてくれることに同意してくれたが、以下のような理由のため人物の特定がされないことを条件とした。つまり人物が特定されれば空軍は厳しく罰すると考えられるからだ。(1967年USSリバティ号が攻撃された時の生存者に対し下された厳しい緘口令と同様の内容)

 この空軍技術士は危険な残骸物処理では多くの経験を積んだ人物で、最初の湾岸戦争時にアフガンに2度配属となっている。17年間、空軍に所属してきた。 
 ペンタゴンの情景は“そのように見えない”とこの軍人は語った。「エンジンの一部と着陸装置の一部がグランドにあった。なにかそこに配置されたように見えた。翼はどこにいったのか?尾翼部分は?多くの残骸があると思っていたが、ほとんど何もなかった」

 更に「二つの巨大エンジン」が、政府の説明によればペンタゴン内部に突入したというが、「しかしペンタゴンにできた穴はあまりにも小さい」ので、それが本当のこととは思われない、と語った。ペンタゴンにできた穴は、プレデターというリモートコントロールで飛ぶスパイ飛行機でできたサイズくらいの大きさであった、という。

 彼は、AFPのインタビューを受けた多くの建築関係専門家が言う、ツイン・タワーを攻撃した航空機でビルが崩壊することはあり得ないという点、爆薬がビル内部に仕掛けられていたはずだという点に同意見だと述べた。

 そのほかに彼がおかしいと思っていることは、違法に滞在していた若いイスラエル人の話だという。彼らは倉庫の屋上で、三脚に取り付けたカメラで攻撃の起きる前、ツインタワーに焦点を当てていたのだ。目撃者は、警察にこの青年らは攻撃を喜んで、飛び上がったり拍手をして祝っていた、と証言している。警察はこの青年たちを一晩拘束し翌日イスラエルに返したという。

 これらはメディアでも報道されたが、すぐ報道されなくなった。このイスラエル人がどうやって世界貿易センターという場所で悲劇が起きるということを先に知ることができ、それを撮影することができたのか。
 彼の「最初の直観」はそのまま変わらないままだ。この元軍人はAFPに対し、「我々アメリカがアメリカを攻撃し、イラク侵攻の道を作ったのだ」と語った。
 もしそうならば、これこそが裏切りの定義そのものだ。それは死に値する犯罪である。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
PR
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ROCKWAYアド2
ROCKWAYアド
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ROCKWAY
性別:
男性
自己紹介:
経済から宗教まで、時代の先を読み解くための作業を人間活動のあらゆる分野にメスを入れて行います。
バーコード
ブログ内検索
ROCKWAYアド3
忍者AdMax
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ [PR]